くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ:寺・神社 (秋田県) > 寺・神社 (鹿角市)

1
秋田県鹿角市十和田毛馬内高田と毛馬内森崎の境に鎮座。毛馬内稲荷神社ではございません。近くには鹿角市立毛馬内保育園がございます。
2
毛馬内村は「南部家系譜」に「毛馬内靫負領知奥州鹿角郡毛馬内郷。天正13丁酉年11月10日卒六十五歳」とあるのが初見史料。「鹿角由来記」によりますと「毛馬内町、毛馬内備中領知、本名成田の惣領也。後に南部靫負信継領知。天文年中三戸より知行遣わさる。高二千石。村数毛馬内・瀬田石・大欠ケ・赤沢・楢板躰・鰐口屋敷・菅生躰。毛馬内に館有り」とあり、「鹿角志」によりますと村名の中に、日暮躰・籠屋ノ沢が加えられ、居館が「古は当麻館、後に柏崎館」であると記されます。当麻館は建武4年北朝方の津軽曽我貞光の攻撃を受けました。柏崎館は慶長の末に藩主南部利直の縄張りにより造営。「奥々風土記」に鹿角三大日堂のうち胎蔵界大日堂が毛馬内にあり、継体朝にだんびる長者の建立した、小豆沢・長牛両村のものと組をなしているとあります。「鹿角郡根元記」によりますと、桓武朝に坂上田村麻呂が陸奥国に建立した月山社七座のうちの1社が毛馬内月山神社であり、また、毛馬内の古館は成田備中が天喜年中から代々居館としました。建久年中南部氏の鹿角領有後、天文年中南部氏一門の武田靫負佐秀範がこの館に居り、毛馬内氏と苗字を改めたとあります。「邦内郷村志」によりますと、蔵入高45石余・給分采地970石余、馬231、戸数314(うち上町31・中町34・下町46・五軒町57・加屋町33・下小路75・川原町38)。領主の居館柏崎館があります。月山権現がまつられ、所領11石余。永福寺門徒別当広増寺があります。承応3年重直、元禄4年重信と南部藩主が社殿を造営し再建。伊勢宮・稲荷社は修験宝珠院が別当、八幡宮・新山社は修験不動院が別当、他に数社があります。曹洞宗凱翁山仁叟寺は明暦3年創建で桜庭氏の菩提寺、閉伊郡善勝寺末寺で盛岡報恩寺支配。浄土宗根福山善徳寺は盛岡大泉寺末寺で寛永5年開山、同宗直至山誓願寺も同本山で享保年間に白根より移転、浄土真宗浄光山常照寺は盛岡本誓寺末寺で和賀郡土沢から移転、日蓮宗本光院は三戸妙光寺末寺で盛岡法花寺支配。「天保郷帳」では1,607石。「奥々風土記」には毛馬内里の正東群山の中に来満山があり、鹿角・三戸両郡の堺で、36里間駅家もなく冬から春には往来絶える険阻の坂道(峠)であると記します。郡区町村制下瀬田石・岡田両村と連合。戸長役場は毛馬内村にあり警察分署もありました。明治22年、鹿角郡毛馬内町の大字となります。
3
社殿。当稲荷社の由緒等については調べておりません。
4
社殿内。本殿両脇にも小祠。手前に御神馬。天井には神輿や太鼓などが見えます。
5
稲荷神社参道脇にあった建物。
6
堂宇内。
7
観音像といった雰囲気でもありませんが、子安観音的な感じですかね。
8
いずれも授乳という共通点があり、4躰の内の2躰はそれぞれ弓を手にしています。一対(2組)なのかも知れませんね。棟札らしきものは像の裏にあったため見えませんでした。
9
9.5
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
秋田県鹿角市尾去沢仁兵エ平。別所川を橋で渡ります。
2
庚申塔。1枚目の写真の巨木の下にあります。ちゃんと見ていませんが、向かって左はたぶん安政7年、右が大正11年。
3
最初に鳥居を見た時、まさか後ろの山の頂上まで行くのでは!?と思いましたが鳥居からすぐでした。鹿角は特に熊が怖いので頂上だったら諦めていたと思います。
4
既に社殿が見えております。
5
鳥居の額束。屋根付き、しかも「お稲荷神社」です。
6
石段。
7
社殿。当神社の由緒等については調べておりません。
8
拝殿向拝。
9
拝殿内を拝もうとしたその瞬間!!
10
大量の蚊と虻に襲われたため、きちんと参拝もしないままに逃げて来ました。社殿周囲も一切見ておりません。熊も怖いけど、真夏は蚊と虻の方が嫌ですね。
11
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
幸稲荷神社(鹿角市)』からの続き。
2
秋田県鹿角市花輪稲荷川原。花輪の総鎮守。産土神社。
5
御祭神は豊受姫命、猿田彦命、天宇都女命。例祭日8月16日。境内神社として駒形神社、八幡神社、龍神社があります。特殊神事として神幸太鼓・花輪囃子(朝詰)があります。
4
鎌倉時代の創建と伝えますが、元久年中奉仕の神官宅が火災に遭い、それ以前の詳細な記録は不明。昔、伊勢両宮分霊巡視の際に、御神霊を分け、祭祀創設されたといいます。
5
文明2年、南部藩主により社殿再建。また、代々南部藩主により当社の改築・修理が行なわれましたが、明治初年より花輪通り48社の総鎮守社、明治6年郷社に列格。昭和17年幣殿・拝殿改築し現在に至ります。本殿は皮投嶽(標高1,112m)の山麓に位置し、産土神さんとして親しまれ、古くからこの土地の厚い信仰を受けています。
6
拝殿唐破風懸魚、蟇股、木鼻。
7
拝殿海老虹梁、手鋏。
8
8.5
拝殿向拝神額。かっこいい額です。
9
拝殿内。正面両側に馬と虎の絵馬(川口月嶺筆)。
10
拝殿前狛犬一対。
11
11.5
紀年銘は大正10年3月吉日(田中市太郎)。
12
12.5
御神木。
13
62歳寿会有志石段及外燈設置記念(平成3年4月吉日)。
14
植林奉納紀念碑(大正8年5月)。
15
神璽神輿奉納紀念碑。
16
紀年銘は明治22年もしくは32年の7月。自信なし。
17
境内末社。
18
稲荷社のようです。
19
社殿横の石段。
20
石祠がたくさん。
21
小祠。
22
境内社。
23
天神宮。
24
社殿内。中央には天神像(菅原道真公)。
25
25.5
境内社。
26
龍神社。
27
祠内。蛇に乗った神像や七龍神社、福徳龍神などと書かれた棟札も見えました。
28
龍神社両脇の小祠と、龍神社前の小祠・石祠。
29
29.4
29.8
龍神社社号標(昭和29年9月吉日再建)。
30
境内社。
31
中央には石祠。稲荷社のようです。
32
幸稲荷神社の拝殿・幣殿・本殿を見下ろすの図。
33
以下、関連記事。
34
35
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

↑このページのトップヘ