くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ:寺・神社 (秋田県) > 寺・神社 (鹿角市)

秋田県鹿角市十和田錦木沢尻。この日は参道両脇の草木が伸びており、少々歩きにくかったです。ちなみに正面参道ではありませんが、隣りに沢尻農村集落生活舘という建物があり、そちらから行くとすぐ着きます。沢尻農村集落生活舘から見た鳥居。御祭神は誉田別命。例祭日は5月 ...

秋田県鹿角市十和田錦木室田。錦木村は地租改正を機に冠田・室田・沢尻・浜田・古川の5ヶ村が合併して成立。大湯川の米代川合流点東部及びそれに接する米代川右岸北部に位置。村名は中世以来歌枕としても有名で、謡曲「錦木」の主題となった古川の錦木塚によります。江戸期幕 ...

秋田県鹿角市尾去沢東在家。県道191号線(根瀬尾去沢線)沿い。円墳。古墳時代のものではなく、奈良平安時代に築かれた終末期古墳です。玉類や装飾物が発見されています。秋田県内にある古墳で墳丘が現存しているものは、確認されている中ではここのみです。古墳と言われなけ ...

秋田県鹿角市八幡平切留平。キャメルマート秋田八幡平横に鳥居があります。キャラメルマキアートみたい…で、そのキャメルマート秋田八幡平向かいには大きな釜がありました。特に何の説明もありませんが。 一之鳥居は結構大きいです。 社号標。 大鳥居建立協賛者名碑(天 ...

秋田県鹿角市十和田瀬田石下石野。石野会館前に鳥居があります。 草木で参道が見えませんが、一応石段があります。 かつての石野村。陸奥国鹿角郡毛馬内通のうち南部藩領花輪盆地を出て西流する米代川右岸に位置。猿賀神社縁起には仁徳紀に上毛野田道が蝦夷と戦って敗死し ...

秋田県鹿角市十和田錦木稲生田。地租改正を機に冠田・室田・沢尻・浜田・古川の5ヶ村が合併して成立。大湯川の米代川合流点東部及びそれに接する米代川右岸北部に位置。村名は中世以来歌枕としても有名で、謡曲「錦木」の主題となった古川の錦木塚によります。江戸期幕府巡 ...

秋田県鹿角市十和田錦木稲生田。能や謡曲の「錦木」、また能因法師の歌「錦木はたてなからこそ朽にけれ けふの細布むねあはしとや」などの歌枕「錦木塚」として全国に知られています。世阿弥の謡曲「錦木」によって世に広がりました。 近世ではこの地は「歌枕の地」とされ ...

鹿角市十和田錦木字申ヶ平。御祭神は猿田彦命、田道将軍、天宇都女命。 社号標紀年銘は平成6年10月29日(小舘電気小舘信市・錦東部落氏子一同敬白)。 かつての社号標。 読み取りにくいですが、恐らく紀年銘は明治42己酉年旧9月29日。願主名省略。 史跡田道将軍陣没の地 ...

秋田県鹿角市十和田毛馬内柏崎。仁叟寺、鹿角市先人顕彰館、毛馬内柏崎館の近くです。明治44年に月山神社に合祀されているようです。由緒等はわかりません(※調べていません)。 かつては立派な拝殿があったのではないかと思わせる境内ときちんとした石段がございます。 ...

秋田県鹿角市十和田毛馬内番屋平。門の側に宝暦天保大飢饉供養塔が建立されています。寺号標紀年銘は昭和61年3月。 曹洞宗。凱翁山仁叟寺。御本尊釈迦如来。秋田三十三観音霊場の第32番札所、鹿角三十三番観音霊場の第29番札所。 山門です。 当麻館の搦手門を移設したも ...

秋田県鹿角市十和田瀬田石八幡平。かつての瀬田石村。陸奥国鹿角郡。 『鹿角由来記』に「瀬田石村、瀬田石太郎左衛門領知、館有り、本名奈良。後に毛馬内大学領知、家来月館隠岐知行分。志和の陣の時、隠岐武士(壱人)奉行にて沙汰し、忠を致す。闌て月館村七百石下さる」 ...

秋田県鹿角市十和田大湯一本木。一本木自治会館隣り。 かつての一本木村であり、「邦内郷村志」では蔵入高47石余、給分采地40石余、馬16、戸数8で小村ですが、1戸当たり2匹の馬がいる集宮を祀っており、本尊は観音でした。明治9年の地租改正を機に大湯村の一部となりま ...

秋田県鹿角市十和田大湯白沢。国道103号線沿い。菅江真澄は箒畑を早いうちに出発し、三宝荒神社を参拝してから白沢の村に入りました。更に上流を目指して、止り滝・中滝、途中の大滝内の滝を見ながら、目的の銚子の滝に辿り着きます。 菅江真澄の道(三宝荒神の祠)…『 ...

秋田県鹿角市十和田大湯。止滝発電所の向かいです。 参道横には川があります。下へ降りることもできますし、橋もあります。 大湯三滝の一つとなっている止滝の程良い滝しぶきが気持ちいいです。 比較的近くまで行くことが可能です。落差約8m、幅約11m。幅の方が短く感 ...

↑このページのトップヘ