くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ:建物・歴史的建造物・街ブラ等 > 円筒分水工・分水工

イメージ 9
青森県上北郡六ヶ所村平沼。
イメージ 10
小川原湖の北、田面木沼の東、高瀬川の西。近くには平沼警察官駐在所、平沼郵便局、平沼保育所等がございます。
イメージ 11
円筒分水工よりやや北の前川より取水。周囲はフェンスで囲まれております。
イメージ 12
フェンスに囲まれているから安心というわけではございません。
イメージ 1
何度も言ってますが…
イメージ 2
悪ふざけでフェンスを乗り越え…
イメージ 3
イメージ 4
円筒分水工に落ちると…
イメージ 5
イメージ 6
死にます。
イメージ 7
当たり前の話です。
イメージ 8
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1
今回は円筒分水ではありません。四角です。やはり円筒分水工のような美しさはありません。
イメージ 2
目の前の田んぼの中に鳥居と小さな祠があります。
イメージ 3
私の記憶が間違いじゃなければ天照皇大神と倉稲魂命を祀っている祠です。
イメージ 4
さて、今回の分水工はその鳥居から見て津軽鉄道線路側に位置します。
イメージ 5
サイフォン出口。
イメージ 6
稼働していればあの中央の四角い穴から水が溢れ出し…
イメージ 7
四方に設けられた水路にどんどん水が流れ…
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
そして言うまでもなく…
イメージ 11
おちると死にます。
イメージ 12
イメージ 3
イメージ 2

イメージ 1
かつての小畑村は貞享4年検地水帳によりますと、小字に岩井・舟橋・舟岡・浅田があり、旧羽州街道沿いに位置します。天保2年には常盤組代官所が置かれています。
イメージ 2
国誌によりますと、明治より「土地中之中、田多し」とあり、昔から田んぼの多い地域だったことがわかります。
イメージ 3
この日は水少なめでした…
イメージ 4
がっ!!毎度のことながら…
イメージ 5
おちると死にます。
イメージ 6
イメージ 7
ブログ村ランキング参加中

イメージ 1
県道156号米マイロードを歩いていましたら立派な松と石碑がありました。石碑は庚申塔と二十三夜塔でした。
イメージ 2
よく見るとその向かいにも石碑。
イメージ 11
こちらは百万遍でした。
イメージ 12
うん?奥に見えるのは…
イメージ 13
イメージ 14
円筒分水工ですね。
イメージ 15
イメージ 16
下の穴から水が放出されています。
イメージ 17
イメージ 3
上から美しく溢流する時期もあるのかな。
イメージ 4
イメージ 5
見てみたい(笑)
イメージ 6
イメージ 7
でもやっぱり落ちたら死ぬんだろうなぁ…。
イメージ 8
場所は五所川原市大字水野尾字宮井。地図にも描かれています。ってことで、興味のない人は本当にまったく興味ないであろう円筒分水工…久々の紹介でした(笑)
イメージ 9
イメージ 10
ブログ村ランキング参加中←クリック宜しくお願いします♪

黒石のキワを感じることができる東公園。
イメージ 9
この階段も黒石のキワの高低差を容易に感じることができるいい場所ですね。
イメージ 8
さて、以前にこちらの記事でちょっぴり触れた「落ちても死ねない円筒分水工」を紹介。
イメージ 10
まずは「落ちたら死ぬ円筒分水工」の記事を読んでください。
イメージ 4
なぜ落ちても死ねないかって?
イメージ 11
イメージ 5
小さ過ぎるから(笑)
イメージ 1
しかも…実は分水してない…ダメじゃん(笑)
イメージ 3
すぐ近くに宇和堰から東公園の地下を一直線に下る水路があります。
イメージ 6
高低差で恐ろしいほどの激流になっています。これこそ落ちたら本気で死ぬと思います。
イメージ 2
東公園」の記事
イメージ 7

↑このページのトップヘ