くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (六戸町)

1
青森県上北郡六戸町犬落瀬坪毛沢。青森県立六戸高校サッカー場と十和田国際カントリークラブゴルフ場の境に鎮座。小さいけど味のある鳥居です。小屋みたいな感じですが、地図にもきちんと掲載されている神社です。円鉢型の変わった鞘堂も味があります。
2
鞘堂の中には半間四方の小祠があります。産馬振興に功労があった杉山克巳と吉田政治の写真や、種馬として名を馳せた王慈号の写真絵馬が飾られ、御堂の外には嶋屯号の土まんじゅう型墓地もあり、産馬育成の馬護神として信仰されてきたことがわかります。小祠の中には母馬・仔馬の二体の陶製馬像が安置され、棟札には「奉納大正拾壹年五月拾五日御肖像吉田正蔵御堂柏崎岩蔵」と刻まれ、裏には「立石孫九郎同人彫刻」とあります。大正8年に御神体が納められましたが、現在は紛失しており、その後母子の馬像が納められました。この御堂は蒼前様として押込に鎮座していましたが、大正11年上町(明土)に遷座。棟札はその時のものです。その後、種市正造産馬振興会々長の尽力により、昭和35年にたてのの地(現老人福祉センター)に遷座され、現在の鞘堂が建てられました。昭和60年に老人福祉センターが完成したことにより現在地に移されました。現在地に遷座した際には神社名がはっきりしておらず、馬の守護神であることから「駒形神社」としました。押込に遷座していた際には宮城県仙台の駒形神社から分霊してきたものとも伝えられます。7月1日が御縁日。氏子は持たず、地区・集落を超え崇敬者だけで維持・管理されています。
3
隣に記念碑(青森県副知事北村正哉)。
4
裏面碑文…『昭和十一年當時、六戸村獣医師北向清藏氏の發議により六戸村農業会長吉田庭橘氏を初代会長として六戸村産馬振興会の創立を見るに至る。昭和十四年當時六戸村農業会長であった種市正造氏を二代目会長として迎え引續き今日に至る。昭和二十一年六戸村農業会は解体を命ぜられ昭和二十二年農業協同組合法に基づき旧農業会所有の財産を配分せられる事となったので六戸村産馬振興会旧種馬所敷地を無償譲渡となった。然し戦後馬産も年を追うて衰退の一途を辿り、又旧種馬所敷地は時代の変遷と同時に人家の密集地となったので処分し依て昭和三十四年田中富衛氏より会長名儀にて現在地を譲り受け、昭和三十五年五月事務所の新築移轉を見た。斯様に種市正造氏は畜産振興發展のため犠牲的精神を以て努力せられ、今日に至る。昭和42年7月1日髙橋健二書』
5
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
青森県上北郡六戸町下吉田字米沢。赤石は赤石家(三戸御給人赤石周蔵・文政年間)から発展した集落です。相内(南部町)の赤石家の庭には記念碑と鳥居・小祠があります。小祠には石殿が納められ、初代赤石周蔵が奉祭していた水稲農耕の神であり、屋敷神として信仰。これが守護神として勧請された竹駒稲荷神社です。氏神様として祀っていましたが、集落が大きくなったことにより、分霊されて昭和13年旧8月1日より村の産土様として現在地に祀られるようになります。
2
赤石集落西側の台地、えびな山の中腹に二間四方の社殿を持つ赤石竹駒稲荷神社が鎮座。社殿扁額には「竹駒稲荷大明神」とあり、その下に「赤石村倉前神社並に鳥居建立寄附者芳名」があります。社殿内の「稲荷神社草創縁起由来」の扁額には、「当稲荷神社の草創縁起を尋ぬるに文政七年三月三戸御給人赤石周蔵時の藩主南部利義公の許可を得下田村谷地と申す処を披立するに当り部落建設の要件として民心の統一を計り勤労の精神を養ふ為に敬神の必要上赤石氏の守神稲荷大明神を相内村より勧請して赤石宅地内に一社を建立し遷座せり。当時当部落に来り住し披立に協力したる者に工藤滝蔵野場丑松伊保内嘉助橘留吉等あり共に敬神の念深くよく勤行せり縁日は毎年旧暦三月朔日八月朔日と定め例祭を行ひ来れり然るに年経るに従ひ民家も殖え氏子の数も多くなりしを以て昭和十三年部落民協議の結果社地を現在地に移し新築落成仝年旧暦八月朔日遷宮式を挙行せり是より祭日を新暦四月十日九月十日と改め祭典を行ふ事とせり 神徳あらたかにして慕ひ詣る者逐年その数を増し祈誓するに願望一つも成就せざるはなく五穀年々倍加増収を見るに至れるは神の力に依る処多しとや言はん不侫喜代七謹みて草創縁起を記して其の徳を頌し永世之が守護を祈ると云ふ 昭和33年4月10日神主赤石喜代七(※以下氏子9名の名は省略)」とあります。社殿中央には御神鏡、両脇には一対の木彫狐像が安置されています。
3
3.5
手水石。その横の御神木前に「祈願の植樹(杉)」(昭和51年9月13日建立)とあります。
4
境内の小祠。摂社の蒼前様です。中は荒れていました。
5
竹駒稲荷大明神とともに農業の神として地域の人々の生活の中に根付いています。
6
P.S.ここ1ヶ月、ねこねこ食パンばかり食べています。
IMG_20200225_180801_013
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
青森県上北郡六戸町犬落瀬高屋敷。
2
かつては境内が前面まで広がっていたそうですが、国道45号線により狭められてしまったとのことですが、目の前の道路は県道212号線です。いずれにせよ以前はもっと広かったのでしょう。なお、以前の社殿は1間4方の小祠であり、現在の社殿は2間4方で昭和35年9月20日に再建されたものです。
