くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (南部町)

イメージ 2
三戸郡南部町下名久井鍛冶長根。法光寺別院跡、犬房坂上。
イメージ 3
下名久井村は江戸中期に名久井村が当村、高瀬村、平村、上名久井村、鳥下内村、鳥谷村、法光寺村、泉清水村に分村して成立したと考えられます(諸説あり)。
イメージ 4
神社として八坂神社と白山神社(高瀬村諏訪神社に合祀されるも、現在は白山下河原の南方台地白山に在り)が見えます。八坂神社は元文2年草創と伝え、奇峯学秀による牛頭天王像を安置し、村民の信仰が篤かったそうです。
イメージ 1
八坂神社の御祭神は素戔嗚尊。祭日は7月15日。下名久井城の東にある城の守り神。境内には牛頭天王堂がありますが、ここの御本尊が上記で説明した奇峰学秀(田子町・青森円空と称される江戸時代中期の僧侶)が造った牛頭天王像です。明治初年の神仏分離令により、牛頭天王と同じものとされる素戔嗚命を御祭神として八坂神社を新しく建て、産土神とし、牛頭天王を末社としました。
イメージ 5
社号標(昭和13年7月15日)。
イメージ 6
狛犬一対(明治34年6月14日)。
イメージ 7
イメージ 8
石燈籠一対(文化13年7月吉日)。
イメージ 9
イメージ 10
手水石(文政12年6月15日・奉納御寶前)。
イメージ 11
拝殿。
イメージ 12
蟇股・木鼻。
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
拝殿神額。
イメージ 16
本殿。
イメージ 17
イメージ 18
末社。
イメージ 19
イメージ 20
末社。
イメージ 21
こちらには釈迦如来っぽい坐像が祀られていました。
イメージ 22
紀念碑(明治37、8年)。明治三十七八年の紀年銘は日露戦役記念碑です。
イメージ 23
牛頭天王堂。
イメージ 24
奇峯学秀作の木造牛頭天王像は町指定文化財。像高約70cm。牛面を額に施し、髪を逆立て、目と眉を吊り上げた厳しい表情をしており、左手に斧、右手には羂索を持ち、堂々と台座に座っています。顔は胡粉と朱で彩り、これまでの学秀の作柄とは異なります。牛頭天王は京都祇園の八坂神社の御祭神で、疫病を防ぐ神であり、薬師如来を本地仏とし、神道における素戔嗚尊と同体であるとされています。この牛頭天王像は同時期に奉納された棟札から、学秀入寂の2年前にあたる元文2年(1737)に、名久井村三書林顧養庵(法光寺の隠居寺)で余生を送っていた学秀が、名久井村の梅内宇兵衛の依頼で製作し、牛頭天王堂に納められたもの。製作年代が棟札から明らかになっている上、その年代から学秀最後の作と考えられます。
イメージ 25
牛頭天王棟札(長さ90cm)も町指定文化財。裏面には学秀の署名と花押があり、学秀仏とともに納められた棟札としては現存する唯一のもの。表の墨書きは『聖主□中天 五日市村梅内宇兵衛實武与申仁有之 迦陵頻伽聲 知善悪之業知過去現在未来捨悪 哀愍衆生者 取善禅者成然當所従古来牛頭天王 我等今敬禮 之宮有之新作天王為菩薩因願望成就畢 元文二乙巳年七月十七日施主梅内宇兵衛實武』。裏の墨書きは『牛頭天王作者 八戸大慈寺六世奇峯學秀 花押』。八坂神社境内にある間口2間、奥行1間半の牛頭天王堂に牛頭天王像とともに置かれています。
イメージ 26
奇峰学秀(生没年不詳-1739)は現在の三戸郡田子町出身の江戸時代中期の僧侶。岩手県九戸村伊保内の長興寺7世(一説に11世)住職を務めたのち、八戸大慈寺の6世として迎えられ、正徳2年(1712)には千体の観音像を彫って八戸藩の各地に寄進。更に10年後の享保7年(1722)には、田子町の釜淵観音堂において再び千体の観音像を彫りました。弥勒菩薩像や十一面観音像は田子町の姥ヶ岳神社に残され、地方仏師の貴重な作品として県重宝に指定されています。晩年は五日市の三書林顧養庵(法光寺の隠居寺)で余生を送っていたと伝え、元文4年(1739)に入寂し、三書林顧養庵の墓地に葬られました。
