くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ:寺・神社 (秋田県) > 寺・神社 (鹿角市)

1
秋田県鹿角市十和田大湯腰廻。
2
かつての境内は鎮守の森といった感じであったと思われますが、境内に木々は伐採されており、切り株のみが残されていました。
3
かつての腰廻村。陸奥国鹿角郡毛馬内通のうち。南部藩領。「邦内郷村志」によりますと、蔵入高27石余、給分采地36石余、馬42、戸数22、稲荷神社を祀るとあります。黒森山(545.9m・山頂に黒森山神社)の南麓に位置し、西流してきた大湯川が南に方向を変える右岸に当たるこの地は、大湯台地の南西端。地租改正を機に明治9年大湯村の一部となります。
4
社殿。由緒等は調べておりません。
5
5.5
拝殿向拝神額「正一位稲荷大明神」。
6
社殿内。正面に祀られているのは、神像もしくは仏像っぽく見えましたが、拝殿内にて拝むことは叶わず、何かはわかりません。
7
社殿内には大太鼓、絵馬の他、鉄製の剣や草履、更に本殿上部は葦名神社(鹿角市)の千匹馬を彷彿させる無数の白狐の絵馬、更にその上には月山神社本宮(鹿角市)にあるような百人一首献額もしくは三十六歌仙図絵馬のようなものが見え、更に両脇には金剛力士らしき絵も飾られており、非常に興味深いものでした。拝殿内で見ることができないのがとても残念。
8
8.5
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
秋田県鹿角市十和田毛馬内高田と毛馬内森崎の境に鎮座。毛馬内稲荷神社ではございません。近くには鹿角市立毛馬内保育園がございます。
2
毛馬内村は「南部家系譜」に「毛馬内靫負領知奥州鹿角郡毛馬内郷。天正13丁酉年11月10日卒六十五歳」とあるのが初見史料。「鹿角由来記」によりますと「毛馬内町、毛馬内備中領知、本名成田の惣領也。後に南部靫負信継領知。天文年中三戸より知行遣わさる。高二千石。村数毛馬内・瀬田石・大欠ケ・赤沢・楢板躰・鰐口屋敷・菅生躰。毛馬内に館有り」とあり、「鹿角志」によりますと村名の中に、日暮躰・籠屋ノ沢が加えられ、居館が「古は当麻館、後に柏崎館」であると記されます。当麻館は建武4年北朝方の津軽曽我貞光の攻撃を受けました。柏崎館は慶長の末に藩主南部利直の縄張りにより造営。「奥々風土記」に鹿角三大日堂のうち胎蔵界大日堂が毛馬内にあり、継体朝にだんびる長者の建立した、小豆沢・長牛両村のものと組をなしているとあります。「鹿角郡根元記」によりますと、桓武朝に坂上田村麻呂が陸奥国に建立した月山社七座のうちの1社が毛馬内月山神社であり、また、毛馬内の古館は成田備中が天喜年中から代々居館としました。建久年中南部氏の鹿角領有後、天文年中南部氏一門の武田靫負佐秀範がこの館に居り、毛馬内氏と苗字を改めたとあります。「邦内郷村志」によりますと、蔵入高45石余・給分采地970石余、馬231、戸数314(うち上町31・中町34・下町46・五軒町57・加屋町33・下小路75・川原町38)。領主の居館柏崎館があります。月山権現がまつられ、所領11石余。永福寺門徒別当広増寺があります。承応3年重直、元禄4年重信と南部藩主が社殿を造営し再建。伊勢宮・稲荷社は修験宝珠院が別当、八幡宮・新山社は修験不動院が別当、他に数社があります。曹洞宗凱翁山仁叟寺は明暦3年創建で桜庭氏の菩提寺、閉伊郡善勝寺末寺で盛岡報恩寺支配。浄土宗根福山善徳寺は盛岡大泉寺末寺で寛永5年開山、同宗直至山誓願寺も同本山で享保年間に白根より移転、浄土真宗浄光山常照寺は盛岡本誓寺末寺で和賀郡土沢から移転、日蓮宗本光院は三戸妙光寺末寺で盛岡法花寺支配。「天保郷帳」では1,607石。「奥々風土記」には毛馬内里の正東群山の中に来満山があり、鹿角・三戸両郡の堺で、36里間駅家もなく冬から春には往来絶える険阻の坂道(峠)であると記します。郡区町村制下瀬田石・岡田両村と連合。戸長役場は毛馬内村にあり警察分署もありました。明治22年、鹿角郡毛馬内町の大字となります。
3
社殿。当稲荷社の由緒等については調べておりません。
4
社殿内。本殿両脇にも小祠。手前に御神馬。天井には神輿や太鼓などが見えます。
5
稲荷神社参道脇にあった建物。
6
堂宇内。
7
観音像といった雰囲気でもありませんが、子安観音的な感じですかね。
8
いずれも授乳という共通点があり、4躰の内の2躰はそれぞれ弓を手にしています。一対(2組)なのかも知れませんね。棟札らしきものは像の裏にあったため見えませんでした。
9
9.5
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
秋田県鹿角市尾去沢仁兵エ平。別所川を橋で渡ります。
2
庚申塔。1枚目の写真の巨木の下にあります。ちゃんと見ていませんが、向かって左はたぶん安政7年、右が大正11年。
3
最初に鳥居を見た時、まさか後ろの山の頂上まで行くのでは!?と思いましたが鳥居からすぐでした。鹿角は特に熊が怖いので頂上だったら諦めていたと思います。
4
既に社殿が見えております。
5
鳥居の額束。屋根付き、しかも「お稲荷神社」です。
6
石段。
7
社殿。当神社の由緒等については調べておりません。
8
拝殿向拝。
9
拝殿内を拝もうとしたその瞬間!!
10
大量の蚊と虻に襲われたため、きちんと参拝もしないままに逃げて来ました。社殿周囲も一切見ておりません。熊も怖いけど、真夏は蚊と虻の方が嫌ですね。
11
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

↑このページのトップヘ