くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (大鰐町)

1
青森県南津軽郡大鰐町。茶臼山公園。
2
油川貞憲頌徳碑(篆額工学博士唐津曽根達藏)・玉川長吉大工棟梁顕頌徳碑。裏面碑文は読んでおりません。
3
大鰐温泉つつじまつり開催中の参詣。
4
4.5
八幡宮の詳細については以前の記事(下記リンク)を参照ください。
5
石灯籠一対。
6
6.5
手水舎(大正5年)。
7
狛犬一対(大正7年6月15日)。
8
8.5
社殿。
9
拝殿向拝。
10
大鰐温泉つつじまつり開催中には拝殿に休憩所が設置され、自由に休憩できるようになっております。
11
但し、休憩所のお座敷が拝殿内中央に設置されているため…たまに拝まれます笑
12
拝殿内絵馬。
13
13.4
13.8
古そうな絵馬もあります。
14
14.2
14.4
14.6
14.8
こちらは明治29年11月15日。
15
御神馬。
16
境内末社。
17
1つはよく見えず。羽黒山祈祷大麻かな。わかりませんが。
18
もう1つには勧請東北稲荷大明神。
19
関連記事
20
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 21
阿闍羅山は他界信仰の山であると同時に水神信仰の山でもあります。
イメージ 22
阿闍羅山大権現から竜神宮へ。
イメージ 23
かつてここには鳥居が建っていました。
イメージ 24
現在は倒れたままです。
イメージ 25
イメージ 26
ここから15間ほど下ります。
イメージ 27
細い山道です。
イメージ 28
うわ、細い道なのに…
イメージ 29
気持ち悪い蛙が道の中央に陣取って動きません…蛙苦手…しかも大きい…足元注意です。
イメージ 30
イメージ 31
そっと跨いで…池到着。
イメージ 32
小十和田池と竜神宮。竜神宮は草創不詳。昭和52年の再建。
イメージ 33
一番休みでも紹介しましたように、阿闍羅山は水神信仰の山でもあります。
イメージ 34
江戸時代には大鰐・蔵館の両村の老若打集で願所成就を願い、懺悔を唱えて登山し、山頂の祠を拝し、次いでこの小池小十和田を拝し、小さな白紙に三粒の米を包んで池中に投げ、沈めば納受ありて願望成就、浮けば心願叶わずと後来を戒慎、或深く信じるものは池中に霊牛の影を見るといいます。なお、『水神竜神 十和田信仰』にも同じ記述があります。
イメージ 35
イメージ 36
残念ながら何も見えませんでした。
イメージ 37
ちなみにここから下方の麓中腹には坊屋敷と呼ばれる中世の伽藍と本坊の遺跡があります。
イメージ 38
阿闍羅山大権現に戻りまして…阿闍羅行者修業のみち案内板。
イメージ 39
阿闍羅山大権現からの景色。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
ゴンドラ終着地点。
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
展望休憩所(パノラマ)…開いてませんでした。
イメージ 7
っていうより廃墟状態。
イメージ 8
リフト終着点。もちろん動いていません。
イメージ 9
イメージ 10
ってことで、帰りも歩いて下ります…修行修行!!
イメージ 11
イメージ 12
最後にもう少しだけ阿闍羅山を紹介。
イメージ 13
こちらは雨池国際コースの途中にある水神を祀る祠。雨池コースというだけあります。
イメージ 14
イメージ 15
『水神竜神 十和田信仰』には次のような記述があります…『(前略)アチャラとは、不動明王の梵名である。中腹に雨池があって昔は水神を祀っていたようだが、近年は地元の虹貝の人も詣らなくなったという。』
イメージ 16
イメージ 17
こちらは島田方面に下っていく途中にある山神の碑。
イメージ 18
以上、阿闍羅行者修行の径シリーズでした。
イメージ 19
イメージ 20
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 33
イメージ 34
イメージ 35
三番休みから上ってくると最初に見えてくるのが一の鳥居。
イメージ 36
これが一の鳥居なのか、現在これだけが残っているのは不明ですが。
イメージ 37
笠木部分は下に落ちてました。
イメージ 38
ここから少し登れば到着です。阿闍羅無線中継所が目印。
イメージ 39
あじゃらいただきの森トレッキング案内看板。
イメージ 40
トトロン迷宮の森には入りたくないですねぇ…方向音痴だし。お弁当広場がいいけど、説明によると「ウサギのウンコがあるので注意してください」とのこと。お弁当を食べる気分が失せる説明です。
イメージ 32
阿闍羅無線中継所。もう一息!
