くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

タグ:滝

1
以前の記事
2
案内板「ガマ石 乳穂ケ滝」より…『樹齢300年を超える杉の大木に囲まれた境内、落差33mから一条の滝が落下している。その岩下に不動尊がまつられ、この御堂は建立不明とされている。この滝が古来から津軽の作物豊凶占いの手がかりとされており、現在でも津軽中の信者が集まる。ガマ石は乳穂ヶ滝の向いの岩木川にあり、その岸にカエルがうずくまった形に似ていることからその名が付けられており、ビッキ石とも呼ばれている。』
3
倶利伽羅剣と菅江真澄歌碑。
4
菅江真澄歌碑「とよとしのしるしも水もふる雪も千束に氷れ新穂のたきなみ」。昭和24年、42歳厄年を迎えた地元の人々12名によって建立。
5
令和元年6月2日に建立された狛犬一対と、昭和56年7月29日(旧6月28日)建立の石灯籠一対。
6
6.5
ということで、私が見つけた令和元年奉納の最初の狛犬は乳穂ヶ滝でした。
7
この日は真夏日だったので、少し滝で涼もうと思ったのですが、さすがに乳穂ヶ滝の水量では涼めませんでした。
8
滝見えます?
9
9.5
弘法大師。
10
10.5
上に行きます。
11
11.5
滝見えます?
12
足元には気を付けましょう。
13
13.5
薬師観音。鳥居付です。
14
14.5
稲荷様(御命日10日)。
15
不動明王(御命日12日)。
16
不動明王の上にある絵馬。よく見えませんが。
17
山乃神様(御命日12日)。皇紀2600年。
18
龍神様(御命日1日、15日)。
19
案内板。
20
岩。
21
22
滝壺。
23
三本の杉がいい感じです。
24
鳥居裏にも三本の杉。推定樹齢200年。
25
3度目の…滝見えます?
26
休屋(社務所・休憩所)。
27
乳穂ヶ滝休屋新築記念(昭和53年7月2日)。
28
飾られている滝の写真(撮影者熊谷武徳氏)。
29
平成24年2月のものでした。
29.5
飾られている記事より…『「渡し舟」…昔は道路も殆ど山頂を通り、なるべく橋などをかけなく川を渡るにも水の少ない時を選んで自分の足で渡った。少し遅れて渡舟が用いられた。我村でも橋のない川は殆ど渡舟で渡っていた。木橋がかけられるようになっても洪水などで流失した時には又渡舟が用いられた。渡場には舟守りを部落で依頼し、舟守りには一定の賃金や物料を払ってその仕事を引受けてもらい、川辺にはその住家も手配した。「栄光に輝く瑪耶渓 津軽十景首位当選」…昭和3年8月1日より9月24日まで開かれた弘前新聞社主催津軽十景入選の投票が行われた。弘前新聞社が一万号記念事業として発表した津軽十景投票は俄然人気を呼び、発表以来40数日毎日の投票発表は如何に全津軽人の耳目を衝動せしめたか、郷土愛に燃ゆる人々の熱誠振りには只々驚嘆の外はなく各地の後援会有志の努力には主催側としても感謝に堪えなく、それなりに毎日の計算も緊張に緊張を重ね、一票たりとも誤算なからしむるべく検票したのでした。特に瑪耶渓の如き天下の絶勝をこの際天下に紹介せずんばあるべからずと保勝会を結成し、各地元民も策戦をこらして実に物凄き競争が演ぜられたのである。秘められた謎の投票箱を開く度びに一喜一憂、一高一低をつゞけたもので、立会人も時事、東奥各新聞記者、それに弘前警察署の警部にお願いして、最終決定をした。最後の成績は、最高当選順(※中略・写真参照)外は略す。我が瑪耶渓は前記の如く第一位当選したので、保勝会を先頭に9月23日自動車三台に分乗し弘前市内を当選御礼廻り、次のようなビラを撒布し喜び溢れ帰村した。配布した御札のビラ(原文)(※以下省略・写真参照)』
30
30.4
30.8
