くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (秋田県)

1
一之鳥居(組丁の赤鳥居)。幸稲荷神社の参道入口になります。花輪ばやしの際には赤鳥居詰パレード(赤鳥居行事)が行われます。花輪ばやし最後の神事のサンサを行い、神様を遥拝する場所になります。赤鳥居は御同心組丁と呼ばれた武家屋敷があった地域にあります。
2
案内板「赤鳥居」より…『幸稲荷神社の神輿渡御は、8月16日に神明社の神輿と赤鳥居で合流し、町内を巡行する。横丁の東突き当たりの「赤鳥居」と称される鳥居は福士川上流に鎮座する幸稲荷神社への参詣口として位置する。横丁の成立について一説には、幸稲荷神社に背を向けぬよう、また産土神の通りに都合のよいように東西に家並みができたといわれる。組丁は延宝2年(1674)中野氏が花輪城代として着任した時、同心三十人を配備したことから「御同心組丁」とも呼ばれる。「花輪ばやし」の全町内屋台の解散は、8月21日未明、この赤鳥居前で行われる。』
3
昭和40年代の組長(写真提供富樫正一氏)。
4
鹿角市歴史民俗資料館で見せて頂いた大正5年の花輪町真景図の一部です。
5
赤線で囲んだ場所が下から赤鳥居、郷社御休殿、郷社幸稲荷神社。御休殿は谷地田町地区の御休殿(御旅所)とは異なります。
6
こちらは途中の追分石(右稲荷神社八丁・左駒形神社花輪鉱山二里)前で見つけた鳥居(秋田県立比内支援学校かづの校付近)です。
7
額束には「幸稲荷神社・駒形神社・三倉山神社」とあります。幸稲荷神社は右へ行くようですが、まず左にも向かってみました。鳥居の向こうに写っているのが追分石です。
8
左に向かって、その道中の鳥居。額束には「駒形神社・三倉山神社・大山祇大神」とあります。しかしながら、この先へと進んで行くと、壊れた道路の復旧工事のため、途中で通行止めになっており、私が訪れた時にはこれ以上進めなかったため、上記の鳥居へと戻りました。
9
追分石を右に進むと大きな鳥居が目に入ってきます。なお、道中に駒形神社の小さな鳥居もありましたが行ってません。
10
神饌田奉献記念碑(昭和16年4月17日)。
11
11.5
鳥居と御神橋(平成元年奉納)。
12
12.5
御神橋から見える花輪スキー場ジャンプ台。
13
参道石段。
14
一生懸命掃除をなさっている方がいました。
15
「夢を育てて」(創業35周年記念八重桜成木植樹奉納碑・昭和56年5月)。株式会社角昌機械店創立者阿部松司78歳謹建。
16
幸稲荷神社の由来…『幸稲荷神社は、祭神に豊受姫命、猿田彦命、天宇都女命を祀り、鹿角花輪通の総鎮守、産土神として広く尊崇をあつめ、その創建は遠く鎌倉時代に遡ると伝えられます。三倉山麓の神域付近は、古代花輪の里発祥の地とされ、福士川は当神社の御手洗川とよばれてきました。代々盛岡藩主南部家の信仰が厚く、社記によれば文明2年(1470)南部政盛が神殿を再建したのを始め、その後社殿の修築はほとんど藩主の命によって行われました。寛永9年(1632)社領20石が寄進され、承応(1651)の頃すでに3間4面の神殿3間7間の拝殿という大社で藩主病気平癒の祈願所でした。大祭には花輪通代官が藩主の代拝を行い、御旅所への神幸には武装の士卒が随従しました。明治以降は、郷社として町費による修改築が行われ、現在の幣殿・拝殿は昭和17年に改築されました。神社の祭典に奉納される花輪ばやしは、日本三大ばやしの一つといわれ、昭和53年秋田県無形民俗文化財に指定されました。豪華絢爛な十町内の屋台が花輪ばやし迫力の演奏をのせて町内を運行する壮観は、東北夏祭りの代表として、国内はもちろん海外でもしばしば公演し絶賛を博しております。』
17
石段前の標柱には「龍神社参道石段奉納記念碑」とあり、その下には石製の幸稲荷神社の神額がありました。
18
18.5
石段手摺奉納者名(昭和56年花輪42歳寿会)。
19
石段上の鳥居。
20
20.5
神池。
21
社殿前鳥居。
22
石灯籠一対(文久3癸亥年4月吉日)。
23.5
23
手水舎。
24
社殿前参道。両脇に石灯籠と境内神社。
25
石灯籠一対(昭和4年旧7月16日)。
26
26.5
境内社。
27
駒形神社。
28
石灯籠一対(明治45年2月20日)。
29
29.5
境内社。
30
木鼻・虹梁の龍がかっこいいです。
31
幸稲荷神社。
32
社殿内。
33
石灯籠一対。
34
34.5
紀年銘は読み取れず。明治44年かな。
35
火袋内に日光東照宮大金幣御守。
36
境内社。由緒から消去法で推測すれば八幡神社かな。
37
石灯籠一対(昭和54年9月11日)。
38
38.5
奉納劔壹口・開業四拾年記念碑(醤油醸造元、秋田縣花輪町、淺利佐助)。
39
奉納大幕壱帳・創業百周年記念碑(福寿醸造元、鹿角市花輪、株式会社浅利佐助商店・同社員一同)。
40
41
 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ

