くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ:寺・神社 (平川市) > 寺・神社 (旧平賀町)

かつての新田村で、天保4年(1833)に上新田と下新田に分かれ、下新田が荒田村となりました。 貞享4年検地水帳に村抱えの八幡社地がみえます。 下駒田の旧村社である当八幡宮は天文2年(1533)に小野井讃岐守裕政により勧請。 小野井讃岐守裕政は荒田館の館主とも云わ ...

御祭神は天照皇大神。 社号標には天照皇大神宮。 創建由緒は不明。 手水舎。 狛犬一対。 かつての原田村で、貞享4年検地水帳によりますと、村抱えの観音堂地24歩がみえます。 中世には稲元古城(岩楯曾我氏)があった地区ですね。 元和年間(1615-1624)の勧請と伝 ...

温泉に行って来ました。 紹介するのは温泉じゃありませんが。 りんご大観音像(高さ16m)。 左手でりんごを空高くかかげています。 中々の存在感。 館内からエレベーターで上がりますと、台座の中に入って拝むことが可能です(東館3階屋上)。参拝自由。 手水舎。 ...

御祭神は譽田別尊。 創立年月日は不詳。 延暦年間に坂上田村麻呂建立という伝説はあります。 杉館村は非常に古い集落で、正平15年(1360)6月5日の北畠顕信教書(盛岡南部文書)にある「津軽田舎郡冬井日野間両郷」の冬井郷を杉館にあてる説もあります。 ...

天保郷帳によりますと、八幡宮地5間×4間、惣染堂地5間×3間が見え、貞享4年検地水帳によりますと、村抱えの観音堂地4歩、八幡宮地20歩がみえます。昔は江戸への献上品として煮た蕨の塩漬の樽詰が送られています。 旧村社の八幡宮は川辺にあって村の氏神であり、丹波館 ...

かつての沖浦村の枝村として葛川村や平六村が見えます。葛川村は享保年間(1716-1735)には折戸村とも呼ばれていたそう。支村として東方に平六があります。 黒石城下までは遠く、道も険しかったことから、経済的には弘前藩領とつながり、浅瀬石川の橋を渡り、山道を琵琶 ...

御祭神は誉田別命。 坂上田村麻呂創建の伝説を持ちますが、慶長5年(1600)に村中安全の為に勧請。産土神として崇敬。相殿に稲荷宮があり、1堂2社が合祀されていましたが、明治4年に八幡宮とし、明治6年には沖館神明宮に一時合祀されるも同9年復社。 以下境内 ...

御祭神は天照皇大神。 由緒等は不明です。岩館という地名からして中世の古城があった場所でしょう。すぐ近くの石川城は13の郭の総称と言われ、別名を岩館十三楯ともいいます。もしかしたら現原田の古屋敷館(岩楯曾我氏)のことかも知れません。 さて、貞享4年検地水帳に ...

県道41号線沿いにある身代地蔵尊から少し入った場所にあります。 御祭神は天照皇大神。 龍の石柱がかっこいい。 一つは狛犬っぽい顔にも見えます。 さて、貞享4年検地水帳によりますと、観音堂地1畝余があります。 古来観音堂として信仰されていた神明宮は、西隣の ...

とても狭い境内地で、車だと見逃してしまいそうな感じです。 貞享4年検地水帳によりますと村抱えの稲荷社地12歩がみえますが、明治初年に廃されています。 字亀井の稲荷宮は豪農今井家の内神で、明治年間になり村の産土神となりました。 社号標に刻まれる社 ...

唐竹の水神である弁天様です。古来より村人の崇敬が篤いといいます。 『水神竜神 十和田信仰』(小館衷三)にも一応紹介されていますが、水神であるという一文のみです。 弁天宮360周年記念之碑。昭和50年旧6月16日文化財保存会。 創立は元和9年(1623)とありました。元 ...

一の鳥居近くの松。 ニの鳥居。 これは…鳥居ではないですね。 境内は巨木に囲まれています。 かつての唐竹村で、貞享4年検地水帳によりますと、善太夫抱えの薬師堂地24歩と境内林が見えます。 北西に新館村と沖館村、北東に広船村に至る道があり、南東には軍馬 ...

かつての館田村。 館田館(天正年間1573-1592)跡地の一画になります。 旧村社である八幡宮は万治2年(1659)の勧請と伝えます。 天保4年(1833)書上帳にも「八幡堂、長10間、幅4間」とあります。 また、館田村には稲荷堂や権現堂、夷社が見えますが、明治 ...

社号標には天照皇大神宮。 御祭神は天照大御神。 かつての苗生松村。 貞享4年検地水帳には吉祥院抱えの観音堂地1畝余があります。 この観音堂が明治初年の神仏分離によって神明宮と改められました。 社殿の昇り龍と降り龍。 本殿と岩木山。 境内は公園も兼ねて ...

かつての大光寺村。 青面金剛像。 貞享4年検地水帳に村抱えの日天月天堂地4畝余があります。 日月堂は籠田明神とも呼ばれていたそうです。 慶安3年(1650)の建立と伝え、籠田口にありますが、境内にある池は吉凶を判じ、池水も眼病に効験をみせたといいます。 中 ...

↑このページのトップヘ