くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (平内町)

1
平内町口広左エ門次郎に鎮座。凄い名前の住所ですね。御祭神は建御名方命。例祭日4月27日。
2
元禄11年、狩場沢の堀差野に建立された後、寺田四郎左エ門の申し立てにより津軽と南部の境目の守護神として助白井(介白居)村に移転。その後、正徳2年に社殿を新築して当村に移されました。享保9年4月27日村中にて再興。この際の棟札には奉造立石神宮神体諏訪大明神とあります。延享元年に社殿を再建。明治6年3月23日村社。
3
大正8年に現在地に新築される際に本殿基礎の台石は当時の青年団員が斎戒沐浴して海中に潜って拾い上げた石を使用。御神体は江戸與次衛門宅に遷し置き、完成後の夜中12時に江戸與次衛門宅を出て遷座しました。大正11年11月社殿改築。昭和43年6月16日の十勝沖地震により本殿の基礎が崩壊。同年7月27日に神社50周年記念式典にてコンクリートブロックにて修復工事開始。尚、この台座が海中から拾い上げた石で旧礎石の一部で寸法は旧台座と同じ。昭和44年に修復が完了して鳥居一基新設。昭和50年に狛犬一対並びに手水舎を新設、翌年社殿改築(幣殿・拝殿)。平成元年物置(トイレ兼用)並びに土俵を新設。
5
『青森の伝説(森山泰太郎・北彰介)』によりますと、「口広に、諏訪神社の兜の伝えがある。昔、北海道松前の藩公が江戸へ参勤のとき、海上で難船した。このとき大切にしていた諏訪の兜を海に投じて海神に祈ったところ、不思議に波も静まり、江戸に安着することができた。その後、松前から三厩に渡海のおり、また暴風で船も危くなった。すると暗夜に一筋の光明が見えるので、その光を目当てに船を進めると、無事に海岸に着いた。そこは平内町の口広で、小さなお堂があった。見ると、先に海中に投じた兜が、いつのまにかこのお堂に安置され、それが光を放ったことがわかった。この奇瑞に感謝して、お堂を諏訪神社と改めて祭ったというのである。」とあります。なお、当神社には石神宮の額がありますが、この額について似たような言い伝えがあります。「昔、松前侯江戸参勤の折、船にて三厩に渡らんとせしに海上颶に遇い、夜中湾内に漂遊せしが、一点の火光を認めければ、船中大いに喜び力を尽して船を漕ぎ寄せしに此の社岸辺にありきと、これにより松前公通行の節参拝するを以て例とせり」。このお礼として奉納された額とのことです。
6
狛犬一対。
7
7.5
昭和50年5月吉日・江戸幸雄。
8
社殿内。
9
本殿。
10
本殿前の狛犬一対。
11
11.4
11.8
胸に奉納者の名前が彫られていました。
12
狛犬横の石は不明。
13
台座もあってどこかから移したような感じなので、庚申塔の類か力石とも考えましたが、それなら本殿前に置かない気もします。
14
注目すべきはこちら。本殿横に立っているのですが、これ何かわかりますか?
