くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (おいらせ町)

イメージ 5
青森県上北郡おいらせ町南下田。舘越神明宮向かいに「カドのイチイ」がありますが、その通り沿いに曹洞宗音峩山聖福寺跡地があります。本村酒店の裏手付近です。
イメージ 4
石碑と松、その他お墓も一部残されています。実はこの後、聖福寺へと向かったつもりが、混同してすぐ近くの正福寺へと向かってしまったため、跡地のみの紹介です。聖福寺はここより北方、国道45号線も超えた阿光坊にあります。土地勘が無かったもので、寺名と位置関係が紛らわしかったです。
イメージ 3
紀年銘は昭和57年9月12日。
イメージ 2
聖福寺は曹洞宗で山号は青峨山。御本尊は釈迦牟尼仏。寛永15年に盛岡藩士の下田将監直徳が開基となり、後に本寺となる七戸瑞竜寺(上北郡七戸町)4世の即応明守を開山として創建。開基の直徳は寛永元年下田村一円300石を知行地とし、家臣らの願いもあって領内に当寺を建立。寺領4石7斗余を給。元禄7年住僧作成の寺請状や境内の六地蔵(寛延3年頃)銘などでは寺号を「正福」と記し、享和元年に書き改められた過去帳から「聖福」の表記が用いられています。明治26年と昭和12年の火災により堂宇と古記録類を焼失。昭和57年旧寺地の字南下田より現在地へ移転。寺宝として白鳳期作と推定される金銅製聖観音立像(県重宝)を所蔵。この像は県内最古の仏像彫刻であり、町内の観音森内の堂に安置されていたものを文化年間頃に当寺へ移されたと伝えます。2度の火災によって鍍金を失い、表面は焼き肌となるなど被害を受けています。像高220.8cmの小像ですが、三面宝冠を頂き、蓮台の上に直立し、右手に水瓶、左手に天衣をとっています。体躯に比べて頭部の大きな古様式を伝えております。
イメージ 1
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 3
青森県上北郡おいらせ町丈の端。本村地区。
イメージ 4
下田将監菩提所。お盆には先祖供養のため、郷土芸能の本村鶏舞を踊る「墓念仏」が行われています。伝えられる13演目中「墓念仏」と「仏壇念仏」は特に大切で、藩政時代の下田村領主であった下田将監の墓前や、依頼されたその他の墓前でも墓念仏が念入りに舞われていました。
イメージ 1
忠霊塔(戦没者供養塔・平成12年4月吉日建立)「国の為散る桜残る桜も散る桜」。
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1
青森県上北郡おいらせ町神明前。阿光坊古墳群で有名な地域です。
イメージ 2
神明前遺跡…『黒曜石製の尖頭器(旧石器時代)が出土したことで知られている。また、縄文時代早期の土器も採集されている。現在、本村にある神明宮がかつてこの地の北方の神明山にあったので神明前と呼ばれるようになったという。このほか、遺跡の北には馬場跡が隣接し、また西側には館跡とよばれる平坦な場所がある。さらにその西側には下寺屋敷、大塔山阿吽寺跡と、伝説の地も多い。』
イメージ 3
地図を見ると遺跡はこの場所ではなく阿光坊八幡宮裏参道入口側の道路を上った先になりますね。馬場跡や館跡も記されています。
イメージ 4
参道。
イメージ 5
狛犬一対(平成5年旧2月25日)。
イメージ 6
イメージ 7
社殿。
イメージ 8
イメージ 9
由緒等は調べておりません。
イメージ 10
拝殿蟇股・木鼻。
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
拝殿向拝神額。
イメージ 14
拝殿内。
イメージ 15
裏参道鳥居。
イメージ 16
阿光坊八幡宮新築記念碑(平成5年旧2月25日・裏面寄附者御芳名)。
イメージ 17
以下は、阿光坊八幡宮の境内ではありません。
イメージ 18
阿光坊八幡宮から程近い場所にあった鳥居になります。
イメージ 19
