くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ:寺・神社 (深浦町) > 寺・神社 (旧岩崎村)

イメージ 3
花崗岩の石鳥居は寛政10年(1798)の紀年銘があり、「當所願主堀内弥五右衛門七戸宗兵衛 寄進取次世話人越後屋庄右衛門大阪堺屋五郎兵衛」とあります。
イメージ 4
イメージ 5
岩崎のタブノキ。
イメージ 6
関のタブノキより南に位置しますが、神社周辺に30数本の植生が確認されることから、自生の北限地とされています。
イメージ 7
『タブノキはクスノキ科の常緑高木で、本州、九州、沖縄に分布しています。初夏になると枝先に黄緑色の小さな花を咲かせ、実は秋に黒紫色に熟します。イヌグスとも呼ばれクスノキより劣るとされていますが、樹皮は染料や線香に、材は家具や建築用に用いられるなど、有用な樹種として知られています。また、耐風性、耐潮性に優れ、太平洋側では岩手県中部、日本海側では、当地域の沿岸が北限域となっていることから、植物地理学上極めて貴重なものとされています。』
イメージ 8
元和年中(1615-1623)に五穀成就・天下泰平・国家静謐祈願のため建立。
イメージ 9
かつては毘沙門宮と称しており、後の神仏分離によって武甕槌神社に改称。
イメージ 10
長者丸の船絵馬が奉納されています。この船絵馬は船体の様子、絵馬の様式から天保~弘化頃のものと考えられ、有形文化財に指定されています。
イメージ 11
向拝下。
イメージ 12
イメージ 13
本殿。かつては本殿東側に神楽殿があったそうですが、拝殿新築により解体されたそうです。
イメージ 14
毎年12月30日に産土講裸参りが行われ、五穀豊穣と大漁を祈願して、40kgもある献台と呼ばれる俵・注連縄が奉納されるのですが、これらを担ぎながら、農林業守護の武甕槌神社と、漁業船運を司る胸肩神社の二手に分かれて駆け出し、どちらが先に鳥居に俵と注連縄をかけ終えるかを競うそうです。山なら豊作、海なら大漁になるとされます。この裸参りは貴重な民俗文化財として内外に紹介されています。
イメージ 15
狛犬一対。
イメージ 16
イメージ 17
表情はまったくわかりません。
イメージ 18
イメージ 19
日露戦捷祈願樹の碑。
イメージ 20
末社。左が稲荷宮、中央の祠には奉納された馬の絵馬と岩崎武甕槌神社の御神札(御幣にアタゴの文字)、右は天照皇大神宮と保食神の木製御神札がありました。
イメージ 2
上記の末社群裏手で崩壊していた小祠。
イメージ 1
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 9
深浦町久田。御祭神は高皇産霊命、誉田別尊。
イメージ 8
天和元年(1681)に笹森勘解由左衛門(奉行)が久田開田の際に建立と伝えますが、実際はもっと早く創建されたと考えられているそうです。
イメージ 7
久田村の開拓は非常に難工事であり、また開拓民の多くは出羽国村山郡より来たと伝えます。
イメージ 6
かつては竜飛宮と称しており、神仏分離によって高倉神社に改称。
イメージ 5
更に明治44年5月2日森山鎮座の八幡宮を合祀し、高倉八幡神社と改称。
イメージ 4
本殿。
イメージ 3
末社。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1
深浦町沢辺というより、合併前の岩崎村沢辺の方がしっくりきますね。
イメージ 2
参道。
イメージ 3
イメージ 4
この鳥居はかなり小さめ。子どもサイズ。
イメージ 5
イメージ 6
小さな鳥居をくぐって階段を上れば到着。
イメージ 7
イメージ 8
かつての沢辺村。貞享4年検地水帳によりますと、除地として稲荷社がみえます。
イメージ 9
集落は海岸沿いの平地に広がっており、明治初年の国誌によりますと、主として鰊その他の漁業で生計を立てていたといいます。
イメージ 10
稲荷神社は集落中央部の山科に鎮座しています。
イメージ 11
草創は不詳。寛文年間(1661-1672)の再建。五穀成就・村中安全を願い建立。
イメージ 12
明治10年4月村社。大正8年2月 神饌幣帛供進社に指定。
イメージ 13
イメージ 14
御祭神は倉稲魂神。弁天宮を合祀したと伝えます。
イメージ 15
本殿。
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
小川があります。
イメージ 19
境内にはキツネノカミソリ?…オレンジの花がたくさん咲いていて綺麗でした。
イメージ 20
ここには池か何かがあったのかな。
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