くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (風間浦村)

1
青森県下北郡風間浦村蛇浦赤平。かつての蛇浦村。盛岡藩領。田名部通に属します。正保4年南部領内惣絵図には「蛇ウタ」とのみ見えます。蛇浦村は海岸線まで山が迫る山村的漁村であり、地先の海産物と松前への出稼ぎが生活基盤となっていました。中浦に属し、享保6年に天当小廻船2艘・漁船8艘を有し、享保年間には塩釜1があり、安永9年には地船1艘、漁船6艘を持っていました。享和3年に幕府から佐井が函館渡航地に指定されたことにより、文化4年下風呂境滝から蛇浦の岩崎まで新道開削。これに伴って人足伝馬の徴発が頻繁となり、文化8年北通り村々による田名部町定役銭減免愁訴が行われ、肝入宇兵衛も訴状に連署。明治初年の国誌では戸数56、「町並に家居し小店あり」とあり、やはり田畑は少なく漁業で生計をたて、北海道への出稼ぎがあり(出稼者数65人)、明治以降も生活基盤に変化はありません。明治15年に仲買人鈴木惣兵衛から青森県令に出された前年物資輸出入調によりますと、輸出にコンブ・フノリ・スルメ・乾アワビがあり、輸入は米・酒・塩・菓子などとなっており輸出超過。明治16年の河西粛四郡長への内申によりますと、「海産に富み、村内一般に富裕なり」とあり、明治19年の柴太一郎郡長への内申では漁労と出稼ぎをもって生計をなし、富者も貧者もないとしています。菅江真澄の「牧の冬枯」には次のように記されています…『(前略)釜谷の浦にでた。ここの実の名は蛇浦というが、農漁民のなりわいに蛇を忌むことがあるので、一般に蛇浦とはよばないという。』※農漁民は労働に従っているとき、蛇とはいわず、忌みことばで長虫といいました。地内に見える折戸神社ははじめ折戸山に鎮座。後に村内の稲荷神社に遷されています。下北半島史では元和3年の勧請、国誌では不詳なれど享保年間の勧請としています。旧村社。産土神。邦内郷村志には稲荷社と見え、貞享3年の勧請。なお、同書には弁才天堂(漁船為平安往古村中建之)も見えます。寺院としては慶安2年勧請の慈観軒が見え、現在は再興されている大海寺です。
2
水盤(明治15年7月)。
3
春日灯籠(明治38年3月)。
4
春日灯籠一対(明治37年7月)。
5
5.5
神前型灯籠一対(昭和53年12月吉日)。
6
6.5
狛犬一対(明治37年7月)。
7
7.2
7.3
7.4
7.5
7.6
社殿。本殿脇障子は明治8年4月奉納。なお、奥の院の御神体は天児屋根命。また、奥の院の神は女神様で、昔火事があった時に空から火を消したという伝説を残します。
8
8月には蛇浦折戸神社祭典があります。毎年8月14日(宵宮)・15日・16日。この祭典は宵宮に行われる遷座式から始まります。町から4kmほど離れた折戸山(本州最北端の山・標高119.1m)の折戸神社奥の院に安置されている御神体を、風間浦村蛇浦赤平の当折戸神社に迎えます。つまり1年に4日間だけ神様が集落近くの折戸神社に移ります。古式の慣習で厳粛に遷座式を挙行しているのはむつ・下北地域では珍しい行事。現在の例祭では神楽渡御や子供ねぶたの運行だけでなく、漁港にステージを設け盆踊りや灯篭流し、カラオケ大会を行うなど地元民をより楽しませるプログラムが組まれているようです。御神輿は約160年前に京都で造られたもの。
9
社殿内。鶴の額(明治26年12月・願主五十苅栄作)があり7つの俳句が書かれています。
10
神社庁によりますと、御祭神は天児屋根命(※奥の院)。例祭日は8月15日。享保年中の頃に氏子が勧請し小社を建立。天保15年8月の大風により小社・棟札共に飛び去り紛失したため由緒不詳。明治6年5月寺社調査により村社列格。
