くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ:遺構・遺跡・痕跡・城址・廃墟・碑等 > 主として城址・館址

1
腹が減っては戦ができぬ!ってことで、まずは腹ごしらえでそば処四季へ。レディースセットやにしんとろろそばが人気のようでした。広東そばという変わったメニューも。お店側のおすすめはぶっかけそば、にしんとろろそば。
2
私が注文したのは天ざる。920円でエビ3本とししとう。天つゆは別で漬物付き。大量のネギ・天かす・薬味(辛味)・わさびが大量に付いて、更にうずらの卵も付きます(ほぼ使わなかったけど)。下調べもなしに突然入ったお店ですがコスパに大変満足しました。
3
大手門跡。標柱より…『久保田城の正門にあたる大手門の跡である。城下町から外堀に架かる上土橋を渡りかぎの手を左に曲がった所に二層の大手門があったが明治初期に取り壊された。』
4
外堀。
5
5.5
唐金橋跡を通り黒門跡へ。
6
6.5
黒門跡。
7
案内板「久保田城跡」…『久保田城は秋田20万石佐竹氏の居城である。秋田初代義宣(よしのぶ)が慶長7年(1602)入部し、翌8年現在地に築城した。天守閣と石垣のない城として知られている。本丸は明治13年(1880)7月の火災で全焼した。同23年公園として開放され、その後千秋公園と称し、現在に至っている。公園面積162,300平方メートル。昭和61年3月秋田市』
8
案内板より。
1.中土橋門跡
2.大手門跡
3.穴門橋跡
4.穴門跡
5.唐金橋跡
6.松下門跡
7.安楽院.境目方役所.勘定所跡
8.鐘楼跡
9.黒門跡
10.長坂
11.二ノ門(長坂門)跡
12.物頭局
13.一ノ門(表門)跡
14.多門長屋跡
15.白洲跡
16.出シ書院跡
17.埋門跡
18.裏門坂
19.裏門跡
20.奥庭跡
21.隅櫓跡
22.帯曲輪門跡
23.土門跡
24.金蔵跡
25.不浄門跡
26.馬場跡
27.厩跡
28.大手北門跡
9
黒門跡の先の桝形。
10
二の丸跡。
11
佐竹史料館。内容は省略。現地でご覧ください。観覧料100円です!秋田市ってこういうところの観覧料がとても安い気がします。下の資料はパンフレットより。
12
12.5
佐竹氏略系図。
13
初代藩主佐竹義宣所用人色皮包仏胴黒糸縅具足。
14
三代藩主佐竹義処所用紺糸素懸縅二枚胴具足。
15
秋田初代藩主佐竹義宣書状。
16
佐竹史料館は安楽院、境目方役所、勘定所跡。佐竹史料館裏に鐘楼跡。
17
太平山三吉大神崇敬之碑(御大典記念・昭和3年11月・正四位勲三等侯爵佐竹義春書)。昭和天皇の即位を記念して秋田市河辺出身の田近勇蔵が建立。台石は安山岩、粘板岩の碑だけで高さが約6mあり千秋公園内の碑では最大。
18
鳥人聲華騰騰。
19
ブロンズ像「空」(北村治禧作)。昭和45年10月15日建立。芸術院賞・文部大臣賞・日展特選賞を受けた北村治禧(日展理事)の代表作の一つ。題字北村西望書。
20
台座より…『空は雄大である 人が大きな望みを抱くとき まず 眺めるものは空である 青く澄みきった大空を仰ぐとき ひしひしと迫りくるものは 誇り高い闘志であり あすへの 飛躍する意志である 空は 青少年諸君の心のふるさとであり 大きな希望と 真実を求める勇気をはぐくみ たくましい意志と実行力をわきたたせ 寛容の心をうえつけずにはおかない 緑ふりそそぐ千秋の森にたつこの像は 大空の清純さを生きる青少年諸君に 輝かしい未来へのよびかけを約束するにちがいない われら 秋田ライオンズクラブの全会員は 結成十周年の記念として 青少年諸君に 空のような豊かさと 果てしない希望と 大きくふくらむ夢の実現を期待して ブロンズ像「空」を贈呈しよう』
21
牧水・旅人父子歌碑「鶸めじろ山雀つばめなきしきりさくらはいまだひらかざるなり 牧水」「旅さなか秋田にやどりし父のうたふかきゑにしに今日きざまれぬ 旅人」(平成7年10月21日建立)。福島産の吾妻御影石製で高さ約2.3m。
