くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ:寺・神社 (神奈川県) > 寺・神社 (鎌倉市)

1
八雲神社略記…『祭神:須佐之男命、稲田比賣命、八王子命、佐竹氏の霊。由緒:永保年中新羅三郎源義光公の勧請と伝う。室町時代関東管領足利成氏公は公方屋敷に渡御した当社の神輿に奉幣を行うを例とした。戦国時代小田原城主北条氏直公は祭礼保護の「虎印禁制状」を下賜し、慶長9年徳川家康公は永楽五貫文の朱印地を下賜された。古くは祇園天王社と称したが、明治維新に八雲神社と改称された。祭礼:例祭の神輿渡御に伴う「天王唄」や「鎌倉ばやし」の神事芸能を伝え、正月6日には「湯花神楽」が行はれる。』
2
平安時代永保年間(1081-1083)、源新羅三郎義光公の勧請と伝えます。後三年役で兄八幡太郎義家の助勢に赴く途中鎌倉に入ると、この地に悪疫が流行し住民が難儀しているのを知り、厄除神として霊験の名高い京都の祗園社を勧請し篤く祈願したところ、たちまち悪疫退散し住民は難を救われたと云います。鎌倉の厄除さんといわれる由縁。以後、鎌倉祇園社又は祇園天王社と称しました。
3
応永年間(1394-1427)には、義光の子孫である佐竹氏の屋敷に祀られていた祠が合祀され、佐竹天王と称しました。『鎌倉年中行事』に、室町時代宝徳年中(1449-52)関東管領足利成氏公の頃に当社の神輿を管領屋敷に渡御し神楽を奏し奉幣の式が行われたことが記されています。
4
4.5
戦国時代の天正14年(1586)、小田原城主北条氏直の時、当社の祭礼に対し禁制守護状が下賜されました。慶長9年(1604)、徳川家康より永楽五貫の朱印地(神領)が下賜されました。以後、代々の徳川将軍家より朱印状が下付されています。
5
明治維新に際し八雲神社と改称。明治6年に大町の鎮守として村社に列格。明治44年に上諏訪、下諏訪、古八幡、神明の4社を合祀。
6
大正12年に関東大震災で社殿倒壊し、昭和5年に再建。地元では八雲さん、お天王さんと呼ばれて親しまれています。
7
唐破風懸魚。
8
木鼻。 
9
9.5
天水盤。
10
10.5
天水盤…『武州鋳物師鈴木文吾氏により「惣型法」にて鋳造さる。東京オリンピック聖火台も同氏が鋳造した。』
11
本殿覆屋。
12
社号標「村社八雲神社」。
13
石灯籠一対。
14
14.5
「神徳恭敬」。
15
手水舎。
16
古い手水石。
17
猿田彦大神。
18
猿田毘古大神と庚申塔。
19
寛文10年銘です(市指定文化財)。
20
20.4
20.6
狛犬一対(大正11年11月1日)。
21
21.2
21.4
21.6
新羅三郎手玉石(力石)。
22
22.5
右から諏訪神社(健御名方神)、末廣稲荷神社(宇迦之御魂神)、於岩稲荷社(田宮於岩命(お岩様))。
23
23.5
その横にも古そうな石祠と狐が数基。
24
御神木。
25
寶蔵殿。
26
鉄柵&ガラス越しですが、神輿4座、宝剣、銅鏡、瓦など色々と見れるのが嬉しいですね。
27
27.4
27.8
ちなみに神輿四座は一社が寛保2年(1742)造営、3社が萬延元年(1860)造営。
28
28.4
28.8
社務所。
29
社殿横に御嶽神社と三峰神社。
30
30.5
社号標。
31
その隣には登山口がありました。東勝寺跡に通じる祇園山ハイキングコース。
32
32.5
0.3kmなら余裕かなぁ…でもやめておきます。
33
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
社号標(昭和43年7月吉日建立・明治維新百年記念)。
2
鳥居(明治40年晩春建立)。
3
入口付近にあった鬼子母神堂。
4
4.5
子育て、子授けの神様。日蓮宗の守護神。
5
小動神社(こゆるぎじんじゃ)は旧腰越村の鎮守。御祭神は建速須佐之男命、建御名方神、日本武尊。建御名方神は明治42年に腰越村内にあった諏訪社が小動神社に移された際に合祀されたもの。
6
