くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ:遺構・遺跡・痕跡・城址・廃墟・碑等 > 主として城址・館址

秋田市千秋公園。久保田城跡に鎮座。彌高神社東参道。不浄門跡。社号標。「いやたかじんじゃ」と読みます。侯爵佐竹義春書。案内板「由緒」…下半分が消えています。内容は恐らく以下と同じなので省略。御祭神は平田篤胤大人命(諡号神霊眞柱大人命)、佐藤信淵大人命。平田 ...

久保田城御隅櫓は市民が選ぶ都市景観賞受賞(平成2年度)。久保田城内には八つの御隅櫓がありましたが、この御隅櫓は本丸北西隅の高台にあり、見張り場と武器庫の役割を担っていた建物で、市制100周年記念事業として、平成元年に建設したものです。展望台から市街が一望でき ...

『久保田城跡(千秋公園)其之弐』からの続きです。報恩碑(明治21戊子年秋八月建立)。藩政時代から明治初期にかけて藩や県から表彰された人々が「おかみ」に感謝するとともに、若い人たちの奮起を期待して建てたもののようです。碑文はちょっと読み取りにくい状態。船木靱 ...

『久保田城跡(千秋公園)』からの続きです。まだこの辺りしか見ておりません。胡月池。公園を設計した長岡安平が最初に築造した池。石灯籠や噴水が趣を添えます。大賀ハス(Ohga lotus(学名:Nelumbo nucifera))…『1951年(昭和26年)、ハス研究家の大賀一郎博士が地元 ...

腹が減っては戦ができぬ!ってことで、まずは腹ごしらえでそば処四季へ。レディースセットやにしんとろろそばが人気のようでした。広東そばという変わったメニューも。お店側のおすすめはぶっかけそば、にしんとろろそば。私が注文したのは天ざる。920円でエビ3本とししとう ...

秋田県大館市十二所元館。手水舎。社務所。十二所神明社…『祭神:天照皇大御神他十一柱。社紋:藤に十二天。例祭:鎮火祭9月15日。由緒:当社は明治43年(1910)大森岱に鎮座せる伊勢神社及び十二所地域の二十社を、ここ旧十二天社に合祀し「村社神明社」として神饌幣帛料供 ...

秋田県仙北市角館町古城山。古城山の中腹に鎮座。古城山城跡(山城)は中世に戸沢氏(後の新庄藩主)が山上に館を築いていたところです。以前は姫小松の多いことから、小松山と呼ばれていました。元和元年の一国一城令により城は取り払われて、元和6年に廃城となり、城跡(主 ...

三戸郡五戸町浅水。手水舎。浅水城跡(浅水館跡)です。浅水城は中世の山城で、頂上部の本郭を中心に主要な郭は二之郭、三之郭とあり、浅水川を天然の外堀と見立て、麓には城主の居館が設けられていました。南部長義は地名に因み浅水氏を称しましたが、南部家の本城だった三 ...

秋田県大館市幸町。近くには福徳弁財天もあります。本殿裏手には「松くら」というお蕎麦屋さんがあります。本殿裏手は国道7号線を挟んで高山豊年稲荷神社が鎮座。現在は国道で分断されていますが、弁天神社もやや高台に鎮座しており、中世の城館「土飛山館跡」に位置するもの ...

岩手県二戸郡一戸町姉帯字川久保・舘。九戸氏の一族である姉帯氏の居館を紹介。馬淵川北側の50m以上の断崖上に築かれた典型的な山城で、天正19年に九戸城攻略の前哨戦で落城。さて、上の写真(姉帯城跡案内標柱)から少し進んだところに神社がありました。 鳥居。 本殿覆 ...

岩手県二戸郡一戸町。国道4号線沿い。COSMO石油向かいに駐車場。この付近は北館跡です。駐車場・一戸公園となっています。 駐車場にこんなものが。子どもたちの遊びでしょうか。 ここから下(左・南)に向かうと八幡館跡、神明館跡、常念館跡と順に下るような配置です。上 ...

青森県八戸市内丸。三八城公園。 三八城公園(みやぎこうえん)は青森県八戸市内丸にある八戸城跡地です。三八城とは三戸郡八戸城という意味。 南部師行が八戸根城を築くのとほぼ同時に根城南部氏2代政長の三男信助が根城の支城として築いたのが始まりとされ、築城時期・ ...

八戸城跡周辺をさらっと散策。周囲にはおがみ神社、やぶ春や番丁庵などの美味しいお蕎麦屋さんもあります。 おがみ神社。 やぶ春。 番丁庵。 八戸城角御殿表門。 標柱。 寛政4年(1792)、「角(すみ)御殿」と呼ばれていた屋敷地を八戸藩士の煙山覚左衛門が拝領 ...

秋田県大館市松木高館平。松木神明社、松木児童公園近く。 雑木林のような感じだったので探索はしておりません。 約2万年前の後期旧石器時代に大館に人が住み始めました。その最初の痕跡が松木高館平遺跡から出土した5点の石器(ナイフ形石器や石刃)です。 『【遺跡高 ...

二戸市金田一舘。長寿寺と八坂神社の裏。上館別名金田一城。城跡は馬淵川左岸の段丘にあり、空堀に仕切られた上館、中館、下館からなり、それぞれ四戸氏、切円氏、金田一氏の居城であったと伝えます。この三郭を総称して金田一城といいましたが、詳細は不明。上館が最も規模 ...

↑このページのトップヘ