くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (田舎館村)

南津軽郡田舎館村和泉岡本。 由緒等は以前の記事を参照ください。 以前の記事『和泉稲荷神社 (南津軽郡田舎館村和泉)』 拝殿内は真っ暗で何も見えず。 和泉鎮守稲荷神社鎮座地蹟碑。 狛犬一対(昭和31年旧6月16日・和泉村中一同建立・撫牛子桜庭石工)。桜庭石工は撫 ...

周囲に水田が広がり、南に小阿弥堰が流れる東光寺村。正保2年(1645)の津軽知行高之帳の田舎郡の新田に藤光寺村とあります。 貞享4年検地水帳によりますと八幡社地2畝歩とみえます。 御祭神は誉田別命。 最も古い棟札として文化7年(1810)のものがありますが、伝承と ...

御祭神は倉稲魂神、素盞鳴尊。 枝川村周辺では浅瀬石川からの取水が行われており、所謂枝川三堰と呼ばれる枝川堰・諏訪堂堰・大曲堰が設けられました。 旧村社の地内稲荷神社は、かつて神八之助の宅神であったものを、寛永元年(1624)に枝川三堰の守護神とし ...

かつての境森村。 御祭神は大日靈尊。 元禄年間(1688-1704)再建。 延暦12年(793)6月に坂上田村麻呂が蝦夷退治の際に大日靈尊を祀り大日堂を建立したとの伝説も残します。 天正6年(1578)に津軽為信公が浪岡城を攻撃の折、当社の森にて休憩し、夢にて天照皇大神の教 ...

御祭神は天照皇大神。 かつては修験弥勒院抱えの日月堂(日天月天堂)。 創建は寛永元年と伝えます。 垂柳と枝川両村の氏神として崇敬された神体仏号の神社。明治4年の神仏分離の際に神明宮に改称。 大同2年(807)、坂上田村麻呂が蝦夷征伐に来た折、神仏の加護を受け ...

神堂橋。 かつての堂野前館(東光寺館)跡地に鎮座。 御祭神は譽田別尊。 創建不詳ですが、正保4年(1647)、堂野前村、東光寺村、前田屋敷村右3ヶ村にて五穀成就、村中繁栄を願い、主福士吉衛門・神職市十郎が京都男山祇鳩峰岩清水八幡宮より勧請と伝えます。 貞享4年 ...

詳細は前回の記事も参照してください。 『田舎館城 & 生魂神社 (南津軽郡田舎館村)』 大きな丑が一対。 後ろ姿。 鬼板に卍の家紋がある拝殿。 御祭神は生魂神(生島神・足島神)。もとは大日如来堂で、大同2年坂上田村麻呂の建立。本来は大根子にありましたが、大 ...

周囲が水に囲まれて、小島の状態をなしていて、昔の面影をとどめています。 貞享4年検地水帳・元禄15年堂社縁起修験道由緒・享和3年寺社領分限帳に、いずれも弁才天堂(堂2尺5寸2尺4面。宮地6間5間。木数60本。内杉2本5寸廻。雑木58本3尺廻-1尺廻迄。)がみえます。杉は落 ...

八反田村。 古舘という住所です。 かつて八反田館がありました。 田舎館城は北方にあるこの八反田館の水門や畑中の水門を閉じると、外掘によって一面が湖沼となる構造でした。八幡宮から程近い八反田の隠し水門は現在水路になっていますが、その名残を留めています。 ...

かつての和泉村。遺構はありませんが、かつての和泉館跡(館主・津島和泉)付近と考えられます。 貞享4年検地水帳によりますと、常福院抱えの稲荷社が見えます。 創建年月日は不詳。 氏子安全と五穀成就祈願のため、川部村次五ヱ門並びに川辺村中、和泉村中にて建立され ...

大根子村。 御祭神は迦具土神。 脚無御神馬。 村内新城館に長福山極楽寺を建て不動尊を勧請。文中年中(1372-1375)極楽寺は田舎館村へ移り、不動尊だけ村の産土神として残ったと伝えます。 新撰陸奥国誌によりますと、「旧は不動の像を安す木像にして、寛永12年未8月 ...

前田屋敷村です。 神社前には堰があり、橋を渡って境内へ。小阿弥堰かな。 御祭神は天照皇大神。 狛犬。 一つはスマートですが、一つは中々メタボ(笑) 由緒は不明ですが、往昔より村中の信仰厚かったと伝えます。かつては大日堂と称していました。隣村の堂野前 ...

参道がそこそこ長いのですが、車でも行けそうです。 かつての川辺村で、貞享4年検地水帳によりますと、修験常伏院抱えの観音堂・熊野堂地が見えます。 享和3年寺社領分限帳によりますと、坂上田村麻呂創建と伝える熊野権現宮と延宝4年創建の観音堂が見えます。 熊野宮の ...

諏訪堂村。天文年間(1532-1555)の津軽郡中名字に『戦藤すはどう須和堂、諏訪堂とも書ク』とあります。 天正13年(1585)大浦為信の津軽統一最後の戦い(田舎館攻撃)の際、『諏訪堂村に垣上を構られ』と為信の本陣が築かれました。 津軽諸城の研究によりますと、この館 ...

大袋村。北流する平川右岸の堤防上にあり、北は豊蒔村、北東は大根子村、南東は日沼村、南西の平川対岸は境関村に接します。 御祭神は倉稲魂命。 創建不詳。 古来より稲荷宮と称えられ、元和4年(1618)に新たに社殿建立し、大袋村の葛西又右衛門をはじめ、村民一同深く ...

↑このページのトップヘ