くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (六ヶ所村)

イメージ 2
青森県上北郡六ヶ所村泊。
イメージ 1
由緒等は調べていません。拝殿向拝の蟇股・木鼻等。蟇股は最初狐かと思いましたが玄武ですかね。
イメージ 3
イメージ 4
拝殿にも彫刻が施されています。
イメージ 5
天女もいました。
イメージ 6
海老虹梁・手鋏。
イメージ 7
イメージ 8
拝殿内。地図では「泊神社」とだけありましたが、「勢至辨財天」であることがわかります。
イメージ 9
神社の目の前は泊漁港。
イメージ 10
泊漁港を見下ろします。泊漁港漁船陸揚げ場の先「中山崎」には中山稲荷神社が鎮座。
イメージ 11
中山稲荷神社はこの辺です。
イメージ 12
泊漁港漁船陸揚げ場にも鳥居・神社が見えていました。
イメージ 13
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 2
青森県上北郡六ヶ所村平沼。田面木沼のすぐ東。平沼警察官駐在所や平沼保育所のすぐ近くになります。
イメージ 3
かつての平沼村。村高は「正保郷村帳」9石余(畑のみ)、「貞享高辻帳」11石余、「邦内郷村志」「天保郷帳」ともに35石余、「安政高辻帳」28石余、「旧高旧領」35石余。「邦内郷村志」では家数36、馬117。「本枝村付並位付」によりますと位付は下の下、家数27。嘉永3年の家数18。天和2年に切支丹禁制、貞享5年に捨馬禁止の高札が立てられています。元和元年には酒屋数1軒と公儀へ届け、寛文7年海運に関する高札を地内に建てています。正徳2年公儀より船道高札と添札を調えるように達せられます。延享元年領内産物として白魚を書上げ。天明7年幕府より蝦夷地探索のための巡見使が泊浦より当地まで歩いています。また「東遊雑記」の著者古川古松軒が巡見使に随行して泊港より当地に来て1泊して岡三沢に向かいました。享和元年伊能忠敬は幕命により陸奥の海辺地図作製のため泊村に着き、この頃の地名として当村の名も記されています。また測量のために当村に立ち寄ったともいいます。天保6年「盛岡藩御国中分限者番付中」に当村の橋本久助が前頭23枚目に記されています。安政3年「太守様御巡国の節諸留写」によりますと、藩主は泊村秋田屋忠七宅へ泊り、翌日尾駮沖之丞家小休したのち当村久助家へ泊ったと記されています。文久3年野辺地野村治三郎の持船で御用銅・大豆・紫根を積んでいた神力丸が当村沖で暴風雨のため沈没し5人が死亡。
イメージ 4
御祭神は天照大御神。
イメージ 1
社殿は新しく感じます。神明宮は追館にある熊野神社よりも遥かに古いと伝えるも由来・由緒は不明。
イメージ 5
熊野神社創建時には神明宮の神楽が奉納されており、その詞・拍子・仕様等から推測すると、七戸の天王神社とほぼ同じ頃ではないかと云われています。七戸見町観音堂旧蔵「覚」によりますと、宝暦10年正月、平沼には熊野社と神明宮が見えます。別当は蓮華院。
イメージ 6
境内のアジサイ。
イメージ 7
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1
青森県上北郡六ヶ所村泊川原。泊集落南方の入口付近、明神川河口の右岸に鎮座。泊郵便局のほぼ向かい。「スナック諏訪」の真向かいです。かつての泊村で、地内には泊湊があり、早くは寛永21年に北郡八ケ所の浦の1つとして泊湊があげられています。藩領内で重要視された湊の1つ。年貢として檜山運上金を七戸代官所に納めました。慶安4年中山崎に船の遠見御番所が設けられ、同6年の藩庁記録には「東六ケ所泊村」と記されています。寛文~延宝年間まで当村と尾駮村の檜山運上請負人は、当村の肝入弥右衛門と越前新保の上野平兵衛でした。宝暦年間、泊山を貴宝山と呼んで当地方の信仰の対象としたのは、伊勢国の回船問屋佐藤荘兵衛憲次で、法号を広真と称し、真言の徒として山を開き、修験者の修行の場としました。天明8年幕府の巡見使一行が当地に上陸して平沼村へと向かいました。この幕府の巡見使に随行した古川古松軒は「東遊雑記」に当村の様子を書いています。