くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ:遺構・遺跡・痕跡・城址・廃墟・碑等 > 弘前城 ・ 弘前公園

イメージ 2
4月20日に開幕。
イメージ 1
そこそこ咲いているとの情報を得て、歩き回ってきましたが、正直まだまだといった感じでした。
イメージ 3
外濠でもこんな感じ。
イメージ 4
イメージ 5
一見咲いているように見えますが、近寄るとほぼ咲いていないのがわかります。これらが全部咲いて、もっとモコモコモフモフになってこそ弘前公園の桜です。
イメージ 6
満開をお見せできなくてすいません。でもこの記事が掲載される頃には既に散っているでしょう。
イメージ 7
イメージ 8
気合いも空回りでピントも合いません。
イメージ 9
でも観光客はたくさんおりました。
イメージ 10
あまり咲いていないため、ハートも微妙です。
イメージ 11
ってことで花より団子モードに切り替え。
イメージ 12
団子は裏切りません。
イメージ 13
イメージ 14
本丸付近へ。
イメージ 15
本丸石垣。
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
ありがとう平成。
イメージ 19
慶祝令和。
イメージ 20
桜じゃなく外濠分水を眺めるやばい奴。花筏になる前によく観察しておきましょう。
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
そして毎度のことながら、おちると…
イメージ 24
死にます。
イメージ 25
弘前公園内から岩木山。
イメージ 26
夜の町はさくらまつりモード全開でございます。
イメージ 27
イメージ 28
かくみ小路です。
イメージ 29
【追記】4月25日
イメージ 30
イメージ 31
イメージ 32
【追記】4月28日
イメージ 33
イメージ 34
イメージ 35
イメージ 36
イメージ 37
イメージ 38
イメージ 39
イメージ 40
イメージ 41
イメージ 42
イメージ 43
イメージ 44
おまけ。オープンしたばかりの観光交流施設「秋田犬の里」より。ちなみに触れ合えません。※プレオープンに訪問したので今後どうなるかはわかりません。
イメージ 45
もう一つおまけ。ふくろうの城弘前店。
イメージ 46
イメージ 47
イメージ 48
イメージ 49
こちらは触れ合えます。ちなみに犬やハリネズミもおりました。
イメージ 50
イメージ 51
イメージ 52
イメージ 53
イメージ 54
イメージ 55
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1
世の中に
イメージ 2
絶えて桜の
イメージ 3
イメージ 4
なかりせば
イメージ 5
イメージ 6
春の心は
イメージ 7
イメージ 8
のどけからまし
イメージ 9
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 5
本丸未申櫓台出土の梵字石の紹介。
イメージ 6
元禄7年(1694)に石垣を修理した際、不動明王の梵字を刻んだ石が出土したという記録が、当時の藩庁日記に残されているそうです。この石は現在、弘前市内の最勝院に保存されていますが、境内の隅にひっそりと置かれているため、意外に誰も気付きません。
イメージ 7
慶長16年(1611)鷹岡城完成。築城当初の天守は五層であったといわれ、本丸の南西隅に位置していましたが、寛永4年(1627)の落雷により焼失したと伝わっています。この頃の逸話として、国上寺にある不動明王(別名「汗かき不動」※汗をかくと不吉な事が起こるとされていました)がびっしょりと汗をかいたため、住職が藩主津軽信枚にこのことを伝え、最近領内で地震や災害ばかりおきていたので心中穏やかでなかった津軽信枚は急いで国上寺の不動明王へお参りに向かって留守にしている間、天守が落雷で焼け落ちたといいます。
イメージ 8
元禄7年(1694)5月に幕府から石垣築造の許可を得た弘前藩は、同年7月に起工式である御鍬初を開催。9月より南西隅にある未申櫓台(旧天守台)から工事を始めます。本丸東面の石垣は築城の時点では築きかけの状態でしたが、元禄8年から石垣の積み足しが開始されています。元禄8年(1695)に未申櫓台石垣完成。その際に修理中の石垣内から不動明王の梵字を刻んだ石が発見されました。元禄12年に本丸東面石垣完成。
イメージ 1
『弘前城石垣改修砌出土之不動明王梵字石・(カンマーン)之梵文種字也。維持平成廿八年旧六月十三日雨除屋根建立畢。金剛山最勝院第卅八世法印公彰代』
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