22
案内板より…『若山牧水(宮城県東郷町出身)は、旅と酒をこよなく愛した漂泊の歌人である。当然、酒のくに・秋田にも大正5、6年の2回、足を運ばれ、数首を詠まれている。この酒の取り持つ縁で平成7年10月、秋田ライオンズクラブの篤志によって「千秋公園での一首」が歌碑となった。さらに平成11年10月16日、秋田市制施行110周年記念事業の一つとして、長男旅人の一首を加えた父子碑が実現した。父子の大らかで平明暢達な歌風がいつまでも人びとに愛されることを希う。平成11年10月16日秋田市長石川錬治郎』
23
長坂。
24
24.5
長坂を上ると二ノ門(長坂門)跡。
25
25.4
25.8
標柱「長坂門跡」より…『長坂門は本丸の玄関口である表門(一の門)の前に設けられており、二の門とも呼ばれていた。現在、久保田城跡に唯一残っている御物頭御番所(秋田市指定文化財)がこれらを管理していた。長坂門の名称は、二の丸から本丸へとのぼる長い石段「長坂」にちなんで名付けられたものである。』
26
長坂下にあった案内板「千秋公園(久保田城跡)」より…『千秋公園は、秋田藩主佐竹氏が12代約270年にわたって居城とした久保田城跡を、明治期の造園家長岡安平の設計によって整備した近代公園である。公園整備は、本丸御殿の御池や城内の土塁・通路などの遺構を活かして行われ、明治30年(1897)に近代的な城跡公園として千秋公園が完成した。長岡は、その後も城跡公園などの設計を多数行ったことから、近代公園の先駆者と呼ばれている。城跡を本格的に公園化する事業は、全国でも初の試みであり、千秋公園は、全国の城跡公園および近代公園のさきがけとして貴重であることから、秋田市の名勝に指定された。平成20年3月25日指定秋田市教育委員会』
27
秋田犬ふれあい処in千秋公園。運よくこの日がオープンだったようで、夕方のニュースにもなっていました。千秋公園では5月11日から「つつじまつり」が開催されており、それに合わせてのオープンだったようです。
28
ちなみに私はつつじまつりの情報すら得ていないまま、11日のお昼に訪れたのでラッキーでございました。
29
29.5
秋田犬保存会の会員が飼育する5頭が交代で登場するそうです。今回お会いできたのは北宝丸(1歳・オス)。触れることもできます(手は要消毒)。
30
記念バッジも無料で貰いましたよ。
31
ってことで長くなりましたので『久保田城跡(千秋公園)其之弐』へ続く。
32
32.5
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
秋田県大館市十二所元館。
2
手水舎。
3
社務所。
4
十二所神明社…『祭神:天照皇大御神他十一柱。社紋:藤に十二天。例祭:鎮火祭9月15日。由緒:当社は明治43年(1910)大森岱に鎮座せる伊勢神社及び十二所地域の二十社を、ここ旧十二天社に合祀し「村社神明社」として神饌幣帛料供進神社の指定を受ける。のち太平洋戦争を経て新生日本の誕生を迎え、昭和21年10月「宗教法人十二所神明社」として発足いまに至る。そもそも十二天社は平安後期鎮守府将軍藤原秀衡の一族藤原肥後が当地に居城の折の建立と伝えられ、武家方鎮守として代々祭祀されてきた。一方、天正年中(1573-)源内沢にあった町方鎮守伊勢神社は城下町の移転(1616)や延宝7年(1679)の大火にて3度遷宮を重ね寛政6年(1794)から大森岱に鎮座されていた。この間、国政は明治維新の大変革を経て近代国家への道を歩み始めるが、同時に維新後奉祿を失った旧藩士の他出が相次ぎ十二天社の維持が次第に困難となり、ここに伊勢神社との合祀の止む無きに至るのである。このように起源や歴史的経緯の異なる諸神社が合祀されてきた当社は、草創以来幾多の変遷を重ねながら830有余年の長きに亘り、人々の大いなる崇敬をあつめて祭祀されてきたのである。』
