くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (東京都)

1
六郷一円の総鎮守。
2
神橋(梶原景時寄進と伝える太鼓橋)。欄干には盃状穴と思しきものがあります。
3
神門。
4
脇参道。社号標(常陸産花崗石・昭和7年6月・清水竹蔵、小泉半兵衛奉納・正三位伯爵葉室長通謹書)、大鳥居:稲田産花崗石・昭和10年5月・六郷神社内久能タカ)。
5
5.5
御祭神は応神天皇(誉陀和気命)。
6
かつては神功皇后、比売大神と三柱を祀っていましたが、ある時の曳船祭にて一座の神輿が上総の国に流され、もう一座の神輿は荒神でしばしば祟りを受けたので土中に埋めてしまったそうです。
7
六郷神社由緒(境内案内板より)…『当社は、多摩川の清流に南面する古い八幡宮であり、六郷一円の総鎮守として、ひろく崇敬されています。社記によれば、源頼義・義家の父子が、天喜5年(1057)この地の大杉に源氏の白旗をかかげて軍勢をつのり、石清水八幡に武運長久を祈ったところ、士気大いにふるい、前九年の役に勝利をおさめたので、その分霊を勧請したのが、当社の創建とされています。文治5年(1189)源頼朝もまた奥州征定のみぎり、祖先の吉例にならって戦勝を祈り、建久2年(1191)梶原景時に命じて社殿を造営しました。今なお境内に残る大きな手水石は、このとき頼朝が奉献したものであり、神門前の太鼓橋は景時の寄進と伝えられます。天正19年(1591)11月、徳川家康は18石の朱印地を寄進し、慶長5年(1600)六郷大橋の竣功に際しては、神威をたたえて祝文をたてまつり、当社の神輿をもって渡初式を挙げました。また、鷹狩りの途次にもしばしば参詣したと史書にみえます。当社が巴紋とともに葵紋を用いている所以です。江戸時代には六郷八幡宮とも呼ばれていましたが、明治5年(1872)に東京府郷社に列し、同9年より六郷神社と改称して今日に至っています。なお当社には、毎年1月7日に行われる流鏑馬(東京都無形民俗文化財)と、6月の祭礼時に少年少女が奉仕する獅子舞が伝承されています。』
8
江戸名所図会に描かれた六郷八幡宮(境内案内板より)…『社殿正面の道が、慶長6年(1601)に幕府の制定した古い東海道で、松並木が続いていました。これが西方に付け替えられたのは元和9年(1623)といわれます。このとき、神域を囲っていた構堀の一部を埋めて、脇参道ができました。往還の両側に並んでいるのは八幡塚村の人家で、脇参道の鳥居からやや南寄りに、日本橋から4里(15.6km)の一里塚と、その前に高札場が描かれています。東方はるかに連なるのは房総の山山で、右手には川崎大師の屋根も見え、辺り一面は水田です。社殿の上の方にひときわ大きくめだっているのは、今も境内にある塚で、八幡塚あるいは神輿塚と呼ばれ、竹林に囲まれていた様子がうかがえます。かつて六郷六か村の中心をなし、当社の宮本でもあった八幡塚村という村名は、この聖なる塚に由来します。近代に及んで東海道は第一京浜国道となりますが、脇参道付近から六郷橋へ向かう道筋の一部は、旧東海道の幅員を比較的よく残しています。ちなみに「江戸名所図会」は、天保7年(1836)に刊行された地誌です。平野順治撰文』
9
東海道跡。
10
『東海道は、古くから江戸と関西方面を結ぶ重要な交通路でした。六郷は東海道における江戸の出入口で、多摩川をわたる「六郷の渡し」として活気があり、有名でした。』
11
社殿。
12
御本殿は享保4年(1719)の建築(三間社流れ造り)。三柱を祀る様式になっており、一柱となったのは享保4年以降と考えられています。なお、本殿扁額の「八幡宮」の文字は源忠持筆。
13
本殿の後ろには六郷幼稚園があり、境内は子どもたちで溢れておりました。
14
狛犬一対。
15
15.5
台座には「昭和12年5月建立」とありますが、台座の紀年銘であり、狛犬は大正8年のもの。なお、先代の尾下り江戸狛犬は八幡塚前に移動。
16
脇参道石灯籠一対(花崗石造り・八幡塚會奉納・昭和10年6月)。
17
17.5
神楽殿。
18
神楽殿前庭へ。
19
19.4
19.8
石灯籠(貞享元年8月15日)や力石(六拾五貫目・明治3年10月)などがありました。
20
何より注目すべきはこの狛犬です!(一対・貞享2年9月3日・大田区文化財)。
21
21.2
21.3
21.4
21.5
21.6