文治年間の源平合戦の際に佐々木盛綱が父祖の領国であった近江国の八王子宮を勧請したものと伝えます。江戸時代までは三神社や八王子社と称していました。元弘3年(1333)5月には新田義貞が鎌倉攻めの戦勝を祈願したと伝えます。また、新田義貞は建武年間に社を再興。江戸中期には小田原藩主大久保忠真が扁額を奉納。明治元年の神仏分離の際に、地名から小動神社と改称し村社に列格。ちなみに社前にある浄泉寺はもと小動神社の別当寺院であり、神仏分離以降も大正6年7月まで管理を行っていました。
7
案内板より…『小動の地名は、風もないのにゆれる美しい松「小動の松」がこの岬の頂にあったということに由来します。縁起によれば、源頼朝に伊豆配流の時代から仕えた佐々木盛綱が、源平合戦の時に父祖の領国であった近江国から八王子宮を勧請したものと伝えられています。元弘3年(1333)5月には、新田義貞が鎌倉攻めの戦勝を祈願したといいます。7月第1日曜日から第2日曜日にかけて行われる天王祭は、江の島の八坂神社との共同の大規模な祭で、町一帯を回る御輿や氏子5か町の囃子屋台などで大いに賑わいます。』
8
由緒等…『文治年間(1185-1189)の源平合戦の際に、佐々木盛綱が父祖の領国近江の八王子宮を勧請したのが始まりといわれ、新田義貞が鎌倉攻めをした時、神社に戦勝を祈願し、成就の後に太刀と黄金を寄進し、社殿を再興したと伝えられています。明治元年に地名を冠し小動神社と改称、地区の氏神になり、現在も腰越5ヶ町の鎮守として敬われ、天王祭は江の島八坂神社の天王祭と盛大に同時開催されます。神社のある小動岬は神奈川県鎌倉市腰越にある岬で、八王子山とも呼び、幕末には台場(八王子山台場)が設置され、川越藩・会津藩・長州藩などが沿岸の監視に携わっていました。岬内には展望台があり、相模湾を一望の下に置く事ができ、さらに晴れた日は富士山や伊豆半島も望めます。展望台下の岩礁は、昭和5年に太宰治が心中事件を起こしたところといわれています。太宰は5回も自殺を図っており、その内の3回は心中事件で2人の女性が亡くなっています。最初の小動岬の心中未遂事件では本人だけが助かっています。』
9
由緒略記…『●祭神…日本武尊(1月例大祭の祭神)、素戔嗚尊(7月天王祭の祭神)【奥方:櫛稲田姫命、御子神:八王子の命(五男三女神)】、建御名方神(8月諏訪祭の祭神)、歳徳神(お正月の神様)。●伝承…相模風土記に往時、弘仁年中(810年-822年)弘法大師、小動山に登りし時、老松に神女影向あり、この松を小動の松と云うとあり。新編鎌倉史に、土御門内大臣の歌「こゆるぎの磯の松風音すれば、夕波千鳥たちさはぐなり」の歌は、此所の事とも云い、或いは、大磯の浜を詠うとも云う。相模の名所「こゆるぎ」の歌、多しとある。社名は、古くは八王子宮、八王子大権現などと称された。相模風土記には、八王子社を鎮守とし、社地を小動(古由留義)と云うとあり。明治初年、現在の「小動神社」と改称した。明治42年当所字、神戸の鎮守であった諏訪社を合祀した。●由緒…文治年中(1185年)佐々木盛綱の創建と伝えられる。盛綱は、源頼朝に伊豆配流の時代から仕えた武将で、源平合戦の時に神恩報賽のため守護神である父祖伝来の領国、近江の八王子宮を新たに勧請すべく、その地を探し求めていたが、ある日、江の島弁財天に参詣の途次、小動山に登り、大いにその風光を賞せされ勧請の地と定められた。新田義貞が、鎌倉攻めの戦勝を祈願をされ、後に「報賽」として「剣一振に黄金」を添えて寄進され、社殿は再興された。八王子宮縁起によれば、新田義貞を中興の祖と称している。江戸時代、小田原城主、大久保忠真公(113,000石)は「三神社」の扁額を揮毫し奉納された。三神社とは、三柱の祭神を尊称したものである。●社殿…文化14年4月(1817年)当所、井上氏の丹誠により、400有余の氏子により、再建されたと棟札に記録がある。しかし、大正12年9月1日の関東大震災により被害を受け、昭和4年12月本殿は修復されたが、拝殿は新築された。現在の「神寶殿」・「山車小屋」は平成15年から平成18年にかけて新築し、「本殿・幣殿」は平成19年4月大規模修復された。境内社として、海神社(わたつみ神社、海上安全の神様)・稲荷社・金刀比羅宮・第六天社を、お祀りしています。●祭礼…1月16日例大祭(湯花神楽祭)【鎌倉神楽奉納】社殿内にて。4月第2土曜日祈年祭。7月第2日曜日天王祭。江の島八坂神社との共同の大規模な祭りで、午前11時に海中渡御、午後2時には江の島八坂神社の神輿が、龍口寺下より小動神社社頭まで神幸し、腰越五ヶ町の祭囃子・山車がお迎えに出て、大いに賑わいます。8月下旬諏訪祭。12月第1土曜日新嘗祭。』