また、寛政5年当地を旅している菅江真澄は当地のことを「けふいくか雪のふる河埋れてたつとも波のいや氷るらん」(おぶちの牧)と詠んでいます。文化11年には伊能忠敬が測量のため平沼海岸より当村まで歩いて種市家に宿泊。同家は江戸初期に安芸国より海運商として当村に来住し、天保6年「南部藩御国中分限者番付」では前頭24枚目に同家の忠四郎の名が記載されています。この頃の肝入は七朗左衛門。安政3年には中山崎に砲台が建設されました。諏訪神社は延暦21年信濃の国の諏訪大明神の分社として豊漁を祈願して建立されたと伝えられ、御神体は建御名方神。また、天正11年浄土宗東海山善限院大乗寺が盛岡の大泉寺の末寺として開創。
イメージ 2
社号標「郷社諏訪神社」(発起泊機関士組合。社掌逸見良次。昭和8年6月)。
イメージ 3
狛犬一対(平成3年7月吉日)。
イメージ 4
イメージ 5
手水舎。
イメージ 6
石灯篭三対(手前から平成6年7月吉日・昭和53年6月18日・大正14年1月吉日)。
イメージ 7
イメージ 8
諏訪神社は泊集落の産土様。拝殿は昭和52年7月21日新築。旧社殿は現在の社務所です。なお、この旧社殿がこの地い遷座する以前は、裏山の中腹に鎮座しており、「舊御社殿跡地」と刻まれた石碑が平成元年に建立されています。裏面碑文には「当諏訪神社の御社殿は大正の頃まで此処に建てられ村内の子等の学習所としても使われていた。然しそれらを知る者も既に少ない。因て此の碑を建て後の代に残すものである。平成元年7月18日」とあります。
イメージ 9
泊の村人たちは明神川を越えれば諏訪神社の神域としていました。明神川は昔飲料水として使ったり、若水汲みの場でもありました。明神川はどんなに日照りでも枯れることは無かったといいます。また、現在の国道沿いまで波打ち際となっており、明神川の河口は伝染病患者の遺体を葬った場所でもあったといいます。地元で明神様といえば諏訪神社のことを指し、明神川もその穢れを浄める川として信じられてきました。
イメージ 10
御祭神は建御名方神。信濃国(長野県)出身の高嶋堅吾が、海上安全・豊作祈願のため、郷里諏訪湖畔の諏訪大明神を延暦21年に勧請したのが始まりといいます。諏訪神社に合祀している神として高さ約60cmの一対の木製狐像の稲荷様があります。また、男女の神様として厄払いの人々が拝む石棒の金精様や鉄製馬像を祀る蒼前様がそれぞれ安置されています。「新撰陸奥国誌」によりますと、相殿として稲荷神・事比羅神(御祭神崇徳天皇)があります。神社庁によりますと上記と同様に、末社として、稲荷社・蒼前社・金勢社があるとのことです。大正元年に社殿が山の麓に遷座。明治6年郷社に列し、大正5年7月に神饌幣帛料供進の神社に指定。
イメージ 11
社殿内には泊神楽舞の獅子頭が納められ、幣殿にはインキョ様(隠居様)と呼ばれる古い真紅の獅子頭を安置。4月18日の春祭り、7月18日の例大祭、10月18日の秋祭り、12月18日の年越し祭、2月1日の厄払いの際にアソバせます。例大祭は同地区の貴宝山神社と合同で行います。元は旧暦6月18-20日にあたる7月下旬から8月上旬の3日間行われていましたが、夏イカ漁の最盛期と重なるため、昭和54年より今日のように改められました。7月18日は諏訪神社、20日は貴宝山神社の御神輿を中心に行列が練り歩きます。19日は漁港の市場に祭壇が設けられて、海上安全・大漁祈願祭が催されます。
イメージ 12
拝殿向拝蟇股・木鼻。
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
拝殿前狛犬一対。
イメージ 16
イメージ 17
拝殿前の根性のある御神木。
イメージ 18
舊御社殿跡地前の池。舊御社殿跡地や末社等はお祭りの準備、電球の配線などの関係で寄りませんでした。
イメージ 19
社務所。上記のとおり、旧社殿が使用されています。
イメージ 20
古札納所。
イメージ 21
不動明王と石祠。
イメージ 22
比較的新しいもののように感じます。
イメージ 23
忠魂碑(第八師團長侯爵前田利為)。
イメージ 24
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