くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ:寺・神社 (平川市) > 寺・神社 (旧碇ケ関村)

イメージ 1
白糸の滝へ行く途中にあります。まず橋を渡ります。
イメージ 2
水流はそこそこ激しい感じ。
イメージ 3
橋の名は延命橋。
イメージ 4
橋を渡ると四阿と十和田様。
イメージ 5
イメージ 6
こちらも水量が豊富でした。
イメージ 7
イメージ 8
色々な石が安置されています。『水神竜神 十和田信仰』によりますと、「(前略)関所のカーブのところには日蓮宗系の法寿竜神明王の小祠があって信仰され、大落前川流域の大山祇神社前の清水には竜神を祀っている」とあります。
イメージ 9
イメージ 10
喜久山神社石段。
イメージ 11
一の鳥居は壊れてしまったみたい。
イメージ 12
イメージ 13
かつては大山祇神社であり、昭和10年に弘前市の個人が神社を含む山林を購入後、喜久山神社と改称したそう。
イメージ 14
イメージ 15
個性的な狛犬が一対。
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
いい表情です。
イメージ 21
台座の紀年銘(昭和11年旧6月12日)の横に「弘前市土手町 菊池長之建立」の文字が!紺屋町の旧菊池氏庭園(菊池長之別邸・御仮邸)、土手町の菊池薬局(明治39年創業)の方と言えば弘前市民ならわかりますよね。ってことは上記の弘前市の個人というのは菊池長之氏(明治12年-昭和13年)。
イメージ 22
イメージ 23
こんな所で菊池長之氏の名を目にするとは思わなかった。喜久山は菊池にかけてるのかな。
イメージ 24
社殿。
イメージ 25
イメージ 26
拝殿内。
イメージ 27
向拝下から見た境内。
イメージ 28
本殿。
イメージ 29
本殿の蟇股…
イメージ 30
これって家紋?菊池家の家紋が気になってきました。
イメージ 31
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 2
文化8年(1811)に津苅川の沢にできた新村に名付けられて成立した村。
イメージ 1
大山祇神社は寛政年間(1789-1801)勧請。村の成立よりも勧請年月日が少し早いです。碇ヶ関の中に新たに当村が開かれるに先立ち勧請されたということでしょうか。
イメージ 3
イメージ 4
ちなみに元薬師堂です。
イメージ 5
御祭神は大山祇命。
イメージ 6
イメージ 7
明治6年に碇ケ関の大山祇神社に一時合祀し後に復社。薬師堂から大山祇神社への改称は神仏分離令によるこの経緯が関係していると思われます。
イメージ 8
イメージ 9
社殿内。
イメージ 10
社殿裏。石が並べられていました。かつて本殿があった場所なのかな。不明です。
イメージ 11
石燈籠一対。シンプルながら変わった形です。
イメージ 12
イメージ 13
狛犬一対。
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
津軽構えのなかなか個性的な狛犬さんです。
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
小祠の中に小さな石祠。
イメージ 21
イメージ 22
稲荷宮のようです。
イメージ 23
村社大山祇神社新築記念碑。
イメージ 24
庚申塔。
イメージ 25
馬頭観音の祠。
イメージ 26
イメージ 27
祠内。
イメージ 28
両隣に御神馬と馬頭観音の石碑。
イメージ 29
イメージ 30
御大典記念碑と社号標。
イメージ 31
神社入口付近にある地蔵堂。
イメージ 32
イメージ 33
神社から少し離れた場所に「工藤米太郎記念館」という看板が見えました。
イメージ 34
裏に回って…
イメージ 35
米寿庵って書かれているこの建物のことかな。
イメージ 36
中を覗いてみると…
イメージ 37
えっ?何これ?(笑)
イメージ 38
何やら色々な物がありましたが、結局何なのかわかりませんでした(笑)場所間違ったのかな。この横の家の名字と同じなので個人所有のものかも。だとしたら勝手に覗いてすいません…でも道路沿いに記念館っていう看板を出されると観たくなるよー。
イメージ 39
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 12
羽州街道沿い。船岡パーキング(もしもしピット)の近くです。左折すればたけのこの里へと向かう道。以前ここに高福寺という大きな看板がありましたが現在はありません。
イメージ 13
船岡パーキングから10mほど南下した所にひっそりと石段があります。
イメージ 14
石段の上には結果として何もありませんでした。
イメージ 15
しかしながら石段を上ったところは僅かに平地となっており、中央には不自然な石が転がっていました。
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
再度石段を下りまして…
イメージ 19
石段途中のこの石。
