くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 祭事・民俗信仰・伝統工芸

天満宮梅まつりへ。 日付は4月21日。 満開ではありませんが綺麗でした。 天満宮卯年一代守護神…『学業成就・諸願成就の神。御祭神:菅原道眞朝臣命・文殊菩薩・少彦名神・若木神・倉稲魂命。末社:稲荷神社・若木神社。開祖は菅家の末裔重珍丸の十二代の後胤にあたる ...

短夜や 覚めてじゃわめぐ わらはんど ...

第3回六興祭。2018年9月23日の記事になります。 道の駅ろくのへメイプルふれあいセンターのイベント(ステージイベント各種・県内5つの道の駅が集結・クラフト市などなど)。 六戸町官庁街通り(メイン会場)のイベント(東翔太鼓・山車展示・ガラポン抽選会・フリーマー ...

平成30年8月11日。第51回大館大文字まつり。 秋田県大館市で開催される夏の風物詩。 早い時間から多くの屋台やステージで賑わっておりました。 場所を確保し、暗くなるまではステージを楽しみました。 本当はほぼ屋台ばかりを楽しんでいました。 さて、まつりは ...

津軽の短い夏… 残り僅か… お忙しい方もいるかと思いますが… 夏バテせずにがんばりましょう ...

ねぶたと言えば、「青森ねぶた祭(国指定重要無形民俗文化財)」「弘前ねぷたまつり(国指定重要無形民俗文化財)」「黒石ねぷた(県指定無形民俗文化財)」「五所川原立佞武多」が有名です。 その他、「大湊ネブタ」「平川ねぷた(世界一の扇ねぷた)」「つがる市ネブタま ...

大仏公園あじさいまつり(2018/7/1~7/31)。 期間中は特別イベントも開催されています。 あじさいの写真はあまり撮っていませんでした。 『石川城趾 & 大仏公園(石川三十三観音・謎の洞窟・紫陽花公園)』 『曹洞宗 岩淵山 大仏院 (弘前市石川)』 『文学の丘 ( ...

2018年7月18日18時30分スタート。 津軽に夏の到来を告げる風物詩です。 一夜限りのスペシャルなねぷたは、観る者に爽やかな青春を感じさせてくれます。 だらだらと運行しないのもいいですね。若者ならではのスピード感があり、観ていて気持ちいいです。見守る親 ...

十和田市深持梅にカヤ人形を見に行きました…が!ありません笑 青森県立郷土館特別展(2002年)「東日本の神送り行事」にて展示されて以来、そのまま常設展示に活用されて、現在も青森県立郷土館に行けば梅のカヤ人形(男女一対・高さ3m弱)を見ることができます。実際私も ...

「八戸駅前朝市」「ニュータウン朝市」「思いでの片町朝市」「三八城山日曜朝市」「湊町山手通り朝市」「陸奥湊駅前朝市」「日曜新鮮市」「街&丘の朝市」「八戸うみねこ朝市」「多賀台の朝市」「ライジング江陽朝市」と、朝市だらけの八戸市から、全国有数の朝市の一つと言 ...

弘前市の春といったら… そう!弘前天満宮梅まつりだよね! 社務所前ではお茶や和菓子をいただけますし! 訪れたのは4月22日だったかな。私の記憶に間違いがなければ弘前さくらまつり開会式の翌日。 土塁。 関連記事 『弘前天満宮 (弘前市西茂森)』 『天満宮 (シダ ...

津軽こけし館へ。 日本一木地だるま。 日本一木地だるま…『平成15年4月15日が開館15周年にあたるので、後世に残す記念事業として、木地だるまを製作したものである。原木は津軽森林管理署が調達し、平成14年10月20日に山刀入り式を挙げた。特製ろくろは、同年12月末 ...

↑このページのトップヘ