11
折戸神社…『御祭神:倉稲魂命(御稲荷様)。由来:その昔蛇浦は釜谷ヶ浦とも呼ばれ漁業の邑として開拓された。(年代については不明である)元来此の邑は、昆布、若芽、天草等海業ならびに鮑、ウニ等が豊富に繁殖したことは有名である。また背後の山地は、巨大美林が海に迫り耕地にも恵まれ遠い祖先の親達は人情に厚く釜谷衆と親しまれ平和に栄えた。邑人達は海の幸、山の幸は産土様のお授けによる恵みとして心深かく感謝し子孫繁栄を祈り折戸山とならんで此処赤平坂に稲荷神社を建立したのが貞享3年であった。明治6年一村一社の令によって翌明治7年両社一体とし村の弥榮を祈願し折戸髙山を奥の院として祀り(下北半島史による)社号を折戸神社と定めた。毎年8月大祭には折戸髙山の社から4粁の行程を厳粛に行列を整え神楽囃子も賑かに御神霊の渡御を御迎えする祭事は全國的にも類なき神事と髙く歴史家の評讃を呼ぶところである。社は長年の風雪に朽ち果て修築の功なく折戸髙山の社は昭和47年8月に此処赤平坂の社は昭和52年氏子の総力を注ぎ現在地に神明造りにて着手、翌53年4月22日(旧3月15日)大願成就落成による御開扉拝観の儀式が近時稀なる盛大祭事が執行、今日に及んだものである。主要祭事:例大祭8月15日、春祭5月8日、秋祭11月1日。昭和63年10月9日折戸神社氏子総代』
12
折戸神社入口付近に山道があります。手摺りもありますが荒れていたため行ってません。
13
一之鳥居脇にある社。
14
井戸のような手水舎。
15
社殿。
16
石上社。
17
同じ境内地になるのかも知れませんが、道を挟んで隣にも赤い鳥居が見えます。
18
18.5
石灯籠一対(萬延元庚申年旧7月吉日)。
19
19.4
19.8
狛犬一対(平成28年6月5日・氏子団体一同)。
20
20.5
弁天社。
21
御神木。
22
弁天社から見た折戸神社参道の松。
23
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 20
青森県下北郡風間浦村易国間字家ノ上。集落を取り囲む海岸段丘上から擦文式土器が出土しており、北海道文化の南進と関係が深く、また桑畑からは縄文前期の土器、後期の貝塚が発見されています。
イメージ 21
まずは「易国間」について触れたいと思います。易国間は下北半島先端部の西北端、易国間川及び目滝川河口に位置し津軽海峡に面します。康正3年下北図には「湯沢野」とみえるも委細不明。地名の由来については往子蠣崎蔵人が最宝院の別当大締を蒙古・韃靼などに遣わして軍馬や兵糧を購入したことがあり、これらの輸送船が湯沢野浦に入津していたことから「異国ノ澗」とも呼ばれましたが、蠣崎の乱後に異国間にしたと伝えます。また、アイヌ語で「熊の通る谷間の横山」の意の「イコツクマ」に由来し、興国年間に国司北畠顕信が国司代南部政長に命じて巡回させた時、この浦で韃靼(満州)の使者を引見し、以来交易船が往来したことから、異国船のくる浦として異国澗と名付けました。菅江真澄の『牧の冬枯』には、「異国間といふは、いにしへこまうどのはなたれ来りしよりいふとも人のいへり…」とあります(※「異国間というのは、むかし高麗人が漂流してきてからいう地名だと、ところの人が語った。またこの浦にアイヌが住んでいて、その子孫は今もいるという。」)。なお、『牧の冬枯』では、菅ノ尻を「杉ノ尻」、桑畑を「桑端」と記載。また『原始謾筆風土年表』天明3年条に「異国間足高、脇野沢発府羅と云る蝦夷人々の末孫にして、蝦夷稗と唱へ家々より量り出せしは何年頃にや始けん、明和8年に止しかと」とあり、海峡の蝦夷を統率した足高酋長が藩主より毎秋蝦夷稗をあてがわれていたとされます。足高(アシタカ)の後裔は長兵衛といい、後に奥戸村(大間町)に移った伝えます。
