くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ:自然 > 青森県内

1
その美しさから紅葉の名所、京の嵐山にちなんで、小嵐山とも呼ばれる中野もみじ山。弘前藩主が京都から百本あまりのもみじを移植したのが始まりとされ、山一面を彩る紅葉は人々を魅了します。イザベラバードも「ここは非常に美しく、秋には無数のカエデが緋色や深紅に色を付け、長旅しても見に来る価値がある」と書き残しています。
2
予定が合わず、紅葉のピークに中々行けない中野もみじ山。今年も手遅れでした。
3
3.5
見頃は10月中旬から11月上旬。私が訪れたのは11月中旬。
4
案内板「モミジの小嵐鎮座 津軽三不動尊 中野神社 御由緒」より…『◆御祭神…日本武尊、岩戸姫命、坂上田村麿命、大山祇神、倉稲魂命、少彦名命、以上、津軽三不動尊と併せ七福の神々と称へ祀る。◆中野のお不動さま…延暦19年(800)田村麿将軍東夷征伐の折、当国の守護神として日本武尊を勧請、御神体の不動尊像は隋僧、円智上人の作で中国天台宗の開祖、智嶺の附第人皇33代、推古帝13年(605)に来朝し、聖徳太子に勝曼経・法華経を奉り、同18年太子の命により当国に来たり同年(610)旧4月8日、一木より三体の不動尊像を刻す。一体は、黒石市長谷沢、東光山五輪寺(現、長谷澤神社、津軽三不動尊一番札所)一体は、黒瀧山不動堂(現、当中野神社、津軽三不動尊二番札所)一体は、碇ヶ関村古懸国上寺(現、平川市碇ヶ関古懸、津軽三不動尊三番札所)に勧請、世にこれを津軽三不動尊と称せられる。旧津軽藩 公祈願所・酉年生まれ一代様。◆祭事…・歳旦祭1月1日。・どんと祭1月11日(注連飾り他古神札等焼納)。・おこもり祭(旧暦12月27日-翌日旧暦12月28日)(氏子崇敬者、無病息災、子孫繁栄、家運隆昌、五穀豊穣、国家安寧)。・祈年祭4月28日。・不動尊講中祭(旧暦4月8日)講中繁栄、家内安全、祈蕎受付。例祭前夜祭7月27日(夏越の大祓式)・例祭7月28日津軽神楽奉納・新嘗祭11月28日・除夜祭12月31日(大祓式)』
5
その他、詳細は過去の記事を参照ください。
6
7
不動の滝。
8
不動橋。
9
大町桂月文学碑「ひとしほの木の葉は散りて散り残る楓の山の美しき哉 大正十一年十一月六日 桂月」…『数町枝渓を遡れば、中野公園に達す。渓流S字形を成して、飛泉かゝる。山は低けれども、樹木茂り、古杉の間に、老楓少なからず。橋を渡れば、矢大臣門さへありて、中野祠神さびて立てり。』
10
不動橋からの風景。
11
不動橋から不動の滝。
12
反対側から不動橋。
13
随神門。
14
右大臣(昭和53年11月3日・櫻庭貞次郎寄進)。
15
左大臣(昭和53年11月3日・櫻庭貞三寄進)。
16
進めば進むほど紅葉シーズンが既に終わっていることを感じます。
17
中野神社鳥居。
18
巴太鼓に乗っている鶏の石像一対(昭和37年旧6月28日。中野・黒森婦人一同)。
19
19.5
石鳥居(皇紀2604年)。
20
中野神社。
21
過去に紹介しているので特に説明はありません。
22
22.5
苔チェック。
23
観楓台へ。
24
観楓台。
25
完全に散っております。
26
せっかく来たので展望所方面へ散策。
27
色づいているところをチョイスして写真を撮っていますが…
28
28.5
ほんの一部分です。
29
ってことで戻ってきました。
30
ちなみに中国からの観光客はそこそこいました。
31
中野もみじ山散策マップ。
32
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
以前の記事
2
案内板「ガマ石 乳穂ケ滝」より…『樹齢300年を超える杉の大木に囲まれた境内、落差33mから一条の滝が落下している。その岩下に不動尊がまつられ、この御堂は建立不明とされている。この滝が古来から津軽の作物豊凶占いの手がかりとされており、現在でも津軽中の信者が集まる。ガマ石は乳穂ヶ滝の向いの岩木川にあり、その岸にカエルがうずくまった形に似ていることからその名が付けられており、ビッキ石とも呼ばれている。』
3
倶利伽羅剣と菅江真澄歌碑。
4
菅江真澄歌碑「とよとしのしるしも水もふる雪も千束に氷れ新穂のたきなみ」。昭和24年、42歳厄年を迎えた地元の人々12名によって建立。
5
令和元年6月2日に建立された狛犬一対と、昭和56年7月29日(旧6月28日)建立の石灯籠一対。
6
6.5
ということで、私が見つけた令和元年奉納の最初の狛犬は乳穂ヶ滝でした。
7
この日は真夏日だったので、少し滝で涼もうと思ったのですが、さすがに乳穂ヶ滝の水量では涼めませんでした。
8
滝見えます?
