くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ:建物・歴史的建造物・街ブラ等 > 青森県内

イメージ 1
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 6
紅灯の巷といわれた桐萩。
イメージ 7
イメージ 8
公娼の街として開かれ、往時には十指に余る女郎屋があり、30名を超える娼婦がおりました。
イメージ 9
戦時中は統制のこともあり、賑わいはやや下火になるも、戦後の自由な空気の中で、公娼廃止の昭和33年までは城山側に女部屋、向側には飲食店が立ち並び、不夜城を思わせる雰囲気だったそうです。昭和33年から町並みは変化し、2度の大きな火災(昭和31年4月の三戸町役場留崎支所を火元とした火災で、旭樓からときわ樓まで類焼した所謂桐萩大火。その復興直後、昭和32年のよか樓を火元とする火災によりよか樓・松月が全焼。なお原因は女中のロウソクの消し忘れと推定。)もあって昔の面影はあまり残していません。
イメージ 10
明治以前の女部屋については不詳。当然遊郭はあったと考えられますが記録は僅かです。糠部五郡小史(明治23年)には「6軒あり、梅川樓、松葉樓、柳光樓、快運樓、時和樓、青木樓。娼妓34-35名」とあります。
イメージ 11
イメージ 12
なお、桐萩は遊郭ができてから名付けられたもので、元は「切接ぎ」と云われていました。三戸城築城時の永禄年間(1560年頃)に現在の目時道の突端として延びていた今の城山を削り、梅内・泉山方面に通れるようにしたものです。本来は城防衛のための切通しでした。この切通しを切接ぎと呼んでいました。いつの頃からか遊郭ができて桐萩の文字を当てるようになります。安政4年の記録には「きり萩の与七」が三百文を出したとあり、桐萩の文字が明治以前から使われていたことは分かりますが、この記録と遊郭との関連は不明です。
イメージ 13
桐萩で早くから女郎屋として開業したのは「よか樓」です。昭和12年には左側に旭樓-福田樓-西花樓-山口樓-よか樓-松月樓-福徳樓と並び、更に福徳樓の奥には時和樓とみどり樓がありました。昭和20年には4軒(よか樓、松月樓、福徳樓、旭樓)が見え、女は10名に満たず。いくつかの飲食店もあり、「チャンス」などと呼ばれたカフェ兼ビリヤードなどもありました。昭和23年には隆盛を極め、桐萩入口には赤門が造られ女郎屋も急増。桐萩の賑わいも正しくは公娼によるものではなく、所謂赤線地帯です。赤線は昭和33年4月1日に売春防止法実施により消滅。この時期の桐萩には女の居る店、飲食店を兼ねながらの店が多く作られています。つまり赤線廃止後はバーやキャバレーという名のもとで私娼は生き残りました。つまり青線と呼ばれるものです。城ノ下側に、喜月、福徳、松月、よか樓、ときわ樓、えびす、西村、旭樓、末広など、桐萩側に、やよい、横綱、角力屋、池田屋、王将、菊水、ふじの屋などが立ち並びました。最も繁昌した頃でダンスホールなどもあったそうです。昭和40年代になると客足は遠のき、桐萩も廃れていきます。工夫された店もたくさんできましたが次第に消えていきました。函館屋、カトレア、ぜん、ともこ、黒猫、タンポポといった店などです。なお、桐萩とは場所が異なりますが、大きな料亭として蟹子沢の上に松の屋、鬢田に梅月がありましたが、いずれも廃業しており、梅月は取り壊され、当時を偲ぶものとしては庭の松くらいしか残っていないそうです。
イメージ 14
戦後の桐萩の女たちは10時に起床、午後早くに「城の湯」(赤門近くにありましたが焼失)に入り、午後5時に夕食をとり、その後化粧をして来客に備えるという生活でした。性病検査場は松月の向かいにあり、後には馬喰町の橋本医院で行われています。
イメージ 15
左側の建物が元松月樓。
イメージ 16
イメージ 17
松月はかつての遊郭であり、後に旅館を営みました。
イメージ 18
松月の脇に金勢様があります。