イメージ 22
大石神社の貞享4年の棟札には「夷国間」と書かれており、国誌にも「昔は湯の沢と云ひ、後に夷国間と書しか夷の字を忌て今の字に改」とあります。「湯沢野」であるか「湯の沢」であるかについての確固とした判断材料はなし。「異」と「夷」については同書に「昔アシタカと云蝦夷種住居し、村を夷語にイコンクマと云しよし」とあり、江戸中期頃まで海峡の蝦夷を統率したとされる蝦夷酋長の足高との関連づけがなされています(昔アシタカというアイヌの酋長が住みその地をエコンクマと称した)。「牧の朝露」にも「いこんくま」とあります。「易国間」に改められたのは文化2年南部利敬が巡国の際、穏当ならぬとしたためで、同6年再度布達されたといいます。但し、「易国間」の文字は領内限りとし、幕府への提出文書類は従来どおり「異国間」の文字を当てたとされます。アイヌ語に由来する説には「イコンクマ」以外にもあり、「貫柱の小山ある場所」の「イコンクマ」、「貫柱の山流」の意の「エキンクマ」など。字小易国間は天保年間の史料に古易国間と書かれましたが委細不明。邦内郷村志には異国間村、正保4年南部領内惣絵図に「イコクマ」とのみ見えます。
イメージ 23
手水舎。水盤紀年銘明治4年9月。
イメージ 24
イメージ 25
石灯籠二対・一基(明治15年・明治3年3月・紀年銘不明)。
イメージ 26
イメージ 27
イメージ 28
イメージ 29
イメージ 30
延宝6年(1678)9月17日勧請。御祭神は素盞鳴命。天照大神・倉稲魂命を合祀。御神体は光を発する神石。別当光明坊。「邦内郷村志」に明神堂とあり「俚人云磯大明神」と記載。
イメージ 31
例祭日9月17日(16-18日)。他町村の船山(船山車)は北前船を模したものが多いのですが、易国間の船山の原型は「おこし舟」(漁船型)を模倣したものだと言われています。「ヤレヤレヤレヤレー」等と声をかけながら、初日は易国間地区を、2日目は大川目や新町地区を練り歩きます。易国間漁港では海上安全祈願の神楽を行い、村人は熱心に祈りながら見守ります。また、最後の大石神社鳥居前で行われる神楽演舞は息を呑む迫力。
イメージ 32
イメージ 33
延宝6年(1678)勧請造立後、貞享4年(1687)、元禄4年(1691)7月、宝永2年(1705)秋、享保4年(1719)、慶応4年(1868)9月に再建。その後も再三改築していますが、原形はほとんど変わっていないようです。明治6年5月村社に列せられ、同年6月に桑畑村湯ノ上鎮座八幡宮(桑畑八幡宮)を当神社に合祀、同7年八幡宮を分祀。明治40年4月19日神饌幣帛料供進神社に指定。昭和25年1月31日国有境内地譲与許可。
イメージ 34
イメージ 35
棟札として、享保4年(1719)再建棟札あり。元禄4年(1691)池田金三郎本尊奉納の棟札あり(※但し、現在その本尊は見当たらないそうです)。勧請された延宝6年から9年後の貞享4年に社殿を再建した棟札には「大磯之大明神之社宮」と書かれています。東通村教育委員会発行の「不動院」には「異国間大神宮 初代和光院 和光院生所久慈 万治元年當村へ来、大神宮別當退轉ニ付氏子依頼別當相勤申候 大神宮建立寛文五年林鐘、本社高サ六尺横三尺五寸 大石明神本社建立延宝六年九月十七日 両社拝殿一ヶ所三間四間神休無之 二代光応院」とあります。「新撰陸奥国誌」には「中峯稲荷神の鎮座は寛文五年と伝わっている。」とあります。