イメージ 27
牛頭天王像前には牛がおりました。こちらは指定文化財ではありません。
イメージ 28
反射して見にくい碑。出羽三山。台座には青森県神和講とあります。
イメージ 29
イメージ 30
裏面碑文は拝詞…『「あやにあやに奇しくたふと月山大神の御前を拝み奉る」「あやにあやに奇しくたふと出羽大神の御前を拝み奉る」「あやにあやに奇しくたふと湯殿山大神の御前を拝み奉る」昭和53年5月吉日』
イメージ 31
庚申塔。
イメージ 32
湯殿山・十和田山・金毘羅山。
イメージ 33
羽黒三山(慶應3年)
イメージ 34
十和田山(天保)。
イメージ 35
金毘羅大権現(安政2年4月10日)。
イメージ 36
五日市城(下名久井城)の由来…『鎌倉幕府御家人の工藤祐経(源頼朝の重臣)の長男でもある犬房丸(工藤祐時)は、訳(曽我物語)があってこの地を賜り五日市に築城した犬房丸伝説がある。犬房坂(いばさか)と言い伝えられる坂があり、由来として語り継がれている。それに工藤祐時の子息も居城と言う伝説もある。あるいは平泉の藤原氏の討伐の功績により源頼朝から糠部地方を拝領し、鎌倉幕府御家人である工藤小次郎行光の弟の祐光(又は資光)が、文治5年(1189年)~建久9年(1198年)頃、五日市村に下向し築城したと言われている。五日市城は7つの館(大舘、外舘、仁良舘、和舘、東舘、絵舘、古舘)を形成し、本城(大舘)には舘神があり、集落内には家来の屋敷(在家、台所屋敷)、施設の跡(鍛冶長根、元町)、後家堀(ごけっぽり)など、城跡に由来する地名が現在もある。北西に馬淵川、南に五日市川(如来堂川)、東には油川が流れ、約250町歩の広さを領有し、唯一の水源がある東舘の遠方の助川方面より用水路の造成を為し、七舘まで水を引き堀を巡らせて本城を防衛した。舘跡の其の遺構からも堀割が重要を為し、さらに五日市川、油川の段丘と湿地をも利用した、大規模で守りのかたい天然の要塞でもあった。尚、里人の言に依れば天文年代(1532~54年)に、三戸南部氏の宗家24代南部晴政の家臣、赤沼備中が五日市城主であると言われ、赤沼という地名も現存している。その後の五日市城は城主不明となり、様々な諸説はあるが慶長3年(1598年)の「三戸舘持支配帳」には載っていない謎に包まれた城跡となった。昭和に入り諸事情で八坂神社周辺の堀跡と池、その他の堀跡、用水路も埋め立てられた箇所もあるが、名久井岳を真向かいに望み、風和む丘の五日市は自然の災害も少なく温暖な気候と豊かなる郷として中世の面影を今に伝えている。平成24年3月吉日』
イメージ 37
五日市舘跡の図。
イメージ 38
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 11
関連記事:『恵光院(南部町)
イメージ 12
年1度(8月20日)の御本尊(県重宝十一面観音立像)御開帳に訪れました。
イメージ 13
南部町大向長谷。名久井岳の中腹に位置し、平安時代後期にこの地方で作られたとされる十一面観音像(県重宝)が安置されています。糠部三十三観音霊場第22番札所。
イメージ 14
長谷十一面観音堂は、恵光院の境内に建立されている建物であり、桁行3間、梁間3間、宝形造、鉄板葺(元茅葺)、外壁は真壁造、横板張り、建築年は不詳ですが何度か改修を繰り返し、現在は正面に1間の向拝が付けられています。
イメージ 15
