くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (福島県)

イメージ 1
イメージ 2
絵馬殿。
イメージ 3
絵馬殿…『この建物は、稲荷神社社殿の改築(昭和14年竣工)にあたり、それまでの拝殿を絵馬殿として移築したものです。かつては、市指定文化財の元禄8年福島藩主堀田正虎寄進絵馬「御能之図」をはじめ多くの奉納絵馬がここに飾られ、参詣の人々は休息しながら眺めたといわれます。五間に二間の入母屋造で、正面の中央間は2.9メートル、他の柱間は2メートル、横は各2.45メートルの間柱です。この旧拝殿は、元禄5年(1692)に時の福島藩主堀田正仲が造営したものと思われ、現存する福島の建造物中、最古のものといえます。もっとも、元文5年(1740)に福島藩主板倉勝里が造営遷座したのは本殿のみという説に立ってのことで、解体調査の必要は残ります。いずれにしても福島の古建造物を代表する堂々たるものであることは変わりありません。』
イメージ 4
神輿殿の横に神楽殿。ちなみに神楽殿の後方には稲荷東小路跡があります。かつて稲荷東小路は大人の社交場として料理や酒が安いと評判の小料理屋が建っていましたが、夜になると人が集まり宴や喧嘩、逢い引きなどで混雑し、神様の近くで不道徳な行いはけしからんとの声が上がり小料理屋は駅方面に移転。同じことを繰り返さぬようにと東小路は封鎖。
イメージ 5
神楽殿…『この神楽殿は、明治32年10月氏子からの寄進により建立され、昭和13年の本殿改築に併せて現在の場所に移築されました。面積は25.85㎡あり、入母屋造りの重厚な建物です。四季折々の祭典行事には三方の扉がはずされ御山太々神楽保存会の楽人によって神楽が奉納されます。』
イメージ 6
聖徳太子社。建築職人の守護神。
イメージ 7
太子堂…『このお堂には、聖徳太子の尊像がまつられています。昭和15年に福島市、信夫郡、伊達郡、安達郡下の建築業関係者の結集によって計画され、昭和37年6月21日完成しました。聖徳太子は古代史上、寺院建築に残されている功績をたたえられてか建築関係の職人からの尊崇が厚く、地方にも「たいし講」となって伝承されているようであります。このお堂にも、一市三郡の技術をもつ人びとの信仰心がみごとにあらわされているのであります。』
イメージ 8
神札授与所と倉庫。
イメージ 9
イメージ 10
古峯神社鳥居。
イメージ 11
イメージ 12
古峯神社。
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
古峯神社…『この社は、栃木県鹿沼市の古峯神社のご分神、通称「こぶがはらさま」といい、「火伏せ」防火の神として全国的に厚い信仰をうけています。各地に講中ができ、参詣が続けられています。もと、稲荷神社本殿裏手の境内にまつられていましたが、昭和14年本殿の改築の折、ここに移されました。例祭は毎年2月旧初午の日となっていて、境内では火伏せ祈願の「湯立て神事」が行なわれています。そのうえ、市中防火の祈りとしてこの神事は人びとに知られています。』
イメージ 16
足尾神社。御祭神は猿田彦命。
イメージ 17
イメージ 18
石だらけ。
イメージ 19
名前が書かれているものも…って同じ人の名前が多かったです。
イメージ 20
お摩り石…『古くから足尾社の石で患部を摩ると足の病が治ると云う信仰のある"お摩り石"です。柵内の石で患部を摩った後、元に返して拝んで下さい。』
イメージ 21
足尾神社…『この石宮は、もと稲荷神社本殿裏の境内にあって、猿田彦命を祀り、祭日を毎年旧11月1日としていました。昭和14年稲荷神社の改築によって、ここに移されたものであります。足を患っている人や足の弱い人の祈りと共に、旅に出る者が道中安全を祈願して、わらじやぞうりを献納することが多く、足の病気が全快したり、旅行を無事にすました人の感謝もこめられているのであります。東に建てられている足尾神社は駅前丸通(○の中に通)株式会社から移築された社殿であります。また、各地にまつられる足尾神社の中には足王神社と記されるところもあります。』
