くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ: 寺・神社 (黒石市)

1
その美しさから紅葉の名所、京の嵐山にちなんで、小嵐山とも呼ばれる中野もみじ山。弘前藩主が京都から百本あまりのもみじを移植したのが始まりとされ、山一面を彩る紅葉は人々を魅了します。イザベラバードも「ここは非常に美しく、秋には無数のカエデが緋色や深紅に色を付け、長旅しても見に来る価値がある」と書き残しています。
2
予定が合わず、紅葉のピークに中々行けない中野もみじ山。今年も手遅れでした。
3
3.5
見頃は10月中旬から11月上旬。私が訪れたのは11月中旬。
4
案内板「モミジの小嵐鎮座 津軽三不動尊 中野神社 御由緒」より…『◆御祭神…日本武尊、岩戸姫命、坂上田村麿命、大山祇神、倉稲魂命、少彦名命、以上、津軽三不動尊と併せ七福の神々と称へ祀る。◆中野のお不動さま…延暦19年(800)田村麿将軍東夷征伐の折、当国の守護神として日本武尊を勧請、御神体の不動尊像は隋僧、円智上人の作で中国天台宗の開祖、智嶺の附第人皇33代、推古帝13年(605)に来朝し、聖徳太子に勝曼経・法華経を奉り、同18年太子の命により当国に来たり同年(610)旧4月8日、一木より三体の不動尊像を刻す。一体は、黒石市長谷沢、東光山五輪寺(現、長谷澤神社、津軽三不動尊一番札所)一体は、黒瀧山不動堂(現、当中野神社、津軽三不動尊二番札所)一体は、碇ヶ関村古懸国上寺(現、平川市碇ヶ関古懸、津軽三不動尊三番札所)に勧請、世にこれを津軽三不動尊と称せられる。旧津軽藩 公祈願所・酉年生まれ一代様。◆祭事…・歳旦祭1月1日。・どんと祭1月11日(注連飾り他古神札等焼納)。・おこもり祭(旧暦12月27日-翌日旧暦12月28日)(氏子崇敬者、無病息災、子孫繁栄、家運隆昌、五穀豊穣、国家安寧)。・祈年祭4月28日。・不動尊講中祭(旧暦4月8日)講中繁栄、家内安全、祈蕎受付。例祭前夜祭7月27日(夏越の大祓式)・例祭7月28日津軽神楽奉納・新嘗祭11月28日・除夜祭12月31日(大祓式)』
5
その他、詳細は過去の記事を参照ください。
6
7
不動の滝。
8
不動橋。
9
大町桂月文学碑「ひとしほの木の葉は散りて散り残る楓の山の美しき哉 大正十一年十一月六日 桂月」…『数町枝渓を遡れば、中野公園に達す。渓流S字形を成して、飛泉かゝる。山は低けれども、樹木茂り、古杉の間に、老楓少なからず。橋を渡れば、矢大臣門さへありて、中野祠神さびて立てり。』
10
不動橋からの風景。
11
不動橋から不動の滝。
12
反対側から不動橋。
13
随神門。
14
右大臣(昭和53年11月3日・櫻庭貞次郎寄進)。
15
左大臣(昭和53年11月3日・櫻庭貞三寄進)。
16
進めば進むほど紅葉シーズンが既に終わっていることを感じます。
17
中野神社鳥居。
18
巴太鼓に乗っている鶏の石像一対(昭和37年旧6月28日。中野・黒森婦人一同)。
19
19.5
石鳥居(皇紀2604年)。
20
中野神社。
21
過去に紹介しているので特に説明はありません。
22
22.5
苔チェック。
23
観楓台へ。
24
観楓台。
25
完全に散っております。
26
せっかく来たので展望所方面へ散策。
27
色づいているところをチョイスして写真を撮っていますが…
28
28.5
ほんの一部分です。
29
ってことで戻ってきました。
30
ちなみに中国からの観光客はそこそこいました。
31
中野もみじ山散策マップ。
32
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 東北情報へ
 

1
黄檗宗宝厳山法眼寺。
2
2.5
詳細は以前の記事も参照ください。
3
