くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ:寺・神社 (つがる市) > 寺・神社 (旧柏村)

イメージ 1
神社ではありませんが、小さな祠や石碑がいっぱい集められている一画。
イメージ 2
イメージ 5
例えばこちらには…
イメージ 4
久須志神爾とありました。
イメージ 6
そんな祠の一つに…
イメージ 7
イメージ 8
水虎様がおりました。柏上派立の水虎様。
イメージ 10
配色が独特ですが、いかにも河童らしい表情です。
イメージ 9
イメージ 3
ブログ村ランキング参加中←クリック宜しくお願いします♪

イメージ 31

イメージ 1
御祭神は誉田別尊、少名彦名神、保食神。
イメージ 20
旧郷社。天正4年(1576)旧3月、津軽平定の途上にある津軽為信は、鯵ヶ沢地方巡視の帰り妙堂崎の山手にさしかかった際に、遥か東北の方に茫々と広がる芦原を望むと、無住の地と思わる彼方に一大老樹(柏の木・現在の広須農村公園にありますが、初代ではないようです。これが柏村の名の由来となります。)が天を覆っていました。
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
その傍に一条の炊煙が立ち上るを見つけて奇異の念を抱きそこを尋ねる事にしました。
イメージ 24
イメージ 25
辿り着くと一大老柏木の傍に工藤祐益、花巻頼母、山崎織部等落武者の葦芽の家があり、粟稗が耕されていました。
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
一行は暫くこの草庵に憩をとることにしたそう。昼時になると村人達は心を込めて粟や稗の酒飯を炊いてもてなしました。
イメージ 9
上機嫌になった為信は工藤先左衛門祐益の産土神を祀りたいという願いを聞き入れ、翌天正5年にお宮を建立したと伝えます。祐益老の孫千之太夫が宮司。
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
また、為信公より下賜された金造の神像を御神体とします。
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
国家安穏、 五穀成就、 萬民豊楽、 武運長久の祈願をこめ直筆の棟札を奉納。 
イメージ 26
この地は広須野と名付けられ、開拓後広須村となったために広須八幡宮と呼ばれました。
イメージ 27
寛文8年、4代藩主信枚公が川端村(現在地)に移転し川端八幡宮と改称。
イメージ 28
広須新田一帯の守護神で、社殿の修復などは官費で賄われたといいます。
イメージ 29
イメージ 30
明治22年旧川端村域は合併により柏村となり、為信公の棟札に正八幡宮とあったことから柏正八幡宮に改称。
イメージ 10
イメージ 11
相殿保食大神(末社稲荷神社)建立年月日不詳。
イメージ 12
イメージ 37
水虎様等。
イメージ 32
イメージ 33
イメージ 34
手が壊れてます。
イメージ 35
イメージ 36
桑野木田廣大山浄円寺地守神として勧請。享保3年再建。その後合祭され相殿神。
イメージ 2
相殿少名彦名神(末社薬師宮)寛文3年に勧請。明治6年郷社配置の際に合祭されて相殿神。
イメージ 19
イメージ 40
こちらも水虎様かなぁ。
イメージ 38
イメージ 39
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
ポチッとクリック宜しくね♪
https://localeast.blogmura.com/aomori/

小さな境内の小さな神社。
イメージ 3
場所は沖萢村玉の井。
イメージ 5
詳細は不明ですが祭神は誉田別尊。
イメージ 6
岩木川から引水した玉水堰(寛文12~延宝2年に相馬喜兵衛が開削)にて田畑が盛んです。
イメージ 7
庚申塔。二十三夜碑。
イメージ 2
裏手には百万遍碑と末社二社。
イメージ 1
昭和35年と書かれた碑が多いです。
イメージ 4
狛犬は昭和2年。
イメージ 8
ポチッとクリック宜しくね♪
https://localeast.blogmura.com/aomori/

↑このページのトップヘ