イメージ 22
こちらが駅前丸通株式会社から移築された足尾神社かな。
イメージ 23
石灯籠が一対あり、中には石祠。
イメージ 24
御神木。
イメージ 25
イメージ 26
御神木と古峯神社の間に末社稲荷宮。
イメージ 27
イメージ 28
その横にある石碑。一基は達筆過ぎて読めず(笑)
イメージ 29
もう一基は表に高弘法大師と刻まれており、裏には明治2己巳年7月の紀年銘。
イメージ 30
イメージ 31
力石。
イメージ 32
イメージ 33
力石…『力石は、江戸時代から明治時代にかけて日本全国の村や町で力試しに用いられた。若者たちが体を鍛えたり、集団で力を競い合ったり、神社の祭りの出し物として力試しが盛んに行われた。また「石占い」といい、力石を用いて吉凶や願い事の成就を占ったと言われ、この石に触れると諸願が成就する力をいただけると伝えられている。重量は約63kg。』
イメージ 34
社殿の横へ。
イメージ 35
大黒様を祀る石祠。
イメージ 36
イメージ 37
鬼板が落ちてました。
イメージ 38
本殿。
イメージ 39
イメージ 40
本殿裏側へ。
イメージ 41
イメージ 42
石祠がありました。
イメージ 43
本殿裏。
イメージ 44
社殿の北にあるハルニレの御神木(福島市指定天然記念物)。樹齢200年以上。福島藩主であった板倉勝里が元文5年(1740)稲荷神社社殿を改築した際に植樹したと伝わります。
イメージ 45
福島稲荷神社のニレ(福島市指定天然記念物)…『ニレは、ケヤキと並んで材質がすぐれ昔から神社、仏閣の建築や仏像の彫刻等にも使用された重要なもので、かつては当地方にもケヤキ等と共にニレの大木も数多く生育していたと思われるが、現在はほとんどその大木をみることができません。本樹は、福島稲荷神社の神域にあってよく保護されたために自然状態がたもたれて、枝張りおよび樹高は東北地方まれにみるものとなり得たものです。太さは根回り4メートル、目通り2.75メートル、樹高21メートルで、樹勢もよく、とくに自然木としての樹姿も十分に整っているので、学術研究の資料および福島市の自然を記念するにふさわしいものとして、天然記念物に指定しました。長くこの木の生育を保つために、つぎのことを守ってください。記:一.柵のなかに入り、樹木にふれないこと。一.生育をさまたげるような変更をしないこと。昭和38年12月13日福島市教育委員会』
イメージ 46
拝殿横にある忍山句碑…「野の梅の先には道もなかりけり」忍山翁。
イメージ 47
忍山句碑…『忍山斎藤利助は上町の豪商で、幕末から明治にかけての福島俳壇の指導者でした。その子の自省や孫たちも俳人として知られています。この句碑は、忍山が明治28年12月に83歳で亡くなったあと、門人たちが敬慕の意を表したもので、自省が建立しました。忍山はまた、きわめて信仰深く、神道の学も修め、神道大講義に補せられましたので、この境内に建立されたものです。』
イメージ 48
御即位記念音楽會献木碑。
イメージ 49
社務所。
イメージ 50
社務所前から北裡商店街方面へ。
イメージ 51
イメージ 52
長藩世良修蔵靈神碑。
イメージ 53
イメージ 54
戊辰戦争長州藩参謀世良修蔵の顕彰墓地です。
イメージ 55