内部は奥1間が内陣で、外側2間が外陣、当初はそれぞれが格子戸によって区切られており、本尊の十一面観音像が安置されていました。長谷十一面観音堂は昭和55年に南部町指定有形文化財に指定。
イメージ 16
寺宝も多く永正9年(1512)に奉納された巡礼札は観光上人が奥州糠部郡三十三観音霊場巡りの際に納めたもので、正面上部には阿弥陀三尊の種子、その下には「奥州糠部郡三十三所順礼本願観光上人永正九暦壬申六月吉日」、「三十三番」、「長谷寺」、御詠歌が書き込まれ青森県最古の巡礼札と言われています。笈は室町時代後期に製作されたと推定されるもので、元々は修験僧が仏具などを運搬するために使用する背負い式の箱として製作され、青森県内では遺存例が少ないことから上記の巡礼札と共に昭和33年に青森県指定有形民俗文化財に指定されています。
イメージ 17
長谷十一面観音堂前の石灯籠一対。
イメージ 18
イメージ 19
観音堂前手水石。
イメージ 20
観音堂裏の建物。
イメージ 21
観音堂横の建物。
イメージ 22
馬頭観世音のようです。
イメージ 23
その横にかっこいい龍の石塔。
イメージ 24
ここには水が湧いているんでしょうか。
イメージ 25
こちらの建物内は…
イメージ 26
荒廃しておりよくわからず。長谷四十八末社略図のどれかかも。
イメージ 27
草木に埋もれている末社。
イメージ 28
棟札もよく見えず。
イメージ 29
末社。長谷四十八末社略図によれば白山堂。
イメージ 30
白山妙理大権現。
イメージ 31
回向柱。「弘法大師千百五十年御遠忌報恩謝」とあるので昭和59年。
イメージ 32
観音堂のイチョウ。推定樹齢及び樹高不明。観音堂に向かい合うように立っています。中々の大きさ。
イメージ 33
イチョウ近くの石灯籠一対。
イメージ 34
イチョウの横に色々ありますね。
イメージ 35
石造の観音像・靈光地蔵尊(昭和45年)。
イメージ 36
末社の八幡社(八幡大菩薩)。
イメージ 37
イメージ 38
寫径塔。
イメージ 39
イメージ 40
「天照大神・八幡大神・十一面観音・八代龍神・八百萬神」。
イメージ 41
観音堂前の案内板より…『【十一面観音立像一躰(青森県重宝・昭和33年1月22日指定)】蓮台山長谷寺(真言宗)の本尊仏であった十一面観音は藤原時代の製作であろう彫技にその特色が見られるが頭部にあとで手を加えたような遺憾がある。県下現存の仏像中最古といってよい一つで技法も優れている。この像は長慶天皇の御姿であろうという言伝えや長谷寺を移した時の伝説がある。いまある寺は長谷寺の別当寺宝珠山恵光院のあとである。【笈一個(青森県重宝・昭和33年1月22日指定)】長慶天皇の御料だったと言伝えられた笈である。室町時代末期頃の製作であろう。扉に桐の薹、雷文の文様を刻んである。県下にこの類の遺品が少く美術品としてよりは民俗資料としての価値が高い。【順礼札一枚(青森県重宝・昭和33年1月22日指定)】450年程前永正9年(1512年)観光上人が八葉山天台寺桂清水観音を第1番に、この長谷寺を第33番にきめて順礼した納札である。当南部町隅の観音(普門山円福寺)に第6番、七戸町金鶏山長福寺(見町観音)に第13番の2枚あるが、最終のであるため特に荘厳されている地方文化史の資料である。「入相のかねのひびきも松風もいづれをきくも法の御寺ぞ」南部町教育委員会』
イメージ 42
観音堂からもう少し石段を上った奥の院に十一面観音立像が安置されています。
イメージ 10
長谷四十八末社略図によりますとその途中に末社の一王子社と羽黒堂跡があります。
イメージ 9
羽黒堂跡はよくわからず。この辺かと思うのですが、松田家先祖之墓所跡とありました。
イメージ 8
標柱によると八幡神主(宝暦年代)らしいです。※長谷恵光院過去帳に依る。
イメージ 7
