くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (岩手県)

九戸方面へ向かい白鳥の小祝バス停から左に800mほど入った所に張り出した岩があります。向かいには川。鳥居があり、岩陰に身を寄せるように小さな祠が3つ並んでいます。山の神ともいわれますが、地元では政実公のお姫さまを祭った祠と伝えられています。かつては杉山にカヤぶ ...

岩手県二戸市白鳥天ケ塚。折爪岳の中腹。九戸氏の伝説が残る山里・天ケ塚は境ノ沢沿いの道を登り切ったところにあります。天ケ塚は九戸の戦い(1591)の激戦地となり、豊臣軍の戦死者を葬ったと伝えられています。当時、豊臣氏は天下様と呼ばれ、ここを天下塚と呼ぶようにな ...

岩手県二戸市福岡鍵取。古梅児童公園内。案内板より…『古梅園は、史跡九戸城跡の東側に位置しており、九戸氏の庭園跡といわれ、かつて九戸政実がこよなく愛した梅園であったとも伝えられています。ここに残る老梅の花は、6枚の花びらをつけることから「六弁(ろくぶ)の梅」 ...

熊野館(九戸政實史跡)…『この熊野館は、古くは縄文、弥生時代から使われ、九戸政實がいったん緩急があれば敵の来襲に備えた軍事基地として使用したという(七宮涬三先生)。川の蛇行と断崖を利用した天然の要塞は、きわめて優れた城館で、九戸城(二戸)築城に生かされた ...

岩手県九戸郡九戸村長興寺第8地割。九戸村は江刺家村・伊保内村・戸田村が合併して成立。軽米通江刺家名主組に属する長興寺村。寺社として曹洞宗長興寺、九戸神社、羽黒神社が見えます。長興寺は永正元年(1504)開山の古刹で、九戸城主23代九戸右京信仲公開基となり(政実公 ...

岩手県九戸郡九戸村長興寺第1地割。三ノ迫(宮城県栗原市)で斬首となった政実公の首級を、家臣がひそかに持ち帰り、長興寺大名舘の南西山中に鎮めたと伝えられる場所です。長い間、一部の村民にはその存在は知られていましたが、昭和51年の調査で確認されました。直径約6m、 ...

社号標(御鎮座1140年記念・昭和53年5月大豊日・九戸郡九戸村納主千葉喜久治)。国道340号線沿いにあります。社号標付近にある「九戸氏の旧蹟」碑(昭和56年5月吉日・九戸氏旧蹟保存会建立)…(表面碑文)『・九戸草創期の居「大名館跡と御膳水」・代々の祈願所「九戸妙見と ...

岩手県二戸市福岡五日町。九戸城跡の三ノ丸に鎮座。松ノ丸の安養寺向かいです。九戸城跡に関する資料では当八幡宮について特に触れられていません。触れられていないっていうことは…そういうことなのでしょう。鎮座地が九戸城跡地だけに、調べれば色々わかりそうですが、県 ...

『呑香稲荷神社(二戸市)』からの続きです。稲荷文庫の裏には九戸政実神社や大作神社などがあります九戸政実神社。九戸政実神社…『九戸誠実が斬首された三の迫(宮城県栗駒町)の九戸神社から分霊して九戸城二ノ丸跡にも同神社が建立されましたが、老朽化等に伴い平成13年 ...

二戸市福岡字松の丸。かつての福岡村についてです。南部信直・利直の城下町として五日町・九日町が形成され、宿駅を中心として整備がなされ、文化も寺社を中心として発展。利直が盛岡城に移った後は、利直長子の経直が城代となって行政及び治安にあたりました。経直は慶長18 ...

岩手県二戸市福岡城ノ外。九戸城の北西隅、白鳥川と馬淵川の合流点を望む断崖に造営された堂宇で、奥州糠部三十三観音巡りの二十八番札所。白鳥川上流にあった寺(白鳥観音堂)が洪水で流された時、岩谷の断崖に漂着した観音様をこの場所に祀ったのが始まり。九戸の乱(1591 ...

岩手県八幡平市。JR花輪線白山踏切付近に鎮座。寺志田地区。鎮座地は荒屋新町の境。荒屋は戦国武士荒屋氏の本拠地で、浄法寺方面から鹿角・盛岡の2方面に通じる交通の要衝。荒屋氏は浄法寺畠山氏の一党。荒屋館は安比川に面した尾根上。天正年間の頃、荒屋弥左衛門の居館。鳥 ...

岩手県二戸市金田一大釜。鳥居額束。拝殿向拝神額。拝殿内。正面に本殿。奉納幕紀年銘は昭和58年1月吉日。天狗がいました。白山神社の由耒…『【一.加賀の国大本山 白山本宮について】加賀の国(今の石川県)大本山白山本宮は「霊峯白山」のまつりの庭として「白山本宮」「白 ...

岩手県二戸市福岡中村。 同じ二戸市の下斗米の大宮神社の由緒はわかるのですが、こちらはわかりませんでした。大宮神社といえば盛岡市の大宮神社が有名です。 狛犬一対。 拝殿向拝神額。 拝殿内。 廿三夜・庚申塔(文久元年辛酉7月)。 眺望。 十三区公民館近 ...

岩手県二戸郡一戸町姉帯字川久保・舘。九戸氏の一族である姉帯氏の居館を紹介。馬淵川北側の50m以上の断崖上に築かれた典型的な山城で、天正19年に九戸城攻略の前哨戦で落城。さて、上の写真(姉帯城跡案内標柱)から少し進んだところに神社がありました。 鳥居。 本殿覆 ...

↑このページのトップヘ