10
神輿庫。
11
直会殿。
12
手水舎。
13
授与所。
14
腰越小動會神輿。
15
15.5
石灯籠一対。
16
16.4
16.8
石段を上って社殿前へ。
17
社殿は鳥居の右手にありました。
18
18.5
社殿。
19
19.5
蟇股・木鼻。
20
20.4
20.8
拝殿神額。
21
本殿。
22
社殿前石灯籠一対。
23
23.5
社殿前狛犬一対。
24
24.5
境内の展望台から見た江の島。太宰の真似はしないように。
25
神寶殿。
26
立派な神輿がありました。
27
第六天社。
28
御祭神は第六天神。
29
別名淤母陀流神。諸願成就の神。例祭は4月第2土曜日。
30
手水石。
31
庚申塔、猿田彦大神・堅牢火地神、青面金剛。
32
青面金剛像。
33
海神社。
34
34.5
『祭神綿津見神。別名船玉神とも云う。漁業の神・航海の神。例祭1月16日。』『海神社鳥居刻名 腰越村三ヶ町 名主 木村徳左衛門 池田仁兵衛 奉献八王子大権現神前 別黨隆山進求之 享保13年5月吉詳日』
35
あっ!大きな亀!
36
36.5
台座…『奉納昭和6年11月15日 龍王海神』
37
稲荷社。
38
38.5
『祭神宇迦之御魂神。併神佐田彦神=猿田彦神、大宮能売神=天鈿女命。商売繁盛・産業興隆・家内安全・交通安全・芸能上達の神。例祭2月27日』
39
金刀比羅宮。
40
40.5
『祭神大物主神。別名大国主命。海神竜王ともいい、航海安全・海難救助を司る神。例祭1月9日』
41
天皇陛下御在位60年・社殿修復竣工記念碑(昭和62年4月吉日・五ケ町)。
42
石碑がずらり。
43
「水神社・明治40年12月」「清瀧不動」「國常立尊・御嶽山神社・八海山神社・三笠山神社」「神武天王・白川神社」「日清役戦勝楠紀念楠・明治40年2月10日」「日露戦勝紀念碑」などなど。
44
44.1
44.2
44.3
44.4
44.5
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
御祭神は天照大御神。元々は甘縄神明宮、甘縄神明社と呼ばれていましたが、昭和7年に甘縄神明神社となっています。かつては甘縄院という別当寺院も存在していましたが神仏分離により廃されました。甘縄の「甘」は「海女」、「縄」は「漁をする時の縄」の意味という説があります。
2
足達盛長邸址…『盛長ハ藤九郎ト稱ス初メ頼朝ノ蛭ガ島ニ在ルヤ克ク力ヲ勠セテ其ノ謀ヲ資ク石橋山ノ一戦源家ガト運ノ骰子ハ全ク黯黮タル前途ヲ示シヌ盛長頼朝ニ尾シ扁舟涛ヲ凌イデ安房ニ逃レ此処ニ散兵ヲ萃メテ挽回ヲ策ス白旗鎌倉ニ還リ天下ヲ風靡スルニ及ビ其ノ旧舊勲ニ依ツテ頗ル重用セラル子彌九郎盛景孫秋田城介義景邸ヲ襲グ頼朝以来将軍ノ來臨屡々アリ此ノ地即チ其ノ邸址ナリ 大正十四年三月建 鎌倉町青年団』
3
和銅3年(710)行基が草創し、豪族染屋時忠が建立。鎌倉で最も古く歴史ある神社と言われ、長谷の鎮守です。近くには川端康成の邸宅があり、小説「山の音」に登場する神社として描かれていることでも知られており、また、万葉集に登場する鎌倉の名の歌の舞台となった場所はこの神社周辺とも伝えます。
4
源頼義が当神社に祈願をして、義家が生まれたと伝えられ、後に義家が社殿を修復し、頼朝も社殿を修理し荒垣や鳥居を建てたと伝え、源氏との関係が大変深い神社であったと考えられています。また、北条政子や源朝、実朝も参詣したと伝えます。
5
案内板より…『御祭神:天照大神、伊邪那岐尊(白山)、倉稻魂命(稲荷)、武甕槌命(春日)、菅原道真公(天神)。和銅3年己酉(約1250年西紀710年)染屋太郎大夫時忠の創建です。永保元年酉年(約880年前(西紀1081年))源義家公が社殿を再建せらる。源頼朝公政子の方實朝公など武家の崇敬が篤く古来伊勢別家と尊稱せられている鎌倉で最も古い神社です。社殿の裏山は御輿ヶ嶽(見越ヶ嶽とも書く)と云い古くから歌によまれています。源頼義は相模守として下向の節当宮に祈願し一子八幡太郎義家が生れたと伝えられています。都にははや吹ぬらし 鎌倉の御輿ヶ崎秋の初風』
