くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

タグ:力石

1
平内町口広左エ門次郎に鎮座。凄い名前の住所ですね。御祭神は建御名方命。例祭日4月27日。
2
元禄11年、狩場沢の堀差野に建立された後、寺田四郎左エ門の申し立てにより津軽と南部の境目の守護神として助白井(介白居)村に移転。その後、正徳2年に社殿を新築して当村に移されました。享保9年4月27日村中にて再興。この際の棟札には奉造立石神宮神体諏訪大明神とあります。延享元年に社殿を再建。明治6年3月23日村社。
3
大正8年に現在地に新築される際に本殿基礎の台石は当時の青年団員が斎戒沐浴して海中に潜って拾い上げた石を使用。御神体は江戸與次衛門宅に遷し置き、完成後の夜中12時に江戸與次衛門宅を出て遷座しました。大正11年11月社殿改築。昭和43年6月16日の十勝沖地震により本殿の基礎が崩壊。同年7月27日に神社50周年記念式典にてコンクリートブロックにて修復工事開始。尚、この台座が海中から拾い上げた石で旧礎石の一部で寸法は旧台座と同じ。昭和44年に修復が完了して鳥居一基新設。昭和50年に狛犬一対並びに手水舎を新設、翌年社殿改築(幣殿・拝殿)。平成元年物置(トイレ兼用)並びに土俵を新設。
5
『青森の伝説(森山泰太郎・北彰介)』によりますと、「口広に、諏訪神社の兜の伝えがある。昔、北海道松前の藩公が江戸へ参勤のとき、海上で難船した。このとき大切にしていた諏訪の兜を海に投じて海神に祈ったところ、不思議に波も静まり、江戸に安着することができた。その後、松前から三厩に渡海のおり、また暴風で船も危くなった。すると暗夜に一筋の光明が見えるので、その光を目当てに船を進めると、無事に海岸に着いた。そこは平内町の口広で、小さなお堂があった。見ると、先に海中に投じた兜が、いつのまにかこのお堂に安置され、それが光を放ったことがわかった。この奇瑞に感謝して、お堂を諏訪神社と改めて祭ったというのである。」とあります。なお、当神社には石神宮の額がありますが、この額について似たような言い伝えがあります。「昔、松前侯江戸参勤の折、船にて三厩に渡らんとせしに海上颶に遇い、夜中湾内に漂遊せしが、一点の火光を認めければ、船中大いに喜び力を尽して船を漕ぎ寄せしに此の社岸辺にありきと、これにより松前公通行の節参拝するを以て例とせり」。このお礼として奉納された額とのことです。
6
狛犬一対。
7
7.5
昭和50年5月吉日・江戸幸雄。
8
社殿内。
9
本殿。
10
本殿前の狛犬一対。
11
11.4
11.8
胸に奉納者の名前が彫られていました。
12
狛犬横の石は不明。
13
台座もあってどこかから移したような感じなので、庚申塔の類か力石とも考えましたが、それなら本殿前に置かない気もします。
14
注目すべきはこちら。本殿横に立っているのですが、これ何かわかりますか?
15
実は腐食していて面影が残っていませんが、松前公乗船の船の第一碇と伝えられています。昭和の初めに村の漁船が附近の海上から引き揚げたもので、当時は大変立派な四爪碇で、高さは7尺もあったそうです。みちのく北方漁船博物館(青森市)に同種の碇が保存されていたようですが、2014年に閉館しており、所蔵品はあおもり北のまほろば歴史館に譲渡されたそうですが未確認です。
16
平内町の神社では定番の…ホタテ貝が必ず1枚は落ちている…。
17
諏訪神社のすぐ隣には蒼前様が鎮座。いつからここに存在するかは不明のようですが、言い伝えでは古くからあったようで、村で馬が飼育されていた頃は祭りも大変賑やかに行われていたそうです。現在は平内町内の牛の飼育者がお祭りをしているそう。
18
鳥居や社殿にも一切の表記が無く、何なのかはわかりませんでした。
19
19.5
社殿内。
20
中央に宮形が2つ。
21
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

イメージ 1
普通の田んぼの畦道を通っていきます。かなりわかりにくい場所ですね。
イメージ 2
当神社の由緒等はわかりませんでしたが、古峯信仰は栃木県鹿沼市草久古峯ヶ原に鎮座する古峯神社(総本社)に対する信仰です。
イメージ 3
イメージ 4
御祭神の日本武尊を火防、海上安全、五穀豊穣、家内安全、村内安全などの神として広く信仰しており、近世以降は関東や東北一円に古峯ヶ原講が設けられ、現在も栃木県内はもちろんのこと、福島県内には約2100の講、山形、宮城、新潟、岩手、埼玉、千葉、茨城、秋田、群馬、神奈川などに多くの講組織が結成されています。青森県下では少ないとされますが、それは津軽に少ないということであり、南部藩領は別でしょうね。
