くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (東通村)

1
青森県下北郡東通村目名立山。
2
かつての目名村(枝村根津屋村)。村高は「正保郷村帳」63石余(田56石余・畑7石余)、「貞享高辻帳」79石余、「邦内郷村志」96石余(うち畑11石余)、「天保郷帳」96石余、「安政高辻帳」79石余、「旧高旧領」96石余。「邦内郷村志」では家数21、人数163、馬119、牛75。鎮守は神明宮(目名神社)で、慶安3年再建の棟札がありました。他に高館采女の守護神といわれる熊野社があり、草創は大同元年と伝えます。また年月は不明ですが、菊池平次なる者が甲斐国より来村して居住し、自覚院と称して修験となり、以後菊池家は下北各村の獅子振り(回り神楽)行事を認可する権限をもっていたそうです。当村の神楽は、師職目名権大夫の伝えたものといわれ、また下北一帯の神楽の源流ともいわれています。明治初年の戸数41。村況は「土地悪く水田少し、農隙には薪を采り又菅莚を織て産とす、壮者は北地に出傭す」とあります。当村の枝村になる根津屋村は、立山あるいは根津屋新田ともいわれ、地名は開拓者佐賀平之丞の屋号に因みます。平之丞は下風呂村の海運業者で、明治元年花巻より土工50人を雇い入れて開拓しました。入植者ははじめ6戸でしたが3年間で12戸となり、その間米・味噌を供給して耕耘。同14年明治天皇が東北・北海道巡幸の折、北白川宮能久親王から開拓村として根津屋新田が褒賞されました。国誌には「本村の北十五丁曠野の中にあり、家数8軒」とあります。明治18年、根津屋の木村理吉夫婦を殺害し放火した、いわゆる万平事件が起きており、これが有名になり芝居にも仕組まれました。
3
毘沙門神社は立山地区の守護神。立山は幕末に人々が他地域から集まってきた集落であり、明治2年には毘沙門様を祀っていました。現在の社殿は昭和32年11月建立。御神体は木彫毘沙門天像です。
4
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
青森県下北郡東通村岩屋往来。県道6号線沿い。社号標「若宮八幡宮」。もう1つの碑には「岩屋熊野大神御靈代造新記念碑」とあります。
2
一之鳥居の次には立派な門があります。
3
門の先に更に鳥居があり、そこからは石段が続きます。
4
読み取れない石碑。
5
石段。結構上ります。
6
石段途中の鳥居。
7
7.5
鎮座地はかつての岩屋村。地内には近世アイヌの洞窟・貝塚があるそうです。文化6年、8年、10年、12年と天保7年に寄鯨があり賑わったと伝えます。
8
若宮神社は応永年間の勧請。神事芸能である能舞が伝わります。「岩屋八幡宮」の説明として、「宝永6年再建。元は現在地より更に300mほど山手にありました。古くから漁師たちの信仰が篤かった。明治40年に2度目の火災に見舞われて新たに社殿建立。」と調べていましたが、どうやらこの説明は神社庁にもある若宮神社(東通村岩屋字向)のようです。土地勘がないので混同しそうです。
9
9.5
拝殿唐破風懸魚・蟇股・木鼻等。立派な造りです。
10
拝殿神額。
11
手水石。
12
末社の小網稲荷。別名石倉稲荷とも呼んでおり、海岸で稲荷様のお札を拾ったことから小祠を建立し祀りました。文化12年、昭和12年の棟札所蔵。
13
眺望。
14

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
青森県下北郡東通村岩屋田畑。袰部部落。
2
地図で見ると野牛母衣部という地域名が見えます。「袰」は「母衣」なんでしょうね。袰部は川筋につくアイヌ語系のホロ・ペという本流を意味するとも、ポロベという大いなる水に由来するものとも云います。かつての岩屋村で地内に近世アイヌの洞窟・貝塚があるそうです。
3
参道。
3.4
3.8
社殿。やや変わった形をしています。
4
社殿内。明和3年(1766)の再建。よって詳細は不明ではありますが少なくともそれ以前の創建です。嘉永7年からの棟札を5枚所蔵。明治3年再建、昭和14年増築・再興。御縁日は9月15日。
5
地図には「八幡神社」とあるのですが、社殿内に「熊野大権現(袰部部落)御魂代鎮魂」ともあります。でも鳥居の額束は「袰部八幡宮」ですし、参道の橋は八幡橋だったので、やはり八幡神社でしょう。
6
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

↑このページのトップヘ