世良修蔵の官修墳墓…『世良修蔵は幕末の長州藩士、官軍の奥羽鎮撫総督府下参謀として会津藩討伐を強硬に主張したことから、会津の救済嘆願を反故にされた仙台藩士らの怒りを買い、慶應4年戊辰歳(1868年)閏4月20日の未明、福島城下(福島市北町)の旅籠金澤屋に宿泊中のところを仙台藩士福島藩士らにより襲撃され、阿武隈川の河原で斬首された。行年34歳。世良は、奥羽諸藩(仙台藩・米沢藩)による会津藩救済嘆願にも聞く耳をもたず、あくまで武力討伐との強硬姿勢を貫いたことから、次第に仙台藩士らから会津への穏便な措置を阻害する元凶と見なされるようになった。世良暗殺を決定的ならしめた史実は、福島城下の旅籠金澤屋に滞在していた世良より、当時新庄にいた下参謀・大山格之助宛てに閏4月19日に記した密書を、送達の依頼を受けた福島藩士を通じて入手した仙台藩士が激高し、世良の暗殺実行を決意させたと言われている。その密書には「奥羽を皆敵と見て、武力をもって一挙に討伐する」旨が記されていた。世良の死をきっかけとして、新政府軍と奥羽越列藩同盟軍との戦が始まる事となった。この官修墳墓は、戊辰戦争の後、福島入りした官軍により慰霊碑として建立された。石碑には世良修蔵のほか、この事件で落命した同じ長州藩士勝見善太郎、松野儀助、従者繁蔵の四柱の名が刻まれている。明治9年(1876年)6月の明治天皇東北御巡幸の際には、随行として福島を訪れた明治政府の参議・木戸孝允が世良を偲んだ事が日記に記されている。建立された場所は、当時は神社の裏側(北側)の国有地にあり、隣接する福島稲荷神社が管理を委任されていた。大正5年に石碑が立て替えられ、戦後、神社の境内地に編入され、境内の北東角(現在地)に移された。この霊神碑を囲む四基の石灯籠のうち、碑の前方に建てられた2つの石灯籠の向かって右側は薩摩藩士・黒田了介(後の清隆)が明治18年に、左側は、長州藩士・品川弥二郎が明治21年に寄進・建立した。黒田と品川は元々奥羽鎮撫総督府の参謀に就任したが、その後その任を辞退し、代わって世良が参謀として東北に赴任することになったとの因縁がある。後方の2つの石灯籠は、右が橘正風、左が橘正郎が建立したと伝えられている。この2人は世良が殺害された後、同じく仙台藩士によって斬られた長州藩士・野村十郎の兄弟にあたり世良と同じ奇兵隊の出身者である。また、霊神碑うしろの歌碑は橘正風(山城屋和助)が建立したものと伝えられ、弟を亡くした兄の気持ちが偲ばれる。「しのぶれば その五月雨の夕まぐれ なみだの川のなみならぬかな」。現在に至るまで春秋の彼岸には福島稲荷神社の神職により慰霊祭が厳粛に執り行われているほか、折々に花を手向ける人は絶えず、世良の出身地山口県から訪れる人々は、東北の恨みを一身に受けて敵地で没した世良に対し、地元の人々によって今に至るまで手厚く慰霊が続けられていることを知り、一様に感銘を覚えるという。世良の墓は、この地の他に宮城県白石市陣場山と、山口県周防大島町椋野に招魂碑があるほか、御霊は当地信夫山の福島縣護國神社に戊辰の役戦没者768柱の1柱として祀られている。』
イメージ 56
橘正風(山城屋和助)歌碑。
イメージ 57
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 2
福島市の中心街。福島市民からお稲荷さんと呼ばれ親しまれている神社。
イメージ 3
表参道にある桧の大鳥居。明治神宮御鎮座当時の大鳥居を移築したもの。
イメージ 1
社号標に狐が一対。
イメージ 4
西参道入口。
イメージ 5
こちらにも立派な檜の大鳥居。
イメージ 6
西参道。
イメージ 7
祭神:豊受比売命
配神:大國主命・事代主命
例祭日:10月9日
由緒:人皇第66第一條天皇の永延元年(987年)従五位下安倍朝臣晴明公詔を奉じて、奥州下向の折、此の地に一祠を建て福島の里の総鎮守とした。
御神徳:衣食住、諸産業の守護神であり、商売繁盛・家内安全・厄除開運・無病息災・延命長寿のご利益がある。
境内末社:古峯社・聖徳太子社・足尾社
(以上境内案内板より)
イメージ 8
案内板の横には御鎮座一千年奉祝事業竣功記念碑やペン塚(福島ペンクラブの創立10年記念碑・昭和63年)がありました。
イメージ 9
