くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (秋田県)

1
秋田県秋田市大町5丁目。
2
社号標裏…『昭和4年6月鹿嶋講中建立』
3
旧八日町標柱より…『定期市日を示す久保田城下唯一の町名で、塩の専売権をもっていた。』
4
八日町は久保田八日町・秋田八日町ともいいました。江戸期は出羽国秋田郡のうち。秋田藩領。久保田城下町の1つ。成立は慶長17年以降。久保田の外町で柳町の南、豊島町と寺町の間にあります。塩座があり久保田町の塩の俵売りと小売りを許されていました。宝暦期に下肴町の橋の普請を命ぜられ、その資金調達を新屋村の塩行商人(新屋村は塩の触れ売りが許可されました)から30文ずつ1か月徴収するよう訴願しています。明和元年には同町と粗製の製塩地である新屋村と塩の専売権をめぐる争いが起こっています。寛文3年の間数47・家数72。間数に対し家数が多いのは小住宅が多かったことを意味します。成立時不詳の稲荷神社があり、その付近に明治中期私立三省学校(俗称篠田学校)がありました。明治4年から秋田町の町名。同11年南秋田郡に所属。同22年秋田市の町名。明治18年の戸教116。昭和40年住居表示実施により大町5丁目の一部となっています。
5
手水石。
6
鹿嶋神社の由緒等については調べておりません。
7
外観は普通の家のように見えますが、中はしっかり神社です。
8
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
川反には佐竹遷封の際に水戸より白根屋多兵衛が移したもので寛政11年3月から丁内の氏神となっている稲荷神社がありますがそれとは別です。
2
由緒等についてはわかりませんでしたが、「すずらん通り商店会」という木札があったので、その発展を願い崇敬されている神社であることは間違いないかと思います。
3
また、旧町の歴史的経緯、稲荷神社であること、鎮座地的にもある程度の予測はつきますが、特に調べてはおりません。
4
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
秋田県大館市雪沢赤沢。秋田県道2号大館十和田湖線(樹海ライン)から県道313号線へ。道はしっかりしていますが道幅はやや狭いです。道中(雪沢黒沢)に鳥居がありました。
2
額束には月夜見神社とあります。これから向かおうとしていた赤沢村の神社名と同じです。
3
しかし鳥居をくぐって石段を降りていくと渓流に突き当って行き止まり。
4
よく見ると、かつてはここに橋があったようですね。
5
橋の向こうに参道が続いているように思えます。
6
もちろんこれ以上は行くことができませんので(迂廻路はあるかも知れません)、この先に月夜見神社があるのか、はたまたかつての鎮座地なのかは未確認です。
7
7.5
目的の月夜見神社はこの鳥居のある場所よりもずっと先(県道313号線を南下)になります。
8
神社入口付近にある「林道赤沢線起点」標柱。
9
月夜見神社鳥居。
10
神社入口付近にある境内社。
11
馬頭観音のようです。
12
中央には生命童子?よく見えないのでわかりませんが。横には馬頭観世音。
13
月夜見神社鳥居横に金毘羅大権現碑。
14
石段を上ります。
15
社殿。御祭神は月読命かと思います。雪沢神社の御祭神として月読命が合祀されているようですが、当神社、更には上記の雪沢黒沢の月夜見神社との関連はわかりませんでした。
16
拝殿内。正面に小祠が3基並んでいます。
17
正面小祠上にある立派な絵。
18
その下に神明宮・八幡宮御遷宮宿という立て看板があり、その前の小祠(向かって右)は稲荷宮のようでした。稲荷宮の横にも絵馬が数枚立て掛けられています。
19
絵馬(大正13年甲子旧8月15日奉納)。
20
弁慶と牛若丸(五条大橋)。
21
金剛力士。
22
こちらは明治36年5月15日奉納。
23
天岩戸。力士も行司もおります。
24
何かはよくわかりませんでしたが、興味深い絵馬などもありました。
25
25.4
25.8
境内社の唐松山神社(唐松神社)。
26
唐松山神社修繕一宇の棟札には昭和26年旧6月15日の銘が見てとれます。
27
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

↑このページのトップヘ