『この狛犬は、貞享2年(1685)に六郷中町の有志が願主となり奉納された。石工は三右衛門である。江戸中期(18世紀)以降、造立願意は「現世利益」とするものが多くなるが、この狛犬は「二世安楽」を祈った中世的なものであり、注目される。また造形的にも他に類例を見ない独創的なもので、素朴かつユーモラスな芸術性に富んでいる。狛犬としては区内最古のものであり、造立年代が古いにもかかわらず、阿吽ともそろっているのも貴重である。昭和50年3月19日指定』
22
花表(鳥居)造立記念碑(明和6年・別当宝珠院)。
23
御手水鉢(天和3年5月・高木伊勢守源守養寄進)。やはり盃状穴があります。
24
六郷神社鎮座九百参拾年祭御造営紀念碑。 
25
境内末社。
26
一番手前が稲荷社(宇迦御魂命)。
27
向かって右から氷川神社(素盞鳴尊)、天祖神社(天照大御神)、三柱神社(日本武尊・大物主命・布津主命 <合祠>天太玉命・天児屋根命)。
28
旧六郷橋の親柱。
29
旧六郷橋の親柱…『慶長5年(1600)に徳川家康が架設した「六郷大橋」は貞享5年(1688)の洪水により流失して以来、六郷と川崎間の渡河は186年間の長きにわたり渡し船でした。明治7年(1874)に八幡塚村の名主鈴木左内が、私財を投じて有料橋を架けました。左内橋も4年後の明治11年(1878)の洪水により流失しました。その後、八幡塚村議会の有志7名が川崎駅の有志6名とともに架橋を共同出願し、明治16年(1883)「旧六郷橋」が開通しました。この木橋は明治30年(1897)に架け替えられ、京浜電気鉄道(現・京浜急行)へ売却、人と共に電車が木橋を渡りました。しかし明治43年(1910)当地を襲った大型台風による洪水により流失しました。木橋の流失後、東京府と神奈川県が共同で木製の仮橋を架けましたが、交通の発達と共に橋の強度を完全なものにすることが課題となり、大正9年(1920)両府県折半で鋼鉄製の新橋建設が決定しました。大正14年(1925)鉄筋コンクリート製タイドアーチ式の先代「六郷橋」が開通しました。昭和元年(1926)に旧六郷木橋の遺構である親柱は、切妻屋根を付して六郷神社境内に保存されました。建立したのは旧出雲町(旧出村)の氏子総代・金子重太郎でした。時を経て親柱を保護する屋根に傷みが見えるため、平成26年(2014)金子重太郎の三男・金子重雄と重太郎の孫、東六郷1丁目氏子総代・金子義裕が屋根を更新、修復しました。力石富司(記)』
30
六郷橋年表。
31
手水石(源頼朝公寄進)。
32
忠魂碑(元帥伯爵東郷平八郎書(花押)・大正14年7月建立・帝国在郷軍人会六郷村分会)。
33
六郷講社歌碑(富士講・明治15年8月)…「中教正宍野半詠 六郷の領の有志の人等 井戸をほりたる水いと清ければ言視て 六郷講社 富士嶺の黄金の井戸のその水を此の神井に移しけるかも」。
34
六郷講社井戸枠(神水)。
35
御嶽講社碑。
36
合祀天祖神社碑。
37
中村石斎先生褒徳碑…「石斎先生姓中村氏俗称介助石斎其号素東京人温厚篤実有文事当我六郷小学創設也先生尽力此校尋教授生徒殆十年生徒益進四方薫陶於其徳者亦不尠焉今我党之有志倶慕其徳謀垂於不朽建石以勒 明治十六年夏七月 祠官六郷幡麿 世話人 八幡塚村 雑色村 高畑村 町屋村 古川村 道塚村」。
38
旗懸之杉由来碑(昭和4年)と根株(由来碑後方)。
39
白旗杉(旗立杉)は枯死し、大正10年7月に伐採されました。
40
扁額(海軍大将有馬良橘謹書)。
41
扁額(伯爵廣橋眞光謹書)。
42
神輿庫(2基)と八幡塚(神輿塚・先代の江戸狛犬一対あり)。
43
43.5
社務所。
44
祭事暦(境内掲示板より)
1月1日歳旦祭
1月7日流鏑馬祭
1月15日成人式
2月3日節分祭
2月18日祈年祭
6月3日例大祭
6月30日大祓
9月22日天祖神社・氷川神社歳
11月15日七五三
11月24日新嘗祭
12月30日大祓
45
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
景行天皇の御代、この地に日本武尊が良き斎庭と定めて皇祖二柱の大御神を祀り、その後白鳥村と呼ばれたこの地に白雉2年(651)、村民が白鳥明神として奉祀したのが起源。大化の改新から6年後のこと。前九年の役征圧のため源頼義、義家父子がこの地を通った際、白い鳥が飛ぶのを見て浅瀬を知り大川(隅田川)を渡ることができた。それを白鳥明神の加護とたたえ、鳥越大明神の社号を奉った。
2
2.4