イメージ 5
社殿。
イメージ 6
狛犬一対(昭和11年9月8日)。どちらも阿形。
イメージ 7
イメージ 8
境内にあった石。
イメージ 9
1つには「奉納 昭和8年4月8日 大坂仁太郎 三十〆八百」とあります。三十〆八百いうと112.5kgの八百目で115.5kgということかな。だとしたら力石かも。こんなところに…。
イメージ 10
余談になりますが、この古峯神社はコナラの巨木群(コナラの森)に隣接するような場所にあります。このコナラの森にかやば稲荷神社が鎮座しているとのことですが、コナラの森は私有地となっているため無断で入ることができません。どこで誰に許可を得ればいいのかもわからないので、令和元年5月6日の東奥日報の記事を参照し、以下に紹介させて頂きます。
コナラの巨木群がある十和田市三本木一本木沢の林野・通称「すずらん山」にあった神社が「かやば稲荷神社」として再建され、地域住民らにより神事が行われました。林野内では今年10月に太陽光発電設備整備を控えており、神事には無事故への祈りも込めました。周辺はかつて、馬が食べる草を刈る「まぐさ場」や、かやぶき屋根の材料を採る「かや場」として利用され、地域住民は稲荷神社を建立し鎮守の森として敬ってきました。神社の創建時期は不明ですが文政3年の絵図で存在が確認できるといいます。郷土史研究家の弟栄作さんの遺志を継ぎ、「三本木本村物語」を自費出版した山崎政光さんの活動に感銘を受け、「十和田市発祥の原点。未来永劫残さなければいけない。」と、老朽化した神社の再建と記念碑の建立を決意。なお、すずらん山では平成30年に太陽光発電事業に向け地鎮祭が行われています。林野内の幹回り3m超えのコナラ15本は保存されますが、残る草木は工事のために伐採。20ヘクタール超の林野内には約400本のコナラがあります。東北巨木調査研究会の2016年の調査で、幹回り3メートル91センチの県内最大の巨木を含め3メートル超のコナラ9本を確認。追加調査で更に6本が見つかりました。希少種のニホンスズラン、ニッコウキスゲなども自生しているそうです。
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 18
東京都江東区大島。
イメージ 19
西大島駅から新大橋通りを西に向かい、越中島支線沿いを北に向かった辺りに鎮座。
イメージ 16
イメージ 17
御祭神は軻遇突智神。
イメージ 14
イメージ 15
創建不詳。
イメージ 12
イメージ 13
寛永年間(1624-1645)に葛飾郡中之郷村の成就院境内より大島2丁目6番に遷座し、後の大正2年6月に現在地へ鎮座。
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
『愛宕神社は、もと本所中之郷(墨田区)の成就院境内にまつられていたものを、中之郷の村民の移住とともに大島へ移転したものです。江戸後期の俳人、小林一茶(1763-1827)は、享和3年(1803)から文化5年(1808)にかけての句帳や日記に「本所五ッ目愛宕山」と記しており、40代前半の一時期を愛宕神社に仮住いしていたと思われます。』
イメージ 8
本殿。
イメージ 7
小林一茶歌碑。※この碑の下方に力石があるそうですが、草木のため見逃しました。
イメージ 6
『雀の子そこのけそこのけお馬が通る』。
イメージ 5
手水舎。
イメージ 4
社務所。
イメージ 3
ちなみに末社稲荷大明神は工事中だったため写真はありません。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 35
鳥居は一つですが2つの神社が鎮座しております。
イメージ 34
正面には浪除稲荷大明神。
イメージ 32
イメージ 33
右の石畳を進み…
イメージ 31
更に鳥居があり…
イメージ 30
於咲稲荷大明神。
イメージ 28
イメージ 29
御祭神は倉稲魂命。
イメージ 27
力石が3つあります。
イメージ 26
いずれも「さし石」と刻まれています。内一つには「佃大市」「佃辰」「佃清」「吉松」の名も残します。さし石の「さし」とは「持ち上げる」こと。材質は安山岩。
イメージ 24
イメージ 25
石燈籠。
イメージ 23
手水舎。
イメージ 22
えぇ~…っと…木!!
