くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (宮城県)

宮城県栗原市志波姫八樟新田。志波姫は栗原郡(現栗原市)の東北部に位置し、標高38mの平坦な台地上を占める地。地名は志波姫村に古くから祀られる式内社と伝える志波姫神社の社名に由来。古峯神社。『志波姫神社は、木花開耶姫命を祀る延喜式神明帳栗原七座の内の大社にして ...

宮城県栗原市築館。かつての築館村で、その名の通り、中世の築館城に由来。「伊達治家記録」天正19年条に「遠藤文七郎宗信に一迫の内築館村、加美郡黒沢村に於て御知行百五十貫文の所を割下され、築館城を在所に仰付けらる」とあります。寺社としては天正6年開山と伝える曹洞 ...

宮城県石巻市北上町十三浜字菖蒲田。石巻市の北東部、新北上川の河口付近の北側。東日本大震災ではこの辺り一帯は津波に襲われ、社務所や石鳥居、神輿堂(神輿)、末社などが流されています。神社一帯も沼地のようになり、境内の杉の木も赤く立ち枯れたそうです。このように ...

宮城県石巻市日和が丘2丁目。石巻日和山鎮座、鹿島御児神社。旧社格は県社。延喜式内社の陸奥国百座のうちの一座。門脇小学校(旧門脇小学校跡)から東(旧北上川方面)に向かうと西光寺がありますが、その手前の細い道が参道入口のようです。神社の南方です。鳥居はありませ ...

栗原市栗駒稲屋敷後原。国道457号線沿い。道路を挟んで公園のほぼ向かい雄鋭神社(栗原郡延喜式内社七座)の社号標(交差点角)があります。九ノ戸神社も近くです。公園内の一画は大鳥中集会所です。大鳥公園(九ノ戸公園)の看板。供養椿の由来(看板より)…『天正18年、南 ...

稲屋敷村。字高松には式内社栗原七座の1つと伝える雄鋭神社があり、奥の院は天王山林に鎮座、往古松の大木があり高松八社権現、高松権現とも称され、春日山大勝院高松寺という寺があったと伝えます。寺として真言宗愛宕山法蔵寺、曹洞宗奇雲山竜昌寺、そして九ノ戸という小字 ...

宮城県宮城郡松島町磯崎浜。松島には何度か来ておりますが宿泊は初めてです。館内は広くて方向音痴の私はちょっぴり戸惑う造りでした。ってことで無駄に遠回りして夕食会場へ笑バイキング形式で料理はたくさんあったのですが写真はあまり撮っていません。なぜなら盛り付けの ...

宮城県宮城郡松島町松島町内。臨済宗妙心寺派瑞雲峰天麟院。御本尊釈迦如来。伊達政宗公娘伊達五郎八姫の霊廟。寛文3年(1663)三住妙心大機円応禅師洞水和尚開山(※案内板では万治元年開山)。三陸三十三観音霊場第二番札所(聖観世音菩薩・通称いろは観音)。ふるさと宮城 ...

宮城県宮城郡松島町松島町内。三聖堂(松島町指定文化財)…『天和2年(1682)瑞巌寺101世鵬雲によって建てられたこの堂は、方3間素木造、屋根は宝形造で茅葺、正面に一軒の向拝のついた、質朴端正な建物である。堂内正面中央に聖観世音菩薩、左に達磨大師、右に菅原道真を安 ...

宮城県宮城郡松島町松島町内。臨済宗妙心寺派円通院(旧字体:圓通院)。正保4年(1647)創建。開山は洞水(瑞巌寺第100世和尚)。開基伊達忠宗。御本尊は聖観世音菩薩。瑞巌寺の南側に隣接。通称「バラ寺」「薔薇寺」。三陸三十三観音霊場第1番札所。圓通院山門。豪壮質朴な ...

宮城県宮城郡松島町松島町内。松島には何度も訪れているのですがブログを始める前だったので紹介するのは初めて。過去の写真は、自身が被写体の中心でブログには使えませんでした。そして過去の写真を見て気付いたのですが、私が松島を訪れるとなぜかいつも雨。しかも今回は ...

宮城県宮城郡松島町松島町内。正式名称「松島青龍山瑞巌円福禅寺」。臨済宗妙心寺派。平安時代の創建で、宗派と寺号は天台宗延福寺、臨済宗建長寺派円福寺、臨済宗妙心寺派瑞巌寺と変遷。古くは松島寺とも通称されました。総門(宮城県文化財指定)。慶長14年(1609)に伊達 ...

『瑞鳳殿 ~ 其之壱 (瑞鳳寺・御子様御廟等・弔魂碑・穴蔵稲荷神社等)』 『瑞鳳殿 ~ 其之弐 (涅槃門等)』 『瑞鳳殿 ~ 其之参 (善応殿・感仙殿・妙雲界廟・新修先廟記等)』 ...

宮城県栗原市築館。芋埣(いもぞね)という地域です。かつては芋曽根とも書き、曽根は石交りの痩地のことをいい、そのような土質から名付けられた地名と考えられます。ギャル曽根が食べても太らないのと一緒です…違う! 参道は山道といった感じです。 さほど勾配もないで ...

宮城県仙台市宮城野区榴岡。まずは孝勝寺向かって左側に法輪院と蓮香院、右側に妙音院があるのでそちらを紹介。孝勝寺元塔頭として妙音院・法輪院・蓮香院・華香院(大正元年に廃院。御本尊は法輪院の鬼子母神堂に祀られています。)・経王院(廃院)があったそうです。な ...

↑このページのトップヘ