くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (今別町)

イメージ 7
社号標裏面(神社新築記念碑・平成2年7月吉日・浜名地区町内会、浜名青年団建立)。
イメージ 8
参道は結構鬱蒼としておりました。
イメージ 9
イメージ 10
参道途中の末社。
イメージ 11
由緒にある神明宮なのかな。
イメージ 12
イメージ 13
不思議な形の石。
イメージ 14
手水石っぽい石。
イメージ 15
神社新築紀念石(明治42年10月3日・濱名青年團献納)。
イメージ 16
黄金塚(平成2年7月吉日)標柱。紀年銘は黄金塚ではなく、この標柱の建立日です。
イメージ 17
っていうか黄金塚って何だろう…肝心の黄金塚の文字は読み取れず。じっくり見たかったんだけど虫が多くて…
イメージ 18
力試石(平成2年7月吉日)標柱と力試石。
イメージ 19
浜名稲荷神社の開創は寛文8年(1668)と伝えます。御祭神は保食神。浜名村に位置し、嘉永3年(1850)の松浦武四郎『東奥沿海日誌』には「村の出口に氏神の社有」、安政2年神社書上帳には集落西端に神明宮を末社とする稲荷宮があります。
イメージ 1
青森県神社庁HPによりますと、延宝7年(1679)の御領内中堂宮帳に、浜名村稲荷宮の境内東西20間、南北7間とあり、宮(2尺4面)は寛文8年建立とあります。貞享元年(1684)に始った田畑屋敷検地調では稲荷神社のほか、神明宮の宮建も有となっていて、拝殿2間に3間となっています。現在の社地は240年ほど前の明和の大地震と津波の後に旧社地から移ってきたものと考えられます。
イメージ 2
出雲構えの狛犬一対。
イメージ 3
イメージ 4
台座「二ツ石鮪漁場」。
イメージ 5
ホウノキ(今別町指定有形文化財・平成2年3月20日)。胸高周囲4m48cm・樹高約16m。ホウノキの古木は県内にはほとんどなく、大きさからいっても貴重なものらしいけど…折れちゃった!?
イメージ 6
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1
御祭神は保食神。文政7年(1824)の神社書上帳によりますと二股村稲荷宮の名が見えており、創建はそれより前に遡ると考えられます。
イメージ 2
昭和24年に境内地譲与され、杉を植栽して氏子たちで管理してきましたが、平成10年、11年と奥院と拝殿の土台及び屋根の修復にあたり、その経費の一部に境内林の杉があてられたそうです。
イメージ 3
氏子崇敬者が毎朝神社に若水を献げることが長く続いており、祭典時にお詣する氏子たちは互いに重箱詰の食べ物を直会に持ち寄る習わしだったそう。
イメージ 4
拝殿。
イメージ 5
拝殿の注連縄と木鼻。
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
懸魚。
イメージ 9
拝殿内。
イメージ 10
イメージ 11
囲炉裏がありました。
イメージ 12
稲荷神社境内立木調(合計99本。明治14年7月)。
イメージ 13
その他絵馬など。
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
本殿。
イメージ 19
本殿横にある龍神様御神体御堂(昭和49年4月10日)。
イメージ 20
龍神様。
イメージ 21
崩壊している手水舎。
イメージ 22
イメージ 23
読み取れない石碑。
イメージ 24
稲荷神社の横には二股小学校。
イメージ 25
廃校(※今別小学校に統合)です。
イメージ 26
「明るく健やかに」昭和56年8月1日二股小学校創立30周年記念碑。
イメージ 27
二股小学校閉校記念碑。
イメージ 28
昭和26年4月に開校し、平成15年3月に閉校しています。
イメージ 29
校歌が彫られていました。
イメージ 30
