くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

タグ:水虎様

イメージ 1
青森県つがる市木造蓮川玉川。県道162号線沿い。
イメージ 2
建物が2つ。赤い建物は左右に区切られています。
イメージ 3
向って左側は更に中で2つに区切られています。
イメージ 4
いずれも何かはわかりませんでした。
イメージ 5
イメージ 6
右側は石祠と石棒が祀られております。
イメージ 7
石祠は猿田彦大神。
イメージ 8
石棒です。
イメージ 9
小さな建物は水虎様です。
イメージ 10
2体あります。夫婦タイプかも知れません。
イメージ 11
猿田彦大神。紀年銘は明治。
イメージ 12
百万辺。紀年銘は昭和25年旧7月2日。永岡村中。
イメージ 13
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 9
中泊町豊島字豊本の熊野宮。
イメージ 10
御祭神は伊邪那岐命、伊邪那美命。元禄13年もしくは寛文6年創建。享保7年に岩木川洪水で流出、享保13年に現在地に再建。
イメージ 11
再々訪なので、由緒等詳細は過去の記事も参照ください。今回は修復された鬼コ目的。
イメージ 12
狛犬一対(明治40年)。
イメージ 13
イメージ 14
鬼コの頭部及び顔面の修復がなされ、塗り直されたとの情報を頂いたので見に行ってきました。
イメージ 1
角とちょんまげが付いてかなり印象が変わりましたね。
イメージ 2
イメージ 3
元々はこんな頭だったのね。
イメージ 4
拝殿には「権現様(鬼コ)」とありました。
イメージ 5
末社(水虎様・稲荷大明神・馬頭観音)へ。
イメージ 6
水虎様。
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1
由緒等は以前の記事で。
イメージ 2
イメージ 3
一応鬼コ(ガッキー)の安否確認です(笑)
イメージ 4
イメージ 5
無事でした。一安心。
イメージ 6
せっかくなので石灯篭と狛犬も紹介。
イメージ 7
イメージ 8
狛犬はかなり小さめです。大正14年旧7月7日奉納。
イメージ 9
イメージ 10
庚申塔。
イメージ 11
馬頭観音二基。あれ?これって以前からあったかな。見逃していたのかな?台座には手書きで平成28年6月とありましたが、見てのとおり古いものです。
イメージ 12
イメージ 13
その横には水虎様がいました。うん?見覚えのある水虎様です。
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
過去の記事を調べたら二柱神社の近くにあった馬頭観音(上記)と水虎様を当境内に移したことがわかりました。以前より祠が崩壊しそうだったからこちらに移したのでしょう。何度も訪れていると、ちょっとした変化で地元の方々の崇敬の篤さなどを感じることができますね。
イメージ 17
イメージ 21
この不明の石もかつては水虎様の祠内にあった石です。現在の形からは想像もつきませんが、かつては水虎様だったのかも知れません(推測)。
イメージ 20
虫おくりの虫。
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