くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (山形県)

山形県鶴岡市下川字関根。善寶寺の龍王殿から秋葉堂前を通って長峰道三十三観音霊場の巡礼路を通ってきても着きますし、普通に善寶寺前からも行けます。道中の墓碑等。道中の墓碑、庚申塔等。奥の細道三十三ヶ所霊場めぐり第十六番…『◆龍澤山善宝寺…龍澤山善宝寺は曹洞宗 ...

山形県鶴岡市下川字関根。曹洞宗龍澤山善寳寺。五百羅漢堂特別拝観(2019年4月1日-6月30日、9月14日-11月24(善寶寺崇敬開山峨山禅師像御開帳))に行ってきました。拝観料は500円(羅漢堂・本堂・龍王殿・慈照殿が拝観できます)五百羅漢堂、日本遺産認定なる…『令和元年5 ...

『善寶寺(鶴岡市)』からの続きです。山門。文久2年(1862)三十三世中興月圓禅山和尚代に再建。総欅造り、銅板葺きの重厚な二重門。楼上には、正面に「宝冠釈尊華厳経開演の座像」、両脇には「十六羅漢像」を安置。上部に高く掲げられている「龍澤山」の大扁額は郷土の傑僧 ...

山形県鶴岡市下川字関根。曹洞宗龍澤山善寳寺。御本尊は薬師如来。妙厳寺、最乗寺と並ぶ曹洞宗三大祈祷所。善寶寺参拝図。※五百羅漢堂特別拝観(2019年4月1日-6月30日、9月14日-11月24(善寶寺崇敬開山峨山禅師像御開帳))に行ってきました。時間の都合上、瀧澤不動尊には ...

『法泉寺(米沢市)』からの続き。山形県米沢市西大通1丁目。法泉寺と住所が違いますが道路を挟んですぐ向かい側。道路を挟んで南の寺院及び墓地と、北の文殊堂及び庭園に分かれています。元はこの南北を隔てる道はありませんでした。法泉寺庭園…『米沢三名園の1つで、2代藩 ...

山形県米沢市城西2丁目。臨済宗恵日山法泉寺。道路を挟んで南の寺院及び墓地と、北の文殊堂及び庭園に分かれています。元はこの南北を隔てる道はありませんでした。直江兼続が創建した当時は、法泉寺は三の丸北西に位置しており、掘立川に掛けられた橋を渡るとすぐに法泉寺の ...

『笹野観音堂~其之弐(米沢市)』からの続き。観音堂前石灯篭一対(明治44年5月・丸喜)。観音堂前青銅灯篭一基(昭和51年11月3日)。台座「献燈の趣意(清昭代)」は省略。笹野観音堂…大きいです。向拝彫刻。唐破風懸魚・中央蟇股。蟇股(前面3間)・木鼻。虹梁・手鋏等。 ...

『笹野観音堂(米沢市)』からの続き。漱口場。水は観音像の前で龍の口から注がれます。昔より笹野は神仏を畏れ敬って、正月の7日間(現在は3日間で別火も無し)を肉や魚等を食せず、他人と同じ火を使用しない精進別火で、穢れ無い清らかな身体で正月を迎えました。昔も守れ ...

真言宗豊山派長命山幸徳院笹野寺。山形県米沢市笹野本町。置賜三十三箇所観音霊場19番札所。御本尊は千手観音(千手千眼観世音菩薩・総高153cm)。脇士(総高91cm)には地蔵菩薩と毘沙門天が再建時に仏師横山権六昌興の手により刻まれました。紫陽花(約2000株)の名所として ...

山形県南陽市宮内。熊野大社の横の細い道(證誠殿前)から一本道ですが、車がすれ違うことのできない細い道な上に、特に道中には何も無い(※山王山神社への参道入口はあります)ので、双松公園の中を通って行くのがおすすめです。双松公園を通って行けば季節の植物はもちろ ...

寶積坊は山形県南陽市宮内にある真言宗醍醐派の寺院。宮内熊野大社の入口参道に位置し、置賜三十三観音札所30番となっています。なお、観音堂の長谷観音は熊野大社の後方の裏山の中腹にあります。山寺を開山した慈覚大師が貞観9年(867)に置賜地方を訪れた折、観世音像を自 ...

『熊野大社 ~ 其之肆(南陽市)』からの続き。本殿です。中央に本宮、向って右に二宮神社社殿(若王子)、左に三宮神社社殿(那智宮)があります。三宮神社本殿。御祭神は熊野家津御子大神・素戔嗚尊。本地仏阿弥陀如来。御神徳は食物の神。社殿内部に寛永3年の墨書があり、 ...

『熊野大社 ~ 其之参(南陽市)』からの続き。熊野大社拝殿。天明7年以前の建築(天明7年の墨書あり)。唐破風、千鳥破風を萱で葺く山形県独自の建築様式です。出羽三山合祭殿や笹野観音にも同様式が見られますが、その中でも最も古い建築物となります。正式名称は熊野神社 ...

『熊野大社 ~ 其之弐(南陽市)』からの続き。古峯神社。御祭神は日本武尊。御神徳は火災予防。日本武尊は焼津の原(静岡県)で火難を除いたことから防火の神として全国的に信仰されている神です。古くから火伏せ、防火に霊験のある神として祀られています。山神社。御祭神 ...

『熊野大社(南陽市)』からの続き。石灯篭(昭和58年度伊勢代参者)。右石灯篭:平成8年度伊勢代参者、中央石灯篭:昭和57年度伊勢代参者、その間の石碑と右の石碑は読めず。後ろの建物は南陽市立宮内小学校。青銅灯篭一対。長谷観世音参道入口。熊野大社入口は大銀杏に包ま ...

↑このページのトップヘ