くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (むつ市)

1
青森県むつ市旭町。むつ運動公園のテニスコート付近にある山林の中にひっそりと鎮座。
2
明和4年勧請。田名部町の旧家山本家の先祖7代市朗兵衛が、この地域の開墾を始めた頃、市朗兵衛が五穀豊穣と農民の無病息災を祈願して建立したものと考えられています。
3
社殿。
4
昭和46年に再建。
5
社殿内には旧柱3本が残され、柴五郎の兄太一郎が詠んだ歌や、五郎が陸軍大将を退官し、昔を偲んで落野澤を訪れた際にこの柱に書かれた太一郎の歌に感動して、自ら記した歌も残されているそうです。
6
また、呑香稲荷神社奉納物の俳諧額2面は市指定有形文化財。A面は文政8年(1825)4月の奉納。額には39人の句が記されており、田名部の俳人等に加え、函館や気仙沼の代表的な俳人の作もあります。
7
B面は文政10年(1827)9月に奉納。傷みで文字の判別が難しいものの30数人の句が記されていたと推測されます。当時の田名部文壇の隆盛や、商人を介して他地域文壇との交流が広がっている様子がうかがえることから、下北の文芸史を振り返る上で貴重な歴史資料として文化財に指定。※写真はパンフレットより 
8
社殿横の意味深な石垣。
9
軽く周囲を探索。
10
10.5
旧斗南藩柴五郎一家居住跡の案内板がありました。
11
旧斗南藩柴五郎一家居住跡…『明治維新は、斗南藩(旧会津藩)にとって痛恨維新であった。明治3年斗南藩では、士族授産を目途として、当地落の沢を相し松ヶ丘に荒川の渓流を引き、三十余戸の住宅を築造した。柴五郎(後の陸軍大将)が少年期に家族とともに同年9月田名部に到着。厳寒のここ落の沢で越冬した。寒気肌をさし、夜を徹して狐の遠吠えを聞き、五郎の厳父佐多蔵は「ここは戦場なるぞ、会津の国辱雪ぐまでは戦場なるぞ」と言ったという。(「会津人柴五郎の遺書」より)明治4年廃藩置県により、忽然と士族授産は消え失せ士族は四散せざるを得なかった。斗南士族の胸中には、「まこと流罪にほかならず、挙藩流罪という史上かつてなき極刑にあらざるか」という憎悪と怨念が残るのみであった。』
12
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
青森県むつ市新町。
2
田名部川。下北郡東通村からむつ市を流れる川。2級河川。東通村の朝比奈平の東麓に源を発し、約8kmを北進、蒲野沢付近で北西に流路を変え、更に石持で南西に流路を変え、土手内付近でむつ市に入り、陸奥湾北東部の大湊港に注ぎます。河口から現在のむつ市街地までの約2kmの間は川幅も広く流れも緩やかで、藩政期には船着場もあり、安渡・大平(現大湊港)両湊に入港した物資を川舟をもって田名部に運ぶなど河港的性格を持ち、田名部大橋のたもとの舟着場は田名部橋前と称され、田名部七湊と同様の取扱いを受け、古くから下北地方の商業経済・文化の中心地でした。地元では昔から「田名部横町の川の水飲めば八十婆様も若くなる」という言い伝えがあるそうですが、現在の田名部川下流には大量の生活排水が流れ込んでおり、水質はあまり良くありません。
3
大覚院熊野神社。
4
社号標「大覺院熊野神社」
5
御祭神は熊野久須美命、櫛御気野命、御子速玉命、火迦具土神、釜臥山大神、泉海命。例祭6月19日。
6
田名部海辺三十三観音巡礼第29番札所。田名部五か院「大覚院(渡辺)、大宝院(中里)、宝鏡院(目時)、竜蔵院(菊池)、寛明院(菊池)」の内の一か院。
7
7.5
田名部新町の薬師堂は大永4年(1524)6月に大覚院の祖先、大宝院真如坊という山伏・行者(肥前国仁比山の(長崎・佐賀)出身で熊野修験)が紀州熊野に於て修行し、霊験を体得し北に進み田名部に土着し熊野大社の分霊を勧請して開基となりました。渡辺氏(神官)によりますと、神によって熊野神社の御神体を背負い、田名部に落ち着いたといいます。
8
古くから釜臥山山頂に鎮座する釜臥山嶽大明神と関係が深く、大覚院が別当を務めており、現在でも大覚院熊野神社が祭祀を司っています。この背景として、大覚院は円通寺と密接不離な関係にあり、円通寺の力を背景に勢力を伸長し、釜臥山の祭司権利を獲得したとあります。明暦年間に釜臥山を掌握。江戸末期になると次第に田名部各地の社堂の別当職を入手。大覚院支配の神社数は29社ともいわれ、この中には下居明神(兵主神社)も含まれ、他地域の里修験を圧倒した存在でした。
9
明和年間には田名部通の修験の中でも目名不動院と並ぶ指導的役割を果たしていました。大覚院熊野神社はその他兼務社の遥拝殿にもなっており、例祭には各社の総代・崇敬者多数参拝し、祭事後は神道講話を行ないます。