社伝によりますと、第66代一条天皇の永延元年(987)、当時朝廷に重用された陰陽師の安倍晴明が奥羽下向の際、吹島の里にさしかかったところ、西には吾妻山が空にそびえ、北には信夫山が平原の中より屹然として突出し、南は阿武隈川の清流洋々として東流し、山水の風致、自然の景勝に目を見張るのみならず、地味肥沃にして農耕に適し、将来大いに有望な地相であるとして一祠を建て、衣食住を司る豊受比売命を勧請し、此の里の総鎮守としたことに始まるそうです。
イメージ 10
伊勢神宮外宮の御祭神である豊受比売命を祀った稲荷は珍しいですね。
イメージ 11
江戸時代には福島藩の鎮守とされ、代々の藩主の尊崇を集め、境内では市が開かれ賑わいをみせました。
イメージ 12
御鎮座以来一千年を越える歴史を刻み、風光明媚な温泉と果物の里、福島の鎮守様として「おいなりさん」の愛称で、広く福島市民に親しまれています。また、御守りとして全国でも珍しい「競馬勝守り」と福島銘産の桃にちなんだ魔除けの「桃守り」が有名。
イメージ 13
稲荷神社社殿…『福島稲荷神社は、江戸時代には福島藩の鎮守とされ代々の藩主に崇敬されてきました。たとえば、福島十万石の藩主堀田正仲は元禄2年(1689)に本殿を、同5年には拝殿を造営していますことは、今に棟札が残されていて明らかです。また、福島三万石の藩主板倉勝里は元文5年(1740)に造営遷座した記録があります。現在の社殿は、大江博士の設計によって昭和14年に竣工をみたものです。拝殿・幣殿・本殿の総建坪58坪余、市中とは思えぬ鬱蒼たる樹林に銅葺きの色が映える澄明な社殿です。拝殿は五間に三間ですが、中央はゆったりと他の柱間の倍近くとり、ガラス戸にも古風な蔀の感覚を生かしています。拝殿の屋根は破風を配した美しい流れをみせ、本殿には千木・鰹木をいただいていますし、神苑を限る玉垣の連子格子も社殿の平明さと調和しています。』
イメージ 14
狛犬一対。
イメージ 15
イメージ 16
御影石で造られたこの一対の狛犬の台座の裏には割烹組合、待合組合、芸妓組合の名がいろは順に彫られており、花街の名残を感じさせるものとなっています。昭和13年10月奉納。
イメージ 17
イメージ 18
手水舎。
イメージ 19
屋根裏に手水舎の説明や手水舎の作法について(一般的説明)、また、復活事業奉賛者芳名(平成25年元旦竣功)などがありました。
イメージ 20
なお、御神水は稲荷大神の鎮座する境内より湧き出る御神水とのことです。
イメージ 21
社殿前の手水舎。
イメージ 22
イメージ 23
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 25
現在は曹洞宗馬頭山観音寺と称しているようです。
イメージ 24
毎月19日御縁日。
イメージ 23
馬頭観世音の由来…『慶長3年(1598)1月、上杉景勝越後春日城より会津若松城へ国替、会津四郡、仙道(中通り)七郡、出羽国三郡、佐渡国三郡120万石を領知、信夫伊達地方は、上杉の支配下に組入れられ、同年2月、水原常陸介親憲福島城代となる。慶長5年春、親憲猪苗代城代へ移封され、森山城代本庄越前守繁長が福島城代となりこの地を治む。時に豊臣秀吉の死(慶長3年8月)後、天下は風雲ただならず、伊達政宗の再度の侵冦(松川合戦、慶長5年10月)に備え、繁長兵馬教練のため、当堂の周辺南北115間(約230m)に馬場を設け、その北隅に堂一宇を建立、馬頭観世音菩薩を安置して領民の安泰並に馬匹の護り、五穀豊穣を祈願したと伝えられる。当観世音は、信達坂東三十三観世音第二番札所としても広く知られ、境内には老松おい茂り、馬市が開かれたり御祭札には素人角力、盆踊りなど奉納されて、広い境内は参詣人で賑い数多くの信仰者を集めた。なお、現存のお堂は、元禄年間(年月日不詳)火災により焼失後再建されたものと伝えられ、さらに昭和37年新4号国道建設により約100m南の現在地に移転したものである。平成26年12月 曹洞宗 馬頭山 観音寺』
イメージ 21
イメージ 22
当時利用されていた御影石製の「牛馬給水用」と刻まれた馬の水呑み場。
