くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ:寺・神社 (山形県) > 寺・神社 (米沢市)

山形県米沢市御廟1丁目。 上杉家菩提寺。真言宗豊山派八海山法音寺。本山は奈良県の長谷寺。 旧町名由来「御廟町」(現町名:御廟1・2丁目・直江町)…『米沢城下西部の侍町で、町名は米沢藩歴代藩主の墓所である御廟所が北側にあったことに由来する。また、御廟町から御 ...

米沢藩主上杉家墓所。 杉木立。 パンフレットより…『上杉家墓所は、米沢では「御廟」または「おたまや」と呼ばれ、親しまれてきました。昭和59年(1984)1月11日、全国の大名家墓所としては5番目に、国指定史跡として登録されています。御廟は、東西約113㍍、南北約180㍍ ...

松が岬公園(米沢城址)に鎮座。主祭神は上杉謙信公。旧社格は別格官幣社。 舞鶴橋石灯篭一対(大正13年)。 舞鶴橋石灯篭一対(大正12年4月)。 一之鳥居と石灯篭一対。 神額。 社号標「別格官幣社上杉神社」。 御定書(大正12年4月)…『定:一、車馬乗入ル事 一 ...

上杉神社境内社の福徳稲荷神社。 上杉神社本殿横、稽照殿裏に鎮座。 狐一対(平成5年7月吉日)。 石灯篭一対(明治12年)。 福徳稲荷神社は享保10年(1725)上杉宗憲公が二の丸に建立し、以後歴代の藩主が崇敬。特に鷹山公は篤く信仰されており、木彫りの「正一位稲荷 ...

上杉神社境内社の春日神社。 御祭神は春日四柱大神(天児屋根命、武甕槌命、経津主命、比売神)。米沢藩主家上杉氏の氏神で林泉寺の鎮守でした。 春日神社の創建は天徳2年(958)、現在の新潟県上越市にある春日山に春日大社(奈良県奈良市)の分霊を勧請したのが始まり。 ...

上杉神社摂社の松岬神社。社号は米沢城の別称「松岬城」に由来し、「まつがさきじんじゃ」と読みます。 松が岬公園(米沢城址二の丸世子御殿跡・米沢市丸の内)に位置し、上杉鷹山、上杉景勝、直江兼続、細井平洲、竹俣当綱、莅戸善政を祀ります。 石灯篭一対(雲州松江製 ...

愛宕羽山両神社境内(地蔵園・愛宕神社奥宮参道入口付近)にあります。昭和51年に晩年の伴淳三郎らが東京都の中野から移築した神社(木村東介寄進)。伴淳三郎(1908-1981)は米沢市出身の有名な喜劇俳優です。 御祭神は天宇受賣命。芸能の神であり日本最古の踊り子。 脇 ...

米沢市の中心部にある上杉神社周辺から南西部に目を向けると屏風のような斜平山を遠望できます。斜平山は総称で、笹野山、愛宕山、羽山などの山々の尾根が続いています。中腹には景色のいい御成山公園。愛宕山山頂には愛宕神社(奥宮)、羽山山頂には羽山神社(奥宮)が鎮座 ...

山形県米沢市中央5丁目。戌亥の守り本尊八幡神を祀る曹洞宗萬用山東源寺。五百羅漢尊之靈場。 東源寺と五百羅漢…『当山は、文明8年(1476)長野県飯山市に源氏・飯山城城主の帰依により建立され、みなもとでらと称した。以後藩主上杉氏の移封に随い会津・米沢と移転し ...

山形県米沢市中央6丁目。案内板にもありますが、このすぐ近くの7丁目にも座頭稲荷があります。武家屋敷と町人屋敷が接して建ち並んでいた場所で、武家屋敷側と町人屋敷側という線引きにより2つの座頭稲荷が存在するようになったようです。こちらの武家側の座頭稲荷明神は、 ...

山形県米沢市城西1丁目。真言宗醍醐派善日山千勝院。御本尊は刀八毘沙門天王。 刀八毘沙門天は毘沙門天信仰の内に発祥した異形像。正式な経典、由来は定かではありませんが「刀八」とは兜跋(とばつ)から発祥したと考えられており、戦国時代に多くの武将達の信仰を集め ...

「湯杜匠味庵山川」さんに宿泊し、観光マップ片手に小野川温泉街を散策してみました。 まずは宿泊した「湯杜匠味庵山川」さんのギャラリー蔵にてお勉強。 今上天皇がお泊まりになったことがあるようで、お食事されている写真や小野川スキー場でスキーを楽しんでいる写真が ...

山形県米沢市小野川町。 明暦年間(1655-1658)、もしくは慶安3年(1650)創立の新義真言宗(真言宗豊山派)長栄山金乗院は、温泉の守護神薬師如来像を安置。上杉藩になってから創建された寺であり、それ以前は同じく真言宗の寺である福健寺があったそうですが焼失してい ...

山形県米沢市小野川町。 小野川温泉の中心に鎮座。 東は「名湯の宿 吾妻荘」西は「旅館春木屋」北は「尼湯」南は「金乗院」に挟まれた場所。 小町の休み石。 小町の休み石…『承和元年、小野小町は父を訪ね京から旅に出るが、この地で病に伏しこの石に休んだが、霊泉を ...

明治初年に大井沢村(西川町大井沢)から当地に移り、昭和7年小野山大黒天本山と称して信仰を集めました。大日寺(西川町大井沢)は明治元年(1868)の神仏分離令により寺号を廃し、湯殿山神社(大日寺跡湯殿山神社)となり、御本尊の大日如来・阿弥陀如来・観世音菩薩の3像 ...

↑このページのトップヘ