くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ:寺・神社 (五所川原市) > 寺・神社 (旧市浦村)

イメージ 1
相内郵便局前の道路を横断し石段を上った丘陵上にあります。
イメージ 2
十三山湊迎寺の末庵で浄土宗。本尊は阿弥陀如来。正徳元年(1711)順宗の草創(新撰陸奥国誌)。陸奥古碑集によりますと、蓮華庵の建物は俗称山王坊の地より移転したものと伝えます。境内には禅林寺跡から発見されたという延文年間(1356-1361)の板碑が5基があります。
イメージ 3
寛政8年(1796)にこの付近を訪れた菅江真澄は『外浜奇勝』の中で「人の屋のしりよりしてゆくに庵あり。延文など、ふるき石のそとばたてり。」或いは「沢奥に、山王坊とて寺のあともありき。(中略)かの沢のそこに、としふる石碑どもまろびうもれたししを、近き世に此里のところどころにもてはこび建しなどかたり」と記しています。
イメージ 4
イメージ 5
蓮華庵の境内には中世の供養塔である板碑5基が残されており、そのうち延文2年(1357)銘をもつ板碑1基、更に永和の年号(1375-1378)とみられる板碑1基が確認されています。
イメージ 6
板碑には阿弥陀如来を示す種子(キリーク)、八葉蓮弁に囲まれた月輪や六字名号が刻まれており、板碑は時衆(時宗信者)と熊野信仰に関係が深いとされています。
イメージ 7
イメージ 8
中世にこの地を支配した豪族安藤氏は時衆であり、阿弥号をもつ一族の名が時衆過去帳にも記されているそうです。また、蓮華庵の板碑は鰺ヶ沢町、深浦町折曽の関・北金ケ沢にある板碑群と共通する部分が多いことも判明しています。
イメージ 9
特に関の板碑群には安倍季□、安倍是阿など、安藤氏の別姓である安倍を記す板碑が2基含まれており、更に安藤氏の所領が折曽の関一帯にあったことが諏訪大明神絵詞により明らかとなっています。蓮華庵の板碑は安藤氏関係者により造立されたものであり、十三湊・山王坊のある十三湖一帯を安藤氏が支配したことを証明する一級資料。
イメージ 10
イメージ 11
蓮華庵の境内には菅江真澄が記録したとおり、山王坊一帯から集められた中世の五輪塔や宝篋印塔、無縫塔が本堂横の覆屋や墓地内に納められています。
イメージ 12
イメージ 13
中泊町博物館にあった複製品。
イメージ 14
イメージ 15
赤痢死者合祀墓。
イメージ 16
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1

イメージ 2
最初の大きい鳥居(五所川原市十三)から2kmほど進んだところにあります(社殿はつがる市富萢町)。
イメージ 3
イメージ 4
案内板より…
イメージ 5
イメージ 6
「浜の明神は、中世に貿易港として興隆した十三湊の水戸口に航海の守護神として鎮座していた。文久3年(1863)には、湊明神宮境内から119体の仏像や土台石等が出土している。」
イメージ 7
延宝4年(1676)の創建。
イメージ 8
イメージ 9
十三往来によりますと、「亦浜之大明神之奉拝社堂、並甍玉籬立、囲厳神殿之床十四丈、立遠鳥居、其間畳切石、不異瑠璃扉(中略)寔悲願頼母敷霊社也」などとあり、港に出入りする船の安全祈願をする社でした。
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
社殿内。
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
本殿。
イメージ 18
井戸がありました。
イメージ 19
境内正面には明神沼。
イメージ 20
3代藩主信義の治世だった寛永8年から明暦元年頃にかけてはこの沼の南端に水戸口があり、強い西風と砂の影響もあり、徐々に北へと移動したといいます。現在の水戸口は北へ約4km。
イメージ 21
イメージ 22
神社からはピラミッド(靄山)が見えます。
イメージ 23
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1