イメージ 31
二の鳥居が見えてきました。
イメージ 30
阿闍羅山大権現はまさに阿闍羅山の頂上に鎮座しております。
イメージ 29
鳥居と参道。
イメージ 27
イメージ 28
阿闍羅山頂…『ここは標高709メートルである。中世のころ、山頂に蔵館大円寺の阿弥陀如来像の大日堂、古懸の不動堂、久渡寺の観音堂の三堂が建てられ「阿闍羅千坊」と言われていたと伝えられている。阿闍羅の地名は仏教とかかわっている。』
イメージ 26
大権現宮。
イメージ 25
社号標の横には紀年銘(大正8年8月1日)。再建時に奉納されたもの。
イメージ 23
イメージ 24
明治24年村有志建立。明治22年に弘運海が2人の若い僧を連れて阿闍羅山頂に篭もった時、夢に岩木山頂本尊観音(金銅)が現れて、お告げがあったといいます。それで大鰐講中は神仏分離令で岩木山から遷された岩木山頂本尊を求め、苦労してようやく大鰐に勧請。その時、岩木山頂と同じように阿闍羅山頂へ大権現宮を建立し、岩木山頂仏を祀りました。
イメージ 22
御神体の元岩木山頂観音像は専稱院の阿闍羅堂に祀られ、建立年から始まった阿闍羅山お山参詣の日には阿闍羅山大権現宮に遷されるそうです。なお、祠内には本地仏の聖観音像が安置されているそう。
イメージ 21
石燈籠一対(八万舘村)。大正10年81日。
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
秩父宮殿下御登山記念碑(昭和3年9月2日)。
イメージ 17
阿闍羅山頂整備記念碑(平成2年9月建立)。
イメージ 16
津軽霊峰阿闍羅山海抜709.1m(平成元年8月31日建立)。
イメージ 15
北門鎮護寳塔。北門鎮護の塔については平成9年発刊の「日精寺のあゆみ」に詳しく記されています。弘前市図書館で読むことができますよ。右面には北門鎮護寳塔碑文…『聖地阿闍羅は平安京の鬼門封じに三千坊を建立せりと傳ふ所本州の北端に磐石不動の神相を顯現して聳えたり戦局愈々危急の秋阿闍羅文化集談會は廣く浄財を集めて神州護持の大信念を標徴する北門鎮護の寳塔を山巓に建立し窮局の為協力する萬民の實相と郷土現況の大要を碌して塔中の秘筐に藏々是を後昆に傳へんとす醜虜何者ぞ朝暾夕暉に燦く寳塔を仰ぎ愈々大雄猛心を結集し以て怨敵退散皇土安穏を祈願し奉ると爾云ふ 松露山人撰文』※松露山人は葛西覧造氏の俳号。
イメージ 14
左面には立正安国。
イメージ 13
裏面…昭和21年8月1日建立。發起者:阿闍羅文化集談會。
イメージ 12
四阿。
イメージ 11
境内はちょっとした広場になっています。
イメージ 10
境内からの風景。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
先週は見えなかった岩木山がくっきりと見えます。
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
リベンジしてよかった。
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 3
イメージ 1
イメージ 2
水分補給して、おにぎり食べて、ろいやるふぁーむのヤギたちに餌をあげたら三番休みへ向かいます。
イメージ 4
イメージ 5
道中はゴルフ場内を通る舗装された緩やかな遊歩道なのでかなり楽です。
イメージ 6
行者(三番休み)…『阿闍羅山が津軽山岳信仰の中心であったころ、ここに修験の行者堂があり、行者が山の霊力を身につけるため「籠もり行」をする行場であったと言われている。かつては、深い樹木に被われ、水神信仰の泉が湧く霊地として米や銭の浮き沈みでする占いもされていた。』
イメージ 7
阿闍羅山は平安時代から続く阿闍羅山千坊として知られ、山岳佛教の場として尊い山または霊山として名を馳せ、陸奥国文化発祥の地として多くの名僧や修験者を送り出しました。当時の修験行者が道中に足を休め、霊力を身につけた休み場が登山口から山頂までの間に3ヵ所現存しています。一番休みは登山口の赤倉神社付近、二番休みは難所の七曲がりを越した前平付近、三番休みは更に登って山頂へ行く途中のゴルフ場付近にあります。
イメージ 8
三番休みには行者堂があり、中にはいくつかの石碑が安置されています。石碑はほとんど破損しており、状態はよくありません。明治16年に山形県羽黒山湯殿山の井上弘運海木食上人が坊屋敷を訪ねた後、阿闍羅山頂に登って籠もり業をしました。これに大鰐の観音講中7人も同行し、行者へ観音堂を建てて共に業をしています。明治22年、弘運海は2人の若い僧を連れて再び阿闍羅山頂に篭もりました。
イメージ 9
中へ。
イメージ 10
奥に石碑が置かれています。
イメージ 11
中央の石碑は比較的状態が良いです。
イメージ 12
雰囲気は大日如来像かな。光背上部には「湯殿山行者■■世木喰井上弘海代建之」と彫られています。
イメージ 13
左右には大鰐の観音講中数名の名前(工藤加賀助・北川民治郎・藤田金右衛門・田中善吉・工藤三右衛門・佐々木甚吉・福嶋屋・成田など)が彫られています。
イメージ 14
こちらは…「弘前山ノ觀音?講中」かな。
イメージ 15
中央に金剛力士像が彫られています。
イメージ 16
その他の石碑はボロボロの状態で安置されていました。