一王子社。
イメージ 6
一王子社内の棟札は平成13年5月の改修時のものでした。
イメージ 5
長谷四十八末社略図によりますと奥の院の後方に「伝南朝長慶天皇行在所跡」があります。ところで、御本尊(県重宝十一面観音立像)御開帳ですが、当然の如く撮影禁止なので、皆様も自分の足を運んでください。目と鼻の先で拝むことができましたよ。曜日に関係なく年1度(8月20日)です。一応微妙な写真の写真だけを参考までに掲載しておきます。
イメージ 1
十一面観音像(1躯)は平安時代初期から中期にかけて制作されたもので一木素木造、像高166.8cm、青森県内最古の仏像として昭和33年に青森県重宝に指定。木造彩色で頭と体幹部を一木で造り、頂上面は揃っていますが少し傷んでいるものもあります。額の白毫がなく両腕は肩で矧ぎ合わせになっています。右腕は垂れて下に伸ばし、左腕は肘を曲げて前に出していますが、両手とも指は欠けて無くなっているので、持物は何であったかはっきりしません。条帛は左肩から掛かっており、天衣は腰のあたりから下は欠損しています。衣皺の線条は割りに浅い彫りで、像全体はおおらかな輪郭の彫刻です。光背も台座も無くなっています。面貌や体躯の一部が削り直されているため印象を損ねていますが、頭上面に伺える当初の面影には平安時代後期の性格が見え、また、大づかみなモデリングなどはこの地方で制作された特色と考えられ、県内で制作された最古の仏像といえます。昭和62年に県重宝の彫刻としては初の保存修理が行われており、面目を一新しました。ちなみに国の文化財保護審議会専門委員である久野健博士の鑑定によりますと、おおらかな素朴さから強さを感じさせるところは地方作の特徴であり、ふくよかな輪郭の面相でありながら目のきついような感じや、唇が少しとび出しているようなことからも、平安時代初期末から中期初頭ぐらいの作であるといわれています。
イメージ 2
女神像は平安時代から南北朝時代の地方の作と見られ、男神像も対としてあった可能性があります。神像は、高貴な人物をモデルに作られるものですが、この女性像のモデルとなった人物は不明。平成元年から2年にかけて虫害や腐食に対する保存処理を行っています。像高35cm。木像(桂)。
イメージ 3
十一面観音立像一躰(青森県重宝・昭和33年1月22日指定)…『恵光院(元長谷寺)の御本尊であり、古くから信仰され奥州糠部郡三十三番、観光上人の順礼札が同院に所蔵されている。この十一面観音は、11世紀(平安初期から中期初頭)ごろの作(鉈彫り)といわれ、青森県内で作られた最古の仏像として、昭和33年県重宝の指定を受けた。観音菩薩は、三十三に姿を変えて衆生のあらゆる願いに応えてくれるという。十一面観音は奈良中期ごろから作られ、十一面観音の名は、その像容が本面の上に十ないし十一の面を持つところからきている。昭和62年、保存修理を施され、同63年7月完成したこの奥の院に安置された。』
イメージ 4
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 7
イメージ 8
南部町大向長谷。真言宗豊山派宝珠山惠光院。御本尊十一面観音。南部町大向長谷。名久井岳の中腹に位置し、平安時代後期にこの地方で作られたとされる十一面観音像(県重宝)が安置されています。糠部三十三観音霊場第22番札所。
イメージ 6
山門。
イメージ 5
山門額には「蓮台山」の山号を残します。
イメージ 4
かつての大向村で集落中央に長谷山神社が見えます。御祭神は伊耶那岐命で旧村社。また恵光院の隣りに天狗杉があります。「南無帰命はせの御寺や蓮台の山もちかいもふかき谷川」。かつて名久井岳の山麓のこの地に伽藍を誇った長谷寺の山号が蓮台山であり、名久井岳を南部町の方から見ると外輪山が蓮の花の形に見えるそう。長谷寺自体は江戸時代初期に南部家が本拠を三戸城から盛岡城に移した際に盛岡城下に移り、その境内跡地に長谷寺の搭頭の1つ恵光院が残り、堂宇や寺宝などを引き継ぎました。