イメージ 19
小祠と石碑が2基。
イメージ 20
傍らには石があり金勢大明神と刻みます。紀年銘は明治10年で「貸坐」の文字も見えます。常設の女郎屋が桐萩にできた頃と推定されます。
イメージ 21
その手前の石碑は残念ながら読み取れず。
イメージ 22
金勢様の祠。
イメージ 23
祠の大きさの割にはかなりの数が奉納されているのがわかります。
イメージ 24
個性的なものも。
イメージ 25
イメージ 26
木札には「金勢大明神璽」とあります。
イメージ 27
遊郭の並びの向側。
イメージ 28
イメージ 29
青線の名残です。
イメージ 30
上記にも出てきた「ともこ」の看板が残っていました。
イメージ 31
もちろん営業はしておりません。
イメージ 32
いかにもっていう感じの看板です。
イメージ 33
イメージ 34
元福徳樓。
イメージ 35
3階建。
イメージ 1
現在は廃墟ですが、大変立派な建物です。
イメージ 2
階段の造りがいかにも遊郭。間違いないですね。廃墟のままになっているのがもったいないくらいの建物ですね。
イメージ 3
神棚に稲荷様も祀られていました。ちなみに不法侵入したわけじゃないですよ。窓ガラスが割れていて、道から中が見えるんです。
イメージ 4
その奥のみどり楼もかつての姿を留めているようですが、草木に埋もれている上に私有地のようになっていたので行っていません。
イメージ 5
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 4
道の駅いかりがせき(津軽関の庄)。
イメージ 5
碇ヶ関御関所の歴史…『津軽藩初代藩主津軽為信公が天正14年(1586年)に秋田比内の浅利氏を攻め、帰陣するときに当地に関所を設けたことから、それまでの碇ヶ岡という地名を碇ヶ関に改めました。幕府の記録には「厳重なる事箱根の関所も及ばない」と記録されていることから、碇ヶ関御関所の堅固さがうかがえます。また、碇ヶ関御関所は藩主が参勤交代の際、宿泊する御仮屋でもあり、ここで旅装に着替えました。道の駅いかりがせき敷地内に当時の様子を再現した御関所資料館があります。』
イメージ 6
旧関所跡の写真。懐かしいです。
イメージ 7
文化観光館入口に湯島天満宮様旧社殿の獅子頭があります。
イメージ 8
湯島天満宮様旧社殿の獅子頭…『湯島天満宮(東京都文京区)様は、学問の神様「菅原道真公」を祭神とする、千百年の歴史を持つ日本有数の名神社である。毎年その霊験にあやかるための参拝者が後を絶たない。また、数多くの歌などで知られる「白梅」がつとに有名である。平成13年5月、「碇ヶ関商工会」は旧社殿に鎮座していた4体のうち、2体の獅子頭をご寄贈をいただいた。同会は村おこしとして毎年8月14日、15日に「碇ヶ関御関所祭り」を主催しお神輿を運行しているが、そのご指導を依頼したことをきっかけとして湯島天満宮大祭、湯島白梅祭り、文京区祭りに毎年参加を重ねてきた。また、湯島の皆さんも「碇ヶ関御関所祭り」にお神輿指導と交流をかさねて参加された。このたび、この十数年におよぶ「お神輿」を仲人とした、「長年親しく築き上げてきた友好の証」としてこの獅子頭をご寄贈いただいたものである。この獅子頭は三百年以上の歴史を持ち年代的にも大変貴重なもので、「麒麟・獅子」など5つの動物が合体した非常におめでたいものである。また、平成13年10月当駅のグランド・オープンに際し、湯島天満宮様から「白梅」を2本ご寄贈いただいた。こちらは当駅の庭園に記念植樹していただいたが、毎年4月には華麗な花で、本格的な春の訪れを教えてくれている。平成17年9月7日全日展副理事長西谷逸泉』
イメージ 9
素晴らしいものです。
イメージ 10
イメージ 11
間近に見ることができます。
イメージ 2
イメージ 1
湯島神社見取図もありました。
イメージ 3
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