神社から数メートル離れた場所にある馬頭観音堂。
イメージ 31
立派な建物です。
イメージ 32
堂内。結構生活感が漂っています。
イメージ 33
五体ほど祀られていますが、中央が馬頭観世音でしょう。
イメージ 34
イメージ 35
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1
青森県神社庁HPによりますと御祭神は伊弉諾神、速玉男神、事解男神。貞享4年の陸奥国津軽郡御検地水帳によりますと、熊野堂の社地は16間×8間。貞享4年の支配処社調によりますと、天和3年建立と記されています。宝永元年の社堂境内記からは名称が熊野宮となっています。明治3年の神仏混淆神社調帳では仏体を上納とあります。明治6年には今別神社と合同の祭を行っていますが、同8年には旧に復したといいます。神仏混合の時代は貞享4年の熊野堂という名称の時代より遡るものと思われます。なお、明治初年に時の庄屋嶋中庄左衛門によって、岩木山祠が建てられており、毎年旧8月1日にお山参詣が行われるようになったそう。大川平では同地区西側の小高い山を岩木山と呼んでおり、山頂の大川平岩木山神社に参拝します。
イメージ 2
社殿内の由緒より…『祭神:伊邪那岐命、伊邪那美命。宮司:澤田瑞穂。正保2年:大川平熊野宮建立。昭和31年2月15日:杉を売却して神殿の修築を行った。大工小鹿由蔵。昭和36年5月1日:境内の杉百石を売却して宮の屋根をトタン葺とした。費用参拾弐万円。昭和36年7月24日:鳥居をカラートタンで包んだ。昭和39年:寄附を募り権現様と衣類を新調した(寄附金ほか弐万参千四百円、獅子頭五千八百円)。昭和48年11月25日:岩木山神社境内地五反九畝を道路工事で売却し立木補償も含めて壱百七拾七万円で拝殿の改修をした。大工平山一男。昭和52年:境内の参道を舗装した。費用六万円。昭和53年9月:大鳥居をコンクリートで建立した。工事者相茂建設相内茂一。昭和54年4月28日:境内と道路の境界にブロック工事をした。平成13年4月18日:神殿の土台と屋根のトタンを葺替えた。費用七拾万円。工事者上山建設代表上山等。11月18日:熊野宮名の小さい幟を新調した。費用参万円。平成16年11月27日:夜半に風速33米の強風で境内の杉が倒れた(幹まわり5米、樹高30米、樹齢凡そ350年)。平成17年7月26日:拝殿の屋根、カラートタン葺きとした。費用六十万円。町会特別会計より支出。工事者佐藤建築板金佐藤文彦。7月30日大鳥居のペンキを塗り替えた。平成17年9月18日筆者嶋中賢一。』
イメージ 3
本殿。
イメージ 4
石灯籠一対(昭和42年11月23日)。
イメージ 5
イメージ 6
狛犬一対(昭和17年旧6月18日)。
イメージ 7
イメージ 8
馬の石碑。
イメージ 9
イメージ 10
馬の石碑…『この馬の石碑は、明和の時代に奉納されました。大川平地区の人々は馬と一緒に山野を切り開き、田畑を耕してきました。馬は貴重な宝でした。現在でも大川平地区の人々は伝統芸能である「荒馬」を行い馬に感謝して暮らしています。』
イメージ 11
夫婦杉。
イメージ 12
夫婦杉…『この2本の杉は、大川平地区の人々から夫婦杉といわれています。杉と杉の間をくぐって祈願します。すると縁が結ばれ夫婦円満幸せに暮らすことができると、昔からいわれています。皆さんも杉の間をくぐって神社で祈願してください。』
イメージ 13
栓とニレの木。
イメージ 14
栓とニレの木…『この栓とニレの木は絡み合って支え合ってそびえ立っています。まるで、愛し合い支え合って暮らしている夫婦の姿です。この2本の木にお祈りしてから神社で祈願してください。きっと夫婦円満、幸せな暮らしができることとおもいます。』
イメージ 15
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