1
秋田県鹿角市花輪上花輪。谷地田町地区。谷地田町二区には、花輪総鎮守の幸稲荷神社(市街地から3km以上離れた皮投岳の麓に鎮座)の御神体を安置するための御旅所があります。御旅所についてはいつから谷地田町のこの場所に存在したかは不明のようですが、当初は沢小路付近にあり、水害のために後に現在地に移転させたと伝えられているそうです。
2
ちなみにこちらの写真は鹿角市歴史民俗資料館で見せて頂いた大正5年の花輪町真景図の一部です。
3
ここが沢小路付近になるのかはわかりませんが、確かにその辺りに「郷社御休殿」とあります。ちょうど幸稲荷神社と赤鳥居の中間地点です。
4
但し、こちらの花輪町真景図では、現在の幸稲荷神社御旅所の場所にも既に「御休殿」の文字が見てとれます。つまり少なくとも大正5年の時点では御休殿が2ヶ所存在しています。
5
幸稲荷(さきわいいなり)神社御旅所(おたびしょ)…『幸稲荷神社本社は東方2kmに在り、毎年8月16日に幸稲荷神社本社より神輿渡御が行なわれ、町内を巡行し、この御旅所に神輿が安置される。8月19日・20日の2日間、夜を徹して行われる郷土芸能「花輪ばやし」<県無形民俗文化財>は祭礼ばやしとして行なわれる奉納行事である。花輪ばやしの屋台巡行は「御旅所詰め」から始まる。19日夕刻5時半、のろしを合図に御旅所へ集まり、神事を行なったあと、鹿角花輪駅をめざす。御旅所の創建は不明であるが記録によれば、安永7年(1778)に建物が大破し再建されている。万延元年(1860)8月に、南部藩主利綱が鹿角地方を巡視した際、御旅所に立ち寄り参詣している。』
6
手水舎。
7
石祠。
8
稲荷様のようです。
9
こちらも稲荷様のようです。上部には隅立井筒の家紋のようなものが彫られています。
10
石灯籠一対(明治25年7月20日)。
11
11.5
御旅所。
12
社殿。
13
社殿内。
14
こちらは幸稲荷神社御旅所の東方、やや離れた場所(荒屋敷八幡神社付近)にあった標柱「参道入口」です。
15
横面には「正一位幸稲荷神社 駒形神社 大山神社 三倉神社 青柳神社」とあります。
16
ここから結構離れていますけどね。
17
眺望。花輪館跡地で、正面は花輪館の南舘付近。本丸跡は鹿角市立花輪小学校のグラウンド。
18
以下関連記事
19
 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ

1
秋田県大館市雪沢大滝。
2
3
小坂鉄道レールバイクの受付・出発地点から四十八滝付近まで、長木渓流遊歩道があります。
4
コマリヤの龍神様。
5
レールバイクからも見えます。
6
すぐ横は長木渓流。
7
石祠が3基ありました。
8
長木渓流にはメラシの流れやコマリヤの流れなどがあり、上コマリヤとコマリヤの間にあることからコマリヤの龍神様と呼ばれているようですが、そもそもコマリヤの意味がわかりません。
9
いずれにしましても3基とも龍神様です。
10
10.4
10.8
勧請顯法三竜神守護攸とあります。裏面は見ておりません。
11
昭和63年の広報大館に、「市民のオアシス長木川渓流」と題した記事が掲載されていますが、それによりますと、「コマリヤの龍神は、近年秋田工業高校、大曲中学校の野球部が参拝したところ、秋工は甲子園出場、大曲中は全県優勝を果たしたという話があり、霊験あらたかかと話題を呼んでいます。」とありました。龍神様と野球の関連はつかめませんが…野球部の方々は参拝してみてはいかがでしょう。
12
鳥居の跡。
13
遊歩道を進みます。
14
美しい渓流を間近で見ることができます。
15
この付近ならばレールバイクで見逃しても、遊歩道からゆっくり見ることができます。
16
四十八滝。
17
四十八滝(しじゅうはちたき)とは、日本の滝群に付される名称であり、四十八の滝があるわけでもなく、四十八滝という名の1つの滝があるわけでもなく、特定の地域に複数の滝がある場合に名付けられている場合が多いそうです。
18
上コマリヤ。コマリヤと言われる地点は渓流の幅が急激に狭くなっています。
19
美しい景色です。レールバイクは小雨でも運行するようですが、是非とも天気のいい日に訪れてください。
20
20.5
ってことで定番となった苔観察。実はルーペも買ってしまいました。
21
以上、コマリヤの龍神様(長木渓流)でした。
22
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

↑このページのトップヘ