よって大神宮と稲荷神は同年(寛文5年・1665)に勧請されたことになります。現在、稲荷神社の中に奉安されている祠は大神宮の祠として建立されたものと考えられています。また、大礒大明神として勧請された延宝6年には大神宮と大磯大明神が合祀されていたと思われます。「風間浦村誌」に御神体について次のようにあります。「易国間の海岸に一つの奇石があって、村中の子供等は綱を結付けて曳転ばして遊び戯れて居たが、夜になると此の石が光りを発して父老の注意する処となり、村民は占師の言に隨うて、鎮守の御神体として秘め奉る事にした。大石の神号は此夜光石に基くともいうし、或は又管の尻に神石として崇めたる立石に因むともいわれる。」。御神体は縦25cm、横30cm、高さ60cm位の白木の箱に入れて奥の院に鎮座。よって夜光石がもとで勧請され、社名を大石大明神にしたと考えられ、その後、「礒大明神」とか「大礒之大明神」などと村人から呼ばれることもあったと考えられます。このように大神宮の勧請が大石大明神(素盞嗚命)よりも早いのですが、合祀の段階で主神が素盞嗚命になったと考えられます。
イメージ 36
大石神社本殿に「蝦夷地・場所図」などと呼ばれる絵馬が掲げられています。平成29年のニュースにて、青森県風間浦村は同村易国間の大石神社にある絵馬を本年度中にも村指定文化財に指定する準備を進めているとありました。絵馬は安政2(1855)年6月吉日、易国間出身で蝦夷地域で漁場を監督する「惣番人」や戸長を務めたとされる能登伊助が奉納(願主能登伊助惣番人啓白)。和人とアイヌ民族が地引き網漁を行う様子が描かれており、研究者は「蝦夷地域の当時の様子を詳しく伝える史料。下北と蝦夷地域の密接な関係を象徴している」と語っています。大石神社の絵馬は、北海道開拓記念館(現北海道博物館)学芸員で北海道美術史を研究していた林昇太郎さんの論考をまとめた書籍「アイヌ絵とその周辺」(2010年、故林昇太郎氏遺作論集刊行会編)で紹介されています。同書によりますと、絵馬の大きさは飾り金具が施された漆塗りの額縁を含め、縦約105.6cm、横約166.2cm(画面寸法92.7cm×153.5cm)。作者は幕末期、松前を中心に活動した絵師の早坂文嶺(山形県出身)。髷を結っている和人と散切り頭のアイヌ民族が地引き網漁を行う様子のほか、山や川、神社、アイヌの伝統家屋「チセ」、蔵、高床倉庫、クマ檻、畑、運上屋(隣に高札場)、薪の貯木場など集落の様子が丁寧に描かれているそうです。
イメージ 37
拝殿は見れませんが神額には「大礒大明神」(弘化年中)とあるそうです。向拝の神額には龍。
イメージ 38
唐破風懸魚・木鼻等。
イメージ 39
イメージ 40
イメージ 41
社殿と繋がっている建物。変わった造りですね。
イメージ 42
ちゃんと鳥居もあります。
イメージ 43
稲荷神社。
イメージ 44
社殿横へ。
イメージ 45
寛政6年(1794)に越後から北前船で運ばれた神輿を本殿に年中奉安。
イメージ 46
本殿裏、奥にも建物が見えましたが、草が伸びており断念。
イメージ 47
狛犬一対。
イメージ 48
イメージ 49
紀年銘不明。台座は失われているようですが状態は良好です。獅子山型だったのかな。
イメージ 50
イメージ 51
狛犬台座に卵のような石。
イメージ 52
狛犬一対。
イメージ 53
イメージ 54
紀年銘不明。
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
体には願主池田金三郎と彫られており元禄4年頃と推定。 
イメージ 14
イメージ 15
オブジェのような謎の石。