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
水神信仰の泉が湧く地というだけあり水が出るようになっていました。昭和の中頃まで占いが行われた神聖な場所ですが、昭和62年にこの付近はゴルフ場に拡張され、地形が大きく変わり、かつての行者清水は埋まってしまったそうです。昭和51年発刊の『水神竜神十和田信仰』(小館衷三)にも「頂上近くの行者の小屋にはきれいな水が湧いているし…」との記述があります。
イメージ 20
ゴルフ場拡張の整地の際に発見された五輪塔(上記の観音菩薩石像も発見されています)。行者堂の横にあります。何かが彫られているようですが読み取れません。しかし全体的に状態はかなり良好です。
イメージ 21
水輪の梵字だけがはっきりしてます。アーンク(大日如来)かなぁ。
イメージ 22
外にも蛇口があり、その横には官行造林記念碑。紀年銘などは苔で読み取れず。
イメージ 23
イメージ 24
藪の中には回向柱らしきものが1本見えました。
イメージ 25
近寄れなかったので未確認です。
イメージ 26
いよいよ山頂に向かいます。
イメージ 27
イメージ 28
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 4
イメージ 5
一番休みから二番休みまでのコースが一番の難関です。案内看板のルートはいまいちわかりにくいです。
イメージ 6
よって近くのスキー神社に参拝し、スキー場の斜面を進むことにします。ジャイアントスクリーン、神沢バーン、前平バーンはいずれも最大斜度34度で、神沢バーンはあの三浦雄一郎さんがパラシュートブレーキによる直滑降の練習をした斜面らしいです。ジャイアントスクリーンもきついイメージ。
イメージ 7
滝ノ沢ゲレンデは斜度こそ緩くなりますが、ブッシュがひどく歩きにくいです。どの斜面を登っても着く場所は一緒のはず。私は連絡通路から国際エリアに行って神沢を横切り、前平バーン(リフト下)を登るのが一番楽かと思います…いや、全然楽じゃないけど(笑)いずれにしても急勾配な上に日陰もまったくないので、距離が短くても甘くみない方がいいです。持久力<筋力!
イメージ 8
最大斜度34度、最大勾配81%。角度がきつくて下ばかり見て歩いてしまいます。よってずっと下の写真のような光景です。ほぼ這って登るような感じ。ちなみにわけあって2週連続で登っています(笑)
イメージ 9
時々振り返って景色を楽しみながらゆっくりと。
イメージ 10
イメージ 11
っていうか怖い(笑)
イメージ 12
イメージ 13
横を向けば神沢の斜度がお分かりいただけると思います。
イメージ 14
個人的には雪がない方が怖く感じます。
イメージ 15
イメージ 16
ん?何か飛んでいった!?
イメージ 17
空を見上げたらパラグライダーを楽しんでいる人たちがいっぱいいました。
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26
イメージ 27
確かに神沢の角度はパラグライダーの離陸地点に向いてますね。
イメージ 28
イメージ 29
一度飛んだらやみつきになるみたい。
イメージ 30
高所恐怖症の人でも全然怖くないらしい…って言われても絶対無理!
イメージ 31
イメージ 32
町営前平ヒュッテと神沢の四阿。
イメージ 33
イメージ 34
町営前平ヒュッテは結構趣のある建物ですね。
イメージ 35
リフト降り場。
イメージ 36
リフト降り場の横から神沢コース頂上へ…
イメージ 37
先が見えない…崖や!懐かしいこの感覚(笑)
イメージ 38
イメージ 39
でもいい景色です。
イメージ 40
イメージ 41
イメージ 42
イメージ 43
イメージ 44
イメージ 45
イメージ 46
イメージ 47
イメージ 48
イメージ 49
岩木山も見えるしねー!
イメージ 50
イメージ 51
イメージ 52
あっ、また一人旅立ちました…
イメージ 53
イメージ 54
イメージ 55
滝ノ沢ゲレンデ方面に行ってみましょう。
イメージ 56
前平バーン。
イメージ 57
滝ノ沢ゲレンデ。
イメージ 58
イメージ 59
イメージ 60
こちらも岩木山が綺麗に見えますね。
イメージ 61
イメージ 62
さて、三番休みを目指しましょう!
イメージ 63
おっと、その前に二番休み(前平)の紹介でしたね。違うルートを来たつもりでしたが、きちんと二番休みに着きました。ちなみに二番休みも三番休みも車で来れるのですが…車で来ると…休めません!!
イメージ 64
『阿闍羅山への参詣のとき、一番休みから難所の七曲がりを越して一息いれたところである。(以前は清水が湧いていた)眼下には、津軽平野が開け遠くには、岩木山や八甲田連峰を望むことができる。』
イメージ 65
イメージ 66
説明通り清水は湧いていません。
イメージ 67
ここから第3ペアに沿って青森ロイヤルホテルへ登りますが、道が舗装されていてとても楽です!
イメージ 68
イメージ 69
イメージ 70
この斜面も岩木山が見えます。
イメージ 71
イメージ 72
ロイヤルホテル到着!
イメージ 3
オレンジジュース飲むぞー!
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