イメージ 2
市浦地区。古館遺跡と並んだ台地上にあります。御祭神は伊邪那岐命、伊邪那美命。※一の鳥居はかなり離れた海沿いにあり。
イメージ 3
建保2年(1214)安倍貞季が紀州那智の熊野権現の分霊を祀った社であるといわれ、墳館の守護神として崇められました。
イメージ 4
なかなか個性的な狛犬。
イメージ 5
イメージ 6
神社微細上帳には「右草創年月相分不申候共延宝五丁巳年より村中にて再建仕来候」とあります。
イメージ 7
旧地名を誘松と称し、地名の通り社地の松が沖を行く船の目印となったそうです。
イメージ 8
加賀、能登方面からの船絵馬の献額が多く、船頭衆から崇敬された神社。明治6年4月村社に列せられます。
イメージ 9
イメージ 10
山神。
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
案内板より…
「熊野宮…建仁2年(1214)安部貞李が紀州那智の熊野権現の分霊を祀った宮といわれる。憤館の守護神として崇められた。
憤館…寿永2年(1183)5月3日安部氏李は望湖山神護寺を開山し立ち入れ禁断の秘寺とした。」
※建仁2年=1202年、建保2年=1214年。
イメージ 14
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 33
市浦地区です。
イメージ 1
御祭神は天照皇大神。
イメージ 2
勧請年月不詳。
イメージ 3
御伊勢堂と称しており、安藤福島城の鬼門に当ることから館神として祀られたものと考えられています。
イメージ 4
イメージ 5
一説によれば、安東・阿部の祖にあたる安日彦、長髄彦の遺骸を再葬した墓地と伝えられ、長髄神社、荒吐神社と称していました。
イメージ 6
イメージ 7
建久2年(1191)、安倍神社として再建されますが、応永33年(1426)福島城と共に焼失。
イメージ 8
イメージ 9
延徳2年(1490)、天眞名井宮義仁親王が津軽に落ち当地に御幸、往古の安倍一族を偲び於世堂と号して一宇を建立したといわれています。
イメージ 10
イメージ 11
元文3年 (1738) 、津軽藩の寺社令によって御伊勢宮と称され、 弘化2年(1845)に神明宮と改称。
イメージ 12
菅江真澄が次のように記しています。
イメージ 13
「今泉という村にくると、山路にゆく道があり、また潟辺へゆく道もあった。この潟ぞいの涼しい道をつたってゆくと、水面上に遠く岩木山が巻き貝のような形に眺められる。ななひらの山の麓もすぎて、中山もとおり、赤坂をくだった。南方に大野という広い野があり、そこに誰であったか、すんでいたという古い城柵のあとがあった。神明の社のある林に幣をとり、橋をわたれば相内の里になって、三輪某という酒屋のもとに宿をかりた。」
ここに出てくる神明宮が恐らく相内神明宮でしょう。
イメージ 14
かっこいい狛犬(大正7年旧7月16日)。
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
忠魂碑。
イメージ 18
御神馬。
イメージ 19
手水舎の龍。
イメージ 20
拝殿。
イメージ 21
イメージ 22
末社。
イメージ 23
須佐之男神?山の神?暗くてよく見えず。
イメージ 24
イメージ 25
本殿裏手は遊歩道になっていました。『青森の伝説』によりますと「神明宮の裏に底なしの沼がある。葦毛沼といって、神様の乗馬であるアシゲの馬が沈んだ沼だと伝えられ、恐れてこの沼にはいる者がなかった。ときにアシゲの馬の姿が現われ、これを見て馬が驚いて走り出し、けが人が出たりした。それでここを通るときは、必ず馬からおりて通れといわれていた。」とあります。
イメージ 26
参道を戻ります。
イメージ 27
途中の松に虫送りの虫が括り付けられています。
イメージ 28
イメージ 29
約450年の歴史を持つ相内の虫送り(県無形民俗文化財指定)は津軽地方の虫送りの原型といわれており長い歴史があります。
イメージ 30
イメージ 31
イメージ 32
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1

イメージ 2
桂川という川が流れる町桂川に小さな社がありました。
イメージ 3
通りは1本違いますが位置的には日吉神社からも程近い場所です。
イメージ 8
青森県神社庁にも記載はなく由緒等は不明。相内村の歴史にもその名を見つけることができませんでした。富野猿賀神社より分霊されたのでしょうか。
イメージ 9
イメージ 10
いずれにせよ猿賀さまとして農業や漁業の守護神として村から崇敬されてきた社でしょう。
イメージ 7
大正6年故橘新吉君之霊とかかれた石碑がありました。
イメージ 6
平行してもう一つ鳥居。
イメージ 5
こちらは山之神とありました。
イメージ 4

↑このページのトップヘ