15
実は腐食していて面影が残っていませんが、松前公乗船の船の第一碇と伝えられています。昭和の初めに村の漁船が附近の海上から引き揚げたもので、当時は大変立派な四爪碇で、高さは7尺もあったそうです。みちのく北方漁船博物館(青森市)に同種の碇が保存されていたようですが、2014年に閉館しており、所蔵品はあおもり北のまほろば歴史館に譲渡されたそうですが未確認です。
16
平内町の神社では定番の…ホタテ貝が必ず1枚は落ちている…。
17
諏訪神社のすぐ隣には蒼前様が鎮座。いつからここに存在するかは不明のようですが、言い伝えでは古くからあったようで、村で馬が飼育されていた頃は祭りも大変賑やかに行われていたそうです。現在は平内町内の牛の飼育者がお祭りをしているそう。
18
鳥居や社殿にも一切の表記が無く、何なのかはわかりませんでした。
19
19.5
社殿内。
20
中央に宮形が2つ。
21
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

イメージ 6
ほたて供養塔(高さ約6m・周囲約5m。自然石)。昭和59年7月17日に青森市港町に建立されたもの。毎年6月には「ほたて供養祭」も執り行ってきましたが、平成17年3月に平内町土屋地区に「ほたて広場」が完成する運びとなったことから、同地において永くほたて貝を供養すべく移設。
イメージ 7
台座碑文…『むつ湾産のほたての歴史は古く明治以前にさかのぼる。然し十年近い周期での自然発生の恩恵のみのため毎年生産する方途をさぐるべく多くの指導者は力を尽した。山本護太郎先生、故豊島友太郎氏もその人達であった。養殖技術を確立したとは申せその歴史は浅く年毎にいろいろの問題が惹起した。昭和四十六年以降の大量生産期を迎えての販売問題、一訪地播のほたて、そして五十年の篭養殖ほたての異常大量へい死、五十三年の貝毒発見による販売中止、五十五、五十八年の稚貝の死滅等々には緊急な対応を迫られ、ほたてを生産する各漁協は県と県漁連、むつ湾漁業振興会等と一丸となって共販体制を確立し、健苗作りと密殖防止のための総量規制、貝毒期のウロ取り出荷、海況の変化、変動等の研究調査を究めながら宿願の百億円の水揚高を達成したこの画期的な五十八年度を記念し、組合員の徹底した協同運動による努力を多とし、今後の研鑚を期しほたて貝への感謝と供養の意をこめ塔を建立するものである。超異常冷水の年 昭和五十九年七月十七日 ほたて生産百億円達成記念事業協賛会 協賛会長植村正治』
イメージ 8
裏面「供養塔建立団体・昭和五十八年度ほたて生産漁業協同組合支所代表者名」。
イメージ 9
ほたて観音(青森県ほたて流通振興協会)。
イメージ 10
ほたて観音木製祠。ほたて広場の完成を記念し、陸奥湾の豊かな恵みであるほたて貝を未来に向け守り抜くことを誓い、併せて、ほたて漁業が恒久的に繁栄し、漁業者が未来永却ほたて貝から恩恵を享受できることを願って祠が建立され、ほたて観音像が奉納されました。
イメージ 11
光背がほたて、蓮華座ならぬ帆立座、色は真白、まさにほたて観音!!
イメージ 12
由来…『【ほたて供養塔】…今や百億円台の水揚げを誇り、関連産業と併せ本県の重要基幹産業の地位を築きつつ、尚も躍進を続けるほたて漁業。その繁栄は先人達の志を継ぐむつ湾漁業者及び関係者の「ほたて貝」にかける熱い想いがあればこそ成し得たものであります。この「ほたて供養塔」は、天与の恵みと先駆者に感謝し、「ほたて貝の供養」の心を謙虚に表し、適正養殖に勤しみ、斯業の更なる発展を誓い、昭和59年7月17日に青森市港町に建立されました。この度、平成17年3月、ほたて養殖発祥の地、平内町の此処、平内町漁協土屋地域に、生産と流通の拠点として「ほたて広場」が建設・完成の運びとなるに際し、同地に移設されたものであります。【ほたて観音像】…祠に納められました「ほたて観音像」は、「ほたて広場」の完成を記念し、豊饒の海「むつ湾」の恵み・ほたて貝を子々孫々へ守り抜くことを誓い、自然の災禍からも守られ、ほたて養殖漁業が恒久的に繁栄し、地域漁村が未来永劫安らかなることを願い、奉納されたものであります。ほたて広場運営協議会』
イメージ 13
こちらの建物は…