10
10.5
3代泉海坊は弘治3年(1557)旧4月8日、自ら火に投じて鎮火の行事をして氏子崇敬者の危急を救ったので「行人塚様」として称えられています。ちなみに私が調べたところでは2代漂海坊、3代光円坊、4代千海坊で、千海坊の文禄2年12月に薬師堂は自火のため炎上。5代目の頃に熊野山官の別当。文政10年行人塚を設置。
11
かつては川沿いに薬師堂が建立され、本地仏である馬頭観音が祀られていましたが、明治の神仏分離令により仏式が廃され、馬頭観音像は隣接する円通寺慈眼堂に移され、逆に田名部海辺三十三観音霊場第16番札所である大平神明宮の本地仏である十一面観音像が大覚院熊野神社に移されています。ちなみに大平村新高観音堂(大平神明宮)の創建は室町時代末期の永禄3年(1560)、尻高城(巣鷹城)の城主竹花因幡が身の着けた兜の前立にした十一面観音像を本尊として一宇を設けたのが始まりとされています。
12
大覚院薬師堂(大覚院熊野神社)・田名部海辺三十三観音巡礼29番札所・馬頭観音…『大覚院の祖先は肥前出身の大宝院真如坊で、大永4年(1524)来村し、釜臥山嶽大明神を管掌することになった。観音像は、現在の大覚院境内の川沿いに鎮座した薬師堂に安置されていたらしい。馬頭観音は火伏せに御利益のある観音で、明治の神仏分離令により、隣接する円通寺慈眼堂に移安された。大覚院の神殿には、十六番札所の十一面観音が御神体として祀られている。』
13
狛犬一対(天皇陛下御在位60年記念・昭和61年6月19日建立)。
14
14.5
境内社。未確認ですが秋葉小祠かな。
15
15.5
16
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
青森県むつ市新町。
2
曹洞宗吉祥山円通寺。恐山菩提寺の本坊。御本尊は釈迦如来。
3
3.4
3.8
室町時代後期の大永2年(1522)、南部氏の援助により曹洞宗の僧聚覚によって創建(下総国東昌寺末寺として東昌寺3世覚翁能正の弟子宏智聚覚の開山)。聚覚和尚は享禄3年(1530)に恐山菩提寺を再興し恐山菩提寺の本坊となっています。その後衰微するも万治2年(1659)に根城南部家が東昌寺6世大休善遊を招き中興し東昌寺(茨城県猿島郡五霞町)の末寺となっています。寛政11年(1799)に13世千明冠古が恐山の檜1559本を貰い受けて本堂・庫裡・山門を再建。なお、冠古は菅江真澄と交遊し、よく俳諧を好みました。戊辰戦争のうち東北戦争で新政府軍に敗れた会津藩(23万石)が、明治2年に五戸に転封となり、斗南藩(3万石)となりましたが、明治4年に藩庁が円通寺に移されています。
4
平成29年5月に完成した新御本堂。
5
本堂前の松。
6
鐘楼。
7
梵鐘。
8
宝篋印塔。
9
斗南藩史蹟地円通寺標柱。
10
斗南藩史蹟地「円通寺」…『明治維新は会津藩にとって、まさに動乱の時代でした。朝敵の汚名を着せられたまま廃藩となった会津藩は、翌明治2年9月、全国唯一の移封処分を受け最花の地へ挙藩流罪となったのです。ここ円通寺は、明治4年2月18日数え年3才の松平容大公を藩主に迎え、斗南藩の仮館として藩庁が置かれた場所で、容保公、容大公が起居をともにされました。現在も容大公愛玩の布袋像などが保存されています。また、同時に田名部迎町大黒屋文左衛門方に開設中の藩学校日新館もここに移されました。境内にはこの地に残った会津人の手により、明治33年8月容大公揮ごうによる会津藩士の招魂碑が建てられました。碑文は会津藩士族南摩綱紀博士の撰によります。』
11
位牌堂入口。
12
12.5
位牌堂前。
13
左手に慈眼堂。
14
田名部海辺三十三番順禮礼所標示板(市指定有形民俗文化財)保管。
15
正面中央に田名部海辺三十三観音霊場第一番札所、如意輪観音像。更に三十三観音像と十六羅漢像が見えます。両脇には仁王像。
16
左側にも観音像と、上部に地獄絵図。
17
右側には十王堂。
18
位牌堂前にある会津藩士招魂之碑。
19
会津藩士招魂之碑裏面碑文「碑陰記」(石工伊東平太郎)…『明治戊辰之亂會津藩士奮戦各地死者數千人其忠勇節烈凛乎凌風霜矣及亂平生者皆浴一視同仁之澤而死者幽魂獨彷徨寒煙野草之間不得其所吁嗟哀哉今茲庚子爲其三十三年忌辰於是舊藩士居南部下北郡者胥謀建碑圓通寺招魂祭之寺則舊藩主容大公封斗南時所館也 明治三十三年八月 舊會津藩士從五位勲五等南摩綱紀撰并書』※読み下し文…『明治戊辰の乱、会津藩士各地に奮戦す。死者数千人、その忠勇節烈は凛乎(毅然として)として風霜を凌ぐ。乱平ぐに及び生者は皆、一視同仁(差別をつけず全ての人を同じように愛する事)の澤(恩恵)に浴す。而して死者の幽魂は独り寒煙(物寂しい)たる野草の間を彷徨(さまよう)し、その所を得ず。ああ哀しいかな、今茲(ことし)庚子(カノエネ)(明治三十三年の干支)はその三十三年忌辰(命日)なり。是に於いて旧藩士の南部下北郡に居する者、碑を圓通寺に建て、招魂の祭りをあい謀る。この寺は即ち旧藩主容大公の斗南に封せらる時の館なる所也。』