設置前の案内板「乳穂ヶ滝」(西目屋村誌)より…『この滝は名坪平(昔は夏菩提ともいった)道路に面してある。正面に鳥居、左手に社務所(休憩所)、岩だらけの坂を登りつめると剣が不気味に尖り、樹齢200年と見える杉の大木が三本天を衝いている。左には弘法大師の石像をまつった祠があり、年中、日の丸の旗がはためいているのが印象的である。正面を仰ぐと岩が裂けたような状態で、高さ33メートル(古記では十丈)幅10メートル弱(同五間)の滝がさらさら雨が降るように落ちる。その岩下に不動尊がまつられ、N状に橋が架けられ、容易に参拝できるようになっている。元来、この不動尊御堂は建立不明とされている。この滝が古来から津軽の作物豊凶占いにされた古事から始まり有名になったが、藩政時代には津軽藩主が、その氷塊を正月の厳寒期に特命使者を遣わして検見させ、豊凶の手がかりとし、民間では旧正月17日その氷を参拝後持ち帰って病人に与えると、ふしぎにも快癒したという。したがって豪雪をついて津軽中の信仰者が集まり、現在でもその風習がつづいている。古い記録をたどると、文化3年8月18日(1806)津軽藩主寧親が参拝したことが明らかで、ついで寛政8年2月6日(1795)家老職喜多村が参詣している。なかでも目屋の名を天下あまねく周知させたのは菅江真澄(三河の人)。真澄は寛政8年11月4日、暗門探勝の帰り途ここに詣でて次のような歌をよみのこした。「豊年の徴も水もふる雪も千束に氷れ新穂のたきなみ」』
31
帰り際、水陸両用バスが突然現れて、ガイドさんの声が響く中で、バスの中の観光客の一人が私に向って手を合わせて拝んでいました。恐らく私が不動明王に見えたのでしょう。この日は真夏日だったのでそういう表情になっていたと思います。
32
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
栃木県日光市山内。行者堂から下って来て、瀧尾神社参道途中に合流し、ここから瀧尾神社を目指します。
2
最初に現れた石塔は…大小べんきんぜいの碑!生理現象なのでお約束はできません。
3
大小べんきんぜいの碑…『古くは、このあたりに栃御門(桜門)、下乗石、木の鳥居などがあり、これから先は滝尾神社の聖域に入るので、大小便を禁ずる碑が立てられた。庶民にも読めるようにと、「大小便禁制」のうち大小のほかは、「平仮名」で書かれているのが珍しい。』
4
参道。この石は非常に歩きにくいです。上を向いて歩くと足を挫きそう。滝尾神社参道周辺には樹齢500年以上の老杉群があります。文明8年(1476)日光山第44世別当になった昌源が植えたもので、中世繁栄期の遺産であり、「昌源杉」と呼ばれています。以前はそのうちの1本が、飯を盛ったような形に繁って目立っていたので、「飯盛杉」と呼ばれましたが、昭和38年の突風で倒木したそうです。
5
白糸の滝。
6
白糸の滝…『天狗沢にかかる名瀑。高さ約10メートル。弘法大師修業の場と伝えられる。文明18年(1486)京都聖護院の道興准后が日光を訪れ、その時の紀行文「廻国雑記」に左の和歌が詠まれている。「世々を経て 結ぶ契りの 末なれや この滝尾の たきの白糸」』
7
白糸の滝は瀧尾神社の前、参道途中にあります。ちなみに道興准后は滝尾神社の参拝で白糸の滝を見た時「瀧の尾と申し侍るは無雙隻の霊神にてましましける。飛瀧の姿目を驚し侍りき」とも記しています。
8
白糸の滝碑(大正5年9月7日・大正天皇御観瀑)。
9
白糸の滝前から見た瀧尾神社入口。
10
白糸の滝近くの御神木と不動明王。
11
11.5
瀧尾神社社号標。日光燈籠や梵字を刻んだ三重塔もあります。
12
石段を上ります。
13
石段途中の石祠。不動明王。左腕破損しています。
14
右側に石垣。
15
石垣の上には別所跡。
16
