くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (階上町)

イメージ 2
三戸郡階上町角柄折蕨。かつての角柄折村。地内の北東付近には往年ほろどの沼があり、伝説では大蛇が住んで村民をおびやかしたため討ちとられたといいます。大蛇は当地で角を折られ、耳ヶ吠で耳を切り落とされ、道仏で胴を切られたと伝え、大蛇を追って追って追い越したところが追越、胴の落ちていたところが大蛇という地名になったといいます。また、沼の主はサケであったともいい、討ちとられると沼の水は赤く染まり、7筋に分かれて川となったり、海や近くの川に流れこんだといいます。
イメージ 3
地蔵菩薩等。
イメージ 4
天明(4年4月1日)飢饉供養の塔。「天明飢饉 圓光禅定門 惣百姓無縁 塔」「献句 菩提寺に飢饉の墓碑や栗の花 幻人」(平成19年8月24日建立)
イメージ 5
石灯籠。
イメージ 6
仁王門。
イメージ 7
仁王像。
イメージ 8
イメージ 9
南無釋迦牟尼佛(當寺再興50周年本堂銅板葺替庫裡廣間改築記念・維持平成12年4月8日)。
イメージ 10
南無地蔵大菩薩(法興院浄信豊道禅居士為俗名豊藏17回忌・平成15年12月19日)。
イメージ 11
イメージ 12
曹洞宗海潮山応物寺。
イメージ 1
神亀元年(724)に行基が寺下に應物寺(寺下観音)を創建。
イメージ 13
明治の神仏分離令により寺下観音潮山神社に分けられました。昭和29年再興。
イメージ 14
境内では国指定重要無形民俗文化財となっている鳥屋部えんぶり組の奉納えんぶりが行われます。
イメージ 15
唐破風懸魚。
イメージ 16
蟇股・木鼻等。
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
手鋏と虹梁がかっこいいです。
イメージ 20
イメージ 21
手水石「杓底一残水汲流千億人」。
イメージ 22
寺務所。
イメージ 23
六地蔵。
イメージ 24
鐘楼。
イメージ 25
十三重塔。
イメージ 26
「迎火や祈る童女のほゝ照らす」(初代護持会長百谷庵古雪)。
イメージ 27
赤松。
イメージ 28
花月塔。「新緑や文化遺跡の一里塚」
イメージ 29
『正六位勲五等 正部家 誠 行年76才 法名正誠院百星寶臺居士 明治29年5月27日階上村に出生大正6年3月青森師範学校を卒業爾来教育界に籍を置くこと36年昭和28年3月八戸小学校長を最後に教職を去る。その後は専ら社会教育活動に尽瘁し郷土階上村出身の八戸在住者をもって臥牛会を結成し推されて会長となり会の育成強化に努めまた昭和33年百働会八戸支部を創設しその支部長となり昭和47年7月6日故人となるまで高令者の杖となり老人福祉向上のために働くことに誇りをもち且つ喜びともされました他面若い頃より俳句を嗜み吉光と号し名門花月堂十世を継ぐに至った。一周忌にあたりその生前を偲び供養のためこれを建てる。 昭和48年7月6日』
イメージ 30
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 6
三戸郡階上町道仏程熊。かつては道路沿いに一之鳥居があったのですが、現在(2018年)は撤去されており、しかも二之鳥居も色がないので周囲の景色に溶け込んでおり、場所はかなりわかりにくいと思います。1枚目の写真に写っているのが現在の一之鳥居(旧二之鳥居)になります。
イメージ 7
参道。
イメージ 8
手水舎なのか井戸なのか湧き水なのか…
イメージ 9
いずれにせよ、水が溢れているので足元にはご注意ください。
イメージ 10
参道鳥居・石段。
イメージ 11
イメージ 12
拝殿前狐一対。
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
拝殿向拝。御祭神は倉稲魂命。由緒等は調べておりません。
イメージ 16
拝殿内。棟札には昭和27年旧4月2日の紀年銘が見えます。
イメージ 17
神社横の巨木。
イメージ 4
イメージ 5
結構な大きさですが特に案内板・説明等はありません。
イメージ 3
巨木の根元には手水石と石祠がありました。
イメージ 2
御神木前から見た社殿。
イメージ 1
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 2
イメージ 3
第3回階上町三陸復興国立公園指定記念俳句大会一般の部特選…『臥牛峰や赤を満たして山躑躅』階上町上野瑞子。
イメージ 4
鳥居をくぐって残り200mの階段。
イメージ 5
出た!ストック!!
