くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ:自然 > 青森県内

茨島のトチノキ(ばらじまのとちのき)。青森県指定天然記念物。青森県内最大級のトチノキ。もっと離れないと全体像が写真におさまりませんね。 幹周6.98m・樹高28.50m・被覆面積約1400㎡・推定樹齢850年。 枝を柱で支えています。 縦にも横にも圧巻の大きさです。 そ ...

溶結凝灰岩の板状節理が見られます。 約20kmほど離れた八甲田カルデラから噴出した火砕流堆積物で、膨大な量の軽石や火山灰が堆積して圧縮・固結したもの。 その名のとおり、屏風のような形状をしております。 屏風岩は馬門岩と違い、渓流を挟んでいるので近くてで見る ...

この馬門岩の案内板のすぐ後ろにある岩のことではありません。 こちらが馬門岩です。 溶結凝灰岩の板状節理が見られます。 約20kmほど離れた八甲田カルデラから噴出した火砕流堆積物で、膨大な量の軽石や火山灰が堆積して圧縮・固結したもの。 馬で往来していた時代に ...

天満宮梅まつりへ。 日付は4月21日。 満開ではありませんが綺麗でした。 天満宮卯年一代守護神…『学業成就・諸願成就の神。御祭神:菅原道眞朝臣命・文殊菩薩・少彦名神・若木神・倉稲魂命。末社:稲荷神社・若木神社。開祖は菅家の末裔重珍丸の十二代の後胤にあたる ...

相良町の梅(指定第3号・平成3年2月19日・所有者佐々木家)。私有地内なのでこのような写真しかありません。 『当地の町名である相良町の由来する相良清兵衛が、藩主から拝領した盆栽を庭に植えたといわれる木で、花も美しく、特に根張りの見事な名木である。由緒ある町名 ...

左に十三湊 右に松前半島 正面は断崖絶壁(崖下に南灯台) 足下にスカシユリ ...

青森県十和田市相坂高清水。 十和田市郊外に位置する一本木沢ため池(1.3ha)は、昭和12年からの三本木原国営開墾事業による稲生川工事で高清水工区に盛土するために土を取ってできた穴を活用した農業用ため池でしたが、良好な自然環境が残存し、危急種であるオオタカやハ ...

十和田市深持如来堂。 手水舎。 石灯篭一対。 紀年銘は明治27年旧7月10日。うん?明治25年…22年?かも 社殿前に川。 用水路みたいな感じですが小増沢の支流かな。 深持のイチョウ(如来堂のイチョウ)。幹周約8.8m・樹高約22m。 橋を渡ります。 社殿。 周囲は巨 ...

県道40号線沿いにありますが、草木が生い茂っており、車だと見逃しそうな場所に鎮座しております。如来堂という地区。近くに如来観音神社・御蒼然神社もあります。 こちらは薬師如来堂なのかな…記事のタイトルに悩みました。 雰囲気は神社で、棟札には『神社奉納昭和5年1 ...

十和田市深持字船沢。梅集落。敗走した落ち武者達が住み着いたという伝説を残す梅集落。また、梅集落一帯からは土器も出土しており、古くから人が住んでいたことがわかっています。落人の里の水は八甲田山系に源を発する水で、清澄な水のある所にしか育成しないウワバミソウ ...

十和田市法量谷地。日本三秘湯の谷地温泉。八甲田山中腹の高田大岳への登山口にあり、約400年の歴史があるとされています。 国誌によりますと、「湯室二つあり…上の湯と云ふ熱湯にしgて硫質ありて白濁にして潔ならす、疝疾に適しと云…下の湯と云湯上の湯と同質なれとも ...

下北半島国立公園。大間崎は下北半島の西北に位置する本州の最北端の岬。 対岸の北海道の函館市汐首岬までは約17.5kmしか離れておらず、本州ー北海道との最短地点とされます。弁天島の向こうには渡島連峰をのぞむことができます。大間崎沖合い600m先には潮流の速い水道の「 ...

尻屋崎開放時間…8:00-15:45(4/1-4/30)。7:00-16:45(5/1-11/30)。それ以外はゲート閉鎖。 尻屋崎は下北郡東通村尻屋北方にある岬。昭和43年指定された下北半島国定公園のうち。太平洋に突出し、下北半島の北東端を占めます。津軽海峡東門の南角にあって津軽海峡と ...

千畳敷海岸。青森県西津軽郡深浦町にある海岸。津軽国定公園。地名をとって深浦千畳敷ともいいます。 昭和49年に深浦町指定記念物(名勝)に指定。昭和50年に津軽国定公園(東津軽郡外ヶ浜町から西津軽郡深浦町まで約180km、25966㌶)、平成10年に環境省による「日本の水浴 ...

↑このページのトップヘ