2.8
江戸時代までここには三社の神社が成り一帯の約2万坪の広大な敷地を所領していましたが、元和6年(1620)、江戸幕府が全国の天領からの米を収蔵するため、隅田川沿いに蔵(浅草御蔵)を造営するため、この埋め立て用に大明神のある鳥越山を切り崩すことになり土地を没収。更に大明神の北側にあった姫ヶ池も鳥越山からの客土で埋め立てられて大名屋敷などの御用地とされたそうです。三社のうち熱田神社は今戸、第六天榊神社は森田町(現蔵前3丁目)に遷され、残った大明神が現在の鳥越神社になります。
3
3.5
御本社宮神輿は千貫神輿と称しており、氏子町内を渡御される神輿としては都内随一の重さを誇ります。例大祭の日曜日にはこの大神輿を氏子が担ぎ、御神輿の列の先頭には猿田彦(天狗)や手古舞連、子供たちの持つ五色の旗が歩いて神輿を先導。夜8時過ぎの宮入道中では神輿の周りに提灯を付け、高張り提灯に囲まれ宮入りします。暗闇を提灯の灯りがユラユラと揺れる事からお化け神輿の別名もあるそうです。
4
社号標と鳥居。
5
5.5
鳥居は昭和7年5月、鳥居下の白鳥橋は昭和9年4月。
6
6.4
6.8
境内に入ると左に池。上にネットがあるので少しわかりにくいですが。
7
7.5
手水舎。雙石の扁額「洗心」があります。
8
8.4
8.8
社務所。
9
雙石揮毫の扁額「南柯眺臺 九十七叟雙石」。
10
社殿。主祭神は日本武尊。天児屋根命(仁明天皇の御代に武蔵国司となった藤原氏が祖神を合祀)、東照宮公(西福寺の松平神社(元東照宮、蔵前4丁目16番付近)が関東大震災後に合祀)が合祀されています。
11
11.4
11.8
向拝下。
12
12.4
12.8
狛犬一対。
13
13.5
角度を変えて…立派なモノが付いています。
14
14.2
14.4
14.6
14.8
案内板より…『当神社は、白雉2年(651)の創建。日本武尊、天児屋根命、徳川家康を合祀している。社伝によると、日本武尊が、東国平定の道すがら、当時白鳥村といったこの地に滞在したが、その威徳を偲び、村民が白鳥明神として奉祀したことを起源とする。後、永承年間(1046-52)奥州の安倍貞任らの乱(前九年の役)鎮定のため、この地を通った源頼義、義家父子は、名も知らぬ鳥が越えるのを見て、浅瀬を知り、大川(隅田川)を渡ったということから鳥越大明神と名付けた。以後、神社名には鳥越の名を用いるようになり、この辺りは鳥越の里と呼ばれるようになった。天児屋根命は、武蔵の国司になった藤原氏がその祖神として祀ったものとされる。また、徳川家康を祀っていた松平神社(現、蔵前4丁目16番付近)は、関東大震災で焼失したため大正14年に当社に合祀された。例大祭は、毎年6月9日前後の日曜。千貫神輿といわれる大神輿の渡御する「鳥越の夜祭」は盛大に賑い、また正月8日に正月の片付け物を燃やす行事「とんど焼き」も有名である。平成11年3月』
15
15.4
15.6
15.8
旧町名由来案内板「旧浅草鳥越二丁目」…『本町名は、鳥越神社にちなんで付けられた。この付近は平安時代後期の頃(1185)まで白鳥村と言われていた。日本武尊が東国平定のため東征するおり、この地にしばらくとどまったことから村の人々はそのご威徳を慕い尊び、白雉2年(651)白鳥山の山上に白鳥大明神を祀った。その後、永承(1046-1053)の頃、源義家親子の率いる軍勢が奥州征伐のため大川を越えようとする時、白い鳥に浅瀬を教えられ無事渡ることができた。義家公はこれ白鳥大明神のご加護とたたえ、鳥越大明神の社号を奉った。「鳥越夜祭り」…6月9日に近い日曜日に鳥越神社の「千貫御神輿」が氏子によって町内を練り歩く。なかでも見ものは宵の宮入である。火入れ式のあと氏子衆によってかかげられた百数十の高張提灯と担ぎ手の熱気によって祭は最高潮に達する。』
16
16.4
16.8
神楽殿。七曜紋と月星紋の社紋が見えます。
17
鳥越神社には平将門の首が空を飛んだ際、この地を飛び越えて行ったため「飛び越え=鳥越」という地名がついたという伝説と共に、平将門の手が鳥越神社の地に埋められているという伝説も残します。この鳥越神社の宮司は代々千葉氏という一族(鏑木家)が務めており、この千葉氏の祖先を辿ると平将門の叔父にあたる平良文に行きつくそうです。ちなみに平将門の紋章は九曜紋であり、平将門を祀っているわけではありませんが、伝説とはいえどことなく係りを感じることができるのが面白いです。
18
神輿庫。立派な建物です。