ちょっとした高台に鎮座しており、坂を上ります。
イメージ 20
稲荷の狐は見えましたが、何かは不明です。
イメージ 21
以下は近世の下田村についてのメモです。長いのでスルーして下さい。北郡のうち。盛岡藩領。五戸通に属す。江戸期を通じて当村の村高の大部分は下田家への給所高でした。天保10年の諸士・御給人等地方給所村付書上によりますと、下田将監の給所高800石のうち386石余が当村にあてられています。雑書の正保3年8月23日の条に「於六戸下田ニ黒鶴二羽、大坂勘兵衛討上ル」とあります。また、同書承応3年の条に「六戸之内、下田村烏留鮭御運上金五匁、同下主肥場鮭留四匁、下田之内、秋藤之鰯船御運上金弐匁五分、何も下田村竺物日向ニ被遣、手形三通工藤茂右衛門渡」とあり、当時奥入瀬川の鮭が重要な産物であったことがわかります。邦内郷村志によりますと、家数210、うち本村を除く集落別内訳は洗平14・新関(新敷)11・赤田4・阿光坊10・三本木22・木苗内(木内内)22・染屋4・間木1・木崎19・耳取7・秋藤(秋堂)17・土樋2・土用屋敷2・前宗瀬(前蒼前)3・木之下12・鶉久保8・古間木3・駒ケ沢2・七百3、馬数580。寺院には七戸瑞竜寺末正福寺が見えます。本枝村付並位付によりますと、村の位付は下の上、家数156、集落別内訳は本村29・洗平11・新敷5・赤田2・安光坊6・三本木19・木苗々21・染屋3・間木13・木崎12・耳取5・秋藤9・前惣前1・鶉久保5・木ノ下10・古間木3・七百2。江戸後期には給人である下田家が新田開発を推し進めています。同家は文政7年に御取分新田を願い出ており、この時取りかかった下田谷地の新田野竿高は387石余。しかし、同7年新田開発のために鹿角(秋田県)から金掘師などを呼びよせ、相坂川舟場尻から用水を引こうと試みましたが成功せず。また、天保飢饉の影響もあり新田の開拓は難渋をきわめました。開発を進めるために、木崎村向川除普請割付控帳によりますと、安政5年に当村周辺で奥入瀬川の川普請が行われており、藩も嘉永3年には盛岡の平野八十八、元治2年には五戸の三浦伊八などにそれぞれ当村付近における新田開発を許可しています。慶応元年の新田検地による改高は337石余で、半分の168石余は御蔵入となり、残り168石余のうち80石は開発協力者の赤石周八に、50石は鳥谷部門之助に、38石余が下田将監秀実の給地高に加えられています。この頃には杉の植立なども自由に願い出が許されるようになり、二川目御林の山守源之丞が杉300本の御忠信植立願を文久3年に当村肝入や老名を通じ提出。神社は地内木ノ下の西端に文明9年木ノ下の農民松林喜蔵が勧請したといわれる気比神社があります。同社は江戸期に木崎野馬護神・木下蒼前堂・馬頭観音堂などと呼ばれ、藩営の木崎野牧の馬護神として祀られ、馬を飼う者は遠くからでも参詣したといいます。現在でも旧暦6月1日と15日に例大祭が行われ、昔ながらの絵馬を売る露店が軒を連ねて大勢の人で賑います。この他に本村西部(字館越)に神明宮(皇太神宮)があります。寺院は地内南下田に寛永15年下田将監直徳の開基で、七戸瑞竜寺4世明守の開山という曹洞宗青峨山聖福寺があります。明治2年七戸藩領、同4年七戸県、弘前県を経て、青森県に所属、同11年上北郡所属。当地域は幕末に開拓が進んだところが多く、明治2年に成立する七戸藩でも大参事新渡戸伝の方針によって新田開墾が勧められました。当村においても家禄を失って帰農した元士族をはじめ、比較的豊かな農民たちが開墾を願い出て新田野竿高を認められ開拓に励みました。同藩では開拓御役所・野竿改開拓所を設け、明治4年5月には「七戸反別改印」を押して藩の御蔵入地であることを認める証書を交付。この時に当村は三分され、南下田村・中下田村・北下田村の3か村として扱われています。なお、明治4年9月に青森県の管轄下となるまでには再び下田村1村となったと考えられます。明治初年の村況は「南は山に近く、奥入瀬川区中を流れ、北に大沼あり、土地曠闊にして草莽多く、支村十六其中に碁布し小径縦横交互し行人地道を暗せされは甚難渋とする処なり」といいます。