イメージ 21
裏手の水路越しに本殿と御神木。
イメージ 20
佃散策。
イメージ 19
船が沈んでる?!(笑)
イメージ 18
水路の真ん中に何やら看板が。
イメージ 17
『此の場所には、江戸時代後期寛政拾年(1798年)徳川幕府より建立を許された大幟の柱・抱が、埋没されておりますので立入ったり掘り起こしたりしないで下さい。佃住吉講』
イメージ 16
一般人には立ち入ることも掘り起こすことも不可能でございます。
イメージ 15
何やらガラス張りの建物が見えてきました。
イメージ 14
佃まちかど展示館。
イメージ 13
『まちかど展示館は、地域に根づいたまちの歴史や記録を区民等が自ら掘り起こし、展示や公開することで、地域文化の継承や住むまちに誇りや愛着心を育んでいただくため、区が認定し町会等や区内の事業所等が設置しているものです。佃島は、摂津国西成郡(現在の大阪市西淀川区)佃村・大和田村の漁師たちが、大川(隅田川)河口付近の干潟百間四方を拝領し、正保元年(1644年)に埋め立て造成した島です。故郷の名をとり佃島と名づけられました。漁師たちは、移住以来徳川将軍へ日々鮮魚を献じていました。特に白魚は将軍の食膳に不可欠なものだったといい、今も佃島漁業組合に白魚献上箱が伝えられています。また、住吉神社は正保3年(1646年)に大阪の住吉神社の分霊を移したもので佃から月島一帯の氏神となっています。3年に1度の大祭には、神輿が繰り出し月島地域が沸きかえります。佃まちかど展示館には、こうした佃島の歴史や伝統を象徴する千貫神輿や区民文化財である龍虎の獅子頭、佃例大祭の写真などを展示しています。また、この他にもたくさんの貴重な文化資源が残されています。』
イメージ 11
イメージ 12
『この龍虎の頭は制作年代不詳にして最も古きものなり。既に天保初年発行の「東都歳時記」夏の條に「六月廿八、九日佃島住吉明神祭礼龍虎の頭を渡す云々」とあるは之れにして江戸時代佃島は幾多の火災に罹り全島焼土と化したる事もあれと何時もこの龍虎の頭は不思議にも其の災いをまぬかれたり。大正十年頃迄は大祭の時に此の頭を渡せしが大獅子頭新造以来之れを渡さず。尚大祭の時は此の場所に庭を造り飾る事古例なり。佃住吉講』
イメージ 10
展示館の裏手は隅田川。
イメージ 8
イメージ 9
佃島渡船跡。
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
摂津国佃村の漁民が徳川家康に従い江戸に入り、佃島を築造した正保2年(1644)より続いていた佃の渡しは、昭和39年の佃大橋架橋に伴い320年間に及ぶ長き歴史に幕を閉じました。
イメージ 4
安政6年(1859)創業の「つくだに丸久」横にある劇作家北條秀司(1902-1996・大阪市生)の「佃の渡し」記念碑。
イメージ 2
イメージ 3
『雪降れば 佃は古き 江戸の島』。
イメージ 1
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1
中沢村の字名として池田・浪返があります。こちらは字池田の稲荷神社。御祭神は宇迦廼御魂命、猿田彦命、大宮能女命。
イメージ 2
参道の木々が美しいですね。
イメージ 3
イメージ 4
元禄15年(1702)の堂社縁起修験道由緒及び同年弘前大行院の書上によりますと、寛永元年(1624)の草創と伝えます。延宝9年の大行院山伏行人覚書によりますと別当は正覚院。
イメージ 5
イメージ 6
県庁所蔵の社寺明細長によりますと、草創年月は不詳で、貞享年中(1684-1687)建立とあります。農耕の神として祀られました。
イメージ 7
イメージ 8
明治6年3月から同8年2月までは後潟神社に合祀。明治9年12月に村社に列せられ、明治41年に皇太子殿下(大正天皇)が本県に行啓した際に、これを記念して10月には本殿を社殿より分離して一部の模様替えをしたそう(瑞垣新築)。一の石鳥居は大正2年建築、二の鳥居は建立年不詳。大正15年9月に拝殿・幣殿新築。
イメージ 9
社殿内。
イメージ 10
本殿。
イメージ 11
末社等。
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
力石がありました。
イメージ 15
力石保存の銘…『古来、農漁村の住民は特に体力の維持増強に留意した。就中若者は種々の力競べをしては体力を誇示していた。その一例の力石(丸石140kg)が当村に現存している。その力石を中澤村を偲ぶ縁に保存したいと中澤稲荷神社氏子総代長坂本増吉氏が提唱、ここに多くの発願者、賛同者の協力を得て当神社の境内に永久保存することにした。誠に慶祝の至りである。序に本力石を担ぎ上げた当村の力持ち坂本儀一郎、坂本友太郎、坂本喜三郎の氏名を記して永く栄誉を讃える。平成18年12月吉日』
イメージ 16
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