くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (岩手県)

1
岩手県二戸市金田一大釜。
2
鳥居額束。
3
拝殿向拝神額。
4
拝殿内。正面に本殿。奉納幕紀年銘は昭和58年1月吉日。
5
天狗がいました。
6
白山神社の由耒…『【一.加賀の国大本山 白山本宮について】加賀の国(今の石川県)大本山白山本宮は「霊峯白山」のまつりの庭として「白山本宮」「白山一宮」と仰がれ白山比咩神社」の御鎮座は崇神天皇の七年と伝えられその後、大火により、旧鎮座地の古宮址の森から三宮鎮座の地である現在地に、御遷りになり後土御門天皇の文明十二年から数えて昭和五十五年が五百年にあたるといわれる。現在は加賀の国石川郷鶴耒町三宮に鎮座している。【二.白山神社 神紋の由耒について】神紋の名称は「三子持亀甲瓜花」と申します。この神紋は、六角の亀甲の形を七五三に配した三つ子持ち、即ち、三条の構を配し、その中に瓜の花を描いたもので、その意味は、亀甲は千寿万歳の長寿を卜し、三つ子持ち即ち三条の構えは父祖から子、子から孫へと過去、現在、未来に亘って絶えることない「家運長久の表現」であり瓜は古代における「珍菓」であり、これを神に捧げて子孫の繁栄を祈るという「神まつりの表現」であります。したがって「白山神社」は家運長久、子孫繁栄、神人和楽の神であります。【三.下平白山神社の鎮座】明治の初期、加賀の国から岡部昌庵という医師が金田一村「野月」の舘日野屋新兵衛方に転居し、その時持ち来った加賀の国白山神社の分神を此の野月に鎮座させたものと思われる。その後幾度か転居し、最終的には現在の森氏の家に住み死亡されている。現在の白山神社は、その後、八坂神社、秋葉墓地などを探し、だいぶ明確になって耒ました。百年以上の歴史をもっています。当白山神社の祭礼は毎年十月二日に定め礼拝致しております。【四.岡部家の家系と白山神社の歴史】初代岡部昌庵-明治十九年九月二十八日没。岡部マサ-明治二十七年七月九日没。二代岡部昌栄-昭和七年一月二十五日没。三代岡部安-昌庵の二男が昭和八年三月一日相続。その後の岡部家の消息は不明である。』
7
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

イメージ 3
岩手県二戸市福岡中村。
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
同じ二戸市の下斗米の大宮神社の由緒はわかるのですが、こちらはわかりませんでした。大宮神社といえば盛岡市の大宮神社が有名です。
イメージ 7
狛犬一対。
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
拝殿向拝神額。
イメージ 12
拝殿内。
イメージ 13
イメージ 14
廿三夜・庚申塔(文久元年辛酉7月)。
イメージ 15
眺望。
イメージ 1
十三区公民館近くの小高い場所にあります。
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 31
岩手県二戸郡一戸町姉帯字川久保・舘。九戸氏の一族である姉帯氏の居館を紹介。馬淵川北側の50m以上の断崖上に築かれた典型的な山城で、天正19年に九戸城攻略の前哨戦で落城。さて、上の写真(姉帯城跡案内標柱)から少し進んだところに神社がありました。
イメージ 32
鳥居。
イメージ 33
本殿覆屋。
イメージ 34
姉帯城跡と関係するものかはわかりませんでした。
イメージ 35
棟札には「奉再建立新手山雷神火結尊堂一宇」(昭和4年旧7月3日)と見えました。
イメージ 36
案内板通りに進むと車1台がやっと通れる幅になります。あまり人は来なそうですけど、もしも対向車が来たら地獄です。運転に自信のない方は歩くのがいいと思います。駐車場も2台分ほどありますが、やはり徒歩が無難かと。
イメージ 37
駐車場からはこのような歩道です。
イメージ 38
歩道から見た車道。
イメージ 39
歩道を上り終えると…
イメージ 40
このように急に開けていました。
イメージ 1
イメージ 2
西の郭です。
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
案内板「姉帯城跡(一戸町指定史跡)」より…『指定年月日:平成5年5月1日。所在地:一戸町姉帯字川久保・舘。所有者:逢坂藤市郎・中村安七郎・中村日出男・中村茂一・中村正直・昆久右エ門。姉帯城は中世南部氏の一族である姉帯氏の居館であったと言われています。姉帯氏は姉帯に五百石の他、飯岡に一千石(現盛岡市)の領域を持ち、九戸南部氏とのつながりが深かったため、戦国時代末期の南部家の領主をめぐる争いでは、九戸方の有力豪族として戦っています。天正19年(1591)、豊臣軍は九戸城攻略の前哨戦として姉帯城を攻撃しました。これに対し領主姉帯大学兼興・五郎兼信兄弟や大学の妻で長刀の名手小滝の前、棒術の名手である小屋野など、一族郎党が近隣の諸豪族とともに城に立てこもり応戦したものの、大半が討ち死にし落城してしまいました。城は馬渕川北側の50メートル以上もの断崖の上に築られた典型的な山城で、東西2つの郭から構成されています。西の郭は東西130メートル、南北60メートル、東の郭は東西120メートル、南北100メートルの規模で、東端には幅10メートルを越す堀が二重にめぐり、東の郭と西の郭の間にも幅20メートル以上の大きな堀があり、この堀にそって西の郭に高さ2.7メートルの土塁が残っています。平成8年度から3年間、一戸町教育委員会で学術調査をしたところ、特に西の郭で重複した建物跡や墓跡などが多数見つかりました。墓からは人骨や副葬された銅鏡・古銭、周辺からは鎧・槍先・刀・矢じりなどの武具が大量に出土しており、合戦の生々しさを伝えています。建物跡やその周辺からは、中国産や国産の陶磁器などの生活用具とともに、当時流行した茶の道具なども出土しており、豊かな戦国武将の生活の一端が明らかになっています。』