イメージ 20
馬頭観世音の堂宇。
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
向拝。
イメージ 15
イメージ 16
馬頭観世音菩薩。
イメージ 14
太子堂。
イメージ 13
向拝。
イメージ 12
聖徳太子を祀っています。
イメージ 11
太子堂は元からここにあって、太子堂の場所に馬頭観世音が移されたってことなのかな。
イメージ 10
常夜燈。
イメージ 9
こちらの建物は不明。ここで管理しているのかな。留守のようでした。
イメージ 8
秋葉山、馬頭観音、道祖神、庚申塔、南無阿彌陀佛、大乗妙典供養塔ほか石塔がたくさんあります。
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
古いものでも結構状態が良かったです。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 10
福島市栄町の大和証券福島支店ビルの隣に鎮座。
イメージ 9
由来…『江戸時代、貞享年間「秋葉祭」と称して、村送りの形で秋葉の神輿を巡行させることが流行した。まさにこの頃より愛宕神社と並び庶民の信仰を集め、各地に秋葉講が組織され、秋葉詣りが盛んであった。現在では「防火の神様」として全国各地に点在する。本社は静岡県天竜市にある。明治14年4月25日、福島村一番町(現在の福島市柳町)の「甚兵衛湯」から出火した火は、またたくまに当時の福島の街の大半を焼く大火事となった。同年、阿武隈河畔の信夫橋のたもとに秋葉神社を勧請した。その後、東北線が開通するとともに、石炭車の火の粉から街を護るために、福島駅近くの青柳通り(現在の栄町)にも秋葉神社が勧請され、現在に至っている。』
イメージ 8
大和証券の前身は藤本ビルブローカーで、当時の敷地内には浅間神社が祀られていたそう。通りに面して秋葉神社があり、大きな藤の木が植えられており、藤権現の祠が2つあり、後に秋葉神社が合祀されたそうです。
イメージ 7
昭和52年に再開発ビルの建設に伴って藤の木も切られ、藤権現の祠は現存しません。ビルの建設に伴って神社を屋上にお祀りする計画もあったそうですが、町会住民の強い意向により現在地に残すことになり、一旦は建築のため場所を移すも完成後には元の地に戻し、社殿や灯籠は新しく寄進されました。なお、鳥居と神殿は昔のままです。平成12年10月6日に秋葉神社奉賛会と地元の町会によって新しく灯籠一対が寄進。
イメージ 6
火よけ丸。
イメージ 4
イメージ 5
『火よけ丸は秋葉神社のおつかいであるカラス天狗をモチーフに平成8年に当神社のマスコットとして制定した。街の繁栄と安全火防を願って平成21年9月に栄町親交会・秋葉神社奉賛会の人々により建立奉納された。』
イメージ 3
火よけ丸台座より…『明治14年柳町一丁目みどり湯から出火した甚兵衛火事は街の大半を焼き尽くした。同年信夫橋のたもとに秋葉神社が勧請された。後年鉄道の開通に伴い蒸気機関車の火粉から街を守る為この地にも勧請し火防を祈願した。』
イメージ 2
手水鉢。
イメージ 1
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 36
浄土宗 究竟山 一乗院 到岸寺。
イメージ 37
慶長5年(1600年)創建。
イメージ 34
イメージ 35
楢葉郡折木(現在の双葉郡広野町)・古本山盛徳寺・第14世一可良憲上人開山。
イメージ 32
イメージ 33
慶長3年頃に福島で布教をしていた上人の説法は福島城下の人々の尊敬を集め、その噂を聞いた福島城の奉行たちが上人を城内に招き聞法したところ、その壮大高貴なる西方極楽浄土の説法に感銘し、この地に永く留まるように懇願。
イメージ 31
上人は福島城より当時城が持っていた金剛界大日如来「杉乃妻大佛」と本堂、伽藍、寺領、仏供米田等の寄進を受け、現在の福島市大町の4分の1ほどの寺地を賜りました。以来、到岸寺は一度も移転せず、大佛城勅願の寺です。