イメージ 12
イメージ 13
征露紀念之碑(宣戦明治37年2月10日・旅順降伏明治38年1月2日建設・正四位勲三等巖谷修書)。
イメージ 11
境内社。
イメージ 10
御幣で棟札見えず。神前幕奉納者の住所が室蘭市東町の方です。
イメージ 9
境内社。
イメージ 8
馬頭観世音。
イメージ 7
境内社。
イメージ 6
石祠。仏像は判別できず。
イメージ 5
境内からの眺望。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 3
曹洞宗高林山大海寺。青森県下北郡風間浦村蛇浦。折戸神社のすぐ近くです。田名部海辺三十三観音札所巡り第15番札所(聖観音像)。御本尊釈迦牟尼仏。尊像は第15番札所観世音菩薩・延命地蔵・聖観世音菩薩・金毘羅像・地蔵菩薩像・賓頭盧座像。
イメージ 4
新撰陸奥国誌では「慈観軒境内五十坪本村の中西にあり大畑村大安寺の末庵曹洞宗なり、慶安二年の草創なれど開庵の僧も詳にせず、庵東西六間南北七間半東向本尊釈迦」とあります。風間浦村誌では「蛇浦の慈観庵は慶安二年三月の草創である。」とあります。大海寺の書上には「慈観庵の開庵は、享保十九年八月二十五日寅開庵、大安寺五世庵主無徹智門上座開基、開創は不詳。」とあります。草創の和尚のことは過去帳等に一切残っていませんが、以前に寺前の墓地に建立され、後にやすらぎ霊園に移転された墓石に、慈観庵二世のものと思われる墓石(寂当庵二世全芳宣戒和尚品位)があります。
イメージ 5
慈観軒が草創されて85年後の享保19年に慈観庵とした大安寺五世無徹智門上座までの書上はなし。この期間の慈観軒は修験者が居たり、短期間和尚が居たりしましたが、無住の期間が多かったと考えられます。安政元年、大安寺13世裏海中代和尚(義堂泰賢)が、海上安全・漁業満足を祈願して金毘羅像を奉納し、漁民を集めて開眼式を挙行してから、毎年金毘羅祭を開催。明治29年前後■(示+石)関喝玄和尚が庵主として布教に精進。明治末期から大正2年10月まで長岡泰隣和尚(大安寺18世)が下風呂・自由庵に入庵していた時期に慈観庵を兼務していたと考えられます。
イメージ 6
昭和14年11月12日、高山麟童和尚が入院してから布教を始め、寺の行事も年中行事として行われるようになったといわれます。麟童和尚は明治41年1月28日、岩手県九戸郡名川町清光寺の生まれで、昭和4年曹洞宗立梅壇中学を卒業後、北海道で修行をし、慈観庵に主幹として入庵。昭和27年10月金毘羅堂を新築。昭和43年12月10日大安寺19世長岡大仙義海代に高林山大海寺を開山。昭和58年本堂新築(大海寺3世丈二師)。
イメージ 7
『大海寺は、昭和14年、長年にわたって無住で荒れ放題の庵寺であった慈観庵に、高山麟童和尚が庵住として入院、本格的寺院活動の傍ら金毘羅堂の増改築など寺昇格の整備をし、昭和43年12月10日、師である大安寺19世の長岡義海(大仙義海)和尚を勧請開山に立て、自らは大海寺2世となり、寺格を得たのが始まりである。聖観音は、須弥壇の本尊釈迦如来像の両側に脇侍として安置されているが、右側が77cm、左側が72cmで、どうやら一対のものではなく、別々の年代に安置されたものと思われる。』
イメージ 8
さて、室町時代から知られる湯治場、井上靖や水上勉も訪れた下風呂温泉(硫黄泉)に行き、あさの食堂で、うに丼とあわびを食べて帰ります。
イメージ 9
色々な組み合わせができました。ちなみに訪問日は旬の頃です。
イメージ 10
ごちそうさまです。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