20
位牌堂。
21
六地蔵。
22
小祠。
23
狛犬二対。個性的な狛犬です。この小祠に係る狛犬なのか、違う場所から移されたものなのかはわかりません。
24
24.4
24.8
下調べでは万延元年庚申年建立の庚申塔があったはずなのですが見逃したみたい。それにしてもそうじ小僧さんが多いですね。
25
「掃けば散り 払えばまたも塵り積る 人の心も庭の落葉も」
26
26.5
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
青森県むつ市大畑町八幡湯坂。国道279号線大畑バイパス沿い。大畑の人々はこの集落を川向いと呼んでいます。大畑川と背後の海岸段丘に挟まれた湿地帯が多く、明治中期に幾多の困難を克服して道路を作ったといいます。
2
稲荷の勧請年は定かではありませんが、現在地に鎮座しているのは3度目と云われています。背後丘陵の中腹には湧き井戸があり、傍らには石碑があり、稲荷大明神と彫られています。祠堂が有志により建立されたのは明治初期ではないかと推測されています。神使の狐が時々やって来て、夜通し鳴き叫び、漁業を本業としていた湯坂下の人々はその鳴き状態で吉兆を判断していたといいます。
3
大正・昭和と戦時中にかけてイカ釣り漁が盛んになり、庄内、秋田、岩手、八戸、六ヶ所等の船が大畑港にやって来て、特に庄内の船の人々がこの湯坂下に番屋を作り一家総出でやって来たそうです。旅からの漁師やその家族、乗組員、仲買人等の出入が多く、縁あって土着する人もあり、大畑の人々は上海と呼んでいました。昭和40年に八幡宮宮司宮浦均氏に伏見稲荷を勧請してもらい、現稲荷神社と合祀して、湯坂下町内会が霊験あらたかな神として信仰。祭礼は8月8日が宵宮、9日が本祭。
4
4.5
湯坂下稲荷神社の由来…『【祭神】倉稲魂命(稲荷神)【例祭】8月9日、10日【由来】明治初期に勧請され、現在地に建立されたのは3度目といわれている。昭和21年8月社殿改築。石段を設置し狐像2基を湯坂下青年団が奉仕寄贈。神使である狐が時々やってきて夜通し鳴き叫んだといわれ、その鳴き声で漁等の吉兆を判断するという不思議な語り伝えもある。大正初期から昭和36年頃までは、イカの豊漁で町全体が活気に満ち、特に庄内方面から来た船の乗組員が番屋を建てて生活していた。イカ釣が縁で旅から多くの人々が大畑に入り、中には湯坂下に定住する人が多かった。昭和40年、八幡宮宮司、宮浦耕造氏に京都の伏見稲荷神社より分霊してもらい、元稲荷神を合祀し、湯坂下町内の守護神として信仰することになった。平成2年8月社殿再建、大鳥居修復。大畑町教育委員会』
5
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
青森県むつ市関根北関根ノ内堂ノ後。
2
参道途中に線路があります。下北交通廃線跡(大畑線)です。すぐ近くの出戸川には橋梁も残されています。
3
鳥居をくぐった先に…
4
踏切の標識も残されていました。
5
かつての関根村。神社としては寛文5年造立の八幡社の他、大日如来堂(明治9年に関根小学校の仮校舎。承応元年11月宿野部代官掃部盛家勧請。江戸時代は大日堂で祭神は大日靈命。)が見えます。また、高梨子に宝暦8年創建の春日神社が見えます。
6
由緒等についてはわかりませんでした。東通村蒲野沢に同名の神社(御祭神底筒男命。文治4年泉州堺住吉神社の御分霊勧請)がありますが、関連性及び似たような由緒を持つかは不明。
7
社殿。
8
変わった形をしていますね。
9
向拝。
10
10.5
蟇股・木鼻・手鋏・海老虹梁。
11
11.2
11.4
11.8
狛犬一対。
12
12.2
12.4
12.8
手水石。
13
石灯籠一対。
14
14.5
境内社。
15
小祠。
16
稲荷神社です。棟札はよく見えませんでした。
17
境内社。
18
小祠。
19
石神神社です。棟札たくさんありましたが見ていません。歴史を感じますね。
20
石神神社の小祠の横に石がいくつか安置されていました。その謂れはわかりませんが、石神神社に関わるものかと思われます。
21
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

↑このページのトップヘ