くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (秋田県)

ほぼ「横手温泉ホテルプラザ迎賓」の紹介です。横手駅前(秋田県横手市駅前町)。まずは温泉に入り…しばし寛いだ後…飯!畑サラダ。畑のサラダは初めて頂きました。松茸土瓶蒸し。お刺身。鮭包み焼き・焼き栗。木の子の炊き込みご飯・芋の子汁。横手黒毛和牛すき焼き。お腹 ...

秋田県鹿角市花輪上花輪。谷地田町地区。曹洞宗鳳林山長年寺。鹿角三十三観音霊場六番札所。花輪南部氏の菩提寺。開基は九戸政実の舎弟康実。中野氏(文政元年以降南部氏と称す)の菩提寺として、延宝2年同氏の花輪入部とともに、もと長福寺城に建立。加賀国金沢龍光山宗徳寺 ...

秋田県にかほ市象潟町象潟島。鳥居紀年銘「明治40年4月13日」。八島神社(八ツ島内)…『祭神豊岡姫命。象潟大明神ともいわれたこの神は、鳥海山大物忌神と同神とされています。今は「八島」と表記されているものですが、かつては八津島神社と表記していました。社伝によると ...

『蚶満寺庭園(にかほ市象潟町)』・『蚶満寺(にかほ市)』・『蚶満寺(にかほ市)~其之弐』からの続きです。庫裡の中を守る猫様。本堂裏手の史跡庭園へ。観音堂。観音堂内。三十三観音等。御開山傳法松標柱。後ろの切り株だったのかな。犬楠(タブノ木)。亜熱帯植物で樹 ...

『蚶満寺庭園(にかほ市象潟町)』及び『蚶満寺(にかほ市)』からの続きです。現在地。位牌堂前の法華塔。法華堂横の階段は立入禁止です。なぜ立入禁止なのかは『八島神社(にかほ市象潟町)』の記事でどうぞ。なお、仁賀保挙誠の墓についても八島神社の記事内にて紹介して ...

『蚶満寺庭園(にかほ市象潟町)』からの続きです。山門。にかほ市指定有形文化財。木造切妻造瓦葺の八脚門(12坪)。年代不詳。江戸中期の建立と推定。見応えのある彫刻でした。矢島藩生駒氏の奇進とされる金剛力士(仁王)像を安置。但し、拝観のしおりでは、「仁王尊等の ...

秋田県にかほ市象潟町象潟島。蚶満寺は仁寿3年(853)に天台宗の慈覚大師の開創と伝えられ、かつては名勝であった象潟(九十九島)の要にありました。境内は古木に囲まれ旧跡が静寂の中に佇み、古刹の雰囲気が漂っています。古くから文人墨客が訪れた名刹として知られており ...

東北最大級の道の駅「象潟ねむの丘」。才の神横丁。象潟町のサエの神の御神体は陰陽性器のうち、男根(陽)を石や木でかたどったものです。この神に良縁や子授け、病気、家内安全、豊作などを祈願すると、御利益があるといわれています。このサエの神行事は、1月15日に早朝か ...

秋田県大館市出川上沢岱。出川会議所隣り。出川の欅からも近い場所です。参道には美しいスギコケがたくさん生えていました。出川村は江戸初期より開発が進められています。慶安元年には一村検地が実施されたそうですが詳細は不明。鳥居。柱の下部だけが八角で願主や石工など ...

秋田県大館市出川上沢岱。市指定天然記念物の出川の欅。推定樹齢1000年以上。1本の根から5本の幹に分かれています。樹高約30m、目通り幹周り17.1m、根かぶ周り28.4m、主幹直径約2.5m、樹冠東西約30m・南北約28m。大き過ぎてヤバイよヤバイよー!!最も大きかったと思われる1 ...

鹿角市尾去沢軽井沢。史跡尾去沢鉱山方面。社号標。裏面碑文「昭和十三年十月遷座」。参道。灯籠三対(昭和13年10月)。参道赤松。狛犬一対(石工:花輪町田中清一)。紀年銘は蜘蛛の巣が邪魔で読み取り断念。御祭神は大山祇命、金山彦命、豊受姫命、天之鈿目命、照皇大神、 ...

『尾去沢鉱山(鹿角市)』からの続きです。尾去沢鉱山学校1年くま組鉱太。坑道内は年間を通じて気温13度です。夏場でも上着やバスタオル等を持って見学してくださいとのこと。実はこの日は猛暑日。つまり尾去沢鉱山に来た最大の理由は「涼しい所に行きたかった!!」…ってこ ...

秋田県大館市板沢屋布。板沢村は天正19年の史料に村名が見え、戦国期には一定の村落が展開されていたものと思われます。正保国絵図では板沢新田村16石、享保3年には板沢村当高148石余。御祭神は天照大御神。明治43年6月15日に一時愛宕神社(板沢字別後沢)に合祀。社号標(摂 ...

土深井裸まいり(市指定無形民俗文化財)で有名です。江戸時代初期、米代川の洪水により田畑が流され、疫病流行したことから、厄除けや悪病退散を願って冷水で身を清め、稲荷神社に祈願したのが始まりと伝えます。隔年旧暦1月19日に行われていましたが、近年は2月第3日曜日に ...

秋田県鹿角郡小坂町上向。かつての上向村。明治9年11月28日に鴇・鳥越・長沢・牛馬長根が合併して上向村。鳥居をくぐってしばらく道なりに歩きます。最初のうちは余裕でしたが…少しずつ荒れてきて…途中で笹藪に…挫けずに歩き続けると…あれ!?行き止まり!?っていうか川 ...

↑このページのトップヘ