6
手水舎。
7
「北条時宗公産湯の井」・「二條公爵愛用の井」。境内地は鎌倉時代の御家人安達一族の邸宅があった場所であり、北条時頼の母である松下禅尼の実家。
8
御神輿収納庫。
9
御神輿。
10
拝殿。
11
関東大震災の際に天保9年建築の社殿が損壊しており、現在の社殿は昭和12年に再建されたもの。
12
狛犬一対。
13
13.5
天水桶。
14
五所神社。
15
明治20年に長谷寺鎮守の五所明神が合祀されたもの。
16
社殿横の石段を上ると…
17
秋葉神社。
18
18.5
ここから更に山(御輿ヶ嶽)へと登る道がありましたが、時間が無かったので行きませんでした。
19
19.5
秋葉神社の真横には甘縄神明神社本殿。
20
秋葉神社から見た拝殿。
21
八十八壽の碑(建長曇華九十翁書)。
22
万葉歌碑…「鎌倉のみ越の崎の石崩の君が悔ゆべき心は持たじ」
23
鎮魂碑。
24
境内からは由比ガ浜と長谷の町が一望できます。
25
境内から見下ろした参道。
26
タブの木は「鎌倉と三浦半島古木・名木50選」に指定されています。
27
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

イメージ 2
御祭神は大己貴命。小町鎮守、旧村社。
イメージ 3
『鎮守蛭子神社は出雲大社に鎮ります大国主神を御祭神として(里俗夷尊神)と称され、往古永享年間(凡500余年前)日蓮宗本覚寺門前夷堂橋の傍に夷堂あり夷三郎社とも称され、同寺の守護神として、又付近住民の氏神様として崇敬されたが、明治維新に神仏分離によりこの地に鎮座し、同時に宝戒寺門前地区の氏神として、同寺境内に祀られし北条一門の守護神山王権現をも之に合祀し、蛭子神社と称するに至った。爾来百余年えびす様の愛称で、福の神・むすびの神として信仰され、遠近より善男善女の参詣多く神賑を極め今日に至った。えびす様は、皆様おなじみの釣棹を手にし鯛を抱かれた福徳円満の神影をえがいて敬い親しみ、産業福祉の道をお拓きになった。御神業の神として一般に福の神・縁結びの神・商売繁盛の神として信仰する者多く、殊に近年は学びの神・交通安全の神として氏子を始め崇敬し参詣するもの日毎に増し、えびす様と私共の生活が「むすび」の御霊力即ち愛情によって人間は活かされており、そのことに感謝し、その愛情にふれさせて頂く努力をすることによって、明るい生活が出来るのであります。私等の氏神として、永い歴史があって変わらない信仰と崇敬をおうけになっている尊い鎮守様であります。』
イメージ 1
『「新編相模風土記稿」に「夷堂橋は小町と大町との境にあり。…昔は此辺に夷三郎社ありしとなり」とある。此の附近一帯の産土神、地主神として里人深く信仰していたが、永享年中、本覚寺が創建されるに及び、同寺境内に移され山内の鎮守として奉斎された。明治維新の神仏分離により同寺の管理を離れ、現在の社地にあった下部落の鎮守七面大明神に合祀された。また宝戒寺内にあった上部落の鎮守山王権現も合祀して、三社を合わせ社名を蛭子神社と改称した。明治六年村社に列格され、明治七年八月社殿を新築した。本殿はそのとき鶴岡八幡宮の末社今宮の社殿を譲り受け移築したものである。昭和九年参拝殿を新築。昭和十五年神饌幣帛料供進神社に指定された。』
イメージ 4
社殿のすぐ横には骨川(なめりがわ)。
イメージ 5
手水舎。
イメージ 6
神輿庫。
イメージ 7
イメージ 8
皇紀二千六百年記念碑と彫られた石塔。元鳥居かな。
イメージ 9
御神木。
イメージ 10
本殿覆屋。
イメージ 20
社殿屋根の唐獅子瓦。
イメージ 18
イメージ 19
社殿扁額。
イメージ 17
唐破風懸魚。
イメージ 16
蟇股。
イメージ 15
木鼻。
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1
由比ガ浜海水浴場。
イメージ 2
夏ですね!夏じゃないけど!