イメージ 14
青森ほたて貝祈願掛け所。
イメージ 15
青森ほたて貝絵馬由来…『奈良時代の「続日本記」には、神の乗り物として神馬を奉納したと記される。それが平安時代から絵が描かれた馬で代用するようになった。江戸時代には家内安全や商売繁盛といった実利的な願い事をする風習が広まり、昭和には受験生が合格祈願の絵馬を奉納する風習が盛んになった。ここ青森県陸奥湾において、ほたての養殖が盛んになった今日、ほたて供養塔を建立し、供養とともに、ここ陸奥湾の海の神にほたてを奉納し、ほたて漁業が恒久的に繁栄し、漁業者が未来永劫ほたて貝から恩恵を享受できることを祈願してきた。他の漁業に比べ、比較的安定した水揚げがあった青森ほたては陸奥湾の豊かな恵みの象徴であり、漁業者は、継続、恒久的、半永久、安定といったことを祈願してきた。帆立の文字は「帆を立てる」。「帆」とは夏に船の帆を上げ、前に進むという意味がある。「立」にも起きる、成り立つ、独立などの意味がある。ほたて貝に願い事を書き添え、観音像と陸奥湾に向かい祈願してみましょう。二人で一緒に祈願するときは、二枚の貝を互いに合わせて祈願するのもよいでしょう。青森ほたて貝の繁栄と各々の願いを祈るとともに、個人の願いを託してみよう。平成26年6月18日建立』
イメージ 16
中にはほたて貝絵馬がたくさん。
イメージ 5
これはお焚き上げとかどんど焼きとかできませんよね。
イメージ 4
いっぱいいっぱいになったらどうなるんだろう。何かに加工されて再利用されるのかな…いや、既に再利用されているので再々利用ですね。
イメージ 3
土屋海岸。ちなみにこの日(平成30年8月)の気温…My温度計では37度でした。
イメージ 2
ダッシュボードで貝焼き味噌を作りながら帰りました。
イメージ 1
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 9
白滝神社境内地には滝が流れております。とても綺麗な水です。なんでも絶滅危惧種のニホンザリガニがいるみたいです。
イメージ 10
滝村は集落の中央にあった小さな滝に因むと伝えます。文化6年からは黒石藩領正保2年(1645)の津軽郡之絵図に「滝ノ尻狄村」と記されており、少なくともこの時期には集落が成立していたと考えられます。
イメージ 11
村落中央部に地名の由来となった滝を本尊とする滝神社が見えます。現在の御祭神は太田神ですが、元々は滝明神を祀っており、竜神様とも呼ばれていたようです。開創は元禄2年(1689)4月。
イメージ 12
石灯篭一対。
イメージ 13
イメージ 14
昭和45年11月23日(東滝婦人會一同)。
イメージ 15
狛犬一対。
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
昭和36年5月15日(東滝婦人会一同)。
イメージ 20
手水舎。
イメージ 21
イメージ 22
社殿。
イメージ 23
イメージ 24
向拝。
イメージ 1
向拝神額。
イメージ 2
社殿内。
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
社殿内の案内板「白滝神社」より…『一.御祭神…猿田彦神の裔孫にして垂仁天皇の朝に倭姫命が天照大御神を奉じて鎮座の地を求め伊勢國に到り給ひし時に五十鈴川上の地を教へ給ひし神なり。一.御由緒…元禄2己巳年(1689)4月に村中安穏海上安全大漁満足を祈請して建立す、施主彦三郎外村中工匠五兵衛。天保14癸卯年4月再建、明治4年6月再建、施主瀧村庄屋山三郎。明治6年4月15日郷社雷電宮に合祀明治15年1月に復社す。大正6年10月29日(陰暦9月14日)社殿修繕竣功す、工匠今田定次郎。昭和10年10月24日本殿新築。昭和中期に辨財天神を当社より安井崎に遷座す。同36年5月15日拝殿新築す。同50年11月10日本殿新築、寄進者青森神漁網店工匠遠島末松。一.祭祀日…春祭5月15日、秋祭陰暦9月15日。平成13辛巳年秋祭に掲之。雷電宮社務所、白滝神社。』
イメージ 8
獅子頭。
イメージ 7
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