9
9.5
弘法大師。
10
10.5
上に行きます。
11
11.5
滝見えます?
12
足元には気を付けましょう。
13
13.5
薬師観音。鳥居付です。
14
14.5
稲荷様(御命日10日)。
15
不動明王(御命日12日)。
16
不動明王の上にある絵馬。よく見えませんが。
17
山乃神様(御命日12日)。皇紀2600年。
18
龍神様(御命日1日、15日)。
19
案内板。
20
岩。
21
22
滝壺。
23
三本の杉がいい感じです。
24
鳥居裏にも三本の杉。推定樹齢200年。
25
3度目の…滝見えます?
26
休屋(社務所・休憩所)。
27
乳穂ヶ滝休屋新築記念(昭和53年7月2日)。
28
飾られている滝の写真(撮影者熊谷武徳氏)。
29
平成24年2月のものでした。
29.5
飾られている記事より…『「渡し舟」…昔は道路も殆ど山頂を通り、なるべく橋などをかけなく川を渡るにも水の少ない時を選んで自分の足で渡った。少し遅れて渡舟が用いられた。我村でも橋のない川は殆ど渡舟で渡っていた。木橋がかけられるようになっても洪水などで流失した時には又渡舟が用いられた。渡場には舟守りを部落で依頼し、舟守りには一定の賃金や物料を払ってその仕事を引受けてもらい、川辺にはその住家も手配した。「栄光に輝く瑪耶渓 津軽十景首位当選」…昭和3年8月1日より9月24日まで開かれた弘前新聞社主催津軽十景入選の投票が行われた。弘前新聞社が一万号記念事業として発表した津軽十景投票は俄然人気を呼び、発表以来40数日毎日の投票発表は如何に全津軽人の耳目を衝動せしめたか、郷土愛に燃ゆる人々の熱誠振りには只々驚嘆の外はなく各地の後援会有志の努力には主催側としても感謝に堪えなく、それなりに毎日の計算も緊張に緊張を重ね、一票たりとも誤算なからしむるべく検票したのでした。特に瑪耶渓の如き天下の絶勝をこの際天下に紹介せずんばあるべからずと保勝会を結成し、各地元民も策戦をこらして実に物凄き競争が演ぜられたのである。秘められた謎の投票箱を開く度びに一喜一憂、一高一低をつゞけたもので、立会人も時事、東奥各新聞記者、それに弘前警察署の警部にお願いして、最終決定をした。最後の成績は、最高当選順(※中略・写真参照)外は略す。我が瑪耶渓は前記の如く第一位当選したので、保勝会を先頭に9月23日自動車三台に分乗し弘前市内を当選御礼廻り、次のようなビラを撒布し喜び溢れ帰村した。配布した御札のビラ(原文)(※以下省略・写真参照)』
30
30.4
30.8
設置前の案内板「乳穂ヶ滝」(西目屋村誌)より…『この滝は名坪平(昔は夏菩提ともいった)道路に面してある。正面に鳥居、左手に社務所(休憩所)、岩だらけの坂を登りつめると剣が不気味に尖り、樹齢200年と見える杉の大木が三本天を衝いている。左には弘法大師の石像をまつった祠があり、年中、日の丸の旗がはためいているのが印象的である。正面を仰ぐと岩が裂けたような状態で、高さ33メートル(古記では十丈)幅10メートル弱(同五間)の滝がさらさら雨が降るように落ちる。その岩下に不動尊がまつられ、N状に橋が架けられ、容易に参拝できるようになっている。元来、この不動尊御堂は建立不明とされている。この滝が古来から津軽の作物豊凶占いにされた古事から始まり有名になったが、藩政時代には津軽藩主が、その氷塊を正月の厳寒期に特命使者を遣わして検見させ、豊凶の手がかりとし、民間では旧正月17日その氷を参拝後持ち帰って病人に与えると、ふしぎにも快癒したという。したがって豪雪をついて津軽中の信仰者が集まり、現在でもその風習がつづいている。古い記録をたどると、文化3年8月18日(1806)津軽藩主寧親が参拝したことが明らかで、ついで寛政8年2月6日(1795)家老職喜多村が参詣している。なかでも目屋の名を天下あまねく周知させたのは菅江真澄(三河の人)。真澄は寛政8年11月4日、暗門探勝の帰り途ここに詣でて次のような歌をよみのこした。「豊年の徴も水もふる雪も千束に氷れ新穂のたきなみ」』
31
帰り際、水陸両用バスが突然現れて、ガイドさんの声が響く中で、バスの中の観光客の一人が私に向って手を合わせて拝んでいました。恐らく私が不動明王に見えたのでしょう。この日は真夏日だったのでそういう表情になっていたと思います。
32
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
青森県平川市町居山元。
2
四季折々の花が楽しめる平川市のオープンガーデン。
3