5
狛犬一対(安政5戊午年3月吉日)。
6
6.4
6.6
6.8
かつての十二所村。浅利則頼侍分限帳写によりますと、十二所の住人十二所信濃守が稲3500刈を知行と記載。この知行刈高が十二所村に該当するかは不明。信濃守某は岡田与三郎といい、浅利家臣となり十二所を苗字の地として当地にて勢力を張りましたが、天正10年頃の秋田愛季と浅利則祐・勝頼との相克に巻き込まれ死没。代わって十二所城には湖東部五十目出身の愛季家臣平姓五城目兵庫が入城。それもつかの間、天正15-17年の湊合戦の際に湊(南部)方についた五城目兵庫が没落。天正19年1月17日豊臣秀吉が秋田実季に当知行を安堵した朱印状写では、十二所村・八木橋村471石余と記載。このうち十二所村分は慶長6年秋田家分限帳の187石前後。太閤検地前後に秋田実季は浅利頼平に当村を含む一帯を委ね、頼平はまた十二所信濃守の一族岡田七兵衛を頼平の家老三人衆の1人抜擢し十二所管轄を任せます。七兵衛も十二所氏を名乗りました。七兵衛は頼平の死後も秋田家から待遇されており、これには秋田家の南部対策が背景にあります。十二所城は集落背後の高台にあり堅固な構えを持っていました。慶長7年、佐竹氏は入部早々藩境の要地として十二所を重視し、家臣赤坂朝光に委ねます。七兵衛は十狐村に拠って佐竹勢入部反対の一揆勢を形成。その鎮撫後、南部藩との藩境交渉を進めながら、元和元年に塩谷義綱を十二所代官として翌年城を真山岱から元館町に移し町割を実施。十二所村から十二所町が正式に成立。元和6年幕命により城郭は破却し再来館を建設。代官を所預と称し、以後梅津氏・茂木氏と所預も交代しましたが、藩境の要地としての機能は一層強められました。鎮守十二天大社のほか、神明社、愛宕社などの神々を祀り、曹洞宗塩谷山長興寺、浄土真宗宝林山本光寺、真言宗明寿山長楽寺、浄土宗松月庵、修験自性院などが見えます。
7
巨木に囲まれた石段を上ります。
8
8.4
8.8
石段中間地点。
9
参道脇に唐松神社があります。
10
10.5
唐松神社石祠・石像。
11
唐松神社とは逆側にある建物。
12
蒼前神社かな。
13
建物内。
14
壊れた石仏と石灯籠。判別しにくいけど馬頭観世音かな。
15
石段を上り終えると正面に石碑群。
16
参道は左右に分かれ、左には忠魂碑、右に社殿。まずは社殿に。
17
17.5
御祭神は天照大神、天之御中主神、大名持神、応神天皇、高皇産霊神、外七柱。例祭日は9月15日。
18
奥州藤原氏が東北地方一帯を統治した嘉応から文治年間に至る12世紀の後期(平安末期)、時の鎮守府将軍藤原秀衡の一族、藤原肥後が当地方支配のため藤原岱に居城しましたが、その際に守護神として十二天神社が創建されたものと伝えます。爾来、十二所は戦国の世を経て幕末に至るまで浅利、秋田、佐竹各氏の支配を受けるところとなりましたが、十二天神社は、その時々の支配者の家臣により内町(武家方)鎮守として祭祀されてきました。
19
一方、天正年中(1573-91)源内沢にあったと伝えられる伊勢神社は外町(町方)鎮守として祀られてきましたが、元和元年(1615)十二所代官として任ぜられた佐竹氏家臣塩谷伯耆守(しおのやほうきのかみ)が、翌2年十二所城を移築し、同時に侍屋敷の移住を行ったことにより、上町下川端に遷宮されました。その後、延宝7年(1679)3月22日の十二所大火により社殿類焼し、全町の屋敷割直しに伴って十二天社東方の並山に遷されましたが、更に寛政6年(1794)に至り下新町の西方山麓の大森岱に遷宮し、明治43年(1910)まで鎮座。
20
20.5