19
本殿横へ。
20
20.5
祖霊社。
21
祖霊社碑(昭和43年5月23日)
22
志志岐神社。
23
志志岐神社(例祭日:5月15日)の案内板。御祭神は豊玉姫命。
24
入口(鳥居)が他にも2つありました。
25
25.5
色々な方角から本殿。
26
26.4
26.8
福寿神社へ。
27
福寿神社社殿。
28
28.5
福寿神社(例祭日:3月15日・10月25日)の案内板。
29
御祭神は倉稲魂命、大黒天神、恵比寿神、菅原道真公(菅公)。
30
福寿神社の横には巨石や狐様、土地區劃整理測量基本標など色々ありました。
31
31.2
31.4
31.6
31.8
 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ

1
社号標(昭和32年「伏見稲荷大社宮司藤巻正之謹書」「氏子中宮司渡邊源一郎」)。
2
2.5
社殿に対して横向きの参道です。
3
3.5
狛犬一対。
4
4.5
手水舎。
5
御祭神は誉田別命(応神天王)、武内宿祢命。
6
御神徳は商売繁昌、学業成就、健康長寿、家内安全。
7
畧由緒…『後冷泉天皇の御代。源頼義公、八幡太郎義家公は、朝廷の命に依り奥州の安倍貞任、宗任を平定する為に奥州街道を下向の砌当地に至りました。当時このところは小高い丘で隅田川の流れを一望出来る絶景の地であった。一休止のため陣をとりました時、川上より流れくるものを拾い上げてみますと銀杏の枝でありました。その枝をこの丘の上に差し立て都の氏神を遙かに拝み「朝敵退治のあかつきには枝葉栄ふべし」と祈願し旅立ち安倍一族を平定の後、再びこの地に帰り至りました時丘の上に差した銀杏の枝は大きく繁茂しておりましたので、義家公は御神恩に感謝し、この処に大刀一振を捧げ八幡宮を勧請いたしましたのが、康平5年(1062)当社の始と伝へられています。そしてこの銀杏は大樹となりまして、隅田川を上り下りする舟や街道を行き交う人々のよい目標となりましたが、時代は下り徳川家江戸入府後、元和4年(1618)この地は福井藩松平家の屋敷となり、邸内社として尊崇されてまいりましたが、享保10年(1725)この地が公収され屋敷の跡地は町屋となり同15年、時の町奉行大岡越前守様に依り福井町と命名され願いにより当社は地域の産土神として崇敬されてまいりました。大銀杏は延享2年(1745)9月14日台風のため中程より折れましたが、高さ6メートル位を残して繁茂しておりましたが、文化3年(1806)江戸大火の折焼失しました。御祭礼は、江戸時代8月15日に執り行われていましたが、明治の中頃より6月15日にかわり、現在は原則として6月第1土曜、日曜に執り行っています。』
8
8.5
向拝下。
9
9.5
御祈祷案内板。
10
銀杏葉お守。
11
子守唄と銀杏岡八幡神社…『江戸時代に伝わった我が国の子守唄やわらべ歌を集成し、高く評価されている「童謡集」は釈行智の著によるものです。行智(1778-1841)は、銀杏岡八幡神社の氏子一同により享和3年(1803)別当寺として勧請された覚吽院にて阿光坊と称して修験僧となり、後に住職になるなど台東区にゆかりがあります。行智は、採録した子守唄を「寝させ唄」「目覚め唄」「遊ばせ唄」など細かく分類し、子供の暮らしの背景がよく解るように書き残すなどして、その伝承に努めました。』
12
一体だけの狛犬(文化11年)。
13
御神木と彫られた碑。「明治神宮下附の公孫樹移植記念 昭和32年3月」とありました。
14
神輿庫。
15
本殿横からの入口。
16
本殿。
17
此葉稲荷神社。
18
むしろ此葉稲荷神社の向きこそ参道に合っています。
19
19.5
社殿の他に使われていない手水鉢や小祠などがあります。
20
20.5
社殿前の狐は一体だけ。
21
社殿の木彫り。
22
22.4
22.8
此葉稲荷神社…『御祭神宇迦之御魂神。この此葉稲荷様の御創建につきましては詳らかでは有りませんが、古くから此の八幡様の境内にお祀りをされておりました。稲荷の大神様は古来から衣食住をつかさどる神様として信仰を受けて参りました。現在では商売繁盛のご加護は元より私共の普段の生活をお守り下さる神様として多くの方々より篤いご信仰を戴いており霊験灼かなるお稲荷様でもあります。』
23
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

↑このページのトップヘ