くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (外ヶ浜町)

イメージ 3
稲荷神社の社伝によりますと、今津村は寛文年間に越前国からの移民によって開かれ、その時に稲荷神社も遷座されたといいます。
イメージ 4
イメージ 5
今津村及び根岸村には福井姓が多いのは、越前福井地方からの来住に関係するものと推測できます。
イメージ 1
イメージ 2
宝暦9年神社書上帳に稲荷宮が見えます。
イメージ 6
天保10年、天保12年、嘉永3年の棟札あり。神事は3年に1度、今津村で執行。
イメージ 7
蟇股・木鼻。
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
鬼瓦と懸魚。
イメージ 11
白狐がおります。
イメージ 12
社殿内。
イメージ 13
正一位稲荷大明神の神額。
イメージ 14
神額裏の小壁の絵も凝ってますね。
イメージ 15
イメージ 16
竜の絵馬など。
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
船絵馬もあります。
イメージ 20
獅子頭。
イメージ 21
社殿内案内板(大正13年1月26日御成婚紀念)より…『●祭神…倉稲魂命、猿田彦大神、大宮能女神。●御事歴…倉稲魂神は又の御名を豊宇気姫神、大宜都比賣神とも又保食神とも申し奉りて伊邪那岐命の御子和久産巣日神の御子に座まし天照大御神の大饌都神にして食物を幸ひ給うのみならず機織の業より家居の事をも霊幸ひます本御祖の神なるが故に食物、衣服、住居の守護神として天照大御神も重く此の神霊を祭らせ給ひて天孫御降臨時に當り八咫寶鏡に此神の御霊を副へて降し給へりされは天孫瓊々杵尊は之を宮中に齊祀られしか後雄略天皇の御代に至り帝天照大御神の夢の御誨に依り伊勢國山田原に遷座さしめられたり今の伊勢外宮と御同神なり。猿田彦命は猿田毘古之男神とも申し奉り御身の長頗る高く御顔赤くして鼻又隆く眼大にして威風堂々たる御神なりといふ天孫髙千穂峰に降り給ひし時之を途に迎え奉りて御案内申上け又天鈿命と共に天照大御神の御霊に供奉して伊勢に至りし功勞高き御神にして後五十鈴川の畔に閑屋せらる。大神は能く道案内をせられたるに因り又の御名をは岐神、道祖神とも申し奉る又俗に庚申神として崇敬せらる。大宮能女神は天照大御神の天岩屋に隠れ給ふや異様の装を為し給ひて岩屋の前に舞ひ大神岩屋より出て給ふや御前に侍して御心を慰め給ふ後天孫降臨の時從ひて降り給ひ猿田彦命と力を協せ荒神を拂ひ給ひ後宮中に奉仕し君臣の御中を取持たせられ宸襟を和らけ奉りしによりて又の名を天宇受賣命とも申し奉る。婦人徳育の典型として崇めらるへき神にそありける。●由緒…勧請年月不詳。明治6年3月平館村平館神社へ合祭同8年2月復社同9年12月村社に列せらる。●祭日…祈年祭5月10日・例祭9月10日・新嘗祭12月12日。』
イメージ 22
本殿。
イメージ 23
手水鉢。
イメージ 24
石灯篭一対(大正5年9月10日・福井三藏)。
イメージ 25
イメージ 26
イメージ 27
狛犬一対。
イメージ 28
イメージ 29
イメージ 30
末社龍神宮。
イメージ 31
イメージ 32
龍神宮内。
イメージ 33
地図を見ていたら稲荷神社のすぐ近くに「今津才の神」とあったので行ってみました。
イメージ 34
才の神川・才の神橋(昭和40年8月竣功)。
イメージ 35
イメージ 36
地域名自体が才の神だったんですね。もちろん才の神(賽の神・幸の神・道祖神)にルーツがあるのかと考えられますが調べていません。
イメージ 37
イメージ 38
才の神川右岸の海岸沿いの丘陵地には今津遺跡があり、縄文時代の土器が多数発掘されているそうです。
イメージ 39
イメージ 40
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 22

イメージ 23
外ヶ浜には小さな集落ごとに神社があり、五穀豊穣・航海安全・豊漁などの神を祀っています。
イメージ 24
イメージ 25
外ヶ浜町蟹田石浜に鎮座する石濱稲荷神社。
イメージ 26
例祭日は9月24日。創建不詳。明治6年3月に神仏分離により深泊稲荷神社に合祀されるも同8年2月に復社、同9年12月村社。
イメージ 27
「御国道程之図」(1694)によりますと、同地に地蔵堂が見えます。御祭神は保食神ですが、石岡長兵衛家の祖先が京都の伏見稲荷より勧請したと伝えます。
イメージ 21
秋の大祭には海上運航による神事が行われ、海の神へ海上安全・大漁を祈願をします。
イメージ 20
拝殿木鼻。
イメージ 18
イメージ 19
石灯篭一対。
イメージ 16
イメージ 17
狛犬一対。
イメージ 14
イメージ 15
紀年銘は昭和13年、鱈豊漁記念です。
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
境内の隅に石が転がっていました。
イメージ 10
読み取れない石もありますが、大きい石は猿田彦大神です。
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
境内からの風景。
イメージ 5
下北半島が近くに見えます。
イメージ 3
イメージ 4
遠くにフェリーも見えます。
イメージ 1
ズーム!!
