くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ:寺・神社 (平川市) > 寺・神社 (旧碇ケ関村)

白糸の滝へ行く途中にあります。まず橋を渡ります。 水流はそこそこ激しい感じ。 橋の名は延命橋。 橋を渡ると四阿と十和田様。 こちらも水量が豊富でした。 色々な石が安置されています。『水神竜神 十和田信仰』によりますと、「(前略)関所のカーブのところには ...

文化8年(1811)に津苅川の沢にできた新村に名付けられて成立した村。 大山祇神社は寛政年間(1789-1801)勧請。村の成立よりも勧請年月日が少し早いです。碇ヶ関の中に新たに当村が開かれるに先立ち勧請されたということでしょうか。 ちなみに元薬師堂です。 御祭神は ...

羽州街道沿い。船岡パーキング(もしもしピット)の近くです。左折すればたけのこの里へと向かう道。以前ここに高福寺という大きな看板がありましたが現在はありません。 船岡パーキングから10mほど南下した所にひっそりと石段があります。 石段の上には結果として何もあ ...

津刈ダムの近くに鎮座しています。 私の地図には虻王権現神社と書いており、虻って珍しい神社だ!って思っていたのですが、実際は蛇王権現神社でした。 社殿内。由緒等は不明ですが御神体は白蛇であり、弁財天の遣いとして富をもたらし、また、境内に湧いている豊富な水 ...

国民の祝日、初「山の日」です。ってことで大山祇神社を紹介。山の恩恵に感謝!さて、碇ヶ関の大山祇神社は羽州街道(国道7号線)沿いに社号標があります。社号標の他には戦役紀年碑(明治37-38年)、葛原直叙翁碑(文堂高山如禅静敬書)。 大きくて立派な石燈籠が一対あ ...

以前から気になっていたことがあり、確認しに行きました。場所は羽州街道沿い(国道7号)の船岡付近。この辺りに「髙福寺」という大きな看板がいくつかあるものの肝心のお寺を見たことがないという謎。ちなみに現在看板は撤去されています。 以前看板が設置されていた場所 ...

御祭神は誉田別命。由緒不詳。 社伝に依りますと創建は人皇30代敏達天皇の御代まで遡りますが伝説の域を出ません。別当は国上寺埠頭蓮性院でした。明治初年の神仏分離により移転。 津軽郡が大津波のため入海となった際、入水を祓退けたことにより不浪寄八幡宮と称されるよ ...

寺伝によりますと、国上寺は推古天皇の18年(610)、国家北門鎮護のため、聖徳太子の命を受け秦川勝公が阿闍羅山上に伽藍を造営し、智者大師附弟圓智上人不動明王、両童子を刻して安置して開基し阿閣羅山不動院と号したのに始まります。 建長6年(1154)、北条時頼公が本尊 ...

↑このページのトップヘ