くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ:寺・神社 (山形県) > 寺・神社 (米沢市)

イメージ 2
関興庵の横(墓所へ向かう道)に鳥居と参道があります。
イメージ 1
南方稲荷大明神。社殿内に狐一対、灯篭一対などありました。
イメージ 3
拝殿扁額(青木源之助)。
イメージ 4
『正一位南方權現渡部藤兵衛稲荷大明神の祭神は、天正6年に始まる上杉家合戦に際し、関興庵勢より援軍、無類の働きをなし、利運を導きたる上杉家の鎮守稲荷明神の化身渡部藤兵衛にして、その稲荷堂は寛永2年建立されたるも寛永8年諸堂焼失、文政7年粡町よりの出火にて類焼す。明治35年7月1日、有信の諸士により五十嵐大工の手に依って建立された。更に明治40年6月崇信講社の結社により拝殿建立の日、7月1日を毎年の祭日と定め、永く祭事が施行され今日に至っている。此の間大正3年5月青木源三郎氏によって後方三尺増築され昭和44年、青木源五郎氏によって土台の取換え一部増築をみた。今回、末弟青木源之助の17回忌法要に当り妻トラ及び長男進、次男仁、参男礼、相計り供養の為拝殿を再建する運びとなる。建設に協力された方は源之助次兄青木源四郎嗣子清氏および源之助長姉片桐やす養子片桐栄吉氏である事も何かの因縁と申せよう。北寺町在の青木源三郎、源五郎、源之助兄弟は崇敬篤信の念厚く、生誕地への情愛殊の外深く如意輪観世音菩薩本尊の彫刻、本堂の建設又大鳥居三基を寄進す。今新に拝殿を再建し祭事の継続隆昌を願うは子孫にとり望外の喜びである。落慶式に当り寄進の意を表し、この地の繁栄を祈る。合掌。昭和54年11月18日。在東京、青木トラ、青木進、青木仁、青木礼。』※当案内板では「渡部藤兵衛」となっていますが由緒によると「渡邊(渡辺)藤兵衛」。
イメージ 5
石灯篭。
イメージ 6
イメージ 7
社殿のすぐ横にあった古そうな墓碑。「廣居忠久之墓」とありました。稲荷との関連性はわからず。「天保四癸巳年二月二十五日」。
イメージ 8
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 2
山形県米沢市中央5丁目。虚空蔵菩薩。門には「福威智満虚空蔵菩薩」「別當関興庵」とあります。
イメージ 1
一花院の創建は上杉家の重臣千坂景親が米沢城下に入った折、祖とされる那須与一の持仏である虚空蔵菩薩像を安置するために一宇を設けて、千坂家歴代の菩提寺としたのが始まりとされます。千坂家は那須与一を輩出した那須家一族の後裔とされ、鎌倉時代に入り上杉家の家臣となり、上杉謙信時代に大功を挙げた千坂景親は上杉家四家老に数えられ、景勝の時代には初代米沢藩江戸家老に就任。千坂高信は満願寺家からの養子であったことから、満願寺家の菩提寺であった日朝寺(日蓮宗)に千坂家の菩提寺を変更すると一花院は衰微。しかしながら千坂家からは何らかの補助があったようで享保4年には千坂景親と那須与一の供養塔である三層石塔が建立されました。文政7年の火災によって堂宇が焼失し更に衰微。明治の廃仏毀釈運動により廃寺に追い込まれたと考えられます。現在は僅かに残る境内に虚空蔵菩薩堂と三層石塔、石祠、石灯篭などが残されています。また、前田慶次の菩提も一花院の境内に葬られ墓碑も建立されたとされますが、廃寺になった際に紛失したようです。御本尊などは関興庵(臨済宗)に移されており、境内の管理も関興庵によって行われています。
イメージ 3
イメージ 4
那須与市宗隆(「平家物語」では宗高)は、鎌倉初期の武士であり、下野国(栃木県)の豪族那須資隆の11番目の子。源義経に従い、文治元年2月の屋島の戦いにおいて、平家方が小船に立てた扇の的を見事に射落し、源平両軍から称賛されたことで有名。この話は「平家物語」や「源平盛衰記」に名場面として描かれており、その後、能や歌舞伎でも演じられ、世に広く知れ渡ることとなりました。与市はこの功により、武蔵国太田荘など5ヶ所の所領を拝領し、その後は山城国(京都)で死去したとか、越後に追われたとか云われるも詳細は不明。但し、那須家は与市の弟の子が相続し、江戸時代も一万石の大名として続きました。
イメージ 5
那須与一供養塔(裏面:享保四年孟夏十三日建立)。高さ約4.2m。
イメージ 6
2段目外側中央に「供養塔、那須與一宗隆公、千坂對馬守景親公」と刻まれています。
イメージ 7
供養塔の中。
イメージ 8
虚空蔵菩薩堂。
イメージ 9
鰐口。
イメージ 10
虚空蔵菩薩堂内。
イメージ 11
一花院跡と那須与市の供養塔…『上杉家の重臣千坂家と縁深い臨済宗・一花院があった場所で、現在は虚空蔵菩薩堂が残っている。千坂家は源平合戦で活躍した弓の名人・那須与市の子孫で、与市の守り本尊であった虚空蔵菩薩像を代々伝えた。千坂対馬守景親の代に上杉家に従い米沢へ移り、この地にお堂を建て祀ったという。堂の前に建つ三層の石塔は、千坂家の遠祖・那須与市と千坂景親の供養塔で、享保4年(1719)に建てられたもの。なお、「米沢地名選」などの江戸期の地誌書には、前田慶次の墓が一花院にあったと記されるが、一花院は幕末頃に廃寺となり、慶次の墓石は現在確認できない。菩薩像は関興庵が管理している。米沢市』
イメージ 12
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 2
臨済宗円覚寺派最上山関興庵。
イメージ 3
米澤札所第廿三番如意輪観世音菩薩。
イメージ 4
関興庵(關興庵)は応永17年(1410)南魚沼郡石内村字関に開創され、上杉景勝が出羽国米沢に移封されたことい従い共に移り(第32世東岩和尚)、直江兼続公により米沢城の守護と安泰を祈念し鬼門にあたる城下北東部に再建。なお、現在南魚沼市にある関興寺は、江戸時代に米沢の関興庵から萬源和尚を迎えて越後に戻り再興したお寺となります。直江兼続公の生家樋口家の菩提寺。
イメージ 5
鐘楼。※奥に見える鳥居は「南方権現渡邊藤兵衛稲荷大明神」。
イメージ 6
観音堂前石灯篭一対。
イメージ 7
観音堂。
イメージ 8
鰐口。
イメージ 9
観音堂内。
イメージ 1
如意輪観世音菩薩。
イメージ 10
子育地藏尊。
イメージ 11
イメージ 12
釈迦牟尼佛足跡図。
イメージ 13
觀仏三昧海經曰『若有衆生 佛在世時見佛行者 歩歩之中見千輻輪相 除却千劫極重悪罪 佛去世後 三昧正受相佛行者 亦除千劫極重悪業 雖不想行 見佛跡者 見像行者 歩歩亦除千劫極重悪業』
イメージ 14
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