イメージ 3
宝珠山恵光院の創建は室町時代の元中7年(1390)で、恵光院本尊である長谷十一面観音像を祀っていることから長谷寺とも呼ばれました。また、別の由緒によりますと、建徳元年(1370)、長慶天皇の弟である明尊により開かれたとされ、境内背後の高台は長慶天皇が僧侶と偽り当地まで逃れ御所を構えた場所で、天皇も当地で崩御されたと伝えられています。
イメージ 2
青森県ではこの南部町の恵光院及び有末光塚の他、青森市浪岡の広峰神社、龍田神社と紙漉沢、五所川原市元町八幡宮、六戸町鶴喰の若宮八幡神社、犬落瀬等々の伝説が残されていますね。恵光院の長慶天皇潜幸伝説では、長慶天皇が修験に身を変えてお供を連れ山を登り、恵光院の地に御所を構えたと伝えます。有末光塚(円墳+石碑)は長慶天皇が崩御した場所と伝えます。また、御本尊十一面観音は長慶天皇のお姿を写して作仏したという伝説もあります。『青森の伝説(森山泰太郎・北彰介)』によりますと、「昔、陸奥の北畠守親が、長慶天皇を吉野からお迎えしたとき、八戸の根城に拠っていた南部氏が、この長谷に行宮(仮の御所)を造営してお住居とし、警衛したという。ところがそのことを北朝方に知られたので、ここも危うくなり、天皇を津軽の浪岡へお移しした。しかし表向きは崩御と称して大葬を行ない、石塔まで建立して、有末光院と称したと伝えるのである。」とあります。
イメージ 1
ちなみに南部煎餅は長慶天皇創始説があります。南北朝時代の頃、南朝の長慶天皇が名久井岳の麓の長谷寺を訪れ、食事に困った時に家臣の赤松助左衛門が近くの農家からそば粉と胡麻を手に入れ、自分の鉄兜を鍋の代わりにして焼き上げたものを天皇に食事として出しました。この食べ物が後の南部煎餅の始まりであるとする説です。更に天皇はその風味を非常に好んで度々、赤松に作らせ、天皇は煎餅に赤松氏の家紋「三階松」と南朝の忠臣楠木正成の家紋「菊水」の印を焼き入れることを許したといいます。現在の南部煎餅には確かに「菊水」と「三階松」の紋所が刻まれています。
イメージ 9
本堂にも「蓮台山」とありました。
イメージ 10
本堂裏。
イメージ 11
有名な長谷ぼたん園があります…が、季節外れに訪れているため紹介はできません。
イメージ 12
長谷ぼたん園の由来…『この長谷ぼたん園は、隣接する恵光院の檀家一行が、総本山である奈良県桜井市の長谷寺からぼたんの苗を譲り受けたのをきっかけに、昭和54年から南部町(現南部町)がふるさとづくりの一環として、「町民一人一本」を合言葉に整備に取り組んできたものです。平成13年には環境省「かおり風景百選」に認定され、見ごろとなる5月下旬から6月上旬、華麗に咲き誇る大輪の花は、忙しさと雑踏の中に生きる私たちの心に癒しと潤いを与え、訪れる人々を魅了します。』
イメージ 13
立派な三重塔がありました。
イメージ 14
とはいってもこのサイズですが。山号額にはやはり「蓮台山」。
イメージ 15
小祠。
イメージ 16
地蔵菩薩のようです。地蔵菩薩堂再建棟札の紀年銘は平成13年9月吉日。
イメージ 17
達者村百景案内板。
イメージ 18
景観ポイントに選ばれているのは以下の6ヶ所。
イメージ 19
地図。
イメージ 20
名久井岳県立自然公園案内図。
イメージ 21
イメージ 22