イメージ 6
山道にストックがある場合、これから先は勾配がきつくなることを意味します。
イメージ 7
確かにここまでの山道よりはきつかったですね。
イメージ 8
途中にあった石碑。読み取れませんでした。
イメージ 9
先が見えませんね。アサヒスーパードライのせいで喉がドライになってきました。
イメージ 10
参道両脇にやたらと巨石があります。
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
面白い木もあったり。
イメージ 14
自然を楽しみながら進みます。
イメージ 15
上に行くにつれて更に巨石が増えてきます。
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
鳥居が見えて…
イメージ 20
到着!!余裕でした(※個人差注意)。
イメージ 21
狛犬一対が出迎えてくれました。
イメージ 22
イメージ 23
灯明堂跡は観音堂の西方、標高約250mの山中に位置。小舟渡岬付近で遭難する船が多かったため、航海の安全を図るべく、享保15年に津要法師によって建立されました。当時この灯明堂の油料(5貫文)が藩より支給されていることが八戸藩資料から確認されており、当時から藩の重要施設として位置付けられていたと考えられます。
イメージ 24
また、御用人所日記(上杉家文書)の享保15年5月12日条に「寺下山御疱痘立願ニ灯明堂寺下山ニ建立仕候」とあり、八戸藩四代藩主南部広信の疱痘(瘡)治癒祈願のためにも建立したとわかります。
イメージ 25
イメージ 26
灯明堂前に五重の塔の遺構である青銅製相輪が残されており、灯明堂内(向って右の建物)には塔の本尊である石造五智如来坐像を残しています。
イメージ 27
イメージ 28
イメージ 29
灯明堂内。
イメージ 30
石造五智如来坐像。
イメージ 31
その奥にある石像3体。
イメージ 32
手前にも2体。
イメージ 33
イメージ 34
こちらには昭和12年の紀年銘が見えました。
イメージ 35
更にその後ろに道祖神の札が貼られた金精様がありました。
イメージ 36
注連縄の巻き方が少しいやらしく見えてしまいました。
イメージ 37
隣の堂内に恵比須様と大黒様。
イメージ 38
後ろの掛け軸に薬師如来・日光菩薩・月光菩薩。
イメージ 39
それから今気づきましたが、面白い切り絵もありますね。
イメージ 40
五重の塔の遺構である青銅製相輪。
イメージ 41
イメージ 42
高さは7尺3寸。
イメージ 43
イメージ 44
イメージ 45
史跡燈明堂跡標柱…『享保15年(1734)、津要玄梁和尚が、八戸浦の諸国廻船の海上運航の安全を祈願して燈明堂を建立した跡地である。ここは、北は八戸港湾から南は小舟渡の海岸一帯が眺望できる所で、海岸まで4kmぐらいの距離にあり、燈明堂の灯はよく見えたと言われている。八戸藩主より常燈明料として毎年銭五貫文が別当野沢村彦六に給されていた。』
イメージ 46
手水石かな。
イメージ 47
こちらは不明。ノジュールかな?
イメージ 48
裏にも道がありました。行ってませんが。
イメージ 49
こちらの石仏には「禅参一通居士」「元文三戌午九月廿五日」と見えます。
イメージ 50
こちらは山の神でしょうね。
イメージ 51
庚申塔(昭和12年旧2月吉日)。
イメージ 52
ってことで、山を下って、再びお水で喉を潤します。以上、寺下観音シリーズでした。
イメージ 53
関連記事
イメージ 1
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