くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (田子町)

三戸郡田子町田子上ノ平。 二の鳥居。 二の鳥居脇にある庚申・二十三夜塔(講中一統・安政4年3月23日)。 参道。 社号標が見えてきました。 案内板。 御祭神は須佐奈男命。例祭旧6月15日。創建不詳。明治2年に八坂神社と改称。八坂神社に改称している場合、それ以前は ...

三戸郡田子町石亀上ミ平。石亀は石亀信房によって築かれた石亀館の館跡があります。南部氏第22代政康の四男紀伊守信房が造営。「慶長御支配帳」に「石亀館 四百石 石亀七左衛門」とあります。七左衛門は名を直徳といい、信房の孫にあたり、盛岡に移住して信直・利直の家老 ...

県道21号線沿いに鳥居が見えます。石段を数段上ると開けた境内にポツンと堂宇が建っているのみです。 不動明王堂。由緒等は調べていません。 堂宇内。 不動明王像。 立派な不動明王様です。 隣の像は衣服によって頭まで包まれており、何かはわからず。不動 ...

山神碑(大正14年)。 狛犬一対(昭和47年9月吉日・部落一同建立)。 狛犬というか完全に狼です。阿吽。 毛並みがリアル。 当神社は秋田県鹿角市の不老倉(ふろうくら)鉱山に関係した神社であるとも云い、天和年間に発見された当時は狼倉(おいぬくら)鉱山と呼ば ...

田子町田子字清水頭。 案内板…『青森県重宝十一面観音(県重宝第51号・昭和35年6月24日指定)。弥勒菩薩(県重宝第52号・昭和35年6月24日指定)。姥ヶ岳神社-田子町大字田子字清水頭一番地。管理者尾形直七。尾形家伝によれば、この神社は戦国時代の末期に、先祖姥ヶ岳大 ...

田子町大字石亀字杉本。桂水カツラ(田子町指定天然記念物)の裏側に鳥居(立太子礼記念・昭和28年8月17日建立・昭和60年4月17日改修・部落一同)があります。 参道。 参道脇に小祠が見えましたが、高い場所にあったので何かは不明。 桂水カツラに関連する鳥居かと思っ ...

田子町田子七日市。 釜渕観音堂とも書きます。 釜淵観音堂…『創建年代は明らかではないが、修験大法院の寛政6年寅10月(1794)「修験系図書上覚」によれば、文禄元年(1592)初代大法院以来、第6代法寿院まで釜淵正観音の別当を務めたとあり、銀杏の大木とともにその古さ ...

三戸郡田子町茂市。 鳥居をくぐると最初は畑ですが、途中で参道らしくなります。 安政3年「三戸通神社仏閣地名書上帳」によりますと、堂社は蒼前堂と法呂・稲荷社があります。また桜館という城館跡があり、これは茂市館のことです。当神社の由緒等は調べていません。 狛 ...

鳥居の前にあった石。 狛犬一対。 かつての相米村で、相内村とも惣米村とも記されます。 こちらの蒼前神社については由緒等調べていません。 立派な社殿です。 拝殿蟇股・木鼻。 拝殿内。両脇には馬牛の絵がたくさん見えました。見えた範囲 ...

田子町山口大坊。秋田街道(国道104号)沿いに鎮座。 狛犬一対。 石灯籠一対(平成8年8月吉日・道前部落一同)。 手水石。 こちらは少々読み取りにくかったのでちゃんと見ていません。 社殿。 かつての山口村で、三戸通神社仏閣地名書上帳によります ...

田子町田子喜助ケ沢。田子舞手との境にあり、鳥居は田子舞手に位置します。 正面のここを上ってはダメですよ。誰も上らないですね。 脇の石段から境内に上がります。 石段。 正面は石段じゃありません(笑) 白山神社。 由緒等は調べていません。白山 ...

三戸郡田子町相米。相米は相米館(南部家から賓客として遇された相米弥左衛門の居館と推測)という館があった地。 鳥居前に駐車場あり。そこから鳥居をくぐって細野川にかかる稲荷橋(平成21年3月)を渡ります。 稲荷橋の金の擬宝珠が眩しいー! 田子町指定天然記念物「 ...

田子町田子清水頭。県道21号線で北上し、三叉路にある千葉商店のすぐ近くです。 鳥居の横に「千葉家のオニグルミ」があります。田子町指定天然記念物。 鳥居横の庚申塔。清水頭の庚申塔として有名で、紀年銘は元文2年(1737)と大変古いものです。中央には特異な字で「庚 ...

関所の茶屋のすぐ近く。 天正年間に信直の命により設置された関御番所跡がある場所。御祭神は天照皇大神。例祭日は旧8月15日。 明細書が焼失しており詳細な事は不明ですが、慶長9年(1604)に南部家御先祖が建立したと伝えます。 明治8年4月村社列格。 拝殿前 ...

↑このページのトップヘ