くぐる鳥居は鬼ばかり

Buddhist temples and Shinto shrines.

カテゴリ:寺・神社 (弘前市) > 禅林街&新寺町寺院街

青森県弘前市大字新寺町。行岳山金光院西光寺。由緒等については以前の記事を参照下さい。『天徳寺 ・ 西光寺 ・ 西福寺 ・ 徳増寺 (貞昌寺境内塔頭・弘前市新寺町)』『金光上人墳墓 (青森市浪岡大字北中野天王)』『阿弥陀川 & 稲荷神社 (東津軽郡蓬田村)』『浄土宗 ...

青森県弘前市大字新寺町。浄土宗月窓山栄源院貞昌寺。為信が母の菩提寺として大光寺に創建し、後に新寺町に移りました。由緒等については以前の記事を参照下さい。以前の記事『月窓山 栄源院 貞昌寺 (弘前市新寺町)』月窓山貞昌寺には三成の三女辰姫(大舘御前)の墓があり ...

禅林街の下寺、耕春院構えの奥に位置する耕春山宗徳寺。曹洞宗。御本尊釈迦如来。江戸時代は耕春院と称しました。津軽為信公が慶長2年に津軽を統一し、高岡(寛永5年に弘前と改称)に町割を実施。二代信枚公が慶長15年に高岡城築城とともに領内神社仏閣の移転を命じて、翌16 ...

人のいない禅林街を散歩。弘前上空がこんな感じだった日です(写真はイメージ)。見ていましたが写真は撮っていません。 茂森町から茂森町桝形を通り黒門へ向かいます。茂森町桝形前から長勝寺構史跡指定範囲です。茂森町桝形付近には歩兵第三十一聯隊将校集会所や茂森会 ...

宗徳寺の由緒や、石田三成次男の石田重成(杉山源吾)の墓(豊臣成範)などについては以前の記事を参照ください。 以前の記事『太平山 長勝寺 vol.1 ・ 耕春山 宗徳寺 (弘前市)』 関連記事『杉山屋敷跡 (板柳町)』再訪記事『宗徳寺 (弘前市)』 五重塔と稲荷宮(稲荷 ...

禅林街です。 そういえば黒門近くのこの空地の門がいつも気になります(笑) 天津院と恵林寺の北奥、天満宮の南西に位置する常源寺。 本尊は釈迦如来。もと耕春院末寺。開山は中庵永虎。 岩木山がよく見える境内。 開基には2説あり、和徳城主小山内讃岐守と弘前藩祖津軽 ...

天津院の東隣に位置。本尊は十一面観音。もと長勝寺末寺。開山は学翁保文。開基は不詳。 長勝寺並寺院開山世代調によりますと、かつては沖館村にあったとされ、開基を天正8年(1580)としています。その後堀越村を経て弘前城下へ移ったとされます。 正徳元年(1711)の寺 ...

曹洞宗 石流山 川龍院です。本尊は釈迦如来。もと耕春院末寺。開山は耕春院5世年室善寿。開基は不詳。 かつては石川村にあったとされ、開基を寛永2年(1625)とします。 寺伝によりますと、石川村にあった頃は岩淵寺と呼ばれ、現在地に移ってから今の寺号になったといいま ...

本尊は釈迦如来。もと耕春院末寺。開山は文禄4年(1595)耕春院八世中厳撮堂。開基は不詳。 かつては森山村(現大鰐町)にあったとされます。その昔、龍岩という者が石川の森山(現大鰐町森山)で白狐を見かけました。その口には木片を咥えており、龍岩を見るとその木片を ...

宗徳寺山門の南側手前に位置。本尊は釈迦如来。もと耕春院末寺。寺禄20石。 創立年代は不詳ですが、元々は深浦村にあったそう。開山は年室善寿、開基は弘前藩政初期の功臣で、2代藩主津軽信枚の家老服部長門康成。津軽一統志ではともに中興開山・開基。 曹洞諸寺院縁起志 ...

本尊は釈迦如来。もと寛永寺(東京都台東区)末寺。開山は本好。開基は三代藩主津軽信義。旧津軽家菩提寺。旧天台宗僧録所。 随所に古式と高い格式を示す大規模な本堂は県重宝。 貴重な近世本堂建築として、県内では長勝寺、革秀寺に次いで3番目の古さです。現在の本堂は ...

曹洞宗 梅峰山 恵林寺です。本尊は釈迦如来。もと常源寺末寺。寺宝は観音像。 長勝寺並寺院開山世代調によりますと、文禄元年(1592)小比内村に創建。開山は常源寺2代体岩義道。開基は不詳。 曹洞諸寺院縁起志によりますと、永禄年間(1558-1570)創建。慶長年間(1596 ...

本尊は釈迦如来。もと隣松寺末寺。 長勝寺並寺院開山世代調によりますと、元和3年(1617)の創建で、開山は隣松寺3代喜山了悦。開基は不詳。曹洞諸寺院縁起志(宗徳寺蔵)によりますと、宮館村に創建されたと伝えます。 正徳元年(1711)の寺社領分限帳によりますと、慶長 ...

本尊は薬師如来。もと耕春院末寺。 開山は梅月香。開基は不詳。 長勝寺並寺院開山世代調によりますと、かつては温湯村にあり、開基は元和5年(1619)。 寺伝によりますと、天文年間(1532-1555)同村に開基されて、天正末か文禄初めに堀越村に移転し、慶長年間(1596-16 ...

貞昌寺の門外にあり、道を隔てて天徳寺の北に位置。本尊は阿弥陀仏。もと貞昌寺塔頭。 元亀3年(1572)遠江国佐野郡出身の天良源が建てたと伝えます。また、承応3年(1654)貞昌寺6代住職無角の隠居地として当寺が開かれたとあり、開山を無角としています。 境内に観音堂 ...

↑このページのトップヘ