くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (六戸町)

青森県上北郡六戸町上吉田。私の地図には「大明神」とだけ記されています。上吉田と下吉田との境界に鎮座。堂舎の真下を用水路が流れています。この用水路は明治初年の「犬落瀬分限図」にも記されており、古くから相坂川の水を引いて上吉田集落の田んぼに恩恵を与える重要な ...

青森県上北郡六戸町犬落瀬坪毛沢。青森県立六戸高校サッカー場と十和田国際カントリークラブゴルフ場の境に鎮座。小さいけど味のある鳥居です。小屋みたいな感じですが、地図にもきちんと掲載されている神社です。円鉢型の変わった鞘堂も味があります。鞘堂の中には半間四方 ...

青森県上北郡六戸町下吉田字米沢。赤石は赤石家(三戸御給人赤石周蔵・文政年間)から発展した集落です。相内(南部町)の赤石家の庭には記念碑と鳥居・小祠があります。小祠には石殿が納められ、初代赤石周蔵が奉祭していた水稲農耕の神であり、屋敷神として信仰。これが守 ...

青森県上北郡六戸町犬落瀬高屋敷。かつては境内が前面まで広がっていたそうですが、国道45号線により狭められてしまったとのことですが、目の前の道路は県道212号線です。いずれにせよ以前はもっと広かったのでしょう。なお、以前の社殿は1間4方の小祠であり、現在の社殿は2 ...

青森県上北郡六戸町犬落瀬。高見集落の南方、国道45号線沿いの相坂川河岸段丘に鎮座しています。鳥居額束には「天満天神宮・平成13年7月10日部落一同」。高見の産土様です。御神体は高さ24cmの一木造の菅原道真公座像。座像の底面には「明治廿六年二月廿六日本田藤太郎」と墨 ...

『古牧温泉渋沢公園(星野リゾート青森屋)』からの続きです。上の写真は遊歩道脇の奥入瀬川の石の石垣と楓林橋。そして楓林橋からの景色。古牧豊明殿。向かいには里山農園方面への道とポニーのお家があります。こちらも人懐こいです。ちなみに「のれ」と「それ」がいますが ...

星野リゾート青森屋。星野リゾート青森屋前でポニーが出迎えてくれました。馬優先です。十和田観光電鉄線廃線跡。公園案内地図。公園散策ガイドマップ。ちなみにここまでは青森県三沢市古間木山。この西大門から先は住所が青森県上北郡六戸町犬落瀬堀切沢。最初に目に入った ...

青森県上北郡六戸町下吉田。 下吉田の産土様である下吉田稲荷神社。社殿は慶応4年8月に修改築。昭和2年11月19日、昭和42年5月3日にも修改築。昭和54年4月1日に電気配線を敷き、昭和62年1月14日にサッシ戸を取付。奥の院には高さ6cmの木彫りの古ぼけた小さな大黒様と狐火 ...

六戸町折茂今熊。古里公民館近く。杉林の中に一間半四方の八幡宮が鎮座しております。 旧参道は社殿脇の東側になり、昔は旧参道側に向かって建立されており、昭和2年建立の鳥居が2基ありました。 現在の参道入口には両部鳥居が建立されており、かつての献額には「昭 ...

上北郡六戸町犬落瀬下久保。七百の馬頭観世音神社の1kmほど西方の鬱蒼とした森の中に鎮座。 鳥居の額束には國一蒼前開運神社(奉納昭和54年10月吉日・下田重次郎)とありました。 南部藩領国随一の名馬「邦一」を祀った神社で、かつては小祠でした。昭和28年9月に改 ...

上北郡六戸町犬落瀬字根古橋に鎮座。 神社の正面はかつての参道を忍ばせる真っ直ぐな道が続いています。 御祭神は誉田別尊。根古橋・第一高森・第二高森の産土様です。 高森集落は戦後、国が土地を払い下げて入植者を入れたことにより開けた村で、初代入植者の ...

上北郡六戸町犬落瀬坪毛沢。通目木集落東方。 通目木の産土様。 鳥居の額束「富士大明神宮 町議会議長退任記念 昭和58年4月 納主髙橋鉄蔵」。 二の鳥居。 社殿は昭和45年旧3月2日再建。 社殿内。 内陣奥には高さ66cm(台座幅36cm・奥行28cm)の石碑が ...

七百集落(犬落瀬七百)の東南に七百馬頭観世音堂が鎮座しております。七百集落の産土様。境内入口には立派なセメントの大鳥居が建ちます。 下田家が代々世襲して管理。 昭和36年に拝殿新築、昭和51年3月に増築しています。 内陣と外陣は格子戸で仕切られており、固く鎖 ...

六戸町犬落瀬金沢。 三十六天神社のすぐ隣。むしろ同じ境内にある感じですが、関連性が見えない上に、入口(鳥居・参道)も異なるので一応別記事にしました。由緒はわからず。 おいらせ町の気比神社境内に同名の神社があります。そちらの志乃武神社は旧日本海軍により、天 ...

六戸町犬落瀬。金矢三十六天神社。金矢の産土様。神社名は道教に係るものかと思いましたが、六戸町史によりますと、例大祭が3月16日であったことに由来するとのこと。御祭神の菅原道真公は天満大自在天神と称され、毎年5月25日には天神講が催されますが、金矢の三十六天神の ...

↑このページのトップヘ