くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (野辺地町)

イメージ 2
長くて緩やかな坂道の途中にあります。Googleマップでは野辺地町下坂として表示されますが、野辺地町赤坂の赤坂蒼前堂です。赤坂蒼前堂の記録と下記狛犬の紀年銘及び奉納者が一致しました。
イメージ 3
由緒はわかりません。馬に関するものです…はい。「蒼前」の説明は下の記事を参照してください。
イメージ 1
狛犬一対(昭和19年旧4月19日)。木明徳松奉納。
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
建物奥中央に黒い宮形が2つ見えました。
イメージ 10
中には棟札と馬か狐らしきものが見えますがきちんと確認していないのでわかりません。
イメージ 11
っていうか建物自体が崩れそう…。
イメージ 12
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1
御祭神は伊邪那岐尊、もしくは伊邪那美命・熊野速玉神・家津美御子神の三柱とも伝えます。
イメージ 2
万治元年(1658)もしくは万治2年旧9月9日勧請と伝えます。元治元年再建。明治6年4月村社。
イメージ 3
半漁半農の村であったため、海上安全を願って熊野大権現として崇敬。 悪病の流行して村が全滅の危機に直面した際に、村人が日夜参拝したために事なきを得たの云い伝えあります。昔から神主はおらず、野辺地神明宮で兼務し、後に野辺地八幡宮で兼務。
イメージ 4
毎年正月に悪病払いの神事として人形祭が行われていたそうですが現在はないようです。月例祭(ツキマツリ)、正月の宮参りとカドウチ、秋の例大祭クニチがあります。
イメージ 5
熊野神社には獅子頭が祀られており、行事の際にその舞が奉納されます。
イメージ 6
現社殿は昭和59年9月改築。
イメージ 7
社号標「熊野社」(明治16年4月吉日)。
イメージ 8
一之鳥居再建紀年銘(平成14年4月吉日)。
イメージ 9
灯籠一対(昭和60年9月吉日)。
イメージ 10
イメージ 11
石灯籠一対(昭和15年10月9日)。
イメージ 12
イメージ 13
狛犬一対(昭和9年正月9日・馬門村中建立)。
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
台座の一番下に「カメダサカン」(亀田左官工業)の文字。
イメージ 18
手水舎。
イメージ 19
神威如天碑(大正12年4月9日)。
イメージ 20
社殿改築工事記念之碑(昭和59年8月15日竣工)。
イメージ 21
社殿横の建物。
イメージ 22
向拝。
イメージ 23
中には馬頭観音の大きな幟がありました。この馬頭観音は明治以前は遍照寺で祀られていたもので、カバタ横浜家の水車小屋を経て、大正2、3年にここへ移され、大正10年に祠が建てられました。
イメージ 24
社殿横の建物は不明。ちなみに事前の調べでは境内には稲荷様と蒼前様が祀られるとあり、蒼前様は上記馬頭観音かと考えられますが、稲荷様(昭和42、43年に熊谷儀三郎家で祀っていた京都伏見稲荷)についてはわかりませんでした。
イメージ 25
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 13
浄土真宗大谷派本竜山西光寺。
イメージ 14
本尊阿弥陀如来。
イメージ 15
天正年間(1573-1592)に飯田願正(釈浄玄。越前国出身の元武士。)が草庵を結んだのが始まりとされ、慶長18年(1613)京都東本願寺の末寺として認められ開山。教如上人から浄玄と西光寺の号を受けます。田中津右衛門が西光寺建立に際して金15両を寄進。
イメージ 16
本堂は天保13年(1842)の火災で焼失、天保14年再建、嘉永4年(1851)再建。
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
県天然記念物(平成23年8月19日指定)のシダレザクラ(推定樹齢250年以上、樹高4.5m、根周り3m)。青森県屈指の古木で平成6年に野辺地町指定天然記念物に指定、平成23年に青森県指定天然記念物に指定。
イメージ 21
廻船問屋を営んでいた野坂家の当主勘左衛門が延享2年(1745)に大坂から取り寄せて植樹したものと伝えます。花が咲かなくなった時があり、当時の住職が伐採しようとしたところ、桜の精霊が住職の夢枕に立ち、来年には再び花を咲かせるので木を伐らないようにと哀願。翌年からまた花を咲かせるようになったという言い伝えが残っており、明治時代にこの地を訪れ、その話を聞いた大塚松洲(岩手県一関の人)が漢詩を残しています。
イメージ 1
「題本龍山西光寺畔桜」(本龍山西光寺畔の桜に題す)
老桜元是有因縁(老桜元是れ因縁有り)
百年免得樵翁斧(百年免れ得たり樵翁の斧)
春風千枝爛漫時(春風千枝爛漫の時)
幽香偏向仏前吐(幽香偏に仏前向かって吐く)
但怕鐘磬声相振(但怕る鐘磬声相ひ振るい)
清浄境裏動花神(清浄境裏花神を動かすを)
通訳:西光寺の枝垂桜の老樹は、樵の斧によって切り倒されることなく、百年の樹齢を重ねてきたが、これも何かの因縁によるものであろう。春風にうながされて花が咲きそろい、ほのかな香りが仏前にただよってくる。釣鐘や磬の音が境内に響き渡れば、花の精も、はっと夢からさめることだ。(八戸工業高等専門学校名誉教授四戸俊一)
イメージ 2
案内板より…『シダレザクラ(枝垂桜)は、エドヒガンの一品種で別名イトザクラとも言う。この桜は長寿の木として知られ、西光寺のシダレザクラも長年の風雪に耐え、毎年春には多くの花をつけて風情のある姿は人々に親しまれてきた。シダレザクラの本来の自生地ではない本県で、樹齢200年を超えるものは極めて少なく貴重である。(以下上記と同文のため省略)』
イメージ 3
シダレザクラの横の松。
イメージ 4
っていうかどの木も立派!