イメージ 6
案内板の写真によれば、特にこの付近(西の郭)から建物跡や墓跡などが多数見つかっています。
イメージ 7
案内板の写真。
イメージ 8
案内板の姉帯城跡全体図。
イメージ 9
四阿のような建物があります。
イメージ 10
色々貼ってありますね。
イメージ 11
案内板より…『平成8年度から10年度までの発掘調査で新しい資料が見つかり、姉帯城の様子を今までより詳しく垣間見ることができるようになりました。新しく見つかったものには火災にあったと思われる建物跡や鉄砲玉の鋳型、槍先などもあって、城中での攻防を生々しく今に伝えています。墓と思われる穴も十数基見つかっておりますが、一緒に埋葬された遺物(当時の銭など)から、「九戸の戦い」に伴う戦死者の墓と考えられます。穴はいずれも人をやっと埋められる位の浅さで、配置もばらばらであり、落城後まもなく、みかねた付近の住民が埋葬したものでしょう。墓の一つからは和鏡3枚が出土しています。これは身分の高い人のお墓だったのでしょうか。平成15年9月10日一戸町教育委員会』
イメージ 12
反射して見にくいかと思いますが…鉄砲玉の鋳型出土状況。
イメージ 13
槍先出土状況。
イメージ 14
和鏡出土状況。
イメージ 15
案内板(小林家古文書)…『平成11年4月、大館市在住の小林重治氏(当時83歳)が一戸町教育委員会を訪れました。その時小林家お土蔵からでてきた古文書を拝見させていただいたのですが、その内容は驚くべきものでした。天正19年(1591)年、九戸の戦で姉帯大学兼興、兼信兄弟他一族郎党が討ち死し、姉帯城は落城していますが、文書には兼信の子(当時2歳)が姉帯城落城の時、乳母に抱かれ金田一村(現二戸市)に逃げ、その後深山に隠れ成人し苗字を小林とし、慶長14年(1614)に秋田に移り住んだと記されていました。その日、小林さんは先祖の眠る地、姉帯城を訪れ感無量のご様子でした。』確かに驚くべき内容です。
イメージ 16
『承久二年 庚辰 二拾代也 御嫡男南部彦三郎晴継公 家来九戸之城主 九戸修理佐政實 其先祖尋るに多田満仲三男美女丸之御子撫子丸を多田満仲中務太夫源等公三十七代後胤也家臣恩田野大学兼興弟五郎兼信也右先祖尋るに古畠山重忠大郎等恩田六郎安時の嫡十九代也九戸政實ニ相随いて姉帯城を守天正十九年九月五日兄弟討死天正十九年卯年九月五日兄弟討死南部太膳太夫信直御子彦三郎利直と主人九戸修理佐政實合戦之時都勢堀尾帯刀伊部兵部少輔ために九月五日親父五郎兼信二十八歳にて討死此嫡子幼名市郎弐才なり候得とも親兼信討死之時乳母に抱かれ金田市村かくれ居候得共九戸天正十九年卯十一月三日九戸落城之後信直信利国中落人詮儀乳母に被深山にかくれ成人過迄農家いたし小林きり開住家とし依而小林を苗字にいたし農業或狩人なんとにて取暮候得共弥々国中吟味正敷故慶長十四年酉年秋田江参り申候』・『小林家之先祖を恩田六郎安時と云畠山重忠六郎等也安時十九世之孫恩田野大学益興其弟同苗五郎兼信兄と同南部九戸城主九戸修理佐政實ニ任天正十九年主人政實九戸城ニ據る南部大膳太夫信直兵を発して之を討つ克つ事能ハず之ニ因て応援として堀尾帯刀井伊兵部少輔大軍を率て之を囲む此時兼信姉帯城を守九月五日戦敗れ討死享年二十八歳其子纔に二歳幼名市郎と云乳母ニ抱かれ金田一村ニ匿る同年十一月三日九戸城陥る信直国中ニ会して大ニ九戸之党を索市郎乳母ニ養山深之間ニ匿れ成人之後農となり小林を切り開き住居す依而氏を小林と改む農或ハ狩を業とす其後捜索益厳之慶長十四年遂ニ秋田に来り秋田郡川口村ニ住す世ニ農を業とす』
イメージ 17
写真も色々ありました。
イメージ 18
イメージ 19
八坂神社・稲荷神社・一戸まつり山車(平成17年8月ポスター)。
イメージ 20
「武運つたなく敗れはしたが智将兼興天を衝く」(見返し)「智男備えし小滝の前が二十一才の命露と消ゆ」。九戸の乱の緒戦、姉帯城に篭る若き猛将大学兼興は秀吉奥州仕置きの大軍を引き受けて獅子奮迅の働きの末、愛妻小滝とともに壮絶に散りました。
イメージ 21
西の郭にある鳥居。
イメージ 22
鳥居の脇。
イメージ 23
「恭惟為姉帯城主大學兼興公並一族累代諸精霊追善供養塔」。
イメージ 24
平成7年9月17日奉修。施主・発起人代表「逢坂藤市郎外有志一同」建立。
イメージ 25
イメージ 26
こちらは読み取りにくのですが、建立賛助金名が書かれていました。平成7年9月吉日。
イメージ 27
鳥居をくぐります。
イメージ 28
巨木と小祠があります。
イメージ 29
棟札には「二勇大明神」とありました。紀年銘は平成3年7月吉日。願主は姉帯城跡所有者・供養塔施主と同じく逢坂藤市郎氏。
イメージ 30
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