イメージ 20
明らかに鳥居らしきものがあったと思われます。後から地図で確認してら舟岡神社とありました。かつて舟岡神社という神社がここに鎮座していたのでしょうか。
イメージ 21
イメージ 22
地図を見るとこのすぐ近くの集落に船岡神社とありましたので向かってみました。
イメージ 1
イメージ 3
先程の場所から移転してきたものなのかは不明です。
イメージ 2
社殿内。
イメージ 4
由緒はわかりませんが比較的新しいと思われる木造女神像が一体。天照皇大神かな。
イメージ 5
足に金庫が付いている御神馬。
イメージ 6
社殿前の地蔵堂と馬頭観音堂。
イメージ 7
地蔵堂内。
イメージ 8
馬頭観音堂内。
イメージ 9
こちらはその近くにあった立派な石碑。
イメージ 10
『水きよく 稲穂実る 久吉の里』碇ヶ関村長秋元俊一。
イメージ 11
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 7
津刈ダムの近くに鎮座しています。
イメージ 8
私の地図には虻王権現神社と書いており、虻って珍しい神社だ!って思っていたのですが、実際は蛇王権現神社でした。
イメージ 9
イメージ 10
社殿内。由緒等は不明ですが御神体は白蛇であり、弁財天の遣いとして富をもたらし、また、境内に湧いている豊富な水から推測するに水神として祀っているものと考えられます。
イメージ 11
ジュースが射的のように綺麗に並べられています。っていうか両端に何かいる(笑)
イメージ 12
大黒天、恵比寿、布袋尊が酒を酌み交わしているように見える絵馬。
イメージ 13
白龍大神。
イメージ 14
不明の石。
イメージ 15
社殿の裏には池があります。
イメージ 16
水量はかなり豊富です。
イメージ 17
綺麗な水でした。
イメージ 18
イメージ 19
池手前の古そうな石祠は稲荷宮。
イメージ 1
イメージ 2
池の奥の赤い小祠には石が祀ってあります。
イメージ 3
よく見たら大きな獅子頭でした。
イメージ 4
境内にある石碑。
イメージ 5
久吉大権現と刻みます。紀年銘はありませんでした。
イメージ 6
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 40
国民の祝日、初「山の日」です。ってことで大山祇神社を紹介。山の恩恵に感謝!さて、碇ヶ関の大山祇神社は羽州街道(国道7号線)沿いに社号標があります。社号標の他には戦役紀年碑(明治37-38年)、葛原直叙翁碑(文堂高山如禅静敬書)。
イメージ 38
イメージ 39
大きくて立派な石燈籠が一対ありますがいずれも崩れています。
イメージ 36
イメージ 37
正面の建物。
イメージ 35
中には綺麗に化粧された地蔵様や人形が祀られていました。水子地蔵っぽい雰囲気。
イメージ 34
その建物の裏に階段が続いています。写真ではわかりにくいのですが、上段から水が流れ落ちてきています。
イメージ 33
階段途中には彰忠碑(明治43年9月18日)。
イメージ 32
階段を上り切ると正面に大山祇神社が見えますが奥羽本線に遮られているため、現在ここからは神社に行くことは不可能です。
イメージ 31
ってことで迂回して大山祇神社へ。逆光失礼。
イメージ 30
御祭神は大山祇命、少彦名命、素戔嗚命。
イメージ 29
創建不詳。安政2年神社書上帳によりますと、天正14年(1586)の再建。
イメージ 28
古くは山神宮と称していました。元薬師堂という文献もあり。御祭神からするとどちらも正しいと思われます。明治の神仏分離令により大山祇神社に改称。
イメージ 27
注連縄が立派。
イメージ 25
イメージ 26
向拝下に「平成11年7月10日登志縄奉納」とありました。
イメージ 24
本殿。
イメージ 22
イメージ 23
本殿にも立派な注連縄があります。
イメージ 21
お花が綺麗だったので、本殿を色々な角度から。
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
手水鉢。
イメージ 17
狛犬一対。
イメージ 15
イメージ 16
庚申塔。
イメージ 14
その他記念碑等。
イメージ 12
イメージ 13
忠魂碑。
イメージ 11
石田政蔵先生頌徳碑。
イメージ 10
末社。
イメージ 9
中にはサンスケとも感じられる人型の木彫像。
イメージ 8
本殿真裏の少し窪んだ場所に建物がありました。
イメージ 6
イメージ 7
中央床に井戸。
イメージ 5
綺麗な水が湧いていました。底には白い石が敷き詰められています。
イメージ 4
龍神大神のようです。元薬師堂という由緒や御祭神にも関連しそうです。平成6年7月12日に新築されています。
イメージ 3
中央に祀られているのは白蛇。その後ろの札には南無妙法蓮華経、闇おかみ神・大山祇神・置船二柱神・手置帆負神・彦狭知命と見えます。上棟式(棟上げ)のものでしょう。
イメージ 2
その他小祠や石、蛇の絵馬などがありました。
イメージ 1
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