法眼寺境内にある黒石市指定文化財…『〇法眼寺開山堂(市指定有形文化財・平成4年7月7日指定)南宗元頓を祀った一間四方の小規模な建物であり、当時は「赤御堂」と呼ばれていた。内部には元頓和尚の名が刻まれた卵塔が安置。正徳3年(1722)に建立され、法眼寺境内で最古の建物である。〇法眼寺山門(市指定有形文化財・平成4年7月7日指定)寛保元年(1741)に建立、本堂より古い。扉や蹴放しはないが、細部の彫刻などには建築当時の意匠が残されている。姿の美しい山門である。〇法眼寺の砂踏乃碑(市指定有形文化財・平成3年3月3日指定)黒石の西村四郎兵衛の妻が西国霊場に出かけた様子が記されている石碑である。砂を持ち帰り、袋に入れて行けなかった人に御利益が得られるよう踏ませている。石碑は寛永4年(1759)に建立。西国巡礼のことを彫った県内唯一の貴重な資料である。〇剣(工芸品)(市指定有形文化財・平成11年1月5日指定)法眼寺には三体の不動尊がある。そのうち一体には文政3年(1820)2月に石川忠右衛門・忠兵衛が寄進した剣を持っている。剣は全長35.5cmの両刃であるが、江戸時代に名刀匠といわれた源正義の作品である。平成11年3月31日黒石市教育委員会』
4
5月下旬。
5
5.5
白フジを見に行ってきました。
6
存在感が凄いですね。
7
7.5
手水舎と白フジ。
8
樹齢200年以上・樹高約20mのケヤキに絡みつく白フジ。
9
白フジ自体は70年以上前から咲いているそうです。
10
10.2
10.4
10.6
10.8
白フジの下に法眼寺開山堂標柱(平成4年7月7日指定)。
11
開山堂。
12
開山堂の横に不動尊。
13
狛犬一対(明治34年6月28日・山田友太郎)。
14
14.5
不動尊向拝。
15
不動尊堂内。
16
不動尊前から見た本堂。
17
松尾芭蕉翁「花咲て七日鶴見る麓かな」(天保14年・芭蕉翁百五十年遠忌)。
18
松尾芭蕉翁「百歳の気色を庭の落葉哉」(寛政3年)。
19
秋田雨雀「手を拡げて小さき実をこぼす初霰」(昭和47年)。
20
秋田雨雀「行く先は何處で暮れても花の宿」。
21
田村雪村「消かゝる月や蓮の匂ふうへ」(明治33年)・川上三太郎「友だちのうしろ姿の有難味」(昭和9年)。
22
西国三十三カ所巡礼の「砂踏乃碑」。
23
「寛延三庚午天四月下院西村四郎兵衛妻恭順禮西國三十三所而其堂下之土地手持耒而埋却此盤石之下而永令人結勝縁若人發心而一踏一禮則不動寸歩既西國三十三所順禮之功了者也」
24
「寛延四年辛未歳四月十七日建焉施主當人同参加藤貴孝」
25
法眼寺鐘楼堂。
26
梵鐘は見えません。
27
27.5
1階部分。
28
くろいし景観資産№8法眼寺鐘楼堂…『県内でも珍しい「唐風造り」であり、全体的に簡易な意匠だが、木鼻の彫刻などは近代寺社の特徴を示している。また、身舎に吊るされた梵鐘は、棟方志功により寄贈されたものである。』
29
県重宝法眼寺鐘楼堂(所在地:黒石市大字山形町82番地・指定年月日:昭和53年8月24日)…『●建立年…延享3年(1746)。●構造・様式…木造・唐風造り、幅・奥行きとも4.5メートル、高さ7.2メートル。屋根は、上層が寄せ棟造りのかやぶき、下層が銅製のこけらぶき。●特徴…垂木が放射線状。柱の下部は青銅製のはばきで腐食を防止。●法眼寺由緒…延宝7年(1679)南宗元頓が市内温湯に開山。元禄4年(1691)に現在地へ移り、翌年から黒石領主の祈願所。昭和61年3月黒石市教育委員会』
30
百万遍(安政4丁巳年7月15日)。
31
本堂へ。
32
県重宝法眼寺本堂(指定年月日:平成5年4月16日)…『〇規模:桁行17.190m。梁間14.325m。向拝幅5.730m。向拝の出2.865m。建築面積262.76㎡。〇構造:入母屋造。妻入。茅葺。向拝一軒。向唐破。鉄板葺(旧柾葺)北面。〇法眼寺は、延宝8年(1680)に勢州阿坂出身の南宗元頓によって開山された黄檗宗の寺で、温湯に建立。元禄4年(1691)に山形町に移る。本堂は、昭和6年(1769)に再建立、現在に至っている。本堂正面は、妻飾りが三重虹梁大瓶束から成る。向拝玄関で、母屋の茅葺屋根とともに壮大である。本堂の内部は無目の敷居で四部屋に区分。天井は外陣が格天井、内陣が折上格天井である。本堂には、津軽三十三観音第二十六番札所の十一面観世音が三十三観音とともに安置されている。平成12年3月31日青森県教育委員会・黒石市教育委員会』
33
法眼寺の乗り駕籠。
34
津軽三十三観音霊場第26番札所(札所本尊:十一面観世音菩薩。御詠歌:後の世を願う心は軽くとも仏の誓いおもき黒石)。津軽八十八ヶ所霊場第29番札所(札所本尊:聖観世音菩薩。御詠歌:身は砕けかばねば野辺にさらすとものりの道をば忘れまいぞや)。
35
本堂の左右に十一面観音菩薩がおります。三十三観音とともに安置されているとのことで、こちらの向って右側が津軽三十三観音霊場第26番札所の十一面観世音菩薩のようです。神仏分離令により黒石神明宮から移されたもの。