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 7
天明8年の菅江真澄の『外が浜づたひ』には、「二ツ屋、杉の浦に至る」と見え、『錦の浜』では「こは秋もはや深泊あまの屋のひとつ二屋杉今津く」と詠んでいます。
イメージ 8
イメージ 9
伊能忠敬の『測量日記』では石浜7軒、深泊16軒、二ツ谷12軒、杉9軒と見えます。また、嘉永3年の松浦武四郎の『東奥沿海日誌』では「二屋村、人家二十軒斗、皆漁者なり、此辺内海にして波甚穏也、扨越て行まゝ又暫くにして深泊り村、同じく人家二十軒斗、並て石浜村、同じく漁者のみ也、人家十軒斗にして随分富る様子也、さて此処にてはたご屋を聞しに、今一り半斗も蟹田迄行ねばなしと云まゝに如何はせんと云ければ、幸其処に網を干しける老人すぐに我家に来り玉へと云て泊りけり」とあります。
イメージ 10
深泊稲荷神社の創建は不詳。御祭神は保食神。貞享4年検地水帳に見えます。安政2年村中再興。寛政15年(戌午)の棟札あり。例祭日9月10日。
イメージ 11
明治6年3月に船岡久須志神社二ツ谷稲荷神社石浜稲荷神社を合祀し、同8年2月にいずれも復社。
イメージ 12
昭和12年頃、県下第2位という祭祀用大幟が奉納されており、それを見ようと近在の人々が参詣していたそうですが、現在はその面影はありません。
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
例祭日には海上運航による神事が行われ、海の神へ海上安全・大漁を祈願をします。
イメージ 16
イメージ 17
社殿の色使いが中々派手です。妻面の蟇股に白狐。
イメージ 18
向拝蟇股・木鼻。
イメージ 19
イメージ 20
イメージ 21
拝殿内。
イメージ 22
本殿。
イメージ 23
本殿横の小祠。
イメージ 24
龍。
イメージ 25
鱈刺網船遭難の懸額が奉納されています。これは明治39年12月19日に前沖で発生した遭難事故を描いたもの。大暴風雪となり、4隻のうち2隻は避難したものの、2隻は荒波にもまれて風下へ押し流されました。その2隻のうち17名が死亡し、1名だけが奇跡的に助かりました。懸額は生き延びた乗組員たちが奉納したものです。
イメージ 26
こちらの懸額は昭和3、4年の大豊漁に感謝して漁師たちが奉納したものです。鱈刺網船遭難の懸額もこちらの懸額も当時を知るうえでとても貴重な資料となっています。
イメージ 27
社号標(大正15年3月10日)。
イメージ 28
イメージ 29
石灯篭一対。
イメージ 30
イメージ 31
文久2壬戌年建・海上安全。
イメージ 32
イメージ 33
狛犬一対(昭和12年6月10日)。
イメージ 34
イメージ 35
イメージ 36
イメージ 37
イメージ 38
狐一対(昭和13年旧6月10日)。
イメージ 39
イメージ 40
こちらの小祠は中に石碑が見えていました。
イメージ 41
猿田彦大神のようです。
イメージ 42
祠の横の石碑も猿田彦大神(明治20年8月)。
イメージ 43
こちらは読み取れず。
イメージ 44
末社龍神宮。
イメージ 45
海へ繰り出す家族の帰りを待つ女性たちが、無事に戻ることを祈願する場所として創建され、現在も女性たちによって信仰が守られているそうです。
イメージ 46
龍神宮内の意味深な絵馬。
イメージ 47
深泊稲荷神社の境内からの眺望。
イメージ 1
こちらは平舘石浜尻高川の町村境ほどにあった祠です。
イメージ 2
結構立派な小祠です。何なのかは不明ですが。
イメージ 3
千木が外削ぎ(男千木)、鰹木が3本ということで男神であると推測はできますが。
イメージ 4
イメージ 5
台座を見ると、祠はかつて2つあったようです。
イメージ 6
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