イメージ 3
近くの大太刀稲荷神社へ。写真暗くてすいません。由比ガ浜で遊び過ぎました。
イメージ 4
狛犬一対。
イメージ 5
イメージ 6
庚申塔(正徳2年8月吉日)。
イメージ 7
庚申供養塔が多いですね。紀年銘は文政7年、寛政12年など。
イメージ 8
青面金剛三猿碑。
イメージ 9
手水石。
イメージ 10
地蔵尊と石祠。
イメージ 11
イメージ 12
神仏混淆感があります。
イメージ 13
最初の鳥居から左の参道へ進むと大太刀稲荷神社。
イメージ 14
由緒不明。たくさんの石碑等から何かしらわかるかと思ったんですが、暗くてよく見えませんでした。
イメージ 15
新宿では昔から漁業を営むとあり、漁業の携わる人たちに関連するかも知れません。また、大太刀という社名から新田義貞徒渉伝説に関連付ける説もあるようです。由緒わかる方…教えてください。
イメージ 16
扁額。
イメージ 17
石灯籠一対。
イメージ 18
イメージ 19
最初の鳥居から正面の参道へ。新宿御嶽神社(御嶽大神)が鎮座。
イメージ 20
御嶽大神・八海山大神・三笠山大神(明治20年)。木曽御嶽神社。山岳信仰。明治時代に御嶽講社の動きが活発であったことが伺えます。社殿はありません。よって棟札などの資料もございません。由緒等は不明。
イメージ 21
武蔵御嶽神社(東京都青梅市・山岳信仰霊場)講中によるものかな。武蔵御嶽神社と鎌倉に関連深い畠山重忠(※秩父鎌倉街道)について調べれば何かわかるかも知れません。ちなみに鎌倉TODAYというHPに『木曽御嶽は近世山岳信仰の中心地。鎌倉にも戦前にはさかんに講がつくられたようで、長谷に森已之助さんという先達がいたことが、「鎌倉の三ヶ月」という大正時代の本にのっている(国会図書館近代デジタル‐ライブラリー)。なかにはよくわからないものもあるが、「八海山(越後)」「三笠山(上野)」「継母岳」「駒ケ岳」「長崎明神」などは諸国に本所がある御嶽三神、または峰々にある別所のこと。』又、『御嶽神社には覚明・普寛など18世紀木曽御嶽の先達の霊碑もまつられている。ふしぎなのは、富士浅間、白山、稲荷、駒ケ岳など、さまざまな山岳信仰をあつめたこの神社がなぜか海辺にある、ということだ。』とありました。
イメージ 22
御嶽藏王神社・冨士淺間神社・富嶽姫神社。
イメージ 23
清瀧不動明王。
イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26
法顯不動明王碑。
イメージ 27
他にも「八大龍神」「網守稲荷神社」「継母嶽神社」「駒ヶ嶽神社」「吉黒神社」「養作霊神」「長﨑神社」など色々と石碑がありました。元からここに建てられたものか、ここに集められたものかはわかりません。何より暗くてよく見えないので退散しました。
イメージ 28
イメージ 29
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