3
御祭神は宇迦之魂命。例大祭は旧2月3日。内陣には陶製の狐像が一対と棟札があります。かつて相坂川に魚釣りに行った際、タモに絡まった陶製の狐像を持って帰り、それを祀ったことから人々に崇敬されるようになったそうですが、その稲荷尊像は盗まれてしまい、現在の新しい陶製狐像一対が祀られるようになったとのこと。
4
棟札には「奉建立稲荷神社為諸願成就也」、裏面「當地之義者明治三庚午年始メテ家作ヲナシ地名高屋敷ト称セリ然ルニ年々歳々豊作ヲ成就ス 依テ今年當社ヲ建立ス 當高屋敷長久ヲ祈ル者也 明治二十五年壬辰年二月敬白 創立人高屋敷萬治 鳥越助三郎 川端赤治 長嶺三郎 鳥越伊之助」とあります。
5
御神木の切株2本。中々の大きさです。
6
かつて境内には3本の大木が根をはっており、その中には槻の木に楓が茂った縁起の良い御神木があったそうですが、現在は1本となっています。
7
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
青森県上北郡六戸町犬落瀬。高見集落の南方、国道45号線沿いの相坂川河岸段丘に鎮座しています。鳥居額束には「天満天神宮・平成13年7月10日部落一同」。高見の産土様です。
2
御神体は高さ24cmの一木造の菅原道真公座像。座像の底面には「明治廿六年二月廿六日本田藤太郎」と墨書きされています。また、その前日に奉納された棟札も残されています。
3
御神体は久田家にある天神様の掛軸(昭和26年制作)を手本として作られているそうで、確かにそっくりです。例大祭(旧2月25日)にはこの掛軸も広げて拝礼します。
4
昔、六戸地方に疫病が流行した際、他の集落はつぶれても高見だけは疫病が入ってこなかったといいます。その日が6月15日であり、これを記念して疫病記念祭を行っています。
5
また、自然災害に対しての鎮魂思想もあり、相坂川が度々氾濫しても高見集落だけは浸水することがなかったといい、村名の由来はこのことから名付けられたともいいます。
6
庚申塔(昭和15年12月吉日・高見村中、高さ88cm)。
7
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
2
上の写真は遊歩道脇の奥入瀬川の石の石垣と楓林橋。そして楓林橋からの景色。
3
3.5
古牧豊明殿。
4
向かいには里山農園方面への道とポニーのお家があります。
5
こちらも人懐こいです。
6
ちなみに「のれ」と「それ」がいますが、どちらかは最初に星野リゾート青森屋前でお出迎えをしてくれたポニーです。
7
それにしても以前の記事(2012年)と比べて色々と変わっていました。むしろ変わり過ぎて別なところに来たくらいの感覚です。今も色々工事しているようですし。
8
9
9.5
古牧浮見堂へ。
10
カッパ沼に浮かぶ浮見堂。
11
ピンボケ。
12
芸術は爆発だ!
13
和婚式場。
14
浮見堂前。
15
色々な種類の風鈴がありました。
16
16.5
音色に癒されます。
17
南部鉄器風鈴。
18
浮見堂前から見た南部曲屋。
19
あちらには何かが祀られているようです。向かってみます。
20
九千坊河伯大明神(平成7年7月(自28日-至30日)第16回日本河童龍神祭、古牧温泉渋澤公園社長杉本行雄謹書)とあります。
21
カッパ!
22
22.5
更に閻魔帳を持ったカッパ!
23
河童九千坊を祭祀するに当って…『此處に祭る河童の棟領九千坊は河童一族にとっては最高位の存在であってそれは威徳備はる神と申しても過言ではない。古来日本中で敬愛されてきた河童世界の基を築いた大祖である。我らは河童が将来龍になって昇天すると言う故事に倣って河童龍神の稱名を冠しここに一宇を建立して祭祀奉るものである。願はくばわれら河童の為に尊き御加護の深からむことを。九拝謹書、篁秋』
24
隣へ。
25
こちらは根精さまでした。
26
26.5
根精さま…『子孫繁栄の神として崇められている根精さまは石や木で写実的に男根を形どったものである。当地方では「コーヘンさま」と呼び、子宝を願う人や、安産を願う人達が信仰してきた。又、豊穣をもたらす神、商売繁昌、交通安全の守り神としても敬い尊ばれている。』
27
その隣は弁財天と鍾馗。
28
28.5
弁財天と鍾馗…『弁財天はその昔、印度で「河を清める神」として人々に親しまれていた。又、鍾馗さまは中国の唐の時代に「悪魔除けの神」として民衆の中で信仰をあつめていた。仏教が日本に伝来した奈良時代末期、弁財天と鍾馗さまの信仰が我が国古来の素朴な男女信仰と混合し、村落の守護神(悪魔除け)となった。当公園では弁財天と鍾馗さまを来園者の守護神として祀り、皆さまの無病息災を願うと共に、再びご遊園いただきますよう見守っております。』
29
九千坊河伯大明神前から見た浮見堂。
30
カッパ沼越しに見た対岸の八幡馬ラウンジ。
31
ズーム。
32
更に角度を変えて。
33
かっぱ沼越しの浮見堂。
34
東屋(案内図では鐘楼堂)。工事中のため立入禁止でしたが梵鐘が見えます。
35
かっぱ沼を一周してきました。
36
以上、かっぱ沼を中心とする73万㎡に及ぶ古牧温泉渋沢公園でした。
37
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

↑このページのトップヘ