くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (五所川原市)

イメージ 17
嘉瀬観音山(嘉瀬スキー場:昭和6年)です。嘉瀬駅の東約700m、標高約50mの松林の丘陵。地元では憩いと信仰の場となっております。疎開中の太宰治が地元の青年たちに招かれて、ここで発表前の「トカトントン」や「春の枯葉」「冬の花火」を朗読したという逸話を残しています。
イメージ 18
鳥居が2基ありますが、どちらを進んでも上で繋がっています。左の鳥居へ。
イメージ 19
左の鳥居を進んだ先にある山の神。
イメージ 20
イメージ 21
扁額には松川林業とありました。
イメージ 22
右の鳥居へ。
イメージ 23
山を登ります。
イメージ 24
眺望。
イメージ 25
薬師神社。かつての薬師堂です。
イメージ 26
向拝下扁額。
イメージ 27
かつての小栗崎村で、貞享4年検地水帳には薬師堂地が見えます。観音堂地とともに「堂建無之」とあり、薬師堂地は薬師長根と呼ばれる野原の中にあります。嘉瀬は四代信政公の頃から栄えました。明治40年頃に旧金木競馬の出現に伴い、嘉瀬観音は廃れたために、古川勇之助が三十三観音とお堂を建てた記録があります。
イメージ 28
狛犬一対(大正6年旧■月8日※破損して読み取れず。小栗崎村百万遍連中・発起人15名)。
イメージ 29
イメージ 30
薬師神社の真裏にも建物があります。
イメージ 31
イメージ 32
太子堂(平成16年9月19日拝殿新築)でした。
イメージ 33
太子堂本殿。
イメージ 34
嘉瀬観音公園のきぬたの小道句碑群。
イメージ 35
イメージ 36
一部紹介。
イメージ 37
『藁燃えて津軽野の秋昏れ急ぐ』篁村
イメージ 38
『花ごもり熱のこる児のつめを切る』喜美枝
イメージ 39
『菊のかおり心のかおり豊かなり』天小人
イメージ 40
『観音堂郷は夕霞薄墨絵』山灯子
イメージ 41
『石仏に触れつはなれつ夏の蝶』青炎
イメージ 42
『鳩翔びて日の出の夏を切り開く』私月
イメージ 43
『人声に人影見えず夏木立』岩田重美
イメージ 44
『松籟や並びて在す観音像』白泉
イメージ 45
『青田梅縞たてて風泳ぎゆく』一歩
イメージ 46
嘉瀬観音山には嘉瀬三十三観音巡りの道が開かれ、建立者302名によって昭和8年に三十三観音像が建立されました。
イメージ 47
イメージ 48
イメージ 49
嘉瀬三十三観音。
イメージ 50
イメージ 51
イメージ 52
イメージ 53
イメージ 54
メインの観音堂へ。
イメージ 1
イメージ 2
観音堂内。
イメージ 3
観音堂内に嘉瀬の桃(黒川桃太郎)を模したとされる桃地蔵が安置されています。※黒川桃太郎(明治19-昭和6)は嘉瀬村出身の津軽三味線奏者。津軽民謡中興の祖。
イメージ 4
七面大天女(日天先生遺筆・昭和62年9月吉日再建立)。
イメージ 5
イメージ 6
観音堂からの眺望。
イメージ 7
小祠(昭和62年8月26日)。
イメージ 8
石や木などが奉納されています。
イメージ 9
招魂堂へ。
イメージ 10
招魂堂。
イメージ 11
忠魂碑などいくつかの石碑がありました。忠魂碑はかつて嘉瀬中学校東にあったものを移したもののようです。
イメージ 12
忠魂碑(陸軍大将一戸兵衛書)。
イメージ 13
殉難警察官吏之碑(大正13年9月5日建立)。
イメージ 14
在郷軍人會の碑(大正9年5月)。
イメージ 15
有志人名碑。
イメージ 16
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 8
塗り直された鬼コを拝みに行ってきました。
イメージ 9
以前はなかった由緒案内板。
イメージ 10
再々訪なので、由緒等は過去の記事をご覧ください。今回は修復された鬼コ目的で参拝。
イメージ 11
過去の記事
イメージ 12
鳩一対(昭和6年)。
イメージ 13
イメージ 14
石灯篭一対(明治15年)。
イメージ 15
イメージ 16
奉納馬一対(昭和11年)。
イメージ 17
イメージ 18
狛犬一対(明治23年)。
イメージ 19
イメージ 20
手水石。
イメージ 21
拝殿向拝。
イメージ 22
鬼コ。
イメージ 23
青鬼です。
イメージ 1
随分と印象が変わりました。
イメージ 2
拝殿廻縁。
イメージ 3
本殿。
イメージ 4
本殿前狛犬一対(明治44年)。
イメージ 5