3.5
令和元年度は、菜の花シーズン(4月25日-5月6日、5月9日-12日)、ローズシーズン(5月23日-5月26日、5月30日-6月2日 6月6日-23日、6月27日-30日)、アジサイシーズン(7月4日-7日、7月11日-21日、7月26日-28日)、コスモスシーズン(9月5日-8日、9月12日-29日、10月3日-6日、10月11日-14日)といった感じでした。※臨時休業あり。
4
4.4
4.8
入園料は500円(ドリンク付)です。安いですね。
5
5.2
5.4
5.6
5.8
イベント等も開催しているので、詳しくはホームページ等でご確認ください。
6
6.4
6.8
7
7.4
7.8
8
8.2
8.4
8.6
8.8
インスタグラム『garden大きなくりの木の下で
9
9.2
9.4
場所がわかりにくいので地図を載せておきます。
10
なお、当記事の写真はコスモスシーズン中盤です。
11
写真のみの紹介。
12
12.4
12.8
一眼レフを構えている人もたくさんいました。
13
13.4
13.8
私は…
14
14.4
14.8
いつものボロデジカメ&ボロ携帯で…
15
15.2
15.4
15.6
15.8
すいません笑
16
16.2
16.4
16.6
16.8
いっぷく。
17
17.4
17.8
庭園を眺めながら。
18
再び庭園散策。
19
19.2
19.4
19.8
コーギーのスカッシュくん。
20
20.5
ナシの木(樹齢約400年)です。このナシの木は1998年に鳥取県が調査をし、同県発行の「アジア浪漫紀行-梨の来た道-」で紹介され、鳥取県立「鳥取二十世紀梨記念館」で北限の古木として紹介されています。
21
『(前略)三厩のナシはミンマヤナシという名で栽培されるようになり、栽培量が増えるにつれ、後に津軽梨の名で広く知られるところとなる。津軽地方にリンゴが導入された明治の初めごろまで、さかんに作られていたようだ。(中略)西谷氏は、大正当時の津軽地方には「二、三百年を越すナシの大樹が多い」と述べているが、そうした大樹の一つだろうか、往時を偲ばせるようなナシの木が町居村(現・平賀町)の旧家、大澤清蔵氏邸にあった。今はヤマナシと称する一本が残るだけだが、かつてナシの大木は数本あって、近隣から「梨の木の家」と呼ばれていたそうだ。1928(昭和3)年の大木調べで「樹齢三百年以上、径四尺、高六十尺」とされていることから、このナシは江戸時代初期のものらしい。最近まで当主であった大澤喜憲氏によれば、残っていた大木三本のうち一本の果実は西洋ナシのバートレットに似た果形で、果皮はサビ色、果実は貯蔵して正月用にしていたが、三月までの貯蔵もできたという。(後略)』
22
大きなくりの木。
23
県内最大級のクリの木。里山にあるクリの木としては県内最大級。東北巨木調査研究会によりますとクリの木としては県内3番目の大きさ。推定樹齢400年以上、幹周4.9m、高さ約20m。しかも幹が途中から三本に分かれて伸びる三頭木となっており、近くには庚申塚があることから、山の神が宿る木として拝まれていた可能性もあるといいます。
24
大きなくりの下で。
25
庚申塚へ。
26
庚申塚。この辺をしっかりと紹介するのが私らしい!?
27
案内板より…『室町時代から江戸時代の信仰で、人間の体内には三匹の虫(三尸)が潜んでおり、60日に1度やってくる庚申(かのえさる)の日の夜、人が眠っている間に抜け出して天帝のもとに上り、その人の罪や過失を告げに行く。そうすると、天帝は邪鬼(じゃき=たたりをする神)に命じて、その人を病気にしたり、時には命をとったりすると信じられていました。そこで、当時の人々は、地域・縁者がひとつの家に集まり、三尸が抜け出さないように寝ずに神にお参りをし、会食、談笑をして夜を明かしました。庚申塚は遠い昔のこの風習を物語るものです。信仰にとどまらず、地域の親睦とコミュニケーションの場であり絆を強くする場所だったのです。ここの庚申塚には三尸や邪鬼を追い払う力があるとして「猿田彦大神」が奉られています。猿田彦は、道案内の神・お導きの神・道開きの神としても知られています。この場にいらっしゃったのも何かのご縁・お導き。どうぞお参りください。』
28
ダリアの切り花を購入して帰りました。居心地のいいオープンガーデンでした。満喫!満足!
29
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

↑このページのトップヘ