36
こちらは向かって左側の十一面観世音菩薩。
37
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 2
県下有数の紅葉の名所。
イメージ 1
亨和2年、弘前藩主の津軽寧親公が京都から百余種の楓苗を取り寄せ移植して以来、モミジの名所として親しまれています。
イメージ 3
林の中には中野神社、不動舘城跡があり、彩り豊かな紅葉は滝と渓流に映え、鮮やかな世界を展開。紅葉期間中はライトアップが行われます。
イメージ 4
今年の紅葉は早かったようで、残念ながらほぼ落ち葉でした。ライトアップは楽しめるかもね。
イメージ 5
逆に観光客も少なくてゆっくり散策できました。
イメージ 6
それでも不動の滝の前にはカメラマンが集まっていましたね。
イメージ 7
不動の滝。
イメージ 8
イメージ 9
中野神社へ参拝。
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
う~ん…散ってる…。
イメージ 13
観楓台へ。
イメージ 14
落ち葉も既に彩りを失い、紅葉の絨毯も楽しめませんでした。
イメージ 15
また来年!
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 7
下山形村は黒石城下の東南にあたり、花巻村の東、築館村(上山形村)の西に位置します。
イメージ 8
イメージ 9
正保2年(1645)の津軽知行高之帳の平賀郡に山形村とあり、上山形と下山形に分記されるようになるのは、元禄2年(1689)の黒石平内巳年郷帳が初めです。
イメージ 10
イメージ 11
下山形村の西北に支村中村があり、黒石領御日記中の元文4年(1739)の村名表に「下山形村枝村中村」と記されています。下目内村は明治6年の大区小区制施行の際に下山形に合併。
イメージ 12
イメージ 13
熊野宮は集落北側の山中に鎮座。
イメージ 14
貞享2年(1685)勧請とも伝えますが、境内にある石碑の由緒によりますとそれよりも往古からあるといいます。明和8年(1771)3月29日及び慶応3年(1867)10月14日社殿新築。
イメージ 15
イメージ 16
明治40年5月21日付で上山形の村社八幡宮の維持が、氏子が少なく困難となったため、同年9月に当熊野宮に合祀しており、御祭神は伊弉諾命、伊弉冊命、誉田別命となっています。
イメージ 17
社殿。
イメージ 18
向拝の額束。
イメージ 19
社殿内。
イメージ 20
絵馬など。
イメージ 21
イメージ 22
本殿。
イメージ 23
社号標紀年銘(昭和11年7月1日)。
イメージ 24
石鳥居紀年銘(昭和14年7月1日)。
イメージ 25
狛犬一対(昭和16年7月15日)。
イメージ 26
イメージ 27
イメージ 28
イメージ 29
社殿前石灯篭一対(安政7年)。
イメージ 30
イメージ 31
社殿前狛犬一対(大正10年4月1日)。
イメージ 32
イメージ 33
イメージ 34
イメージ 35
手水鉢的な石。
イメージ 36
不明の石。
イメージ 37
社殿横の建物。
イメージ 38
末社かと思いきや手水鉢的なものでした。配置的に考えて、手水舎というより山からの湧水を汲んでいた場所かと思われます。
イメージ 6
境内には川が流れています。
イメージ 4
イメージ 5
熊野宮・八幡宮由緒碑(昭和60年7月15日)…『熊野宮の創立年代は詳かでないが伝承等では往古創建以来数百年経つといわれる。社伝に依れば貞享2年7月、下って明和、天保、慶応年間と度々堂宇の新改築を行う。八幡宮は延宝元年村中にて堂宇建立或いは元禄9年8月上山形村宅右衛門建立ともあるが、創建は、熊野宮とほぼ前後すると思われる。両社共、明治8年4月村社に被列。同40年9月6日八幡宮を熊野宮に合祀す。然し、旧社地下山形村下は参拝に不便を来し、現社地下山形字下山石倉に大正4年7月11日境内社殿を工作移転。社殿は本殿、拝殿等を具備し、境内面積903平方米を有す。現社殿は昭和52年7月15日新築落成したものである。』
イメージ 3
「平和の誓い」碑(昭和57年7月15日)…『われら永遠の平和を祈念して』
イメージ 2
眺望。
イメージ 1
イメージ 3
イメージ 2

↑このページのトップヘ