くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (秋田県)

『尾去沢鉱山(鹿角市)』からの続きです。尾去沢鉱山学校1年くま組鉱太。坑道内は年間を通じて気温13度です。夏場でも上着やバスタオル等を持って見学してくださいとのこと。実はこの日は猛暑日。つまり尾去沢鉱山に来た最大の理由は「涼しい所に行きたかった!!」…ってこ ...

秋田県大館市板沢屋布。板沢村は天正19年の史料に村名が見え、戦国期には一定の村落が展開されていたものと思われます。正保国絵図では板沢新田村16石、享保3年には板沢村当高148石余。御祭神は天照大御神。明治43年6月15日に一時愛宕神社(板沢字別後沢)に合祀。社号標(摂 ...

土深井裸まいり(市指定無形民俗文化財)で有名です。江戸時代初期、米代川の洪水により田畑が流され、疫病流行したことから、厄除けや悪病退散を願って冷水で身を清め、稲荷神社に祈願したのが始まりと伝えます。隔年旧暦1月19日に行われていましたが、近年は2月第3日曜日に ...

秋田県鹿角郡小坂町上向。かつての上向村。明治9年11月28日に鴇・鳥越・長沢・牛馬長根が合併して上向村。鳥居をくぐってしばらく道なりに歩きます。最初のうちは余裕でしたが…少しずつ荒れてきて…途中で笹藪に…挫けずに歩き続けると…あれ!?行き止まり!?っていうか川 ...

秋田県大館市東台。長根山運動公園・長根山麓・長根山町内会館近く。御祭神は伊弉諾尊、伊弉册尊。由緒並びに創建年は不明。埼玉県秩父市三峰にある三峯神社を御存知の方は多いかと思います。秩父の三峯神社では狛犬の代わりに狼が境内を守っております。三峯神社の詳細な由 ...

秋田県大館市白沢松原。山を登るようです。山神社ですからね。石段もあって歩きやすかったです。途中の風景。松原地区です。そこから少しだけ上って…到着。眺望。先程とほとんど変わりませんが。さて、かつての白沢村は羽州街道の秋田藩内最北の宿駅場に指定、津軽・松前藩 ...

秋田県大館市十二所中岱。三哲山の中腹に鎮座。社殿までは車で行けるようです。更に三哲山頂上まで車で行けるようです。裏参道の社号標。草で見えませんが。ここから車で登るんでしょうね。裏面碑文…「皇紀2431年明和8年創立100年記。皇紀2632年昭和47年に創立300年記に式典 ...

秋田県大館市比内町中野八幡台。石段横の石祠。薬師様でしょうか。奉納石が詰まっています。五条神社は言い伝えによりますと貞觀(859-877)以前からあった薬師様とのこと。言い伝えどおりならばかなりの歴史です。石段を上った先に横向きに社殿があります。社殿(堂宇)。社 ...

秋田県大館市花岡町鳥内。御祭神は愛宕大神。例祭日は旧5月18日。御神体は古来は見入地蔵の木像と石像でしたが現在は石像のみ。創建不詳。嘉永元年再建。明治15年修繕。昭和28年に奥殿を成田新三郎が奉納。昭和31年に灯篭・狛犬奉納。昭和56年社殿及び鳥居再建。手水石。石灯 ...

秋田県秋田市大町5丁目。大町は江戸期からの町名で、かつては久保田大町、秋田大町ともいいました。江戸期は出羽国秋田郡のうち。秋田藩領。久保田城下町の1つ。1-3丁目がありました。成立は慶長12年で城下町の外町で最も早くから発展。慶長年中に大町物といわれる絹織物・木 ...

秋田県能代市二ツ井町下野家後。社号標(昭和11年5月・神社再建百周年記念(平成8年5月吉日修復))。社号標の裏面には「二ツ井神社」とあります。境内には桜の穴場となっているので、桜の季節に参拝するのがおすすめです。手水舎。御輿庫。普段は見れないのが残念。こちらは ...

秋田県能代市二ツ井町梅内。手水舎。参道。石灯篭一対(宮司就任記念・安井義士郎・平成4年6月30日)。社号標「村社梅内神社」(紀元2600年)。村社梅内神社改築紀念碑(大正15年6月)。参道脇には巨木がたくさん。参道途中の石灯篭一対。小さくて可愛い感じの石灯篭です。安 ...

『日吉八幡神社(秋田市)』からの続きです。前回の記事で漸く正面参道社殿手前(青銅鳥居手前)及び付近の句碑等まで紹介しましたが…今回は仏式を感じられる北側(旧国道)参道から紹介していきたいと思います。再び一からのスタートですいません。八橋の通り、不動院側の ...

秋田県秋田市八橋本町。八橋(やばせ)と読みます。古くは「谷橋」「矢橋」とも表記されていました。古江戸時代には久保田城から土崎港方面へ向かう羽州街道の、久保田を出て最初の集落でした。八橋運動公園の北に隣接しており、近くには八橋観音(帰命寺)、玉の井稲荷、不 ...

八橋山不動院。秋田西国観音霊場の30番、31番札所。秋田県秋田市八橋本町。日吉八幡神社のすぐ近くです。八橋地区は江戸時代初期に旧羽州街道が整備され、今の日吉八幡神社が遷座した頃から住人が増えました。やがて、街道沿いに茶店が立ち並び、芝居興行が行われるなど、城 ...

↑このページのトップヘ