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
石灯籠(平成20年5月吉日)。
イメージ 10
鐘楼。
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 3
浄土宗福聚山海中寺。
イメージ 4
大泉寺の末寺。本尊阿弥陀如来。
イメージ 5
ふ、ふかいです!
イメージ 6
海中寺は慶長2年(1597)に開かれ、元は馬門村の海辺にありましたが、海触により延宝2年(1674)に下町に移転建立。文政6年再建。
イメージ 7
イメージ 8
北前船の廻船問屋とも繋がりが強く、弘化2年に橘屋吉五郎(讃岐国塩飽島の船主、浜町の常夜燈も寄進。)が手水石を寄進。
イメージ 1
イメージ 2
本尊の木彫阿弥陀如来像(像高3尺の木像・昭和33年青森県重宝指定)は鎌倉時代に制作されたと推定。
イメージ 9
伝承によりますと文化14年に海中寺が火災で焼失し本尊も粉塵に帰しましたが、檀家である石松氏が伊勢参りの際に大阪の伝光寺を訪れると霊夢に阿弥陀菩薩が立ち、自らを海中寺の本尊にするように諭したそうで、伝光寺の住職も快く快諾し道場にあった阿弥陀如来像を背負って野辺地まで運んだと伝えられているそうです。
イメージ 10
本尊阿弥陀如来は3月19日-25日、11月6日-15日に公開されているそうです(事前予約必要。日にちも一応ご確認下さい)。
イメージ 11
延命・子安地蔵堂。
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
稲荷宮。
イメージ 16
イメージ 17
鐘楼堂…鐘楼なし…修理中かな。
イメージ 18
イメージ 19
墓所の方にあった手水鉢と観音像。
イメージ 20
イメージ 21
イメージ 22
手水鉢の龍がいい感じ。
イメージ 23
水が出てなかったけど。
イメージ 24
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1
曹洞宗日照山常光寺。
イメージ 2
報恩寺(盛岡市)末寺。
イメージ 3
寛永9年(1632)日戸内膳の開基と伝えます。
イメージ 4
野辺地城時代に城主であった日戸内膳行秀の菩提寺となり境内には墓碑が建立されています。天保元年に延命地蔵尊が建立されています。
イメージ 5
イメージ 6
石川啄木は岩手県盛岡市にある常光寺が生誕の地であり、野辺地の常光寺には伯父である葛原対月和尚が住職だったこともあり、3度も野辺地を訪れているそうです(明治37年時19歳・明治39年時21歳・明治40年時22歳)。
イメージ 7
イメージ 8
花鳥号碑。
イメージ 9
イメージ 10
花鳥号碑(野辺地町指定有形文化財)…『明治9年(1876)の明治天皇奥羽御巡幸で、御料馬「花鳥」は7月13日に野辺地の行在所に到着すると同時に斃死し、翌日早く、行在所に隣接しているこの常光寺に葬られました。白布四反を馬体なりに縫って包んで埋めたと言います。この花鳥をたたえ、その死をとむらう石碑が宮内省により送られ埋葬地に建てられたのは明治11年のことです。石碑の銘文は、明治期を代表する漢詩人・書家である長三洲(廿+火・ひかる)による漢詩と書です。三洲筆の習字本は小学校の教科書として使用されていました。明治天皇の全国各地への御巡幸は明治新政府が行った重要な政策の一つですが、その足跡を伝える貴重な石碑です。なお、愛宕公園には昭和4年(1929)に建てられた花鳥号の等身大の銅像があります。』
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
石灯籠。
イメージ 14
石灯籠一対(天保4年4月3日)。
イメージ 15
イメージ 16
三十三観音。
イメージ 17
六地蔵。
イメージ 18
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