県重宝の巡礼札と笈の説明がありました…『巡礼札:巡礼札は永正9年(1512年)観光上人が八葉山天台寺(桂清水観音)を第1番に、この長谷寺を第33番にきめて順礼した納札「八相のかねのひびきも松風もいずれをきくも法の御寺ぞ」と朱書きされてあり地方文化史の貴重な資料である。笈:笈は菱雷紋の地紋に金箔を置き五三の桐紋を刻し、長慶帝の御料だったと伝えられている室町末期の作で県下にこの頃の遺品が少なく美術品としても民俗資料としても価値が高い。』
イメージ 23
イメージ 24
長谷四十八末社略図…『長谷寺創建後、当時は深い山林の間を通り峰づたいに頂上まで建立され、修験者が修行祈願されたといわれる。その後近世になり、地元の人々が旧暦9月29日、大向和泉山、赤石の諸社を合わせ48末社として頂上まで参拝する風習が続いている』
イメージ 25
愛読書の『水神竜神 十和田信仰』(小館衷三)に、末社旧熊野権現は罔象女命を祀っていたという記述があり、それだけでも参拝しようと考えていましたが、まさかこんな広範囲に渡り48社(大向和泉山、赤石の諸社を合わせて48末社)もあるとは…しかも登山道!この地図は略図でわかりにくいですし、時間がないのであきらめます。今回訪れた目的は年1度(8月20日)の本尊(県重宝十一面観音立像)御開帳なのです。ちなみに当案内板地図に掲載されているものだけを紹介しますと、「至法光寺林道」「登山道」「長谷恵光院」「長谷観音堂」「傳南朝長慶天皇行在所跡」「羽黒堂跡」「一王子」「白山堂」「八幡社」「農神堂」「雷神堂」「羽黒山大権現」「深山大権現」「清水観音」「熊野大権現」「文珠菩薩堂」「千手観音」「桂清水観音」「祓川」「荒沢不動堂(鳥居含)」「稲荷大明神」「妙見堂」「山の神」「勢至観音」「虚空藏堂」「大日如来」「薬師堂」「月山様(日月堂)」「普現堂」「嶺天神」「駒池蒼前堂」「鬼ヶ城大観音」。
イメージ 26
達者村百景にもある県天然記念物の天狗杉だけ見に行ってみることにしました。名久井岳登山道入口に天狗杉の案内板がありました。
イメージ 27
天狗杉(青森県天然記念物)…『長慶天皇御来山のおり、従者が大和の国より種子を持ってきたとの伝説があります。300年の時を生き抜き、帯化した幹の上部は、天狗の座所を連想させ、不思議な力を感じさせるパワースポットです。』
イメージ 28
登山道入口にある末社。
イメージ 29
地図によりますと文珠菩薩堂・千手観音・桂清水観音。末社ってこのような感じなんですね。
イメージ 30
さて、登山道はこのような感じで整備されています。
イメージ 31
200mなら余裕そうです。
イメージ 32
登山道を少しだけ進むと中央に石祠がある三叉路に。登山道右は「月山経由1.8km」、左は「天狗杉経由1.5km」。右に行けば荒沢不動尊も近いですね。時間があり、かつ軽装じゃなければ個人的には到達できる距離だったかも。
イメージ 33
天狗杉を見るために左へ。石祠は何かわかりませんでした。棟札も見ていません。末社のどれかでしょうが、上記の地図の見方が大雑把でいまいちよくわかりません。
イメージ 34
こちらの石祠も四十八末社の1つなのかな。
イメージ 35
イメージ 36
で、少なくとも天狗杉までは勾配もさほど無く、200mという距離を感じないまま到着。
イメージ 37
こちらが天狗杉です。
イメージ 38
天狗杉(青森県天然記念物)…『☆長慶天皇御来山のおり、従者が大和の国より種子を持ってきたとの伝説がある。☆三百有余年の時を生き抜き、帯化した幹の上部は天狗の座所を連想させ不思議なパワーを感じさせる。パワースポット…あなたは何を感じますか?』
イメージ 39
私は普段から寺社仏閣・史跡等を訪れることが多く、巨木を見過ぎているのかも知れません。あなたは何を感じますか?…疲れです。
イメージ 40
天狗杉の根元にあった石祠。
イメージ 41
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