くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ:寺・神社 (つがる市) > 寺・神社 (旧木造町)

イメージ 2
青森県つがる市木造出野里山吹。
イメージ 1
かつての出野里村。
イメージ 3
出野里村の神社仏閣として、集落西部に貞享3年創建(もしくは正徳6年)の神明宮ほか、集落北部に元禄10年(もしくは元禄15年)草創の浄土宗出里山無量院が見えます。御本尊聖観世音菩薩。
イメージ 4
イメージ 5
無量院は過去に2度の大火、水害に遭っており、焼失や流出により古い仏像及び記録等は残されていません。
イメージ 6
過去帳によりますと、「大善寺四代祖廓和尚開基。当寺造立元禄五年四月八日。境内反別一畝十七歩」とあります。更にこの後に「良東上人=天保七年三月十二日、貞昌寺から。良順長老=嘉永三年七月貞昌寺から来て蟹田専念寺へ。良直上人=天保九年四月専念寺から。良乗上人=天保十一年四月深浦より」と4名の住職の名があるだけで何代かは書かれていません。
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
津軽八十八所霊場第78番。
イメージ 10
観音堂。
イメージ 11
イメージ 12
観音堂内。
イメージ 13
私の下調べでは確か阿弥陀如来だったのですが…記憶違いかな…。向って左から水子観音・聖観音・地蔵菩薩です。
イメージ 14
「出里山 岩木の流れ清ければ 無量諸仏の迎えぞ待つ」
イメージ 15
隣に閻魔大王と奪衣婆。
イメージ 16
こちらは弘法大師像かな。網代笠というより…お椀もしくはヘルメットみたい。
イメージ 17
地蔵堂(※観音堂と同じ建物)。次のような伝説があります。明治初めの2月14日、冬では珍しい大水にて堤防決壊。寺を中心に付近一帯が大きな沼と化してしまいました。60日間も沼のような状態が続きましたが、ある日突然、境内に祀ってあった石の地蔵様が浮き上がり、沼の中をぐるぐると何回も回り始めました。その後、水が引き始めたと云います。以来、その地蔵様は浮き地蔵と呼ばれるようになりました。浮き地蔵は今も地蔵堂に祀ってあります。また、無量院から南へ約100mのところに「沼」の俗称が残っているといいます。この洪水があってから10年後に、寺の西側にあるセキの中から一冊の過去帳が見つかりました。上記で紹介した過去帳です。厚めの和紙を使用していたのと、土の中に埋まっていたことから29日、30日の分が欠如しているだけの状態でした。
イメージ 18
木造町史か何かの文献にて浮き地蔵の写真を見たことあるのですが、あまり特徴がなかったと記憶していて、どれが浮き地蔵かはわかりませんでした。
イメージ 19
宗祖圓光大師碑・百萬遍(平成10年8月)。
イメージ 20
無量院廿一世中興開山正僧正佐藤徳亮大和尚。
イメージ 21
戦歿者慰霊之碑(出精遺族會建立)。
イメージ 22
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 2
青森県つがる市木造芦沼雲雀野。県道162号線。かつての芦沼村で延宝年間に開拓された村です。
イメージ 1
恐らく馬頭観音です。
イメージ 3
イメージ 4
もう一つ祠がありますが中は確認していません。よって水虎様かどうかはわかりません。たぶん違うと思います。『水虎様への旅~農業土木文化の時空』には記載なし。
イメージ 5
塞神と猿田彦大神(弘化2年7月1日)。
イメージ 6
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1
青森県つがる市木造蓮川玉川。県道162号線沿い。
イメージ 2
建物が2つ。赤い建物は左右に区切られています。
イメージ 3
向って左側は更に中で2つに区切られています。
イメージ 4
いずれも何かはわかりませんでした。
イメージ 5
イメージ 6
右側は石祠と石棒が祀られております。
イメージ 7
石祠は猿田彦大神。
イメージ 8
石棒です。
イメージ 9
小さな建物は水虎様です。
イメージ 10
2体あります。夫婦タイプかも知れません。
イメージ 11
猿田彦大神。紀年銘は明治。
イメージ 12
百万辺。紀年銘は昭和25年旧7月2日。永岡村中。
イメージ 13
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