明治維新後俸禄を失った多くの旧藩士は、生活の糧を求めて他出が相次ぎ、十二天神社の維持運営が次第に困難となり、明治43年大森岱に鎮座せる伊勢神社及び十二所地域の20社を十二天社に合祀し、神饌幣帛料供進神社の指定を受け「村社神明社」と改稱されました。第二次世界大戦を経て昭和21年10月に「宗教法人十二所神明社」として発足し今日に至ります。
21
拝殿内。
23
23.4
23.8
達筆過ぎて読めないですけど俳句かな。
24
拝殿内両脇。
25
25.5
ご神盃・御守り・社史・おみくじ売場。売ってないけど。
26
社殿修復奉賛者御芳名(平成26年8月31日竣工)。
27
石灯籠一対(平成28年9月吉日)。
28
28.5
先程の石段正面の石塔群。
29
豊受姫大神(大正15年5月)。
30
山神宮。
31
側面紀年銘元号判読できず。
32
32.5
金毘羅大権現。
33
弘化3年5月・行者剛海建立。
34
二十三夜塔(弘化4年5月)。
35
天満大自在天神。
36
裏面碑文…『弘化四年丁未三月二十五日谷川原伊織建立の碑風化につき平成十四年十一月二十三日大館市十二所字上川代20-4伊織末裔谷川原勝弥建立』
37
聖徳太子(大正10年4月8日・大工協同會)。
38
天満大自在天神(弘化4年3月25日・谷川原伊織)。
39
頌徳碑(牧野忠篤篆額)…『千葉勝美翁物故してより既に七星霜其在丗の偉業■として星斗の如く其功績の大なるにと敢て絮説を要せす即ち郷閭の同志相謀り茲に前森本縣知事の表彰辞■刻して以て翁か遺徳を不朽に傳ふ其辞に曰く 資性篤実風に産業の振興に鋭意し或は率先組合を組織して斯業の進歩発達を圖り或は製絲場を設けて絲質の改良統一に努むる等拮据經營多年一日の如く其功績顕著なる仍て茲に之を表彰す 大正12年8月』※くずし字苦手なので間違ってるかと思います。
40
神厩舎。
41
御神馬。
42
社殿と向き合う忠魂碑。
43
石灯籠一対(平成28年9月吉日)。
44
44.5
中央の忠魂碑(十二所町遺族會一同・十二所町旧軍人會一同建立・昭和41年9月9日)。戊辰・日清・日露・大東亜戦までの勇士を合祀。
45
両脇の忠魂碑。
46
46.5
忠魂碑から見た十二所神明社社殿。
47
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
秋田県仙北市角館町古城山。古城山の中腹に鎮座。
2
古城山城跡(山城)は中世に戸沢氏(後の新庄藩主)が山上に館を築いていたところです。以前は姫小松の多いことから、小松山と呼ばれていました。元和元年の一国一城令により城は取り払われて、元和6年に廃城となり、城跡(主郭)には「小松山城址(角館城)」の碑(「中世仙北の雄、戸沢氏の居城。戸沢氏13代家盛が門屋城からこの地に移り(1424)、21代政盛が常陸に移る(1602)まで居城とした。」)と五輪塔が建立されています。まだ桜も咲いていない時期だったので上まで行きませんでした。
3
古城山案内図。
4
大越吾亦紅句碑…『鳩笛は鳩のかたちで鳩へ少年千年は吹く』
5
鳥居。
6
七色ならぬ金の額束がいい感じです。
7
参道。
8
御祭神は宇迦之御魂神。例祭日は旧暦10月10日。
9
御神徳:生業繁栄、開運招福、商売繁盛、五穀豊穣。角館總鎭守神明社が奉仕。
10
拝殿向拝下神額「七色大明神」。
11
詳細は省略致しますが、葦名家には代々狐にまつわる伝説がありました(玉藻前の伝説、那須野の九尾の狐)。三浦義継(蘆名家子孫)が九尾の狐(平安時代に鳥羽上皇に仕えた玉藻前)を退治し、その祟りが代々不幸をもたらすというものです。葦名義広(佐竹義重次男。盛重、義勝)は慶長7年に仙北郡角館に入りますが、妖狐の祟りを鎮めるために城山中腹に建立されたのが七色稲荷神社であると云われています。
12
「南無妙法蓮華経・七色稲荷大菩薩」と刻まれている神仏混淆満載の碑(昭和6年7月7日奉納)。
13
裏面に紀年銘・奉納者名。
14
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