くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

タグ:水虎様

イメージ 39
つがる市稲垣町下繁田。かつての下繁田村。
イメージ 38
岩木川沿い。土手から下がった場所に鎮座。
イメージ 36
イメージ 37
下繁田村の開発は文政元年(1818)新田奉行半田忠左衛門が繁田村内に開墾を命ぜられ、芦屋村の太次郎・伝次郎、川除村の伝九郎、野末村の四五右衛門、家調村の孫右衛門らを移住させ、1軒に5反歩の開墾地を与えて開墾に従事させたことに始まり、同7年には家数13軒となり下繁田村と称しています(諸説あり)。
イメージ 35
文政元年創立の七面宮。
イメージ 33
イメージ 34
村の氏神として祀られ、下繁田七面様と呼ばれ親しまれています。
イメージ 30
イメージ 31
イメージ 32
向拝下。
イメージ 29
七面宮内。
イメージ 28
狛犬一対。
イメージ 25
イメージ 26
イメージ 27
隣の建物は馬頭観世音菩薩堂。
イメージ 23
イメージ 24
馬頭観世音菩薩堂内。
イメージ 22
大変丁寧に祀られております。
イメージ 20
イメージ 21
七面宮から見て左側には日蓮宗 唯明山 要法寺。
イメージ 19
天保3年木造村実相寺の末庵として要法庵の号を賜り、日蓮宗要法寺となりました。
イメージ 18
昭和16年に寺号を公称。開山開基松山院日達、開基檀越斉藤清太郎。
イメージ 17
本尊勧請様式は一塔両尊、合掌印で、祖像は折伏像。その他、七面大明神、鬼形子母神、清正公大神祗の諸像があるそうです。
イメージ 16
要法寺地蔵堂。
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
庚申塔他、様々な石塔。
イメージ 12
皇紀2600年支那事変参加記念碑(高山松堂書)。
イメージ 11
水虎様。
イメージ 10
開村100年祭紀年碑。
イメージ 9
『開村年号文政元寅年・大正6年7月19日建立・下繁田戸主會・下繁田青年団』
イメージ 8
開村150年祭記念碑。
イメージ 7
『開村年号文政元戌寅年・昭和41年9月3日旧7月19日下繁田部落有志一同建立』
イメージ 6
故中村彦一先生之碑。
イメージ 5
『大正6年11月11日・下繁田学区内父兄一同・下繁田青年団』
イメージ 4
高祖日蓮大菩薩碑。
イメージ 3
けやき(樹齢300年以上・指定文化財第5号)。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 30
享保6年(1721)、氏子中により建立。
イメージ 29
小高い丘の上に鎮座。
イメージ 28
御祭神は大山祇命。
イメージ 27
青森県神社庁HPによりますと、七里長浜の砂岩木山の嵐を防ぐ屏風山の植林を鎮護する目的で建立したと伝えられるそうです。また、車力村史によりますと、旧十三街道を通る旅人を山賊たちが襲うことが度々あり、山働きの人々が家運長久、追剥追放、五穀豊穣を祈って山の神を祀ったとあります。
イメージ 26
とても広い境内です。まるで城跡のような土地。そもそも車力町一帯が中世の柾子館跡地でもあり、歩いているとかなり起伏の激しい町だと感じます。大山祇神社はかつて車力小学校前の南方(旧青森地方法務局車力出張所裏)の小高い山の上にあったそうですが、昭和8年7月に山は崩されたそうです。享保6年(1721)頃に、車力駐在所の北の丘に移され、更に昭和42年9月に現在地に新築移転。
イメージ 25
手水舎。
イメージ 24
寛政8年6月に菅江真澄が参詣し、外浜奇勝にて次のように語っています…『行く道のかたわらに大きな鳥居がたっているのに、たいそう大きなわらのはきものがたくさんかけてあるのは、二王尊が祭られてあるのかと、坂をのぼって詣でると、大山祇の社であった。これは何を願って、山ばたらきの木こりたちが手向けをしたのであろうか。』。
イメージ 23
狛犬大小三対。
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
イメージ 21
イメージ 22
社殿。
イメージ 16
社殿内。大変綺麗にされてます。
イメージ 15
本殿。御神体の山の神は車力村史で見ることができます。
イメージ 14
石造大鳥居寄附者碑。
イメージ 13
祝明治百年記念大山祇神社移転新築記念碑。
イメージ 12
創立十年記念狛犬奉納碑。
イメージ 11
創立満二十年記念石燈籠奉納碑。
イメージ 10
車力村有種牡馬北洲號之碑(昭和24年7月12日)。
イメージ 9
如月號。
イメージ 8
馬頭観世音。
イメージ 6
イメージ 7
庚申塔。
イメージ 5
こちらには…
イメージ 4
女神型の水虎様が5基も。
イメージ 3
その横の祠2つは空っぽでしたが、もしかしたら水虎様か水神が祀られていたのかも知れませんね。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1
強巻村。岩木川の自然堤防沿いに立地し、洪水に悩まされた地域です。
イメージ 2
イメージ 3
元禄3年(1690)創立。
イメージ 4
大行院の配下にあった見重院であり、かつては修験の持宮と伝える稲荷神社。
イメージ 5
イメージ 6
御祭神は倉稲魂命(保食神)。
イメージ 7
縁起に「貞享3年津軽藩重役大道寺隼人、間宮求馬の両士、新墾巡親の折本村強巻氏神として建立」とあり、津軽郡村誌には「貞享4丁卯年奥瀬某勧請」とありますが、貞享の検地では見えず、元禄15年(1702)の大行院配下宮控帳による「元禄3年一戸五衛門草創」が正しいと考えられます。
イメージ 8
明治6年、大巻村稲荷神社へ合祀するも同8年2月復社。同9年12月村社。大正4年7月12日神饌幣帛料供進指定神社。
イメージ 9
神社入口付近にあった甲子大黒天の碑と百万遍。紀年銘はいずれも昭和4年。
イメージ 10
道路を挟んで向かいにも鳥居がありました。
イメージ 11
一つは二十三夜塔(紀年銘大正4年御即位記念)と水虎様(女神型)。
イメージ 12
イメージ 13
横の水路沿いにもう一つ祠。
イメージ 14
庚申塔(紀年銘大正4年御即位記念)と石版の馬頭観世音。
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