くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (千葉県)

『成田山新勝寺 ~其之参(千葉県)』より。 光明堂。元禄14年(1701)建立。旧本堂。 中央に大日如来、左右に不動明王、愛染明王が奉安されています。総高15m。江戸時代中期における彩色の貴重な建物。縁結び祈祷所。星まつり御札受所。 光明堂(重要文化財)…『元 ...

『成田山新勝寺 ~其之弐(千葉県)』より。 三重塔。 正徳2年(1712)建立。総高約25m。 塔内には五智如来が奉安され、周囲には島村円徹の「十六羅漢」の彫刻がめぐらされています。なお雲水紋の彫刻をほどこした各層の垂木は一枚板でつくられ、一枚垂木と呼ばれる非 ...

『成田山新勝寺 ~其之壱(千葉県)』より。 仁王門。天保2年(1831)再建。国指定重要文化財。左右に密迹金剛、那羅延金剛、裏仏には広目天、多聞天が奉安され、境内入口にあって伽藍守護の役目をしています。 中央の「魚がし」の文字が大きく目立つ大提灯は魚河岸講の奉 ...

『成田山新勝寺表参道(千葉県成田市)』より。 総門前の寺号標(成田山金剛王院新勝寺)と狛犬一対(文化11年3月)。 境内から総門。5間3戸の12脚の楼門。施工は大林組、金剛組、日本木彫連盟江戸木彫刻)。 総門は平成19年建立。総高約15m。ご信徒をお迎えする成田 ...

成田山表参道です。 左手に石門が見えます。 大師堂。 由緒は不明。 弘法大師が祀られています。 横に巨木と堂宇がありました。 こちらも何かは不明ですが、いずれも弘法大師に関連するものと思われます。 石門敷石寄附芳名碑(浜松市向上講)。 成田山表参道は誘 ...

出世開運稲荷へ向かいます。 大本堂第二講堂横からの参道石段。 成田山を一望できる高台にあります。 奥山広場(飲食店や土産物店、占い場などがあります)。 手水舎。 出世開運稲荷。 咤枳尼天堂…『佐倉城主稲葉丹後守が宝永年間に寄進した枳尼天尊を本尊とする。 ...

成田山表参道の三叉路に鎮座。 薬師堂は成田山旧本堂です。 成田山現存最古のお堂であり、徳川光圀公や初代團十郎が参詣しています。初代團十郎は跡継ぎに恵まれず、本堂であった当薬師堂にて子授けを祈願すると見事に二代目を授かりました。また、初代の子である九蔵が初 ...

JR成田駅付近は湯殿権現社が祀られていたことから権現山と呼ばれています。かつては松や杉などが鬱蒼と茂る山林だったそうです。成田駅前にある樹齢700年の1本のシイの木が往時の面影を今に伝えています。明治30年の鉄道開設以前、成田詣は泊り掛けの旅であり、門前町の旅館 ...

寺台にある曹洞宗保目山永興寺。御本尊は延命地蔵尊。 かつての寺台城址の一部で、城主馬場伊勢守勝政の墓があります。剣豪の小野忠明(徳川将軍家剣術指南役)縁の寺でもあります。 室町時代の応永5年(1398)開山の古刹。寺台城主の馬場伊勢守勝政の妻である藤原松女の ...

御祭神は宇迦之御魂神。創建不詳。かつての権現山の一部。通称は六六稲荷(ろくろくさま)。6月6日の大祭では成田駅職員も無事故を祈りに来るそうです。 創建は成田山より古いと云われており、かつては当社を参拝してから成田山新勝寺に詣でたという情報をネットで見つけた ...

↑このページのトップヘ