別所跡…『東照宮の遷座以前、日光参詣の中心はこの滝尾周辺であった。日光責めで有名な輪王寺の「強飯式」(山伏が、大盛りの飯を残さず食べろと責める儀式)も、ここが発祥の地である。明治になって別所は廃絶。永生6年(1509)日光に来た連歌師、宗長の紀行文「東路のつと」には、「ここより谷々を見おろせば、院々僧坊およそ五百坊にも余りぬらん。」とあり、盛時の様子が偲ばれる。』
17
影向石。この付近には阿弥陀如来を安置する如法経堂があったそうです。
18
18.5
影向石…『影向とは、神仏が仮の姿をとって、この世に現れること。弘法大師(空海)が、弘仁11年(820)この地に来て、奥の大岩のあたりで神霊の降下を祈願したところ、美しい女神が現れたと伝えられている。』
19
苔生した石祠。
20
周囲には地蔵尊、三尊の梵字を刻む石碑、壊れた燈籠、首が無く廃仏毀釈を感じさせる石仏もいくつかありました。
21
22
日光二社一寺関連記事
23
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
栃木県日光市中宮祠。日本三名瀑のひとつ。日光四十八滝のうち最大の滝。発見者は勝道上人と伝え、仏教経典の1つである華厳経から名付けられたと云われます。華厳渓谷周辺には他に阿含滝、方等滝、般若滝、涅槃滝もあることから、五時の教判から、それらと同様に命名されたものと考えられています。
2
轟音とともに豪快に流れ落ちる迫力と優美さを兼ね備えた景観。落差97m・滝幅7m。滝から落ちる水の量は平均3tで、多い時には100t、少ない時は0.3t以下になることもあります。滝壺はほぼ円形で深さ約5m。背後に奥行約30mの洞窟があるそうです。
3
ってことなんですが上記は写真の写真であり、現場は滝よりも霧がすごい状態…特に水量の多い年だったようで。ってことでモニター確認するも微妙な感じでした。
4
それでも何とか見えるとのことで一応エレベーターで観瀑台まで降りてみました。
5
うーん…
6
実際はもう少し見えていたんですが、カメラでは霧のせいで白い滝にどうしてもピントが合わず…しかも上から差し込む光によってよりピントが合わず…
7
周囲の十二滝は見えます…少なくとも肉眼でははっきりと見えます。
8
8.5
華厳の滝から観瀑台直下にある涅槃の滝へと流れ…
9
大谷川となって鬼怒川に合流。華厳の滝は崩れやすい男体山の噴出物を浸食しながら現在の位置へと移動しました。太古の華厳の滝は800mほど下流にあったそうです。ブラタモリでもやっていましたね。
10
よって涅槃の滝は観瀑台から見下ろす感じです。
11
皆さん必死に写真を撮っています。
12
華厳の滝から観瀑台を挟んで反対側にも滝がありました。
13
13.5
このように滝に囲まれた渓谷なので音だけでも迫力がありますね。
14
つまり…
15
見えなくても迫力は感じることができる!ってことで。一応動画も撮ったのですが面倒なので掲載しません。
16
こうなったら男体山の溶岩の安山岩から成る柱状節理を楽しみましょう。
17
華厳滝は中禅寺湖から流出する大尻川が男体山から噴出した溶岩 (柱状節理の輝石安山岩) にかかってできたものです。
18
華厳滝を囲むこの大岩壁は上部から安山岩・集塊岩・石英斑岩とで形成され、中段の細い滝の数々は十二滝と呼ばれています。中禅寺湖からの地下水が、中段の集塊岩の下から湧出水となって簾状に落ちています。なお、岩壁の下段は石英斑岩から成っています。
19
さて…
20
華厳の滝撮影再挑戦!
21
うーん…
22
やっぱり霧のせいで写りません。
23
実際はこういう風に見えるのに!(※晩御飯の「日光湯波」で表現してみました)
24
花火と滝はやっぱり写真ではなく…
25
実際の目で見ないとね(言い訳)
26
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

↑このページのトップヘ