イメージ 30
浄土宗一乗院到岸寺…『慶長年中(1596-1614)に良憲一可により開山。明治14年の福島大火(甚兵衛火事)のとき焼失したが、明治17年に信夫山にあった大日堂を移し再建された。境内には、福島城と縁のある史跡が多数残されている。』
イメージ 29
通称亀の子石(福島城下高札礎石)。
イメージ 28
宝物蔵(土台は板倉藩福島城の石垣であった)。
イメージ 27
安産・子育・延命地蔵尊(信州高遠の石工により元文元年(1736)建立)。
イメージ 26
本堂。
イメージ 23
イメージ 24
イメージ 25
やはり目に見える(笑)
イメージ 22
本堂前。
イメージ 21
到岸寺の御詠歌六番札所の碑より(開山400年記念御詠歌講中一同)…『あさからぬ法の誓いやたうがんじ頼めや大悲とこゑひとこゑ』・浄土宗宗歌宗祖上人の碑(開山400年記念総代世話役員一同)より…『月影のいたらぬ里はなけれどもながむる人の心にぞすむ』。
イメージ 20
杉乃妻永代供養塔(到岸寺開山400年記念事業)。
イメージ 18
イメージ 19
県内最大永代供養塔…『近年の核家族化、少子化、高齢化社会伴いお墓の継承問題に悩まされている方の一助になればと考え、当霊苑内に県内最大級規模を誇る総石造りの永代供養塔を建立いたしました。是非一度ご来苑ください。絶家の心配、独り身の心配、高齢者夫婦の心配、夫婦で信仰が違う心配等々、ご相談に応じます。同じ時代を生きた全ての人々の安楽のためにお困りの方全てを救います。』
イメージ 17
確かに大きいです。周囲のお墓が小さく見えます。
イメージ 15
イメージ 16
杉之妻の大仏大日如来坐像(福島市指定有形文化財:昭和48年11月7日)…『像高235cm・本像は、福島市内の仏像中、坐像としては最大のものである。高い宝髻に日月の宝冠をいただき、ゆったりと結跏趺坐して智挙印を結ぶ、その端正な容姿は、まさに仏の王者大日如来(金剛界)にふさわしい。本像は、かつて大仏城(後の福島城)にあった杉妻大仏を偲んで、宝永年間(1704-1710)に京仏師に依頼したもので、享保4年(1719)に信夫山南麓の大仏堂に安置されてきたものである。やや彫刻的量感に乏しく、絵画的な造型処理も見られるが、高さ320cmの華麗な舟形光背ともども福島の近世仏として稀にみる巨像である。到岸寺は、その布教の縁りによって秘仏の大日如来(杉妻大仏の胎内仏)を蔵してきたが、不幸にも明治14年(1881)の甚兵衛火事によって一切を焼失するに至った。このため、明治17年に御山の大仏像を大仏堂と一緒に移築復元したのが、現在の大日如来像であり本堂である。昭和48年11月7日福島市教育委員会』
イメージ 14
福島県庁(大仏城)の大仏(本尊大日如来像)。杉妻大仏の二世は町なかの大仏さまとして現在も人々の信仰を集めています。
イメージ 13
十三佛供養塔。
イメージ 11
イメージ 12
『この十三佛供養塔の下には当山第廿二世禮誉請阿眞道和尚が1991年にインド釈尊悟りの聖地「ブッダガヤ参拝」のおり福島にお連れした釈迦牟尼佛降魔尊像が鎮座なされております。境内全域と全埋葬者の鎮魂と、参詣の人々のご多幸を永遠に守護する為に「到岸寺開山四百年慶讃」を記念して建立いたしました。根わくは「三界萬霊、西方浄土」に往生せし事を、心より発願するものであります。平成16年春彼岸 南無阿彌陀仏』
イメージ 10
宝物蔵。
イメージ 8
イメージ 9
板倉藩福島城の石垣。
イメージ 7
安産・子育・延命地蔵尊へ。
イメージ 6
元文元年(1736)建立。
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
南無阿弥陀佛などの碑。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