また、当村を東西に流れる奥入瀬川には西の犬落瀬村側と東の百石村側の2ヶ所に渡場がありました。明治9年5月改正の青森県学区割によりますと、洗平・新敷・阿光坊を含む下田村(戸数99・人口623)を1学区、下田村支村木内々・間木・染屋・木崎・耳取・秋堂(あわせて戸数109・人口696)を1学区、同じく支村木下・前蒼前・鶉久保・古間木(あわせて戸数35・人口247)を1学区として各1校の小学校を設置する計画であったことがわかります。のち下田学区と木内々学区をあわせて、同11年2月下田本村の聖福寺を仮校舎として第16中学区日新小学が開校。
イメージ 22
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1
下田町(江戸期・下田村)に位置します。御祭神は足仲彦尊(第14代仲哀天皇)。
イメージ 2
文明9年(1477)に木ノ下の農民松林喜蔵が福井県敦賀市にある氣比神社より足仲彦尊(第14代仲哀天皇)を祭神として賜り、無病息災、五穀豊穣、家畜安全を願い勧請したと言われます。7月の第1土・日曜の例大祭には絵馬の店が並び、家畜安全、無病息災等を願う板絵馬や紙絵馬が売られます。
イメージ 3
イメージ 4
国誌によると、江戸期に木崎野馬護神・木下蒼前堂・馬頭観音堂などと呼ばれ、藩営の木崎野牧の馬護神として祀られ、馬を飼う者は遠くからも参拝したと言われています。
イメージ 5
イメージ 6
案内版より。
由緒…『人皇82代 後鳥羽天皇の御代、源頼朝が奥州征伐の時、陸奥国に廣々とした馬の生産地が開けているのに著眼。政策の中心 牧場経営のため、加賀美次郎遠光の三男 南部三郎光行を派遣し南部馬を生産、地方民にも馬の生産奨励。爾来、馬の生産盛んになり、地方民の無病息災・延命長寿・五穀豊穣・大漁成就・家畜安全等を願い、建久2年甲斐国の加賀美次郎遠光をして、越前国一之宮で北陸道総鎮守として名高い氣比神宮の御祭神 足仲彦尊を賜り、この郷に勧請す。古来、地方民の崇敬篤き古社にて、毎年神賑祭日は南部地方はもとより他地方より多くの参詣者あり。』
御神徳…『氣比は笥飼と稱へ、食物を司り家畜を養う神。夙に農業・漁業・家畜に對する御神徳著しく、古来、五穀豊穣・航海安全・大漁成就・家畜安全祈願が行われ、現に農・漁・家畜農家の崇拝極めて篤い無病息災・延命長寿の神なり。』
イメージ 7
欅そうぜん神。
イメージ 8
漢字はこれ。
イメージ 9
由緒…『古代のものと推定される、大人十人程で抱えた欅の神木があり、人々は「おそうぜんさまの欅」と呼び、当神社象徴の巨木であった。大昔より暴風雨に耐えて来たこの古木も、度々の台風で太い大きな枝が折れ落下すること再三、幹には大きな割れ目が入り虫が住みつき小鳥が巣を作り、次第に危険な状態がすすみ已むなく危険木として伐採する。何世紀もの間、人々にやすらぎと力を与え生活を見守り続けて来た神木に、感謝の誠を捧げ切株上に社を建て後世に伝えるべき祭祀奉る。』
イメージ 10
氣比神社の末社の一つ、山登(やまあげ)神社。
イメージ 11
山登(やまあげ)神社由緒…『(人々はヤマカケ神社と呼んでいた)。祭神(向かって左より)…左:春日神社・天照皇大神・八幡宮、中:湯殿山神社・月山神社・羽黒山神社・十和田山神社、右:幸比羅神社。古頃より、当地方では八甲田大岳登山信仰が盛んで、毎年時期になると、若者達が早期(暗いうちに)氣比神社と山登神社に、無病息災と登山の安全祈願をして出発した。帰還後は、無事登山出来たお礼のお参りして後に、草鞋を欅の枝に投げ掛けてから解散した。都合により登山出来なかった人達は、登山者と一緒に参拝することで、登山をしたと同様の御加護があるとの信仰があった。』
イメージ 12
再訪記事
『氣比神社(おいらせ町)』

イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