イメージ 6
百万遍、八幡宮、保食神、猿田彦大神、月読尊の石碑。
イメージ 7
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 3
飯詰字影日沢。飯詰本村の長坂集落から北方の沢目にあった村。飯詰の観光マップにも紹介されています。ちなみに飯詰地区の朝日沢(朝日館城跡にできた村)は影日沢に対する地名として名付けられたと伝えます。味噌ヶ沢は飯詰の支村で明暦元年(1655)に開村された村。味噌を盛り上げたような土盛遺構を古墳とみなして味噌ヶ盛と呼び、そこから味噌ヶ沢と呼ぶようになったそうです。また、十七軒伝説なるものがあり、集落世帯が17戸を上回っても下回っても災いが起きると言い伝えられてきました。どれが味噌ヶ盛なのかはわかりませんでした。
イメージ 4
味噌ヶ沢にある萢ノ沢溜池は、飯詰ほか松島・中川・嘉瀬の旧村地区にも及ぶ水田524町歩を灌漑する重要な用水池でした。明治44年(1911)4月5日に萢ノ沢溜池の堤防が決壊して死者4名、流失家屋15戸、浸水家屋50戸、埋没田及び耕作不能田500町歩の大参事となりました。その後も13戸が集落を維持するも昭和49年に下岩崎地区に集団移転し、廃村となりました。当時の建物は残っていません。
イメージ 5
こちらの建物だけが唯一古い感じがしました。
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
味噌ヶ沢の集落跡付近では田畑が営まれていたり、また採石場などがあるため現在も道がしっかりとしています。自然が気持ちいい場所です。
イメージ 2
イメージ 1
萢ヶ沢橋。
イメージ 9
萢ノ沢溜池へ。
イメージ 10
イメージ 11
萢ノ沢溜池の堤上から見た萢ヶ沢橋。
イメージ 12
萢ノ沢溜池。
イメージ 13
イメージ 14
1周1時間半ほどの観察道路コースがあります。約20種類の野鳥や400種類ほどの野草の観察ができるそうです。特に雪解け後の水芭蕉は奥行100mに及び圧巻らしいです。雪解け後じゃないし、野草にも詳しくないのでやめておきました。
イメージ 15
明治の山津波で亡くなった方々の供養碑です。
イメージ 16
表面は例の如く達筆過ぎるため読めません。
イメージ 17
裏面には堤防決壊日、被害状況、亡くなった方の名前などが刻まれています。紀年銘は明治44年7月。
イメージ 18
味噌ヶ沢の大山祇神社。
イメージ 19
一の鳥居前の風景。
イメージ 20
小さい社号標。
イメージ 21
社号標の紀年銘は明治44年12月です。萢ノ沢溜池の堤防が決壊した日の数ヶ月後ですね。
イメージ 22
その他、村長の奥田順藏氏をはじめ、数名の名前が彫られています。
イメージ 23
大山祇神社は標高103mの山の中腹に鎮座しています。
イメージ 24
イメージ 25
途中倒木で遮られている場所が2ヶ所ありましたが、意外にも参道はしっかりしていました。
イメージ 26
イメージ 27
今も参詣している方々がいるのでしょう。
イメージ 28
見通しもいいし、きっと熊もいないでしょう。但し参道右側は谷になっています。
イメージ 29
見えてきました。
イメージ 30
かつての水害地域ということもあり、鳥居の鬼コがいる可能性も考えましたがおりませんでした。社殿も施錠されており、確認もできませんでした。賽銭箱もなかったので手だけ合わせて帰りました。
イメージ 31
なお、神社の建立年月日及び由緒等は不明です。
イメージ 32
イメージ 33
社殿の裏側は崖になっているので気を付けましょう。
イメージ 34
イメージ 35
周囲は巨木に囲まれています。
イメージ 36
狛犬一対。
イメージ 37
イメージ 38
狛犬と並んで狐も3体。
イメージ 39
イメージ 40
イメージ 41
萢ノ沢溜池の堤上から見た大山祇神社が鎮座する山。
イメージ 42
大山祇神社から少しだけ離れた場所にも道がありました。
イメージ 43
イメージ 44
10mほど歩くと巨木が現れます。
イメージ 45
その近くには地蔵尊の建物がありました。
イメージ 46
イメージ 47
こちらも地蔵尊。
イメージ 48
イメージ 49
隣には百万遍。紀年銘は大正15年です。
イメージ 50
小祠。比較的新しい感じがします。何が祀られているかはわかりませんでした。
イメージ 51
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